« 千葉に行ってきました3 | トップページ | 千葉に行ってきました5 »

2018年10月 4日 (木)

千葉に行ってきました4

前回の続きであります。

翌日、16日日曜日。

やはりほとんど眠れないまま、朝7時にネットカフェを出る。
仙台駅のファストフードでスマホを充電しつつ、朝食をいただく。
まぁ、なぜ、一晩中ネットカフェに閉じこもっておきながら、スマホが充電しておかなかったのだと言う、自分に対する疑問はさておき。

8時過ぎの原ノ町駅行きの鈍行列車に乗って、出発しましょう。
眠かったからしばらく熟睡していたけれど、やがて目覚めてみたら、列車は震災被害のあったエリアへと。
何でもない田畑の中だけれども、線路が移設されていて列車は高架線を走っていて、そして高台にある駅前の住宅がすべて新しい光景を目の当たりにすると、適切な言葉が思い当たらない。
テレビ画面を通してみるのとは、感じ方がまったく違う。
実際に現地を見てはじめて感じることもある。
海岸線は見えてはいるものの結構遠くの方で、それが逆に、こんな奥まで津波が押し寄せてきたと言うことであって・・・・・

9時半過ぎに、原ノ町駅に到着。
すぐに、浪江駅行きに乗り継ぎ、案外長い編成の車両やなぁ。
んで、30分ほどで、浪江駅に到着。
ここから先は列車は動いていないので、代行バスへと乗り継ぎ。
そのインターバルに、駅前をふらふらとしたけれども、パトカーが巡回しているのみで、人影がほぼ見当たらない光景を目の当たりに。

やって来た代行バスは、観光バスタイプ。
3分の2ほどの座席が埋まった状態で出発。
この間を移動する人って、案外多いんだな。
んで、代行バスの車中からの景色、写真を撮る気にもなれず、眺めるのみ。
今でもうまく消化出来ていないっす。
ただ言えるのは、「除草が行き届かなくって背の高い草が絡まっている建造物がある」以外は、どこにでもある日常の町並みなんだよなぁ。
ただただ、人がいないって言うだけで。

30分ちょっとで、富岡駅に到着。
ここから再び鉄旅。
ここも乗り継ぎのインターバルの間に、駅から見える光景を眺める。
んで、いわき駅行きの鈍行列車に乗りましょう。
よもやの651系列がやって来た、ほかに使いどころがないんやろか、もったいない・・・・・

特急車両だから快適で、あっという間にいわき駅に到着。
ここからは特急ひたちに乗りましょう。
そうしないと、フクアリに間に合わない。
この時点で、12時を過ぎており、ついった上ではすでにフクアリに到着してる人もいる模様。
って、着くのが早いな。

特急券は仙台駅で購入していたから、その座席に腰を下ろす。
結論から言ったら、東京駅まで空席がそこそこあったから、指定を取る必要はなかったのかも。
やがてやって来た車販さんから、待ちきれずにアルコールを購入、試合前の景気付けにいただきます。

15時頃に東京駅に到着。
総武線のホームに移動したら、ちょうど内房線直通がやって来た、千葉駅で乗り換える必要がなくなり、ラッキー。
アルコールが入っていたこともあり、あっという間に蘇我駅に到着。
とっくの昔に入場開始時間になっているから、先を急ぎます。

試合についてはすでに書いているので、割愛して、試合終了後。

釈然としない気分のまま、満員の電車に揺られて、千葉駅に。
いったんホテルにチェックインしたら、軽く飲みに行くつもりだった。
が、一人で飲むのも寂しいし、前日ネットカフェで眠れなかったこともあり、どっと疲れてしまった。
と言うことで、ホテルから動くことが出来なくなったから、おやすみなさい。

と言うところで、長くなるんで、いったん切ります。

|

« 千葉に行ってきました3 | トップページ | 千葉に行ってきました5 »

遠征記 2018年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 千葉に行ってきました4:

« 千葉に行ってきました3 | トップページ | 千葉に行ってきました5 »