2022年1月10日 (月)

モブログです6

dsc_1955_20220110211701.jpg

ただいま~

今年も無事に必勝祈願してきた。

| | コメント (0)

モブログです5

dsc_1954_20220110121001.jpg

筥崎宮に来ています。

今年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

モブログです4

dsc_1951_20220110100401.jpg

おはよーございます。

今日は昼の初詣に。

| | コメント (0)

2022年1月 9日 (日)

モブログです3

dsc_1949.jpg

ただいま~

連休初日の大都会だから、この時間でも賑やか。

| | コメント (0)

2022年1月 8日 (土)

モブログです2

dsc_1945.jpg

博多駅です。

マジメなのでまっすぐ帰ります。

| | コメント (0)

モブログです1

dsc_1937.jpg

O牟田駅であります。

初詣に行ってこよう。

| | コメント (0)

2022年1月 1日 (土)

明けましておめでとうございます

dsc_1932.jpg

たなくじ。

今年はいいことありそう。

| | コメント (0)

2021年12月31日 (金)

今年1年、大変お世話になりました

こんばんはー

今年も、もうすぐ終わろうとしています。
まぁ、なんだかなぁな一年だったなぁ・・・・・

================================================================

と言うことで、毎年恒例、「大晦日くらいは、心の中に思っている本音を言わせてくれ」のコーナー。

毎年書いているような気もするけれど、トシを取ったなぁとつくづく感じる一年だった。

この時期はいつも、お仕事が忙しいんですわ。
んで、5年くらい前だったら、毎晩日付を超えて1時2時くらいまで残業しても大丈夫だったんだけれども。
最近、22時を超えるとしんどくなってきた。
なによりも、脳みそが機能しなくなってきて。
難しいことを考えるのが面倒くさくなってきたのよ。
それに、新しいことを受け入れる余力がなくなってきて。
ここんところ、コンプライアンス云々で求められてくるものも高度になってきているんだけれど、ついていくのに精一杯。

んで、体力もだけれど、それ以上に気力の衰えを感じましたわ。
あらゆることに関して、やる気が駄々下がり。
とにかく、仕事をやる気が出ない一年でしたわ。
ここのblogの更新も益々滞っていくばかりだし。

気分転換しようにも、色々と制限されているからね。
ジム通いを1年以上自粛していて、会費だけは払ってる状態が続いていた。
世の中ようやく自粛モードも和らいできて、そろそろ再開しようかなぁという感じにはなってきている。
しかし、一度生活リズムが変わったら、なかなかもとに戻せないな。
月に1・2度だけ通って、それですっかり満足してる。
ってか、すっかり体力が落ちてしまったのか、1度行ったらその後の筋肉痛がすごいことになってしまい。
おかげで、体重の増加がすごいことになりつつある・・・・・

================================================================

話を戻すと。

バリバリ働けるのは、四十代の前半までだろうなぁと、これは感じてる。
だったら、その時期を過ぎてしまったワタクシにできるのは、後進に道を譲って隠居することだな。
なので、今からやるべきことは、次を育てることだ。
なんだけれど・・・・・

今の職場で、ワタクシが一番の年下なんじゃー
職場の年齢構成がいびつなんだけれど、そのあたりは会社が考えることであって、どうしようもないのかな。
なので、もうしばらくは隠居させて貰えそうにないですわ。

と言った具合に、最近「サラリーマン人生」についてどうやってエンディングを迎えようか的なことについて考えるようになり始めたかな。
65歳まで働かなきゃいけないのかなぁとか、かと言って60歳で引退するほどの貯金があるわけでもないし。
う~む・・・・・

================================================================

はい、ここまでグチグチ愚痴モードが続いているので。

感染症のおかげで、今年もほとんど出歩けない一年でしたね。
そんな中で、制限が緩和されたタイミングを狙ってお出掛けした訳なんだけれども。

昨年「GO TO」でゼイタクな温泉旅館に宿泊する楽しさを覚えて以来、考え方が変わってしまいましたわ。
あのときは助成があったおかげで、それまでは縁のなかった高級旅館に泊まってみたところ、すっかりハマってしまい。
おかげで、助成がなかった今年も、随分ゼイタクなところに泊まったなぁ。
まぁ、「今までは毎月出かけていたのに今年は出かけられなかったんだから、この1回にお金を費やしてもいい」と自分に言い聞かせて。

かつては、「泊まるのは駅前のビジホ、どうせ寝るだけだから、安ければ安いほどいい」って思想だったのに、一度いいお宿を味わってしまったら、抜け出せなくなっちゃいましたわ。
来年以降、当たり前のようにアウェイに出られるようになったとして、どうしましょうか。
救いは、昼間の試合終了後の夕食に間に合うようにチェックインできるような温泉旅館があるようなアウェイ遠征先が思い当たらないことか。
J1は都市部のチームが大半なだけに、温泉地が間近になるところってなさそうだからね。
もっとも、都心の高級シティホテルが・・・・・

そっちは今の所ワタクシには縁がないので、大丈夫そうかな。
晩メシがつかなくて温泉もないシティホテルに大金を投じることは、まだ経験していないので。
興味は十二分にあるので、来年あたり危ないな。
幸か不幸か、「極度の高所恐怖症」なので、高層階では安心して眠ることができなさそうだから、その確率は五分五分かなぁ。

これを書いていたら、また温泉に行きたくなってきた。

================================================================

そして・・・・・

来年も、J1ですね!

世間一般の下馬評を覆して、残っちゃいました。
それはともかく、去年の今頃、久しぶりのJ1に対して不安はなく楽しみしかなかったな。
と、いまこの結果を受けたからかけることでもあるが。

来シーズンも、もちろん楽しみですよ。
長谷部監督には絶対的な信頼感があるので。
来年のチームも、今年をベースにさらに戦術をブラッシュアップしてくるだろうし。
どこまでやってくれるか、今から開幕が待ち遠しい。
早く開幕してくれないかなぁ。

と、ここまでの流れをぶった切って。

個人的には、大分の降格はショックだったりする。
名将片野坂監督であっても、そうなってしまうことはあるのかと。
そう考えると、一瞬たりとも油断はできないな。
ならば、いい選手を引き止めるためにクラブ全体の力をつけていく必要があるわけで。
それにはお金がかかるなあ。
できる範囲で支えていかなくっちゃ。

ともかく、今シーズンと同様に素晴らしい結果が出るとは限らないわけで。
苦しい時期がやってくるかもしれないけれど、このチームを信じて支え続けて行けば、来シーズン終了後もいい結果がもたらされる。
そう思っております。

==============================================================

来年もJ1ですね。

個人的には、推しの吉岡くんがいなくなったのは寂しい。
んで、「レプリカユニフォームは3年償却」なワタクシは、来年も吉岡のユニフォームでベススタに通うことになるだろう。
山口でも、頑張れよー

あと、毎年書いているけれど、山ノ井くんに期待している。
身近にいお手本もいるし、刺激になっているだろう。
その中でレギュラーポジションをつかむのは簡単ではなかろうが、山ノ井くんのあの明るいキャラクターは、トップチームが必要としているんじゃないかなぁ。
競争に打ち勝って、出て来いっ!

================================================================

今年も、制限下での試合観戦でした。

おとなしく座って、ハリセン叩きながらの観戦がデフォルトになっちゃいましたね。
来シーズンがどうなるのか、今の所わかんないし、それに伴いワタクシの応援スタンスもわかんないな。
また、ここ1・2年で新たに仲間に加わった人もいるであろうし、その方々は以前のスタジアムの雰囲気を知らないわけで。
新しい人たちが入って来るのは大歓迎。
そして、その新しい人たちとスタジアムやSNSでつながることが出来たら、人生が益々楽しくなるなぁと。

応援するスタンスは、人それぞれでいいと思うんだよね。
ベススタにいろんな人々が来て、満員のスタジアムで、それぞれの思い思いのやり方でサッカー観戦を楽しんでくれたら、とってもいいんじゃないかなぁ。
これからも、どんどん人が増えて行ってほしいし、また、人が増えて行くように、自分らで出来ることがあったらやっていきたいですね。

今年も、アウェイ遠征に出られなかったなぁ。
来年こそは、日本全国あちこちに出かけてやるぞ。
そして、ネタ遠征をやってやるぞー

来年は、今年出られなかった分を取り戻すべく、観光も楽しみたいなぁ。
温泉とかに行って、ぐた~っとして。
そして美味いものを食って。

あと、これも毎年書いていることだけれどさ。
来年自由に出歩く事ができるようになるという前提で。
一度でいいから、ホームゲームしか経験のない人は、アウェイも体験してほしいと思ってる。
人が少ない分、誰から強制されるのではなく、自然と人が集まって一つになれるんだよね。
これは何度も書いていることだけれど、自分がゴール裏デビューしたのは、ホームゲームではなくってアウェイゲームだったし。

来シーズンも、ホームベススタで、そしてアウェイのスタジアムで、ともかくサッカーを楽しみましょう。

================================================================

みなさま。
今年も、大変お世話になりました。
来年も、ヨロシクお願いいたします。

| | コメント (0)

2021年12月26日 (日)

モブログです

dsc_1930_20211226200701.jpg

福岡から帰還。

ようやく欲しいものゲットできた。

| | コメント (0)

2021年12月25日 (土)

2021年観戦記録

今年も残り少なくなり、これを書く時がやってきました。
毎年の恒例行事、今年1年間の観戦成績をまとめときます。

ちなみに、2004年版はこちら、2005年版はこちら、2006年版はこちら、2007年版はこちら、2008年版はこちら、2009年版はこちら、2010年版はこちら、2011年版はこちら、2012年版はこちら、2013年版はこちら、2014年版はこちら、2015年版はこちら、2016年版はこちら、2017年版はこちら、2018年版はこちら、2019年版はこちら、そして2020年版はこちらです。
これで18回目になりますね。
飽きもせずに、よく続いているなぁ。

*J1リーグ戦・福岡

第01節 福 岡 VS 名古屋 ×
第02節 清 水 VS 福 岡 欠席
第03節 福 岡 VS 横浜FM ×
第04節 徳 島 VS 福 岡 〇
第05節 福 岡 VS 鹿 島 〇
第06節 鳥 栖 VS 福 岡 欠席
第07節 福 岡 VS 札 幌 ×
第08節 G大阪 VS 福 岡 欠席
第09節 C大阪 VS 福 岡 欠席
第10節 福 岡 VS FC東京 〇
第11節 広 島 VS 福 岡 欠席
第12節 福 岡 VS 浦 和 欠席
第13節 福 岡 VS  柏  〇
第14節 仙 台 VS 福 岡 〇
第15節 福 岡 VS 湘 南 〇
第16節 横浜FC VS 福 岡 欠席
第17節 大 分 VS 福 岡 欠席
第18節 福 岡 VS 神 戸 欠席
第19節 川 崎 VS 福 岡 欠席
第20節 浦 和 VS 福 岡 欠席
第21節 福 岡 VS G大阪 ×
第22節 横浜FM VS 福 岡 欠席
第23節 福 岡 VS 広 島 △
第24節 福 岡 VS C大阪 欠席
第25節 名古屋 VS 福 岡 欠席
第26節 福 岡 VS 川 崎 欠席
第27節 福 岡 VS 徳 島 欠席
第28節 鹿 島 VS 福 岡 欠席
第29節 湘 南 VS 福 岡 欠席
第30節 福 岡 VS 鳥 栖 欠席
第31節 福 岡 VS 清 水 ×
第32節 神 戸 VS 福 岡 欠席
第33節 札 幌 VS 福 岡 欠席
第34節 福 岡 VS 大 分 〇
第35節 福 岡 VS 横浜FC △
第36節  柏  VS 福 岡 欠席
第37節 福 岡 VS 仙 台 △
第38節 FC東京 VS 福 岡 欠席

*YBCルヴァンカップ・福岡

第01節 福 岡 VS 札 幌 欠席
第02節 福 岡 VS 鹿 島 ×
第03節 鳥 栖 VS 福 岡 欠席
第04節 札 幌 VS 福 岡 欠席
第05節 鹿 島 VS 福 岡 欠席
第06節 福 岡 VS 鳥 栖 欠席

と言うことで、今年のリーグ戦&カップ戦の参戦成績、44試合で、07勝06敗03分、28欠席。
ちなみに・・・・・
2020年のリーグ戦の参戦成績、42試合で、12勝05敗03分、22欠席。
2019年のリーグ戦の参戦成績、42試合で、08勝12敗07分、15欠席。
2018年のリーグ戦の参戦成績、42試合で、16勝07敗09分、10欠席。
2017年のリーグ戦&プレーオフ参戦成績、44試合で、13勝10敗08分、13欠席。
2016年のリーグ戦&カップ戦の参戦成績、42試合で、03勝13敗06分、20欠席。
2015年のリーグ戦&プレーオフ参戦成績、44試合で、16勝05敗06分、17欠席。
2014年のリーグ戦の参戦成績、42試合で、09勝13敗10分、10欠席。
2013年のリーグ戦の参戦成績、42試合で、12勝11敗08分、11欠席。
2012年のリーグ戦の参戦成績、42試合で、05勝08敗07分、22欠席。
2011年のリーグ戦&カップ戦の参戦成績、36試合で、05勝18敗02分、11欠席。
2010年のリーグ戦の参戦成績、36試合で、18勝06敗04分、08欠席。
2009年のリーグ戦の参戦成績、51試合で、14勝09敗11分、17欠席。
2008年のリーグ戦の参戦成績、42試合で、13勝10敗08分、11欠席。
2007年のリーグ戦の参戦成績、48試合で、17勝14敗04分、13欠席。
2006年のリーグ戦&カップ戦の参戦成績、42試合で、06勝15敗14分、07欠席。
2005年のリーグ戦の参戦成績、44試合で、12勝05敗10分、17欠席。
2004年のリーグ戦の参戦成績、46試合で、15勝12敗06分、13欠席。

ここまでまとめてみて、初めて気づいた。
今年は、去年よりも欠席が多くて見に行けていないんだ・・・・・

昨年の続いて、かなりイレギュラーだったシーズン。
しかも、J1だと代表の日程にも影響されるから、過密日程な時期があったかと思えば、かなり間隔があいたときもあって。
とにかく、観戦スケジュールが立てづらかった。
あと、アウェイに戦に行くつもりでいたのに、アウェイ席の設定がなく、せっかく仕事の休暇は取れたんだけれど、結局家でお留守番とか。

それに、カップ戦は平日ナイトマッチになってしまったんで、これも見に行けなかった。
ぢごとを午後から休んでまだ見に行くほどのモチベーションは、正直沸かなかったのよ。

そんなわけで、このblogを作って18年、最多欠席回数を更新してしまった。
実に不本意であります。
まぁ、感染症の影響で、個人的にホームゲームなのに行くのを自粛していた時期もあったからね。
自主的に行かなかったんだから、どこにも八つ当たりする場所などない。

そんなわけで、あまり試合を見に行けなかった今シーズン。
それでも振り返ってみたら、観戦した試合は勝ちこしているんだ。
素晴らしい!
これを作るにあたって、どんなこと書いていたのか(たいしたこと書いていないのは分かっとる)ちらっと読んだのだが、開幕戦のころは苦しんでいたようだなぁ。(汗)
それが、だんだんと勝ち星を積み重ねていくようになり、それとともにテンションも上がっていき・・・・・
いやぁ、いいシーズンだった。
残念なのは、昨年に続いて、試合終了後の祝勝会ができなかったことだな。
せっかくのJ1、土曜日開催で翌日のことを気にせず朝まで飲める日もあっただろうが、そんな機会は一度もなかった。
この楽しみは、来年に取っておこう。

そして、今シーズンも、大きなクラスターなどを発生させることもなく、無事に最終戦まで試合を開催で来たのが、何よりも素晴らしかった。
開催にご尽力いただいた関係者にみなさまに感謝申し上げます。
お疲れ様でした。

なので、今年もアウェイに出られなかったのは、しょうがないと思うしかない。
九州外に出たのは、徳島と仙台の2試合のみ。
と書いた後で気づく、偶然とはいえこのチョイス、来シーズンは対戦しないからアウェイ観戦で行くことのない土地や。
もちろん、そんなことを考えて行ったわけではないが。
感染症の影響が低下して出かけてもいい雰囲気になった時、たまたまこの試合があったのよ。

そして、毎年立ててはいる、ホームゲーム全試合参戦と言う高い目標。

2020年は、5試合の欠席。(無観客試合1を含む)
2019年は、7試合の欠席。
2018年は、皆勤賞!!
2017年は、4試合の欠席。
2016年は、5試合の欠席。
2015年は、3試合の欠席。
2014年は、1試合の欠席。
2013年は、皆勤賞!!
2012年は、9試合の欠席。
2011年は、2試合の欠席。
2010年は、1試合の欠席。
2009年は、3試合の欠席。
2008年は、1試合の欠席。
2007年は、2試合の欠席。
2006年は、1試合の欠席。
2005年は、6試合の欠席。
2004年は、1試合の欠席。

そして今年は、8試合の欠席。

う~ん、キビシイ・・・・・
J1で戦えるのははもちろん大歓迎すべきことなんだが、隔週土曜に半ドン勤務なワタクシにとっては、観戦がなかなか難しかったりするのよ。
しかも、隔週のうちの仕事が入っている日に、ホームゲームがはまってしまったりして。
14時キックオフだったら、仕事終了後13時の新幹線に飛び乗ったら、頑張れば前半の終わりのほうから見ることができる。
なんだが、13時キックオフとかになると、断念せざるを得ない。
それに、なぜか土曜日なのに仕事が忙しくって、定時で切り上げることが出来なかったりすると、もうアウト。
まぁ、年パスも値上がりしたことだし、お金を稼がなければ試合を見に行くことはできないからね、そこはしょうがない。
この感染症のまん延で世の中が大変な中、毎月お給料がいただけていることのありがたさよ。

そんなわけで、今シーズンも声を出せなかったということで、まったりと観戦するモードだった。
すっかり慣れてしまって、それも悪くはないんだけれども、個人的にはそろそろ昔が恋しいなぁ。
90分間常に立って跳ねて歌いっながらの観戦、来年こそはやりたいなぁ。
今シーズン最後のほうで「ゴール裏での立っての応援」が解禁され、久しぶりに90分間立っていたんだけれども、まぁ、体力の落ちていることよ。
体が動かせない日々続いているし、トシをとったし、衰えは隠せませんわなぁ。
まぁ無理せず、出来る範囲でサポートして行きましょう。
それが、長続きさせるコツですね。

と言うことで、来年もJ1であります。
ついに、5年に1度のジンクスを打ち破ることに成功。
まずは一安心であります。

が、ここで安心すると、来年痛い目に会いかねない。
そうならないよう、クラブは現有戦力の保持および新戦力の確保に努め、それは成功しているのではなかろうかと。
ますます、クラブが変わっているのを実感する、オフシーズン。
そんなわけで、自分らとしてもその後押しをしなければなりませんな。
今年残留したとは言え、来年も、よそ様からしたら「降格候補のひとつ」であろうから。
だったら、それをひっくり返しましょう。
つまりは、もうすでに今から、来シーズンが楽しみなのであります(気が早い)。

来シーズンこそは、アウェイ遠征はたくさん行きたいな。
去年行けなかった京都の新スタジアム、まずはここが第一優先となる。
あと、これは去年からのコピペになるが、記録を調べてみたら、平塚に最後に行ったのが2012年、札幌は2014年、広島も意外と行けてなくて2015年が最後。
この辺りも候補に入れて起きたい。
あとは、ウチ絡みじゃなかったら、栃木の陸上競技場とかJビレッジとかも、機会があればぜひ。

お願いだから、「平日ナイトマッチ札幌」だけは、絶対に勘弁して欲しいなぁ・・・・・
まぁ、オリンピック関連で、それ以上に感染症の流行次第で、日程がどうなるのか。

あと、これだけは言っておきたい。
ホーム川崎戦を見に行けなかったのは、痛恨の極みであります。(泣)

================================================================

あとは、Jリーグ公式戦以外を。

*天皇杯

2回戦 福 岡 VS 鹿児島 欠席
3回戦 鳥 栖 VS 福 岡 欠席

天皇杯、見に行けないのが、もはや定番。
なんせ、一番直近で見に行ったのが2015年、しかも何故かアウェイ磐田。

平日ナイトマッチだと、リーグ戦ですら行くことが難しいのに、ましてや、天皇杯。
申し訳ないけれども、優先度が、かなり低くなってしまう・・・・・
来年こそは、と思い続けて、いったい何年が過ぎて行ったことだろう。

天皇杯、もう何年見に行けていないんだろう・・・・・

福岡の公式戦は、以上。

================================================================

おまけ

*J1

なし

*J2

第01節 北九州 VS 新 潟
第19節 北九州 VS 愛 媛

*J3

第01節 今 治 VS 熊 本
第03節 宮 崎 VS 富 山
第10節 熊 本 VS 沼 津
第20節 熊 本 VS 福 島
第30節 熊 本 VS 岐 阜

*JFL

第09節 高 知 VS 枚 方
第31節 鈴 鹿 VS 三 重
第31節 いわき VS 枚 方

*Kyu

なし

*なでしこ

なし

以上であります。

J1は、0試合の観戦。
いつもだったら、「たまにはJ1の試合が見たい」と思い、アウェイ遠征のついでにどっかの試合をぶち込んでいたところ。
が、今年に関しては、自分らがJ1なんで、よそ様の試合をわざわざ見に行く必要もなかろうと思い。
そもそも、アウェイに出られていないんだから、近場に行くしかないのではある。
が、「大分」が近場なのかと言えば、う~む・・・・・
高速道路をぶっ飛ばして数時間、しかもクルマで行ったら酒が飲めない。
そうしてまで行くほどのモチベーションは、今年はなかったなぁ。

J2は、2試合の観戦。
北九州の戦績的に、見に行きたいとなかなか思わせてくれなかったのよね。
申し訳ない。
長崎にも、なんだかんだで足を運ぶチャンスがなかったわけではないけれど、なんとなく気が乗らず。
来年は、もう少し機会を作れるといいな。

J3は、5試合の観戦。
念願の宮崎の新スタジアムに行けたことは、よかった。
んで、熊本にはあまり足を運べず、好調時のチームを見ていなかったのが残念。
しかし、最後「優勝決定戦」を見に行くことができた。
よそのチームであっても、優勝セレモニーをスタジアムで見たのは感動したし、いい経験だった。
熊本、来年J2でどこまでできるのか、若い選手が多いだけに楽しみであります。

そして、JFLは、3試合の観戦。
Jで遠出できなかったうっぷんからか、高知・鈴鹿・いわきと初めてのスタジアムを3か所回ることができた。
いわきの雰囲気はよかったなぁ。
これで、まだ行ったことがないJFLの本拠地は、青森・ソニー仙台・枚方とホンダロックかな。
東北の2つはハードルが高いし、同じようになぜかハードルが高い宮﨑(汗)。
となると、狙うのは枚方かなぁ。

あと、ワタクシが「サッカー観戦で」訪れたことのない県は、福井・和歌山の2つになりました。
こうなったらクリアしてみたいけれど・・・・・
どっちも地域リーグやんか。
見に行くのはちょっとハードルが高すぎ、しんどいぞ。

まとめると、来年は、札幌や青森に行きたいし、いわきや平塚にも行きたいし、栃木の新スタにも行きたいし、川崎には当然行きたいし、京都の新スタは当然行きたいし、枚方や広島にも行きたいし、リゾートも兼ねて沖縄にも行きたいし・・・・・
忙しすぎる。(汗)

================================================================

あとは、サッカー以外に関して。

*ラグビー・トップリーグ

第07節 宗像サニックス VS 東芝

*バスケットボール・B2リーグ

2020-2021シーズン 第16節 福 岡 VS 仙 台
2020-2021シーズン 第29節 福 岡 VS 茨 城
2020-2021シーズン 第28節 福 岡 VS 佐 賀
2021-2022シーズン 第04節 福 岡 VS 越 谷
2021-2022シーズン 第04節 福 岡 VS 越 谷

*フットサル・Fリーグ

なし
                       
*日本ハンドボールリーグ

なし
                       
*アメリカンフットボール・Xリーグ X1AREA

秋季リーグ戦06節 電 通 VS 福 岡

と、こんなところ。

ラグビーは、1試合の観戦。
ここんところ、1年に1試合なペースですな。
それよりもなによりも、来期から仕組みがガラッと変わって、こっちはなんもやってないのに3部リーグからですよ。
まぁ、経営体制的な事情は理解するとしても、でも、ねぇ・・・・・
来シーズン、どうなるんでしょ。

バスケは、昨シーズンが3試合で、今シーズンも2試合の観戦。
こっちも、目下のところの戦績が、モヤモヤ、モヤモヤ・・・・・
それに、なぜか今シーズン、金曜夜&土曜昼の開催が今のところ多く、そうなると遠隔地在住のワタクシはなかなか見に行けない。
地元開催の2試合は張り切っていったんだけれども、それ以外の試合に行けていない。
来年1・2月のほうも、今のところスケジュールが合わないんだよなぁ。
気にはなっているんだけれども、全然見に行けていないのがもどかしい。

あと、今年は行く機会がなかったので、来年以降年に1回でいいから、B1のハイレベルな試合を見に行きたい。
それに、全国各地にできている新アリーナを見てみたいんだよね。
ぜひとも沖縄に行きたいなぁ。

あとは、ハンドボールに、フットサルにと、昨年に続き今年も見に行けなかったなぁ。
その代わりに、アメフト初体験。
今までまったく触れたことのない競技だった故、とにかく新鮮だった。
まぁ、あの雰囲気になじめるまでには、もう数試合見ないといけないだろうなぁ。

================================================================

と言うことで、来年も、いろんなものを観戦して応援して、楽しいシーズンを送りたいものであります。

| | コメント (0)

2021年12月22日 (水)

どこかに行ってきました4

前回の続きであります。

12月12日日曜日。

この日も、完全にノープラン。
一応事前にちらっと考えてたのは、「盛岡天満宮で狛犬を見る」「福田パンの本店に行く」「花巻のマルカン大食堂でソフトクリームを食う」
これくらいしか思いつかなかった。

ホテルの無料朝食で腹いっぱいにしてから、9時半にホテルを出て駅に向かう。
路線バスに乗って、まずは盛岡天満宮へ。
社務所が開くのが10時からだと検索した結果出たので、ちょうどそれに合わせる。
ワタクシ一人を乗せた路線バス、どこを走っているのかわかんないけれど、なかなか風情のある街並みや。

ほぼ10時ジャスト、盛岡天満宮到着。
まずは参拝してから、狛犬を拝見。
写真で見てかわいいと思ったが、実物はさらにいいわぁ。
しばし堪能し、せっかくだからお守りを買い求めたら、移動しましょうか。
路線バスと時間が合わなかったこともあって、てくてく歩いて戻ることに。
バスの中で見た街並みが良かったから、なんとなく歩きたい気分になったのよ。

バスの中から見えた、岩手銀行赤レンガ館に到着。
ふら~っと入ってみる。
建物の外観が良かったけれど、内部もまた素晴らしい。
展示物もじっくり眺めていたら、1時間近くいたんではなかろうか。
事前計画なしにふらり旅って、楽しいな。

しかしこの時点で、11時半。
ひこーきに乗るためには、12時45分のリムジンバスに乗らなきゃいけないから、そろそろ締めの時間ですね。
今から花巻に移動してソフトクリームなど、絶対に無理。
この日も雨が降ってきたこともあって、アーケード街に避難。
盛岡城址は通り抜けるのみにし、デパ地下を冷やかしたら、盛岡駅に戻らなきゃいけない時間ですな。
福田パンの本店、行けなかった。
まぁ、あんバターは昨晩駅で買っていただいたから、それでよしとするか。

リムジンバスに乗車。
雨のせいか道路が渋滞気味で、若干到着が遅れたかな。
花巻空港に到着したら、ばたばたと搭乗ゲートへと向かう。
結果的に、昨日田沢湖でお土産を購入しておいてよかったな。
空港で買い物する時間的な余裕は、なかったわ。

それでは、ひこーきに乗り込みましょう。
行きと違って、延々と雲の上を飛び続ける。
やることがないから、空港でこれだけは買っておいた、缶びーるをプシュッ。
所要時間は2時間強、あとはもう、寝て過ごすしかないな・・・・・
着陸態勢に入り、ようやく地上が見えてきたとき、見えたのは基山上空、けやき台は上空からわかりやすい。
ってか、どういうルートで飛んできたら、ここにたどり着くんだろか?

福岡空港に無事到着。
高速バスが無くなって久しく、めんどくさいけれど天神まで地下鉄で移動。
西鉄電車の出発までは6分。
走れば間に合うと思い小走りで改札口を駆け抜け、小走りで西鉄の駅に向かう。
んで、エスカレーターに乗ったところで気づく。
会社で使用する、来年のわんこのカレンダー、まだ買っていなかった。
インキューブで、無事にゲットできた。
あとはゆっくり、次の電車に乗って帰りましょう。
お疲れ様でした。

と言うことで、「どこかにマイル」遠征記でした。
行き当たりばったりの無計画な旅行、めっちゃ楽しかったっす。
毎年オフシーズンの恒例行事にしようかなぁ。

| | コメント (0)

2021年12月21日 (火)

どこかに行ってきました3

前回の続きであります。

12月11日土曜日。

おはようございます。
目覚ましに、さっそく温泉に行きましょう。
朝風呂気持ちいわぁ。

朝食をいただきます。
やっぱり東北は、お米が美味しいわ。
朝から食いすぎてしまった・・・・・
もう一度お風呂に入ったら、9時になったのでそろそろ宿を出ましょうか。

ここから先は、本当に行き当たりばったり。
初日は、宿で夕食を食べなきゃいけないから、到着時間とそこまでの行程はチェックした。
しかし、この先の予定は、完全に未定。
盛岡駅前に宿を抑えたから、終電までにたどり着けばいいし、翌日はひこーきに間に合えばいい。
その間のことは、なーんも考えてない。

とりあえず、湯めぐりしましょうか。
宿泊者のみが購入できる「湯めぐり帖」1,800円也を購入し、乳頭温泉郷をふらふらすることに。
専用のマイクロバスに乗って、まずは鶴の湯温泉へ。
ここは有名どころだけあって、市街地からかなりの距離があるにもかかわらず、朝から人が結構いるなぁ。
まだ午前中だというのに、観光客がひっきりなしにやってくる。
逆に言えば、この時間帯に来ておいてよかったか、お昼を過ぎたらもっと人が増えてきそう。
それでは、名物の露天風呂に入りましょう。
朝から開放感のある露天風呂で、のんびり。
人の出入りがあって落ち着きづらいのがアレだけれども、さすが雰囲気があって、いいわぁ。

熱めの内湯もいただいて堪能したから、11時にして、缶びーるをあけましょう。
至福のひと時。
それでも、次のバスまであと1時間くらいある。
ケータイ電話つながらないから、ヒマつぶしのしようがない。
だったら、湯冷ましに散歩してみようかと思い、歩き始めることに。
ガイドブックになかなかよさげなところを見つけたので、ふらふらと。
・・・・・未舗装の道路、途中から除雪もされていない状況。
んで、足跡が付いている様子もない。
あ、これ、突き進んだら遭難するパターンや。
おとなしく引き返すことに。

結局、1時間後のバスに乗って、次の温泉に。
乳頭温泉郷のどん詰まり、蟹場温泉へ。
1時間歩いて冷えた体を温めるために、露天風呂へ向かう。
他に人が誰もいない、貸し切りだぁ。
雪を見ながら、川を見ながら、ひとりのんびりお風呂につかる。
それにしても、さっきのところと全然お湯の色が違うなぁ。
もちろん、どっちがいい悪いではなくて、狭い範囲内ながら個性がそれぞれあって、大変よろしい。
このあたりから小雨が降り始めた。
雨に打たれながらの露天ぶろ、これも風情があってよろしい。

この日はそろそろ日帰りでの営業時間が終了とのことで、次の温泉へ移動しましょうか。
徒歩数分で到着したのが、大釜温泉。
古い木造校舎を移築した建物は、これまた風情がある。
これまたのんびりと露天風呂をいただく。
こじんまりとはしているものの、建物も含めて、全体的な雰囲気が、なんかいい。
そしてここもまた、お湯質が違っているような。
それにしても、これできょう何回目のお風呂だっけ?
そろそろのぼせてきたわ・・・・・

14時を過ぎ、このあたりで温泉はいいかなぁという気分に。
まだまだ巡れる温泉はあるけれど、路線バスのダイヤも踏まえて、そろそろ離脱しましょうか。
14時半のバスで、乳頭温泉郷を後に。
実にいいところでした。
また来る機会、あるかなぁ。

行きは真っ暗で見えなかった景色を堪能しつつ、1時間弱。
降りるつもりはなかったけれど、田沢湖畔で衝動的にバスを降りてしまった。
これは事前に調べていたことなんだけれど、遊覧船はすでに冬季運休中な期間。
次のバスまで1時間もあることだし、ぼーっと湖を見て過ごす。
知らなかったけれど、めっちゃ透明度が高くてきれいやん。
他に人が誰もいない湖畔でまったりしていたが、寒くなったので、唯一営業していたお土産屋さんに飛び込む。
・・・・・かわいかったから、思わず秋田犬のぬいぐるみ買っちゃった。
しかし、なまはげのTシャツはかろうじて買うのを我慢したから、学習機能は働いたようだ。

次のバスを待って、16時半前、田沢湖駅に到着。
すでに外は真っ暗、もちろん寒い。
新幹線までのインターバルが1時間近くある。
鈍行だったら、さらにあと1時間。
いくら急ぐ必要のない行き当たりばったりな旅行とは言え、凍え死んでしまう。
駅の待合室で何もやることなくぼーっと過ごして、ようやくやって来た新幹線に乗って、盛岡に移動。

18時前に盛岡駅到着。
駅の売店で念願の「福田パン」をお夜食用にゲットしたら。お宿にチェックイン。
朝食を食って以来何も食べていないんで、少々お腹が減ってきた。
せっかくならば、名物の盛岡冷麺&焼肉肉が食べたい。
と言うことで、某有名な冷麺屋さんへ。
・・・・・さすが土曜日、めっちゃ人が多い。
待っていてもよかったんだが、なんとなくそんな気分になれず、別のお店でいただくことに。
そこもうまかったから、まぁ無問題か。

この時点で、まだ20時。
盛岡の夜はまだまだこれからなのだろうが、なにせ何の下調べもしていない。
駅前のビジホにこもって部屋で一人のみして、ほかにやることもないから、おやすみなさい。

と言うところで、長くなるんで、いったん切ります。

| | コメント (0)

2021年12月20日 (月)

どこかに行ってきました2

遠征記、本編であります。

12月10日金曜日。

さらりーまんなので、いつも通り朝7時には目が覚めてしまう。
早いけれど8時の西鉄電車に乗って、出発。
天神到着が9時なんでラッシュは終わっているだろうと思っていたが、O牟田駅を出る時点でそこそこ多かった。
平日のこの時間帯の電車に乗るのはほぼはじめてなんで、新鮮な気分。

天神から、まだまだ乗客が多い地下鉄に乗り換えて、福岡空港。
ひこーきの出発時間まではあと2時間ほどあるので、2度目の朝食なのか早めの昼食なのかよくわかんない食事をとって、時間調整。
それでもまだまだ時間が余っているから、空港のお店を冷やかしたのち、blogの下書き作業などをやって過ごす。
売店で販売されているおビールに目が行ったけれど、まだ午前中なので見合わせる。

お昼前になり、離陸であります。
両側の窓側がさらっと埋まる程度の搭乗率。
平日昼間の東北方面行でこれだと、だいぶ客の入りが回復してきているなぁという印象。
今回、花巻空港行きの小型機は上空でネットに接続できないやつなので、ひたすら下界の景色を眺めて過ごす。
今回ラッキーなことに雲がほとんどなく、わりかし景色を堪能できた。
まぁ、東北方面行で左の窓側を取ってしまってるから、日本海しか見えない時間帯も長かったのだが。

2時間と言う長時間のフライトののち、花巻空港に無事到着。
快適なフライトでした。
覚悟していたけれど、思っていたほど寒くはないかなぁ。
しばしまって、盛岡駅行きのリムジンバスに乗車、乗客は少なめ。
もちろん、乗りとおしたら盛岡駅まで運ばれるし、いつの間にかSuicaが使えるようになっているから現金を手出ししなくていいんで、こっちのほうが楽で便利だけれども。
「鉄」としては、ここは鉄路で移動したい。
花巻空港駅で下車したら、東北本線に乗り換え。
空港アクセスを考えたら、こじんまりとした駅舎。
駅の待合室は、普通にヒーターが入っている。

それでは、やって来た各駅停車に乗りましょう。
座席は空いているけれども、めったに乗れない路線ゆえ運転手の後ろに張り付いてしまうのは、やむを得ない。
確か駅近なはずで、盛岡のスタジアムが見えるかなぁと思って目を凝らしていたけれど、見えなかった。
ってか、盛岡が近付くにつれて学生さんが多く乗り込んできて、最後はあまり景色を眺められなかったなぁ。

盛岡駅からは、秋田新幹線に乗り継ぎましょう。
いや、新幹線でなくてもいいんだけれども、せっかくだったら早く温泉宿にたどり着きたいやん。
のんびりとした速度で走る新幹線、車窓を楽しむこと30分強、田沢湖駅に到着。
この駅で降りるのは、はじめてかな。
夕方になったというのもあるんだろうけれど、標高が高くなったからね。
寒い・・・・・
バスがやってくるまで20分くらい時間があるので、その間駅の周辺でも散策しようか。
そう思ったけれど、寒くて駅を出ることができない。

20分がやけに長く感じられて、ようやくバスがやって来た。
時間はまだ16時半だが、冬の東日本なので、すでに真っ暗。
ワタクシ一人だけを乗せて、バスは発車。
暗くて景色を楽しむことはできないけれど、それでも窓に張り付いて外を眺めて過ごす。
なんせ、距離はさほど離れてはいないような気がするが、温泉地までの所要時間1時間。
やがて、道の両側に雪が見えるようになり。
思ってもいなかったけれど、すでに雪降っているんだ・・・・・
あと、暗いながらも、結構細い道を走っているであろうことはわかる。
暗い雪道のドライブ、そんなことはやりたくないから、やはりレンタカーではなく路線バスで正解。 

17時半、乳頭温泉郷に到着。
1時間乗っていて運賃840円は、安いと思う。
宿にチェックインして荷物をお部屋に降ろしたら、夕食の前に早速、お風呂に行きましょう!
露天風呂に飛び込む。
お湯はやや熱め、それでいて外気温が寒いから、寒暖差が大きい。
サウナほどではないけれど、整いかけるわー

のんびり1時間近く堪能したら、待望の夕食の時間です。
オプションで追加した秋田牛のステーキに、アユの塩焼きにハタハタのてんぷら、そしていぶりがっこ。
どれもうめぇ\(^o^)/
そしてもちろん、秋田の日本酒をいただきましょう。
もちろんうめぇ\(^o^)/
ついつい飲みすぎてしまいたくなるけれど、そこはワタクシにも学習機能は備わっておる。
飲みすぎて酔いつぶれて、せっかくの温泉宿で温泉を堪能できないのは、もったいない。
ほどほどに抑えておきましょう。

美味しいものを頂いたらお部屋に戻り、少し休憩してから、再びお風呂へ。
先ほどよりも気温が下がって、さらに寒暖差が大きくなっているから、気持ちいい。
食べ過ぎたお腹もこなれてきて、ちょうどいいや。
ってか、最近トシのせいなのか、せっかくの豪華なお食事、なかなか食べきれないんだよなぁ・・・・・

満足してお部屋に戻る途中、図書コーナーでとあるハードカバーの小説が置かれているのをを発見。
前々から気になっていたけれど、結局まだ未読だった奴だ。
部屋に持ち帰り、読み始める。
夜22時から読み始め、ノンストップで3時間で読破した。
ふぅぅぅぅ
余韻に浸っていたけれど、そろそろ寝ましょうか。

行き当たりばったりで東北の山中の温泉に来て、温泉を堪能し、読書にふける。
なんとゼイタクな休日の過ごし方だろうか。
本当に楽しいわぁ~

と言うところで、長くなるんで、いったん切ります。

| | コメント (0)

«どこかに行ってきました1