2005年12月28日 (水)

大阪の写真

と言うことで、長居の写真です。

1252041

こちらは、セレッソな皆様。

1252091

こちらは、ガンバな皆様。

1253581

で、ぢぶんは、博多の森と同じく、バックスタンドのセンターラインの延長線上で、まったりと観戦。
で、セレッソな皆様とガンバな皆様は、センターラインを境に、くっきりと分かれるのかと思いきや・・・・・かなりぐちゃぐちゃに入り乱れ状態。
前の席の人が喜んでる時に、後ろの席の人がブーイングしていると言う状況で、けっこー居心地が悪い。
・・・・・いや、周囲が全員どっちかのサポだったら、「朱に交わらば・・・」で、ぢぶんもそっちを応援するんだけれど、この状態だと、どっちのチームを応援していいのかがわからん。

1240461

スタメン発表時には、桜なほうからは、ビッグフラッグも登場して・・・・・

1256371

きっくおふです。

試合は、セレッソが優位に試合を進めていって・・・・・

1404491

前半終了間際に先制した後、後半開始直後に追加点。
よろこぶセレッソな選手とサポ。

1447341

試合は結局、3-1でセレッソの勝利。リーグ戦の雪辱を果たしました。

================================================================

ところで、「キックオフ」の写真の背景を、虫眼鏡で見てもらったらわかるかもしれないけれど、「黒部の残留を願う」ダンマクが、7・8枚くらい出てたかなぁ?
さて、どーなるんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月27日 (火)

大阪に行ってきました

・・・・・えっと、福岡レッドファルコンズは、俺が一度も見に行かないまま、消滅してしまうんでしょーか?

それはさて置き、24日から3日間、旅に出ておりました。
今月初旬、土日を返上して出勤したため、その分の休日を振り替えなきゃいけなくなったんで、結果、本人が意図しないまま3連休になってしまったと。
と言うことで、今回は、休日が確定したので、あわてて行き先を探すと言う羽目になって、「じゃぁ天皇杯でも見に行くか」となった次第。
で、どうせ行くんだったら、大阪ダービーにしようかと言うことで。

で、長居スタジアムです。
今回の試合は、天皇杯準々決勝、C大阪 VS G大阪。
ちなみに、ぢぶんがこの両チームを生で見るのは、セレッソが3年前、前半で江口がハットトリックを決めた後、5点取られて負けた試合、ガンバがその半年前、万博での例のことが決定した試合であって、3本の指に入る、思い出したくもない試合のうちの2つですな。
では、あとひとつは、どの試合になるんだろ?

要は、ぢぶんが生で見るのは久しぶりのチームについてだし、BSの生中継を見てた人も多かっただろうから、試合の感想は、簡潔にしときます。

さすがに、今シーズンの優勝を最後まで争った両チーム、非常に白熱した面白い試合でした。
で、乱暴に言っちゃえば、「チームの組織力で攻撃する」セレッソと、「個々の選手の力で攻撃する」ガンバの違いだったのかなぁ?
で、両チームともいい試合の入り方をしたんだけれど、だんだんと、「大黒とアラウージョを欠いた」ガンバのほうが、その持ち味を出せなくなったんだと思う。
周囲にいたガンバサポが、試合が進むにつれて、いらいらした空気を出し始めているのが伝わってきました。

で、両チームの選手共に言えることは、「個々の能力が高い」こと。って、当たり前ですよね。優勝を争ったチーム同士なんだから。
ただ、ボールを持ってる選手の能力が高いのはもちろんなんだけれど、それ以上に感じたのが、ボールを持っていない選手の動き。
ある選手がボールを持ったとき、他の選手はどう動かなければいけないのか、チーム全体として戦術が浸透してるんでしょうね。
おそらくTVカメラが捉えていないであろう場所にいる選手も、なかなかおもしろい動きしてました。実に勉強になります。

とともに、選手間の信頼関係が固いんだろうなぁと。
なんで、ノールックでそこにパスが出せるのかとか、なんで、そこでスルーできるのかとか、観客席で見てるぢぶんにとっては、わくわくするプレーが随所に飛び出すんだけれど、そのプレーがいずれも、無理矢理とか苦し紛れとかではなく、ごく自然に出てるんだよね。
普段から練習を重ねて、意思の疎通ができているからこそ、できるんでしょう。

あと、全選手が超ハードワークしてました。攻撃においても守備においても、サボってる選手が、一人もいない。
全選手が90分間絶えず走り回っているわけだから、そりゃスピーディーなサッカーになりますよね。
ともに、小さいミスが時々飛び出したんだけれど、その隙を相手チームは絶対に逃さず、あっという間に攻守逆転する。で、攻守逆転されたほうも、これまた守備への切替が早いと。

あー、来年からは、ウチはこのレベルで戦わなきゃいけないのかぁ。

とは言え、以前も書いたように、個人的には、悲観するほどの実力差は開いてないように思う。
FBSの特番で、松田監督が、柏との入れ替え戦について、言ってましたよね。
「実力の差はそれほどは感じなかったが、精神的な強さの差が大きかった。」といった内容のことを。
悔しいけれど、個々の選手のうまさだけで勝負したら、多分ウチは相手チームに敵わないんで、J1の舞台で戦っていくには、チームの組織力を磨いていくとともに、一にも二にも、全フィールドプレーヤーが90分間ハードワークし続ける、体力と精神力を身につけなければいけません。
体力や精神力でも相手に負けていたら、話にならないかと。
逆に言えば、それが身についてたら、大虐殺されることは、あまりなかろうかと。
それでもなお、かなりうまい外国人プレーヤー一人にやられることがあったとしても、それはしょうがないやん。

なお、この記事は、会社から仕事中に書き込んでいるんで、写真については、帰宅してからアップします。
観客席の雰囲気なども含めて。

・・・・・あーあ、よそのチームの試合を見ても、結局は「福岡視点」になってしまってる。 (汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰宅してます

無事に、帰って来ました。
TVを着けたら、偶然「瞬感スポーツ」やってて、きょーへい&宗リンのコタツトークなど見ることが出来ました。

なんか、旅に出てる間に、でかいニュースがいくつかあったようだし、コメントのレスもつけなきゃいけないんだけれど、すんまそん、明日以降に着手させていただきます。
で、今日のところは・・・・・

1441181

クリスマスイブの日にわざわざ見に行った、愛しの(笑)宮原の写真など。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月11日 (日)

入れ替わっちゃいました

最初に謝っておきます。
ごめんなさい。

先月、第43節で小瀬に行った時の話です。
ボランティアスタッフの人、入場ゲートの人から、口々に「昇格おめでとう」と温かい言葉をかけてもらった。
と言うことは、この間書いてたんだけれど、そのときに、ぢぶん、「ありがとうございます。再来年また来ます。」と、答えてしまったのです。
正しくは、「来年また来ます。」と答えるべきだったのに。
暖かい応対を受けて、「甲府と一緒に昇格したいなぁ」とは思ったんだけれど、本当に一緒に昇格できるとは、あの時点では想像できなかったのよ。

しかし、見事でした。
J2の卒業試験、追試だったけれど、『優』の成績で卒業ですね。

昨日の試合、前半は、出先にいたため、速報すらまったく入ってこない状況で、やきもきしていたんだけれど、「遅めの昼休みを、16時から取る」と言う裏技を使って自宅に駆け込み、後半の45分間は、スカパーでしっかりと見させてもらいました。
バレー、こわーーーーー
それもあるけれど、何で、藤田と倉貫が、今回も前を向いて自由にプレーしてるんだ?

しかし、大木監督の采配は、見事でした。
ウチの松田監督だったら、大事な試合でリードしていて、後半も40分を過ぎたら、コーナーで露骨な時間稼ぎをはじめるところなんだけれど、甲府は、後半ロスタイムに入っても、シュート打ち続けているし。
で、時間稼ぎなんて言う慣れないことは一切せずに、最後までそのスタイルを貫き通したことが、勝利の要因でしょうね。

しかし、大木監督の試合終了後のコメント、かっこよすぎ。

Q:大木さんが目指してきたサッカーの、そのキーワードを教えてください。
「エンターテイメントです。お客様が見て、もう一度見たいと思うようなゲームです」

確かに、悔しいけれど、見ていて面白かった。
J1の18チームの中に、こういうチームがあるのもいいですよね。
などと、現時点では余裕ぶったことを書いているけれど、あの攻撃力は、かなりがくがくがくがくぶるぶるぶるぶる。
でも、来年対戦する時には、「ぶっ潰す」と書いているはずなんで、その時には、どうかひとつヨロシクです。

================================================================

それにしても、甲府って、地元に根付いたチームになったんですねぇ。
この間の甲府遠征で、一番印象に残っていること。
それは、試合終了後の、駅前のほうとう屋に入ったときのこと。
福岡ユニ姿のぢぶんを見るなり、レジにいたおばさんが一言。
「結局今日の試合は5対0だったの?」
なぜ、今終わったばかりの試合の結果を、すでに知ってるの?
こういった、年配の女性(失礼!)も、試合結果に注目しているんだなぁ。そこまで浸透しているんだなぁと。

甲府は、一時期は、どん底の状態に陥ったけれど、トップが交代して経営改善した結果、ついにここまでたどり着きましたね。
まじめに経営努力してきたんだから、その努力は、報いられて当然だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月10日 (土)

来年も、このチームと対戦しなければいけないのか

ヴァーーーンフォーレ!

さ、興奮が収まらないけれど、自宅でサボってるのがばれたらまずいんで、会社に戻って、仕事しよ。
それにしても、バレーが、こわすぎるよー (≧◇≦)!!

甲府の皆様、オメデトウ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月 7日 (水)

停電?

こんばんはー
この間のオフ会をきっかけに、マイミクがどっと増えて嬉しい昨今、遠征記のアルバム作成を、そろそろ追いつかせねけりゃいけませんですな。

それはともかく、今日は19時から、「J’s GOALの試合速報」を表示させながら、仕事していたんだけれど、「後半44分」から、表示が一向に進まない。
なにが起こっているのかわかんないまま、先ほど帰宅してみると・・・・・
停電って、どうしたのよ?

ま、これで、あと90分で、来年も甲府にほうとうを食いに行けるようになることが、決定するわけですね。
ヴァンフォーレ、残りあと1試合、気合入れてがんばれよー

さ、もうすぐ始まるスカパーの再放送を見て、確認しようっと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月28日 (月)

11月27日の日記

なぜかこんな時間に、cocologが激重いよー
と言うのも、今日1日だけで、えろトラックバックスパム(確認してないけれど。確認しに行ったら、スパイウェアを送り込まれるのがオチだから。)が10通も飛んで来たくらいだから、鯖にえらい負荷がかかってるんだろうな。

と言うわけで、こんばんはー
まったくネタがないんで、昨日の話でもしときましょうか。

土曜日に甲府から日帰りで帰ってきたのは、ほっかいどーから、大事な人(オトコです)が鳥栖に来てたから。
来るのがわかっていながら、放って置いて甲府に出かけるのもどうかとは思うんだが、鳥栖がホームの時はウチがアウェーと言う法則があるんだから、しょうがない。
で、昨日は、昼間っからワインを飲みに(一昨日も、昼間っからびーる飲んでたな。そう言えば)、有田までお出かけ。
で、そのワインが、めっちゃうまかったー
ただ、窯元に展示されていた、高価な陶磁器だけれど・・・・・100円ショップに並んでいるやつとの違いが、わかんなかった・・・・・ f(^_^)
じじい趣味に目覚めるには、まだ早いのか。

その後、夕方に福岡に移動。
5%割引の恩恵を受けるべく、「じゃんくう」に、ほぼ開店時間に入店。「赤霧島」なぞ飲みながら、サッカー談義。
で、2回ほど河岸を変え、最終電車に乗って帰って、帰宅しました。

と言うことだったんで、「夢スポ」も「やべっち」も見てません。
ただ、飲んでる最中に、ケータイで、「愛媛FCのJFL2位以内確保」のニュースを知りました。

・・・・・ここまで前フリだったんかいっ!

ビーさん、おめでとー
いよいよ、来シーズンはJ2ですね。
友近選手、どんなプレイをする人なのか、まったく知らないんだけれど、話し聞くと、そしてblog読んでると、熱い人なんだなぁ、そして、愛媛に誇りを持ってるんだなぁと言うのが、ひしひしと伝わってきます。
っちゅうか、ここまでストレートに表現できる人は、そうはいないような・・・・・
来シーズン、ウチと対戦することはないんだけれど、スケジュールが合えば、鳥栖スタに見に行こう。

っと、ここまで書いて、気づいたこと。
来年は、J1に参戦しながら、時折J2も見に行く。KYUリーグも見に行きたいし、ロッソが昇格したら、JFLも見に行くぞ。
・・・・・って、体がひとつでは、足りん!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年11月22日 (火)

浦和に行ってきました2

では、その翌日の写真を。

浦和美園駅から歩くこと、正確に言えば大量の人の流れに流されること20分。
沿道では、焼きソバとかたこ焼きとか、いろんなものを売ってました。博多の森にも劣らず、グルメも充実。
あと、便乗して、世界各国のクラブチームのレプリカを売っている人もいるのは、お約束。
で、埼玉スタジアムに到着。

1300371

でかいんだけれど、陸上トラックがない分、すっきりとしてますね。

マッチディを200円で購入したんだけれど・・・・・これ、書店で販売してもいいくらい、かなり内容が充実してるよ。
全32ページ。前節の結果、今節の展望はもちろんのこと、今シーズン全試合の選手の出場記録から、Jユースカップ、キッズスクールの紹介に至るまであって、他にも監督選手のインタビューにコラムにサポーターの投書にと、かなり読み応えあり。

そうこうしているうちに、両チームの選手が、あっぷのためにピッチに登場。

1342051

隔離されたエリアで盛り上がる、東京Vな皆様。

1343551

それ以外のエリアで盛り上がる、浦和な皆様。すげぇ・・・・・

あとは、注目すべきは、電光掲示板。

1355281

控え室から出てきて、大声を出して気合を入れた後、整列して入場する瞬間を待っている選手たちの様子が、電光掲示板に延々と表示されて、観客席で見ているほうは、大いに気分が盛り上がる。
ここのスタジアム、このシーン以外にも、電光掲示板の使い方が非常に上手でした。

マッチディといい電光掲示板といい、かなり勉強になりました。
こう言ういいところは、ウチも見習って欲しいところです。
ま、その前に、博多の森に大型ヴィジョンを設置してくれるスポンサーが、どこかにいないかなぁ・・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月21日 (月)

浦和美園に行ってきました

しかし、浦和美園の駅周辺には、ホントに何もないなぁ。
いったいこの地に鉄道が開業してから、何年経過したんだっけ?
どうせこれだけ何もなかったら、埼玉スタジアムのゲートの真横まで、路線を延長してくれればいいのに。
しかも、東川口-浦和美園のわずか1区間が200円って、運賃がたけぇなぁ。
・・・・・このまま、埼玉高速鉄道への文句がだらだらと続いてしまうのも、なんなので。
それに、「名誉毀損」で訴えられたら困るんで。 (;^_^A

今日の本題。埼玉スタジアムに行ってきました。
赤い人たちに囲まれて観戦する勇気は無かったんで、「バックスタンド指定席アウェー側」という、一番まったりとできそうな席に座って、「うらーわれっず」コールにも一切加わらず、じっと腕組みをしたまま。
・・・・・福岡サポとして、他チームの声援に加わるという行為はできない。魂は売れないな。(心が狭いっ!)
もちろん、素晴らしいプレーには、惜しみない拍手を送るけれど。

ぢぶん、浦和も東京Vも、生で見たのは初めて。
(正確に言えば、浦和は今年開幕前の熊本での練習試合と、去年の天皇杯を、東京Vも去年の天皇杯を見ているけれど、リーグ戦ではないので除外。それに、ウチがJ1時代にはリーグ戦で見ているが、昔のことなんで参考にならない。と、余計な注釈を入れるから、またもや文章が長くなっていく・・・・・)
なにが言いたいのかと言えば、ここら先は、あくまで今回の試合だけからの感想だと言うこと。
今日の試合、怪我人や黄紙累積で出ていなかった選手もいるけれど、そういったことを一切考慮に入れてません。

結果から先に書いてしまうと、浦和 4-1 東京V。
と、これだけを見ると、「両チームのおかれた立場がそのまま出ている、順当な結果」に思えるけれど、ぢぶんの感想は、そうではないんだよね。
ボールポゼッションは、ほぼ互角。むしろ、どちらかと言うと東京Vのほうが高かったような気が。
「これ以上の負けは許されない」という状況のせいなのか、キックオフ直後から、東京Vが気合が入ったプレーを見せ、東京V寄りでゲームが始まるも、しばらくすると浦和が押し返し、1本右サイドからきれいなセンタリングが上がり、鮮やか過ぎるヘディングショート! は、ぎりぎりオフサイドだったが、その後14分、同じく右サイドからセンタリングが上がり、ポンテが蹴りこみ先制点。
・・・・・むちゃくちゃ美しすぎるゴールでした。すげぇ。これを見ることができただけでも、入場料のモトが取れたと思う。
あと、久しぶりに生で見た岡野、プレーがキレまくってました。

その後もゲームは一進一退。
後半に入って70分。小林のゴールが決まって1-1になった時点では、「このままドローゲームになりそうだなぁ。」と思ったくらい。
なんだけれど、79分に、一瞬の隙を付いてどフリーになったマリッチのもとにキラーパスが、相手GK高木との1対1を、落ち着いて交わして追加点。水谷だったら、多分止めれたのと違うかなぁ?
ほんの一瞬、東京VのDF陣にマークの受け渡しミスがあった、そしてGKの飛び出しが中途半端だったことにより生まれた、一瞬の隙。そして、その隙を見逃さずに付いてきた、浦和の攻撃陣の、見事な勝利。
それまでは試合内容は互角だったんだけれど、時間的に、東京Vが試合をひっくり返すだけの余裕は無く、87分に追加点を奪われる。直後に2枚目の黄紙が連発で2人退場して、闘莉王のPKが決まって、ジ・エンド。

あー、説明が長居。
ここからが、試合の感想。

「J2で2位がほぼ決定の福岡と、最下位が決定した草津」の間には、実力差の大きさを感じたんだけれど(草津サポの方へ、失礼なことを言ってすまん)、「J1で優勝を狙っている浦和と、下から2番目の東京V」の間に、あまり大きな実力差を感じなかったんだよね。
しつこいくらいに書いておくけれど、あくまでも、この1戦だけから見た感想です。
おそらく、実力差はそれほどまでは大きくは無いんだろうけれど、その大きくは無い実力差が、4-1という試合結果を生み出していて、その大きくは無い実力差が、1年間累積していって、最後は大きな差へと広がっていったのかなぁ?

で、ウチらも、来年以降、この争いの中に加わるわけで。
少しでも相手に弱みを見せたら、そこを徹底的に付かれて、ずるずると降格争いの先頭を走ってしまう恐れもあるけれど、さりとて上位チームとの間に埋めようも無い実力差が開いているわけでもなさそう。

J1とJ2の一番大きな違いは、「スピード感」言い換えれば「個々の選手の判断能力の速さ」だというのは、ここ数試合J1を生観戦して思ったことなんだけれど、これは多分に慣れの問題もあって、試合を重ねていくうちに、ウチの選手たちも慣れてくるのかなぁと言う感じ。
これって、楽観的過ぎるかな?
「11人のプレイヤーそれぞれの個人技の能力」を比べたら、そんなに大きな違いがあるわけではない。
埋めようも無いほどの実力差を見せつける選手もいるけれど、それは一部。
で、どうやら、「フィジカルの強さ」では、勝てそう。
まぁ、これに関しては、他チームサポからは、またなんかいろいろと言われそうだけれどさぁ。

以上、まとめると、「チャレンジャーとして、90分間絶対に相手に隙を見せないように戦わなければいけない。だけど、必要以上に恐怖を抱く必要はまったく無し。」というところかな?
ただ、前も書いたと思うけれど、「ウチの守備陣が、徹底的に崩される」恐れは、そんなに大きくないと思うんだけれど、「どうやったら得点が取れるのだろうか」と考えたら、「ゴール前でパス交換してシュートの譲り合い」とかやっている現状を想像すると、正直、頭を抱えてしまっちゃうんだよね。
その問題に関しては、はやしとアリとオオタの3人が完全復活することで、ある程度の目処は付きそうだけれど、ホベルトの相方のボランチとして、キャプテンシーを持った人が、ピッチの真ん中に欲しいなぁと言うのが、今日のところの感想。
多分、来年以降は、ホベルトにかかる負担が、ますます大きくなりそうなので。

などと、来年J1で戦うことを前提として書いているけれど、われわれは、まだ何も手にしていないんでしたよね。

来年以降のためにも、まずは、23日の試合。
絶対にここで決めましょう。

たまには、利害関係の絡まないチーム同士の対戦を見るのも、楽しいですよね。
ただし、どのチームの試合を見ていても、結局は「ウチだったらどうなるんだろう?」と言う視点のみで見てしまっているわけではあるんだけれどね。
埼玉スタジアムの写真は、整理出来次第、あっぷします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月31日 (月)

第7節 サニックスVSヤマハ 2

さて、試合の後半です。

135728

必死の反撃を試みています。

135757

あと数十センチ押し込むだけなのに、その距離が、果てしなく遠い・・・・・

140526

これも、寸前で潰されてしまった。

141805

そうしている間にも、相手は着々と追加点を取っていき・・・・・

142754

試合終了寸前、見事な走りを見せてくれました。
そして、試合はロスタイムに突入。

143042

なんぢゃこの写真は?
って、こちらのカメラも準備できなかったくらいに、一瞬のすきを付かれて、長い距離を独走されちゃいました。

143300

ノーサイドです。

143220

と言う結果に終わりました。

143353

遠目には、スーツ姿の一団と見えますが、サニックスの社員動員でしょうか?

143401

一方こちらは、もしかして、はるばる静岡からお越し?

143432

お疲れ様でした。
とは言え、これで開幕6連敗。最下位を走ってます。
次回以降の巻き返しに、期待しましょう。

================================================================

以下、素人の感想。

昨年度2位のヤマハと、今年再昇格したサニックスとでは、実力差があるんだろうな。
単純に、個々の選手のプレーの上手さが、違ってたように感じたんだけれども。
しつこいようですが、あくまでも素人の感想。

ひとつ気になったのが、「人のいないほう」へとボールを運ぼうとするヤマハと、「人の密集しているほう」へと突進していくサニックスの、攻撃法の違いかな?
ヤマハがトライを決めたシーンは、どれもサニックスの守備を振りほどいていて、形がきれいだったんだよなぁ。

で、サニックス。
フランス型のラグビーを目指しているとは知ってたけれど、フランス型のラグビーって言われても、ぢぶん、わかんない。
ただ、パンフレットに書かれていた、

時にはセオリーを無視し、自陣からでもチャンスがあれば積極的にしかけていく

というのを読んだら、確かに、今日の試合のプレーの意図はわかるような気がする。
やっていることは、間違ってはいないんでしょうね。ただ、完成するには、もう少し時間が必要なのかなぁ。

以上、ど素人のラグビー観戦記でした。
時間が合えば、また行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

その他サッカーなど 2004年 その他サッカーなど 2005年 その他サッカーなど 2006年 その他サッカーなど 2007年 その他サッカーなど 2008年 その他サッカーなど 2009年 その他サッカーなど 2010年 その他サッカーなど 2011年 その他サッカーなど 2012年 その他サッカーなど 2013年 その他サッカーなど 2014年 その他サッカーなど 2015年 その他サッカーなど 2016年 その他サッカーなど 2017年 その他サッカーなど 2018年 その他サッカーなど 2019年 ひたすら愚痴る むかしやってた企画 もぶろぐ 2004年 もぶろぐ 2005年 もぶろぐ 2006年 もぶろぐ 2007年 もぶろぐ 2008年 もぶろぐ 2009年 もぶろぐ 2010年 もぶろぐ 2011年 もぶろぐ 2012年 もぶろぐ 2013年 もぶろぐ 2014年 もぶろぐ 2015年 もぶろぐ 2016年 もぶろぐ 2017年 もぶろぐ 2018年 もぶろぐ 2019年 中身の無い日記 2004年 中身の無い日記 2005年 中身の無い日記 2006年 中身の無い日記 2007年 中身の無い日記 2008年 中身の無い日記 2009年 中身の無い日記 2010年 中身の無い日記 2011年 中身の無い日記 2012年 中身の無い日記 2013年 中身の無い日記 2014年 中身の無い日記 2015年 中身の無い日記 2016年 中身の無い日記 2017年 中身の無い日記 2018年 中身の無い日記 2019年 遠征記 2004年 遠征記 2005年 遠征記 2006年 遠征記 2007年 遠征記 2008年 遠征記 2009年 遠征記 2010年 遠征記 2011年 遠征記 2012年 遠征記 2013年 遠征記 2014年 遠征記 2015年 遠征記 2017年 遠征記 2018年 遠征記 2019年 2004年 J2福岡 (その他) 2004年 J2福岡 (試合) 2005年 J2福岡 (その他) 2005年 J2福岡 (試合) 2006年 J1福岡 (その他) 2006年 J1福岡 (試合) 2007年 J2福岡 (その他) 2007年 J2福岡 (試合) 2008年 J2福岡 (その他) 2008年 J2福岡 (試合) 2009年 J2福岡 (その他) 2009年 J2福岡 (試合) 2010年 J2福岡 (その他) 2010年 J2福岡 (試合) 2011年 J1福岡 (その他) 2011年 J1福岡 (試合) 2012年 J2福岡 (その他) 2012年 J2福岡 (試合) 2013年 J2福岡 (その他) 2013年 J2福岡 (試合) 2014年 J2福岡 (試合) 2015年 J2福岡 (試合) 2016年 J1福岡 (試合) 2017年 J2福岡 (試合) 2018年 J2福岡 (試合) 2019年 J2福岡 (試合)