« 北海道に行ってきました 1 | トップページ | 北海道に行ってきました 3 »

2012年3月15日 (木)

北海道に行ってきました 2

道東遠征記、今回から本編であります。

9日金曜日。
福岡空港発9時の羽田行きに乗って、出発。
いつも関東方面への遠征だと、7時初の初便に乗るため、O牟田を5時に出る高速バスに乗るんだけれど、今回は7時発の高速バスで、福岡空港到着が8時過ぎ。
・・・・・不安っすよね、渋滞なく定時で到着してくれるのか。
その辺の性格がチキンなワタクシは、結局今回JRを使っていくことに。

ダイヤの関係上、6時発の始発の路線バスで、O牟田駅へ。
30分ほど待合室でぼーっとしてから、特急列車で博多駅へ。
列車は5分ほどで博多駅に着き、ラッシュアワーの地下鉄で、福岡空港へ。

金曜日の朝8時から出張に出る人とかって、あんましいないんすかね。
思いのほか人が少なくてがらがらな福岡空港で、またーりとすごした後、いよいよひこーきに搭乗。
昨日書いたとおり、今回の旅行はANA利用。
ANAで東京線と言ったら、いまだ747が大活躍。
JAL派のワタクシにはすっかり無縁になってしまった機材なんで、もちろん2階席を押さえてある。

早速離陸、すぐに雲の上、眼下の景色は真っ白。
やることないんで、すぐにおやすみなさいをする、2階席をあえて取った意味が、まったくなし。
特段何も書くことがないまま、やがてひこーきは着陸態勢に入り、雲が切れたときには東京湾と川崎の工場群が見えていたと言う状況、無事に羽田空港に到着。

羽田空港での乗り継ぎは、1時間弱のインターバル。
案の定な「ひこーきまではバスでのご案内」な搭乗ゲート、ほとんど人がおらず、スマホを充電しながら、あらかじめ買っておいたエサで朝食タイム。

やがて、バスに乗って、ひこーきの元へ。
「小型機なので、それなりの搭乗率」と言う程度の乗客を乗せて、離陸、そして再び雲の上へ。

2012_031100021

しかし、やがて雲が切れると、眼下には雪をかぶった東北の大地が。
おそらく、田沢湖に十和田湖かなぁ。

2012_031100061

2012_031100081

んで、下北半島上空から、函館の沖を経由して、苫小牧方面へ。
上空から見たら、苫小牧と新千歳空港って、案外近いんだなぁ。

そして、平野の中の旭川空港上空、山を越えたらいよいよ紋別だぁ・・・・・
と言うところで、再び分厚い雲が。。。。。
予定では、流氷が浮かんでいるオホーツク海の上空を旋回しながら、空港に着陸するはずだったのに。
上空からの流氷、見たかったなぁ。
当然、最終着陸態勢中で、「すべての電子機器はご使用になれません」なんで、ナマで見て目に焼き付けておきたかったんだけれど・・・・・残念。

雪の中にある、オホーツク紋別空港に着陸。
こじんまりとした空港だなぁ。
当然、ボーディングブリッジなどあるはずもなく、テクテク歩いていく。
思っていたよりも、案外寒くはない。

2012_031100101

2012_031100141

2012_031100221

空港ターミナルビルを、一通り見物。
と言っても、2分もあったらすべても見て回ることができる。
搭乗証明に記念品を頂いて、市内への連絡バスに乗る。

と言うところで、いったん切ります。
ってか、まだひこーきを降りた段階だよ。
いつもながらに、進むペースが遅い旅行記だな。 (汗)

|

« 北海道に行ってきました 1 | トップページ | 北海道に行ってきました 3 »

遠征記 2012年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道に行ってきました 2:

« 北海道に行ってきました 1 | トップページ | 北海道に行ってきました 3 »