2017年6月28日 (水)

第20節 愛媛VS福岡

土曜日のアウェイナイトマッチ、行けないですわなぁ。

まぁ、「試合終了後、松山観光港に直行して、小倉まで夜行フェリー、一夜明けて、小倉駅から新幹線で新O牟田駅、到着後職場に直行」っという手も、使えなくもないけれど・・・・・
これが、シーズン終盤の昇格がかかった大一番とかだったらまだしも、そこまで頑張って行く段階では、まだない。

なので、絶対に見に行けないとわかっていたから、この日はお仕事を入れていた。
たまにやってくる日曜日の勤務、どうせだったら、こういうタイミングで入れておきたいですね。

で、昼間は思いのほか多忙だったこともあり、仕事を片付けるのが遅くなり、帰宅したのは、19時半。
「あー、もう試合は始まっているなぁ」と思ってたら、試合開始時間を勘違いしていただけで、何と18時キックオフだった。
もう、終盤だわ。
どのみち、観戦する手段がないから、ついったのTLを、ネタバレしないように注意しつつ、試合開始時刻前の17時くらいまでさかのぼって、チェックしはじめる。

さて、愛媛戦であります。

さぁ、アウェイ愛媛、長らく行けてないなぁ。
条件的になかなか行きづらく、後押しする人間が少ないかもしれないけれど、首位固めをするためには、確実に勝っておきたい一戦。
油断することなく、勝ちに行きましょう。

と言うことで、キックオフであります。

第20節 愛媛 0-1 福岡

とりあえず、ほっとした~

TLを追いかけて、勝利の報を知ったのが、人よりも遅れて21時くらい。
そんなわけで、文字情報しか得ていないんだけれども、なかなか厳しい試合だったようで。
そんな厳しい試合で、試合終了間際に、三門が決めてくれたというのが、いいね。

おそらく、今までだったら、そのままスコアレスドローになっていたかもしれない試合で、勝ち点3をあげることができた。
これって、地力がついてきた証なのかなぁと、ポジティヴになってみたりする。

と言うことで、このまま勝ち続けて行こう。
なんせ、順位表的に、一つでも取りこぼしたら、あっという間に転落してしまいそうな、混戦模様だからね。

見ていない試合については、何も書くことが出来ないから、この程度で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月24日 (土)

モブログです

モブログです
博多駅なぅ。

明日はお仕事なので、新幹線に乗って帰りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月23日 (金)

千葉に行ってきました4

昨日の続きであります。

翌日、11日日曜日。

旅先での休日なのに、いつも通りに6時に目が覚め、特にやることもなくボーっとしてすごす。
昨日同様、朝食バイキングで、生野菜をぼりぼりかじってから、10時にホテルをチェックアウト。
重い荷物を引きづって、地下鉄の駅へ。

北千住駅で、つくばエクスプレスに乗り換える。
昨日同様、運転手の後ろにかぶりつ・・・・・いても、大した景色は見れないんで、おとなしく座っておく。
それにしても、早いなぁ~

11時前、柏の葉キャンパス駅に到着。
スタジアムでの食糧調達ができるかどうか謎だったんで、駅前のスーパーで、調達。
油の少なさそうなチキンと、カップ入りのサラダ(またかよ)を購入するも、ドレッシングを買い忘れ、結局は味のないサラダに・・・・・

で、はじめての街だし、次に来る機会があるか怪しいし、それに、キックオフまでは時間があるんで、のんびりと歩いて、スタジアムに向かう。
「キャンパス」って駅名で、確かに地図上は大学のキャンパスがあるんだけれども、緑が多くて建物があまり見えないおかげで、気分はほぼハイキング。

公園内も軽く散策し、スーパーから30分ほどかけて、スタジアムに到着。
なんだか、びみょーな音楽が流れていたので、遠くからでもわかったんだけれども、途中に一切案内がなかったんで、肝心の、入り口が見つかりづらかった。

試合についてはすでに書いているので、割愛して、試合終了後。

帰りは、羽田空港に出ることを考え、路線バスに乗って、柏駅へ。
所要時間は約20分なんだけれども、その間に、空き地も多い、郊外の緑が多い新興住宅街から、古くからの住
宅地を通り、道が狭くてごちゃごちゃした都心部に到着する、その車窓の移り変わりが、大変面白かったっす。

柏駅前で、軽く買い物をしたら、そろそろ帰宅の途へ。

「快速電車だと、上野駅で乗り換えなきゃいけないのが、かったるいなぁ」と思っていたところで、「品川行きの特急電車」がやってくるとのこと。
特急料金をしらべて見たら、750円。
う~ん・・・・・・・・・・パスだな。
と言うことで、おとなしく快速電車に。

上野駅で乗り継いだのが、蒲田駅どまりの京浜東北線で、なんとなく蒲田駅まで行ってしまう。
羽田空港行のバスに乗り継ぐところで、「炭水化物抜きダイエット」に耐えきれなくなって、某うどん屋さんに入り、うどんを投入。
ウエストみたいに、「だう呑み」ってやってるんだぁ。 (某の意味ががが)

シャトルバスで、羽田空港へ。
羽田空港に到着した時点で、離陸の1時間前を切っていて、わりかし時間がない。
あわただしく、お土産屋さんを覗き、結局何も買わずに、ひこーきへ。

離陸。
帰りのひこーきの中では、タブレットでblog更新にいそしんでいたら、あっという間に、福岡空港へ。
21時台と言う時間帯は、高速バスはおろか、九州新幹線とも時間が合わないから、博多駅から快速電車で。
同じ快速列車でも、東の常磐線快速は寒いくらいにガンガン空調効いていたのに、九州はエアコンが聞いておらず、車内暑い~

と言うことで、千葉遠征記でした。
次回のアウェイ遠征予定は、来月の群馬の予定であります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月22日 (木)

千葉に行ってきました3

昨日の続きであります。

翌日、10日土曜日。

8時に起床して、ホテルのバイキングで朝食。
バイキングって、いいよね。
生野菜だけで腹を満たすため、5回もお代わりを。

時間調整して、手ぶら&完全装備ののちに、ホテルを出たのが、9時40分。
都心っぽい街をてくてく歩いて、京葉線の駅へ。
そこから快速電車に乗ったら、蘇我駅までは一本。
京葉線に乗ることなどめったにないので、電車はすいてはいたけれど、運転士の後ろにかぶり付き。
・・・・・非常に目立つ。(汗)

11時前に、蘇我駅に到着。
千葉サポ、福岡サポ入り混じってテクテク、スタジアムに到着したのは、入場開始時間ジャスト。

試合についてはすでに書いているので、割愛して、試合終了後。

人込みを避けるため、時間調整でスタジアム横のショッピングセンターなどを覗いてから、だらだらと歩いて蘇我駅に戻る。
鈍行列車で千葉駅に着いたところで、疲れていたこともあり、新しくなった千葉駅の構内を散策。
スタンドバーを発見し、「甘酒レモンスムージー」なるものを、いただく。
う~ん、疲れてる体に、しみるわぁ。

現在時刻、16時過ぎ。
一方、高円寺には18時に着けばいいんで、若干の時間がある。
それに、「快速電車で行こうと思ったら、何回乗り換えなきゃいけないの?」と考えたら、億劫になる。
と言うことで、総武線の各駅停車、中野行きに乗り込む。

・・・・・電車の中では、熟睡。
計算通り、1時間半ほどかけて、高円寺駅に到着。
二日続けてのお店に行くと・・・・・

すでに、満員御礼。
18時スタートじゃなかったんかいっ!
すでにみんな、集合してるやんかぁ。
と、若干出遅れたんだけれど、最終的には50名を超える人が来ていたようで。
関東組、九州組、そのほか組、それに千葉をはじめとし他クラブのサポーターまで。

いやぁ、めっちゃ楽しかったっす。
なんだか、途中記憶が飛んでいるっぽくて、イマイチ覚えていないところもあるんだけれども。(汗」)

あっという間に時間は過ぎ、22時前ごろに中座することに。
高円寺駅から、中野駅、東西線に乗り換えて、ホテルの最寄駅まで、1時間弱。
も少し近場でホテルを取ったほうが、よかったかもなぁ。

ホテルに戻り、シャワー。
ようやく、フクアリで砂まみれになった状況から、解放された。
ついでに、ビジネスホテルの狭い湯船にお湯をためて、ぐだ~っと。
お風呂から上がったところで、おやすみなさい。

と言うところで、長くなるんで、いったん切ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月21日 (水)

千葉に行ってきました2

千葉遠征記、本編であります。

6月9日金曜日。

平日なんで、いつものように普通に出勤。
いつもと違うのは、半日だけ公休を取得したから、お昼で仕事を終わらせて、家に帰るところ。
ところが、思いのほか仕事が終わらず、最後はなかば仕事を放り投げるようにして、強引に脱出。
急いで帰宅して、荷物をさくっとまとめたら、バタバタとあわただしく出発。

・・・・・このあたり、毎回変わらんなぁ。(汗)

という感じで、14時前に自宅近くを出る、福岡空港行の高速バスに乗って出発。
平日の昼間にしては、割と乗客数多いんだなぁ。
最近、わがイナカを走る高速バスにも、各座席にコンセントが装備されるようになって、スマホが充電できるようになったから、大変ありがたい。

福岡空港に到着。
少しだけ時間があったけれど、改装中のターミナルビルは何かと余裕がなく、サクッとセキュリティゲートをくぐって、ロビーへと。
こういう時、昔だったら、さっそく飲み始めていたんだろうなぁと思いつつ、水ごくごく。

それでは、ひこーきに乗り込みましょう。
今回、久しぶりに窓側の座席が取れたんだけれども・・・・・
離陸して見たら、あっさりと雲の上に出る。
なおかつ、時刻は夕刻。
「日差しがまぶしいうえに、下界の景色はまったく見えない」と言う、わりとがっかりな展開。
しょうがないから、機内誌をぱらぱらとめくったあとは、寝るしかない。

羽田空港に到着、先を急ぎましょう。
京急線で品川駅へ。
ここまではたいして何もなかったけれど、品川駅で、京急からJRに乗り換えようと、乗換改札を通り抜けた瞬間・・・・・

なんじゃこりゃぁ!!!!!

イナカに生を受けて、四十数年。
東京での、平日夕方ラッシュ、初体験。
まず、山手線のホーム、人があふれていて、身動きがとりづらい。
比較的すいてそうな列に並ぶも、やってくる列車がすでに、満員御礼。

結局、2本やり過ごして、3本目にやっと乗れた。
乗れたのはいいんだけれども、ぎゅうぎゅうすぎて、吊革にすら握れない状況。
いやぁ、あそこまですし詰めだと、吊革握れなくても、四方八方から押されるから、何とかなるんだねえ。
しかもこっちは、旅行に着き大荷物を抱えている状態と言う、周囲からしたら大変迷惑な状態。
そんな感じで、初めてのラッシュアワー体験も、途中駅で、奇跡的に目の前の座席が空いてしまったら、あとは快適~

新宿駅に到着。
中央線の各駅停車に乗り換えだから、ほんの数歩歩くだけ。
やってきた列車も、山手線ほどは混雑しておらず、某駅に到着。

ここで、本日の最大のミッション、「明日の試合のチケットを、購入する」。

みどりの窓口での、千葉戦のチケット購入。
これって、「千葉戦でなければできないこと」なおかつ「前日中に関東入りしておかなければできないこと」で、今回このチャンスを逃したら、次はいつになることやら・・・・・
と言うことなんで、九州では前売り券は買わずに、この日に臨んでいた。
では、いざ!

みどりの窓口で、さっそく発券を依頼。
駅員さん、分厚いマニュアルを見ながら、四苦八苦。
2回ほど裏に引っこみ、最後は、別の駅員さんを呼んで、何とか無事に発券。
・・・・・そんなにレアなものを、頼んだのかぁ。(汗)

そんな感じだったんで、一応、駅員さんの名誉のために、駅名は伏せておくとして。
おそらく、もっと大きな駅、もしくは千葉県内の駅とかだったら、発券する機会もあるんだろうけれどね。

無事に明日のチケットもゲットしたことだし、某駅近辺に移転した、KITEN!へ。
案外こじんまりとした駅前の通りを、テクテクと歩いたら、5分もかからずに到着。
移転開店、おめでとうございます。
東京都心から近くなって、お店も広くなって、これでますます行きやすくなった。
と言うことで、さっそく・・・・・

ウーロン茶うめぇ \(^o^)/

と言うことで、ノンアルコールでキャベツをつつきながら、同席していた人とお話。
それにしても、会話の内容的に、このお店、濃い~客が集まってるなぁ。
(もちろん褒め言葉)

長居したかったけれど、ホテルのチェックインが、まだだった。
と言うことで、割と短時間で、後ろ髪を引かれるように、お店を後に。

最寄駅から中央線に乗り、途中もう1か所立ち寄ったのち、東西線でホテルの最寄駅に到着。
ここでスマホの電池がなくなってしまい、「ホテルを探しててきとーに歩き回ったら、想定外の方面に発見される」と言うイベントののち、ホテルにチェックイン。
さすがに腹減って、コンビニでカレーを調達していただいたら、即おやすみなさい。

と言うところで、想定外に長くなったんで、いったん切ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月20日 (火)

千葉に行ってきました1

千葉に行ってきました。

ここの遠征は、試合の観戦記のところでも書いたけれど、今シーズンの日程が発表された時点で、行くことがほぼ確定してたんですわ。
土日の二日間を、まるまる首都圏で過ごすことができるんで、アイデア次第では、面白い遠征になりそうだなと思い。
まぁ、「アイデア次第では」っていうのがポイントにはなるんだが。

と言うことで、土日の二日間まるまる、首都圏で何をするか。
これが、イベント情報をチェックしたけれど、サッカー以外に、面白そうなものを見つけられなかったんだよなぁ。
こういうところで、「情報収集能力の有無」が、出てきてしまう。

と言うことで、昼間の予定は、土日ともサッカー観戦と言うことで、すぐに埋まった。
それはそれでまったく構わないんだけれども、「サッカー観戦」以外の趣味を、他にも何か持っておきたいなぁと、思わないこともなかったりする。
まぁ、よく言えば、「お金がかからない」から、助かってはいるんだけれども、その割には、貯金がまったくないのは、なんでなんだろか・・・・・

そんなことはさておいて。

で、夜はどうしよう。

ここも、すぐ決定。
高円寺に移転したKITEN!に行かなくちゃ。
土曜日の夜は、おそらく「祝勝会」になるだろうから、にぎやかになりそう。
それはもちろん楽しいんだけれども、その前に、落ち着いているところで、顔を出しておきたいな。
ということで、前日の金曜日、昼から半休を取って、金曜日の夜に行っておこう。

だったら、宿泊地は、スタジアムがある蘇我駅と飲み会をやる高円寺駅の中間地点が便利だろうと、東西線沿線の某駅間近で、安いパッケージツアーのホテルが出ていたから、そこを確保。
早い段階で抑えたから、わりかし納得のいくお値段で。

ひとつだけネックがあるとしたら、「金曜日の昼から半休を取る」ことだったけれど、交渉の結果、あっさりと了承。
これで、障害は何もなくなった。

そんな感じで、遠征のプランニング終了。
うん、ガチガチに行きたいところが固まってしまい、今回は「行き当たりばったり」要素がゼロだな。
それはそれで、面白くない・・・・・

旅行は、行き当たりばったりであればあるほど、楽しめるタイプな人。(汗)

以上、前フリ終わり。
次回から本編に入ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月19日 (月)

第19節 福岡VS名古屋

はい、この日も絶賛お仕事中でした。

午前中まじめに働き、結果予定通り、13時ちょい前にお仕事終了。
急いでレベスタに駆けつけたら、キックオフには間に合わないけれど、前半の途中から、観戦することができる。
と言うことで、自宅に帰り、荷物を引っかけて家を飛び出し、車を飛ばして新幹線の新O牟田駅へ。

・・・・・3か所の駐車場が、すべて満車だ!

この時点で、家に帰ろうかと思いましたわ。
この試合は、地上波テレビで生中継をやっているんで、自宅でそれを観戦したほうがいいかもと考えて。
と、迷っていたタイミングで、運よく1台出庫してきそうな様子が。

空きました。
車を止め、ダッシュで駅に向かい、券売機で「日帰り往復切符」を買い、ホームに駆け込む。
なんとか、間に合った。

13時30分前の新幹線に乗ったら、博多駅到着が、14時。
駅構内をダッシュし、14時7分の地下鉄に乗車。
福岡空港駅に到着したら、これまたダッシュで、4番出口へ。
いざ、近距離だけれど、タクシーを捕まえて!

・・・・・こんな時に限って、タクシーが止まってない。
しょうがないから、路線バスに乗り、東平尾バス停で降り、そこからダッシュ。

結果、レベスタに滑り込んだのは、14時32分。
タクシーに乗れなかった分、想定よりも10分ほど遅れてしまった。

さて、名古屋戦であります。

前半戦、最大のヤマ場ですね。
昇格争いをするうえで、間違いなくライベルでなるであろうチーム、なおかつ、ずっと勝てていないチーム。
と言うことで、この試合に勝ったら、当面のライバルを蹴散らしたということで、ますます勢いがつく。
なので、この試合、本当に大事や。
絶対に、勝て!

第19節 福岡 3-1 名古屋

\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

スタジアムに滑り込んだ時点で、1点のビハインド。
で、正直言って、前半が終わった時点での感想は、「つまんない」の一言。
ウェリントンがいないのに、前にポンポン蹴るサッカーをやっていて、そして、機能していない。
これは、後半どう対処すべきなんやろかと、思っていたら・・・・・

押谷の一発レッドで、一気に流れが変わり、そして、坂田と石津の2枚替えで、完全にこっちのものに。
いやぁ、こんなことって、あるんだなぁ。
同点に追いつくゴールを決めたのが、その石津。
で、その後に投入された城後が、逆転のゴールを挙げる。
そして、ダメ押しの石津2点目。
その3つのゴールの、すべてが美しかった。

こんな、絵にかいたようなシナリオが、現実のものとなろうとは。
こっちの想像力を超えてくる試合って、そんなにあるわけではないけれど、一年に一度もないくらいの頻度で、たまにあるよね。
そういう、好きゲームに当たってしまった。

まぁ、相手が一人少なくナットことによる数的優位は、もちろんあったけれど、監督の采配、システム変更策が、よかったっすね。
そしてそれを可能としているのが、冨安の存在なんだろうなぁ。
この試合、唯一注文つけるとすれば、「ゴール前に来たら、シュート打ってもいいんだぞ~」

はい、今シーズンのベストゲーム認定。
自宅でテレビ観戦でなく、スタジアムに見に行ってよかった、駐車場が空いて、本当によかった。
そういうところも含めて、この試合は、勝つようになっていたんだろうな。
と、どこまでもポジティヴになれる試合だ。

それにしても、対名古屋戦のレベスタでの勝利って、2000年以来?
もはや、「うっすらと覚えているような、覚えていないような・・・・・」と言う感じで、忘却のかなたやなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«モブログです6