2014年12月31日 (水)

今年1年、大変お世話になりました

こんばんはー

今年も、公私共にいろんなことがありました。
うん、なんだかねぇ・・・・・

================================================================

と言うことで、毎年恒例、「大晦日くらいは、心の中に思っている本音を言わせてくれ」のコーナー。

今年はまさに、「本厄」、でしたなぁ。

詳しくは書かないけれど、ってか、もちろん書けないんだけれども、お仕事がまったくうまくいかず。
転職した業界の慣わしみたいなものがさっぱり分からずに、右往左往。
「ところ変われば・・・」ってな感じで、仕事の順番が、今まで勤務していた業界と違っていて、戸惑うばかり。
このトシになってから、新しいものを受け入れるには、頭が固くなってしまっていてですねぇ、これはいかんですわ。
分かってはいる。分かっているんだけれども、「過去の経験則」って言うのが、邪魔をしてしまって。

あとは、人間関係もなかなかシビアな世界でして。
転職したてで経験がないから、周囲の人にいろいろと教えていただかなくてはいかん。
そのことについては、謙虚に受け止めるだけだし、特に問題はない。
が、派閥がどうとか、好き嫌いがどうとか、個人的にまったく興味がないことに、いちいち気を使って仕事を進めなきゃならんのは、実にわずらわしいんですわ。

そんな感じで、今年は帰宅してから自宅で飲む回数が、増えてしまいましたわ。
いろいろ追い込まれて、飲まなきゃぁ寝られない精神状態になってですね。
おかげで、体重がどんどん増えていく・・・・・
まぁ、体を気遣って、量は少なめに抑えているのが、せめてもの救いか。

んで、来年だけれど、いろいろと変化が訪れることになっていて。
その下準備にはすでにとりかかっているんだけれども、日々のお仕事の合間を見てやっているんで、一向に進まない。
このまま年を越すのは、不安が大きいなぁ。

と、まぁ、ネガティブなことばかり書いてしまってるけれど、このご時世に職があるって言うのは、ありがたいことですなぁ。
この先も老骨にムチ打って頑張らねば。

本厄は終わりだけれども、後厄ですからね、気を引き締めます。

================================================================

んで・・・・・

マリヤンプシュニク監督、ありがとうございました。

お金のないクラブで、そして、地元からのバックアップの薄いクラブで、孤軍奮闘していただいて、サポーターの気持ちを代弁していただいて、感謝です。
と言うことで、本音をぶっちゃけちゃうと、も少しお金のあるチームを指揮したら、よりその魅力を発揮したんだろうなぁと思うと、実に惜しい。

最初のキャンプで見た練習、開幕のころ試合で見せてくれたこと、本当に見ていて面白かったし、将来に期待を感じさせてくれた。
残念なのは、プシュニクの求めるレベルの選手を、揃えることが出来なかったことだな。
と言ったら、編成担当を批判しているっぽく聞こえるけれど、そちらはそちらで、使えるお金とコネクションを使って、出来る範囲内で最大限に効果を出してくれた、十分にお仕事してくれたと思う。
それは理解しているだけに、お互いに最大限の努力をしたにもかかわらずの、このかみ合わせの悪さが、なんとももどかしい。

そんなわけで、またいつの日か、再開できることを願いつつ、その時には、もっとしっかりとしたクラブにしておかなきゃいけないですね。
自分らも、協力できる範囲で、出来ることをやっていこう。

================================================================

で、野見山社長、このオフもかなり精力的に仕事をされていますね。

なんと言っても、この時期に胸スポンサーが決まっているとは。
今思えば、昨シーズンのキックオフフェスタを、キャナルシティで開催したのが、伏線になっていたんですな。
これをとっても、中長期的な視野を持って、丁寧にお仕事されているというのが分かる。

ただ、昨年、他クラブのサポーターの方々方の善意のおかげで、今もアビスパ福岡が存続しているという感謝の気持ちを、忘れてはいかんと言うのは、はっきりしているな。

そして、Jを見たら、まだまだほかにもいろんなクラブがあるんですよね。
そこに関しては、うちらも微力ながら一緒に支えていくのが、上記の感謝にこたえることだと思う。

っていうか、自クラブについても、実はそんなに楽観視していないんすよね。
正直言うと、某社のスタンスをまだはかりかねているところ。
なので、まだまだ様子見なんですわ。

================================================================

選手の編成については、今のところ、「メンバーが、足りません」状態ですな。

その点については、強化部長と監督とが一気に後退したんだから、やむを得ない。
今から進むんだろうから。
監督の意向を無視して突っ走っても、いいことはないからね。
今から、果たしてどんな選手がやってくるのか、楽しみにしておきましょう。

で、北斗と惇の復帰ですかぁ。
「懐古主義」って言われても否定できないんだけれどさ、あのころは良かった。
いったん外に出て、いろんなことを学んで成長してきた彼らが、ウチに戻ってきて何をもたらしてくれるのか、チームにとっても絶対にプラスになると思う。

ただ、先を考えると、新卒の選手がも少しいたほうが、バランス的にもいいのではないかとは思うが。

================================================================

と言うことで、来年も、J2での戦いであります。

怖いなぁ・・・・・

大宮にC大阪にと、資金力のあるクラブが落ちてきて。
磐田も千葉も京都もいるし、お金を持っているところがたくさんあるなぁ。
資金力勝負だと、勝てそうな予感がしない。
戦力と資金力との間に比例関係があるというのは、認めたくはないが、現実だからね。

そして、お隣の北九州と熊本も、いい補強をしてる。

北九州は、毎年なんでそんなにいい選手を獲得できるのか、不思議でならんのだが、それがクラブ力なんだろうな。
北九州は、目標がしっかりしているからね。
その、新スタジアム完成に向けて、着実にステップアップしてきている。
実に恐ろしい。

で、熊本、このシーズンオフの動きには、本気を感じる。
選手の補強と言い、財前さんのユース監督就任と言い、自分は、「近い将来のJ1昇格に向けて、いよいよエンジンを始動した」ととらえてる。
いままで、遅いなぁと感じるくらいにゆっくりと進んできたが、ついに満を持して動き出したなと言う印象。

来年も、厳しいシーズンになるな、これは。

================================================================

あと、来年は、今年あまり出来なかった分、もっといろんなところに旅行したいなぁ。

去年、

あとは、「北斗星」にも乗っておきたいなぁとか、「トワイライトエクスプレス」もいっぺん乗っておかなきゃなぁとか。

って書いていたけれど、実現しないまま、来年3月でなくなっちゃいますね。
北斗星は、不定期運航であと数か月くらいは残りそうだけれど。
乗りたいと思ったときに乗っておかないと、後悔する羽目になるということですな。
残念。

その代わり、北陸新幹線ができるから、これは乗りに行く。
3セク化される在来線にも乗りなおすとすれば、これは1泊2日ではスケジュールが厳しいかな。

================================================================

みなさま。
今年も、大変お世話になりました。
来年も、ヨロシクお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 1日 (水)

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願い申し上げます。

今年の「たなくじ」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

その他サッカーなど 2004年 | その他サッカーなど 2005年 | その他サッカーなど 2006年 | その他サッカーなど 2007年 | その他サッカーなど 2008年 | その他サッカーなど 2009年 | その他サッカーなど 2010年 | その他サッカーなど 2011年 | その他サッカーなど 2012年 | その他サッカーなど 2013年 | その他サッカーなど 2014年 | その他サッカーなど 2015年 | その他サッカーなど 2016年 | その他サッカーなど 2017年 | ひたすら愚痴る | むかしやってた企画 | もぶろぐ 2004年 | もぶろぐ 2005年 | もぶろぐ 2006年 | もぶろぐ 2007年 | もぶろぐ 2008年 | もぶろぐ 2009年 | もぶろぐ 2010年 | もぶろぐ 2011年 | もぶろぐ 2012年 | もぶろぐ 2013年 | もぶろぐ 2014年 | もぶろぐ 2015年 | もぶろぐ 2016年 | もぶろぐ 2017年 | 中身の無い日記 2004年 | 中身の無い日記 2005年 | 中身の無い日記 2006年 | 中身の無い日記 2007年 | 中身の無い日記 2008年 | 中身の無い日記 2009年 | 中身の無い日記 2010年 | 中身の無い日記 2011年 | 中身の無い日記 2012年 | 中身の無い日記 2013年 | 中身の無い日記 2014年 | 中身の無い日記 2015年 | 中身の無い日記 2016年 | 中身の無い日記 2017年 | 遠征記 2004年 | 遠征記 2005年 | 遠征記 2006年 | 遠征記 2007年 | 遠征記 2008年 | 遠征記 2009年 | 遠征記 2010年 | 遠征記 2011年 | 遠征記 2012年 | 遠征記 2013年 | 遠征記 2014年 | 遠征記 2015年 | 遠征記 2017年 | 2004年 J2福岡 (その他) | 2004年 J2福岡 (試合) | 2005年 J2福岡 (その他) | 2005年 J2福岡 (試合) | 2006年 J1福岡 (その他) | 2006年 J1福岡 (試合) | 2007年 J2福岡 (その他) | 2007年 J2福岡 (試合) | 2008年 J2福岡 (その他) | 2008年 J2福岡 (試合) | 2009年 J2福岡 (その他) | 2009年 J2福岡 (試合) | 2010年 J2福岡 (その他) | 2010年 J2福岡 (試合) | 2011年 J1福岡 (その他) | 2011年 J1福岡 (試合) | 2012年 J2福岡 (その他) | 2012年 J2福岡 (試合) | 2013年 J2福岡 (その他) | 2013年 J2福岡 (試合) | 2014年 J2福岡 (試合) | 2015年 J2福岡 (その他) | 2015年 J2福岡 (試合) | 2016年 J1福岡 (その他) | 2016年 J1福岡 (試合) | 2017年 J2福岡 (その他) | 2017年 J2福岡 (試合)