« 2017年観戦記録 | トップページ | あけましておめでとうございます »

2017年12月31日 (日)

今年1年、大変お世話になりました

こんばんはー

今年も、公私共にいろんなことがありました。
まぁ、ほんと波乱に満ちた一年だったなぁ・・・・・

================================================================

と言うことで、毎年恒例、「大晦日くらいは、心の中に思っている本音を言わせてくれ」のコーナー。

今年は、数年遅れて「厄年」がやって来てしまったと言うのが、率直なところ。

ゴールデンウィーク明けのころ、よもや四十の半ばにして、ガチな失恋をしてしまい、深く落ち込んでしまうと言う、このトシになって今さらなにやってるんだよ状態。
いやぁ、こんな感覚を味わうのは約十年ぶりくらいかしら、ってなところでして、10代20代のころだったらまだしも、トシを取って免疫力が衰えたところでの失恋は、マジしんどいっすわ。
食欲が完全に落ちてしまい、メシは食えないし、夜眠れないしで、疲れましたわ。

とまぁ、そこまでで終わってしまっていたら、まだ笑い話で終わらせることもできたんだろうけれどね。

その後、失恋の影響で、仕事で大きなミスをやらかしてしまうと言う、まったく笑えない事態に。
自己嫌悪から、深く深ーく、落ち込んでしまう。
結局仕事の方は、挽回できたのかどうか、そこは定かではないものの、年の瀬を迎えて、今のところはなんとか職は失っていない状況。

================================================================

それとほぼ同時期、職場の健康診断で、血液検査の結果に異常値が出て、再検査することに。
ところが、帰ってきた再検査の結果が「判定不能」。
おかしいことはわかっている、ウィルス的なものに侵されているっぽいこともわかっている。
しかしながら、そのウィルスの型が判明しない。

何回か違う種類の検査しても、さっぱりわからない。
ドクターからは、
「最終的に、どんな判定が帰ってくるのかが楽しみだよねーと、検査会社の人とも話しているんですよ。はっはっはっ」
と言われてしまう状況で。
裏を返したら、ドクターとそんな良好なコミュニケーションをとれるようになるレベルになれるほど、病院に通い続けたわけで。

結局三ヶ月ほど時間を要し、最後は遺伝子検査まで行い、結果が判明。
どうやら「日本では症例が数例見つかった」レベルの、非常にレアな症例だったらしく、ドクターには文献を漁って調べてもらいました、ありがとうございます。
で、今、1錠で4万円以上もするらしい、すっごく高いお薬を飲んでますよ。
ただ、国の医療制度に助けられて、治療費の本人負担が少額で済んでいるのは、本当にありがたいことです。

あ、今までの実績では、この薬で98%の人が完治しているらしいので、大きな問題ではないと思うし、ワタクシ本人は、まったく心配していないっす。
なので、半年後にくらいには「完治しました」お知らせをしてると思う。

================================================================

そんなわけで、心身ともボロボロになり、食欲がまったくなくなった状況で、何を思ったのか、「どうせ食えないんだったら、ついでに痩せてやろう」と、唐突にフィットネスジムに通い始めた。

朝食は、生野菜サラダのみの昼食は、ヨーグルトのみ、そして夕食は油ものを控えて、ご飯抜き。
と、炭水化物は一切とらずに、週に四回ほど、仕事帰りにジムに通い、3時間ほどみっちり体を動かす。
最初の一月で体重を8キログラム落として、半年以上たった現在、13キログラムマイナス。
さすがに食事がストイック過ぎたようで、当初の勢いは続かず、朝昼はも少し食っているけれども、炭水化物は「どうしても我慢できずに、週に1~2回らーめんかうどんを食う」段階を維持。
人間、炭水化物をほとんどとらなくても、生きていけるんやね。

あと、ジムに通っている効果として、「体を動かしていたら、ストレスがたまらない」ってのもあって。
いやぁ、「すべての悩みは、筋肉が解決してくれる」ってのは、あながち的はずれでは無いなぁと言うことを、実感。
何だかんだで、仕事上のストレス、そして、失恋の癒しにもなったな。
何よりも、お酒に逃げなくなったし、この半年間で、片手で事足りるくらいしか、飲んでいない。
飲んでいないと、体質が変わるのか、たまに飲んでも、アルコールを受け付けない体になってしまった

そんなわけで、来年の夏までには、ソフトマッチョなボディになって、海で女の子にモテモテになってやる。
それが、今のモチベーション。

================================================================

もひとつ大きく変わったのが、職場での配置転換。

ワタクシ、会社は転々としながらも、20代の頃から今まで一貫して、経理畑を歩いてきた。
で、この度、サラリーマン生活二十数年にして、人事畑への移動。
いやぁ、わからんことだらけや。
求められる法律の知識がまったく無いし、それ以前に、自分が働いている職場の制度がどうなっているのか、まったく知らなかったと言うのに、愕然としたりして。
「36協定」の中身についても、今までまったく知らなかったし、その存在を気にしたことすらなかった。

と言うことで、日々勉強の毎日。
大変だけれども、四十半ばにして、今まで知らなかった新しい知識を得ることができると言うのは、新鮮で楽しい、毎日飽きない。
ここで得た知識は、今後どこかで役に立つだろうし、何よりも、仕事の幅が広がっていく。

それにしても・・・・・・

新卒の学生さんの採用面接って、難しいね。
既卒の人の採用だと、職務経歴書と面接の受け答え、話し方やその内容で、これまでの経験や人となりがわかるんだけれども、学生さん、違いがまったくわかんない。
履歴書の書き方も、面接の受け答え方も、よく訓練されている。

その中から誰か、最適な人を選べと言われても、簡単には選べない。
自分の判断が、目の前の学生さんの一生を左右しかねないと思うと、あまりにも重くて、それを消化しきれないというのが、本当のところ。

それに、自分が何回も、転職活動のたびに、書類を送っては断られ、面接を受けては断られてきた経験があるんで、心情的に、「採用試験を受ける」方の気持ちになってしまっちゃうのよ。

この辺りの葛藤は、もうしばらく続くのかなぁ。

================================================================

そんなわけで、色糸と忙しかったおかげで、すっかりblogを更新する余力がなかった一年だったな。
ずいぶんやっつけ作業になってしまった。

んで・・・・・

来年も、J2ですかぁ。

本音を言えば、今シーズン開幕前、一年で復帰できるとは思っていなかった、申し訳ないけれども。
しかしながら、スタートダッシュに成功すると、コロッと気持ちは変わるもので。
一年での復帰は疑い用の無い、そんな気分に変わってましたね。
なので、プレーオフ決勝の日、豊田に向かう道中も、「勝って帰る」と、一切の不安もなかったし。

んで、来年もJ2ですか。

プレーオフの影響からか、選手編成にも出遅れてしまっている感じだし、一年での復帰のために今年頑張ったぽい分、来年かけることができる人件費予算的にも、もしかしたら厳しいのかもなぁと、要らぬ心配を。
と言うことで、今日現在、来シーズンのメンバーについて、ほぼ見えない状況。
まぁ、これは今年に限ったことではなく、我がチームの例年の状況からすると、年が明けたら契約更新のリリースがどっと流れてくるんだろうと、楽観的に考えていなくもないけれども。

まぁ、まだ正式に発表されていないことについて、あーだこーだと心配してもしょうがないからね。

と、ここまで書いていた大みそかの夕方になって、ビッグニュースがキターーーーー
かなり良さそうな外国人プレイヤーをお迎えすることが出来そうで。
さぁ、来シーズンこそは、J1戻りましょう。

ひとつだけ、あえて注文をつけさせてもらうとすれば、活きのいい若手選手を、も少しみたいなぁと。
ただ、出番っていうものは与えられるものではないんだから、チーム内のスタメン争いに打ち勝って、出て来いっ!
バランス的には、ベテラン選手にやや偏重しているきらいがあったので、そこのところも含めて、ね。

================================================================

今シーズン、ひとつ大きな財産を得ましたよね。

某王国民の方々から、大きな後押しをいただきまして、たいへんありがたい。

いろんな考えや趣味をお持ちの、新しい方々に来ていただけるのは、本当にいいことや。
同じような考えの人ばかりで固まってしまって、ご新規さんが入ってこない組織って、硬直してしまって発展性がないからね。
今後、新たにどんな化学反応が起きてくれるのか、楽しみです。
レベスタに、いろんな人々が来て、満員のスタジアムで、それぞれの思い思いのやり方で、サッカー観戦を楽しんでくれるの、とってもいい。

なんとなく、王国の方々とは、win-winな関係と言うよりか、こちらが受け取っているほうが多いような気がするのが心苦しいんで、来年は少しはお返しできたらなぁとは、思っている。

そして、今シーズン特に感じたこと。

アウェイ遠征したときのゴール裏の雰囲気が、めっちゃいいんだよね。
特に、関東方面に行ったときとか。
とにかく、楽しいんだよね。
これって、関東組の方々がこれまで積み重ねてきた努力の賜物だと思う。
ゴール裏を覆う雰囲気がいいから、つい普段よりも大きな声が出てしまうし、普段よりも高く跳べてしまう。
そしてそれが、選手たちの後押しになってくれたら、言うことはない。

来シーズンも、ホームレベスタで、そしてアウェイのスタジアムで、ともかくサッカーを楽しみましょう。

==============================================================

観戦記のところでも書いたけれど、来年もあちこちに行きたいな。

「鉄」的には大きなイベントは特段ないけれども、逆に言えば、こういうときこそ、アイデアの出しどころや。
まぁ、「アイデア」っていうよりか、「ネタ遠征」なんだけれどもね。

どうしても、最近お仕事が多忙で、なかなか連休が取れないのが、個人的にとっても残念なことではある。
だもんで、どうしても「サクッと往復ともひこーきで」と言う、イージーなコースに陥り気味だった。
来年こそは、これを打破したいな。
「青春18きっぷを使った、1週間くらいの遠征」とかって、妄想はしてみるものの、絶対に無理だよな・・・・・

まぁ、早速シーズン開幕前に、一つネタを仕込み済みではあるんで、あとはシーズン中やね。

================================================================

みなさま。
今年も、大変お世話になりました。
来年も、ヨロシクお願いいたします。

|

« 2017年観戦記録 | トップページ | あけましておめでとうございます »

中身の無い日記 2017年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15063/66221494

この記事へのトラックバック一覧です: 今年1年、大変お世話になりました:

« 2017年観戦記録 | トップページ | あけましておめでとうございます »