« モブログです5 | トップページ | ただいまー »

2005年11月 3日 (木)

天皇杯4回戦 FC東京VS福岡

羽田空港のやふーかふぇから、こんばんはー
ひこーきの出発時間まで、あと2時間もあります。

ところで、味スタからの帰り、京王線が直通してるんで、神保町に行って書店を数店巡ったんだけれど・・・・・
神田にも置いていない書物は、どこに行ったら手に入るんでしょうか?
まぁ、それは置いておいて、今日は日帰りで、天皇杯@味スタでした。

天皇杯4回戦 FC東京 2-0 福岡

はい、完敗です。
すんません。公式記録がまだ見つからないんで、実際の数字はわからないんだけれど・・・・・
コーナーキックを与えた回数、シュートを打たれた回数、逆にこちらがシュートを打った回数を比較すると、試合内容が、如実に現れているのではなかろうかと。
ほぼ一方的に、ぼこぼこにやられた試合。
もっしゃんが何本も枠の外にはじいたし、特に前半、先方がどフリーの場面で枠外にシュートをはずしてくれたおかげで、2失点ですんだだけ。

となると、さぞかし、悲劇的な試合だったのだろうなぁと思われるだろうけれど・・・・・
個人的には、そんなに悪い感想は、持って居ないんだよね。

前の佐川印刷戦は、映像を一切見ていないんでわかんないんだけれど、サテライトリーグ大分戦も含めて、ここ最近の試合において見られた、「サテのメンバーから、必死さが伝わってこない」状態と異なり、今日の試合からは、監督にアピールしたい、そして勝ちたいという気迫が伝わってきた。
(ただし、大半はその気持ちが大きかったんだが、そこまで大きくはなかった選手もいたような・・・・・)
決して相手に対して走り負けていなかったし、後半疲れて足が止まってたんだけれど、ロスタイムに入っても、全選手、最後まで体を張ってゴールを守ってたし。

ナギも、やれば出来る子やん。
ひょっとして、舞台が大きくなればなるほど、能力を発揮するタイプなんだろか?
長野とのコンビ、大きな連携ミスもなく、90分間ずっと奮闘していた。
ま、CBが90分間奮闘し続ける試合というのも、なんだけれどさ。
あと、辰徳が落ち着いていて、安心してみていられた。
結局、辰徳のサイドの方は、最後まで破られなかったんとちゃうやろか。
J’s GOALのコメントでは、「失点したシーンでは、マークをはずしてた」と言っているんで、本人的には反省点が多いようだけれど。

一方、川島のサイドの方がずっと狙われていて、2失点ともそちら側からだったんだけれど、ちょっと相手にスペースを与えすぎてたかな?
最初の失点は、あのクロスは上げさせたらまずいわけで、つまりはミス(ただし、川島一人の責任ではない)。
2点目は、同じくスペースに飛び込まれて、長野がファールでとめた後、FKを直接放り込まれたわけなんだけれど・・・・・あんなFKを蹴られたら、しょうがねぇや。
ただ、スペースを空けたから、あぁなったわけで。
って書くと、川島の出来が悪かったかのように思われるけれど、そうではなく、よかったっすよ。
相手がドリブルしているボールを掻っ攫う技術はうまかったし、前半おおつかくんと、後半ひらじとのコンビで攻めあがって、何度かチャンスを演出していたし。
ただ、川島があがった後を埋めるフォローが、足りなかったのかなぁ。

ま、まとめれば、J1、しかも攻撃的なチームであるFC東京相手に、このメンバーで2失点だったら、許容範囲内だったんではなかろうかと。
であるからこそ、守備陣が体を張って守っていたからこそ、攻撃陣は、3点とって、試合に勝って欲しかったんだけれど・・・・・・
FC東京相手に3点取るのは、無理っすかね?
でも、せめて1点だけでも、取って欲しかった。

確かに、攻撃させてもらった回数自体、少なかった。
けど、こういう試合って、その数少ないチャンスをモノに出来なきゃ、勝つことはできないでしょ。
オオタもアリも、そこそこ頑張っていたとは思うよ。
ただ、他の選手が、2人(特にオオタ)の使い方をわかってないな。
だからぁ、オオタがサイドに流れてボールを受けて、どうするのよ。
それに、オオタが前線にいるんだったら、高いボールを上げてみろよと思うわけで。足元へのボールは不要。

攻撃のオプションが少ないというか、戦略を感じられないというか、要するに、点が入りそうな気配が、ほとんど感じられない。
すまん、攻撃してた時間が、あまりにも短かったんで、攻撃については、あまり書くことがない。
ただ、惜しいチャンスは、あるにはあったのよ。
アリが、左サイドというポジションから、何度も積極的にドリブルで上がろうとしていて、ことごとく止められていたんだけれど、俺はあれでよかったと思う。アリは、ドリブルを仕掛けてなんぼの人でしょ。
ただ、これも、周囲のフォローがあったら、情況は変わっていたかも。
あと、途中から出てきた、はやし・・・・・
もっと走れ! 以上。

んな感じで、ダラダラと書いてきたけれど、今日出ていた選手、程度の差こそあれ、みんな自分の持っていた力は、出せていたと思う。
ただ、それでも、FC東京の選手とは、個人のレベルも、組織力も、いずれも劣っていたということで。
力を出し尽くしてそれだったら、しょうがないやん。
あとは、明日以降、更に練習を重ねて、自分の実力をアップさせて、来年リーグ戦で対戦する時にリベンジするしか、しょうがない。
・・・・・ま、その前に、レギュラーを奪わなきゃいけないんだが。
とはいえ、気になったこともあるわけで、2点目をとられた後、センターサークルまで走っていってたのは、オオタ一人だけだったぞ!
その点は、さびしかった。

今日の試合、いろいろとレベルの差を感じたんだが、その中でも一番大きかったのが、クリアボールの精度かな。
こちらは、ただ前方に蹴りだしてピンチを脱出するが精一杯だったのに対して、FC東京は、クリアボールをきちんとつないで、ことごとく攻撃につなげていたんだよなぁ。
要するに、こちらがいくらクリアしてもクリアしても、相手はすぐにボールを拾って、攻撃を組み立てなおしてくるんだよなぁ。
ま、これが、J1クオリティということで。
トップも含めて、クリアボールをきちんとつないでいくことが、今後の課題ですかね。

今日の試合に敗戦したこと、とっても悔しいんだけれども、それでも、今日味スタに来てよかったと思う。
少なくとも、この間の西京極よりかは、ナンボも楽しめた。
ただ・・・・・
この借りは、来年返すぞ!

================================================================

あぁぁ、いくら、ひこーきの出発時間まで間があるとはいえ、今日の日記、いつもにもまして長すぎ。

|

« モブログです5 | トップページ | ただいまー »

2005年 J2福岡 (試合)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天皇杯4回戦 FC東京VS福岡:

« モブログです5 | トップページ | ただいまー »