2017年6月15日 (木)

JFL1st-s第13節 浦安VS三重

千葉戦の翌日は、JFL観戦に。

どういうわけだか、この日、首都圏ではJ1~J3の試合をやっておらず、検索した結果出てきたのが、この試合。
って書くと、「消去法で」見に行ったようにも受け取られかねないけれど、そんなことはなく。

浦安、三重、ともに初見のチームだし、「柏の葉」のスタジアムに行くのも、初めて。
初めてづくしの観戦は、とても楽しみだ。
もっとも、初めてすぎて、何の知識も持ち合わせていないけれど。

と言うことで、チェックアウト期限直前の、10時前にホテルを出て、最寄りの地下鉄の駅へ。
電車を乗り継いで、柏の葉キャンパス駅、時間もあることだし、てくてく歩いて、スタジアムへ。
約1時間半で、スタジアムに到着。
う~む、スタジアムの正面に到着するまでに、何の告知も見なかったなぁ。
浦安のチームが、柏でホームゲームを行っているんだから、これはやむを得ないのかなぁ。

ということで、入場。
え~と・・・・・
はじめてのスタジアムに対して、こう書くのは申し訳ないけれど、規模が中途半端なのかもなぁ。
郊外にあるにもかかわらず、国際試合を開催できるほどの規模でもなく。
もっとも、この立地で、「2万人収容のフットボール専用スタジアム」だったら、何の文句も言わないんだけれどもね。

持参していた食料をいただき、観客席の様子をボーッと眺めつつ、試合を待つ。
お子様の観客が多いのは、ジュニアクラブから始まった浦安ならではなのかもね。

さて、浦安であり、三重であります。

って、前述のとおり、双方のチームとも、何の知識も持っていない。奈良は、去年の7月、やはり真夏の真っ昼間なので、予備知識ゼロで見ることに。

と言うことで、キックオフであります。

JFL1st-s第13節 浦安 0-1 三重

例によって、よそ様の試合なんで、試合についての感想は、さらっと流し気味に。

時間経過で言えば、シーソーゲームの展開も、前半30分に、混戦から藤牧が押し込んで三重先制すると、後半に入っても一進一退、結局そのまま三重が逃げ切っての勝利。

率直な感想として、両チームとも、丁寧にパスをつないでくるなぁと感じた。
とにかく、時折大胆なサイドチェンジを織り交ぜつつも、ボールをつないで相手の守備を崩しにかかる。
選手全員が、チームプレイに徹しているのかな。
裏を返せば、「多少強引に打ってもいいんで無いかい?」と思う場面も、なくはなかったけれど、それは、普段を知らないよそ者の勝手な意見だと思うから。

そんなわけで、見ていて面白かった。

試合の結果については、チャンスの数もさほど違いはなく、どっちに転んでもおかしくなかったと思う。
浦安も何度かチャンスあったが、ポストを叩いたりして、最後までゴールを割れず。

ということで、試合終了。
この試合の観客数440人。
これが、普段と比べて多いのか少ないのは、わかんない。
ただ、この人数だったら、浦安近辺で開催できないのかなぁと、思わなくはない。

まぁ、ないから、ここでやっているんだろうけれども。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 8日 (木)

J2第17節 熊本VS京都

月曜日、仕事を定時で切り上げて(若干フライングぎみに)、車を飛ばして熊本に行ってきました。

土曜日は、仕事のためにレベスタに行けず、日曜日は、近隣で試合をやっていなくて自宅でぼーっと過ごし、サッカー観戦から遠ざかってしまってた。
だったら、見るチャンスがあるんだったら、行っておこうということで。

18時少し前に職場を脱出したら、久しぶりの長距離ドライブ。
熊本のスタジアムは高速道路のインターチェンジから近いんで、わがO牟田からだと、高速道路をぶっ飛ばしたら、45分くらいで到着することができる。
で、駐車場に到着してみたら、がら~ん・・・・・
スタジアムに向かって歩いている人も、少ない。
・・・・・今日、本当に、ここで試合あるんだろうか?
まぁ、遠くのほうから、某スタジアムDJさんの雄叫びが聞こえてくるんで、確実に試合あるんだが。;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

てくてく歩いて、スタジアム前に到着。
入場する前に、スタジアムグルメ広場に足を運んで、今日のメインの目的である、本日限定販売の「あか牛とろととチーズのフォンデュDEナポリタン」を購入。
あつあつのパスタを抱えてから、スタジアムに入場、時間的余裕もお金もないことだし、ごる裏の端っこに座席を確保した頃には、ちょうど両チームの選手が入場するタイミングだった。

とは言え、買い物する余裕もあったんだから、やはり、O牟田から熊本は、近いんだなぁ。

では、試合を観戦しながら、さっそくいただきましょう。
・・・・・めっちゃ美味いっ!!!

お値段700円で、あか牛のお肉の塊が、ごろごろ入っている。
チーズフォンデュもグッド。
「本日限定販売」とか言わずに、1,000円でもいいから、毎試合販売してください。
買いますので。

さて、熊本であり、京都であります。

熊本、ずっと見ているわけではないんだけれども、なかなか調子が上向きにならない感じやなぁ。
浮上するために、何らかのきっかけが欲しいところですな、
一方の京都、引き分けが多いのは、いいのか悪いのか・・・・・
平日に休暇を取って遠征してるサポのためにも、勝ちたいっすよね。

と言うことで、キックオフであります。

J2第17節 熊本 0-3 京都

例によって、よそ様の試合なんで、試合についての感想は、さらっと流し気味に。

時間経過で言えば、前半23分に、ケヴィンオリスのゴールで京都が先制、そして後半に入り48分と51分に追加点をあげ、この時点で試合の大勢は決まり、そのまま京都の勝利。

う~ん、何と言ったらいいのか・・・・・

試合開始3分、お互いに派手な打ち合いで幕開け。
シュートがバーを叩いたり、ゴールキーパーが片手1本で弾いたりで、惜しいチャンスの連続。
第三者としては、見ていて大変面白いし、「この試合、何点入るんだろう?」という、この先に期待してしまう展開。

しかし・・・・・
京都が先制ゴールをあげたら、熊本の勢いがピタッと止まってしまいましたなぁ。
そして、反撃すべき後半の入り方に失敗してしまい、ジ・エンド。

もったいないなぁ。
熊本、勝てるチャンスは十分にあったはずなんだけれどもなぁ。
個人的に思った問題点はあるんだけれども、よそ者だし、普段の様子を知っているわけではないんで申し訳ないけれど、率直に感じたところを書くと・・・・・
熊本は、グスタボ頼りのサッカーになってしまっているのに対して、京都は、ケヴィンオリスを周囲がうまく使えているなという印象。
熊本に対しては、閉塞感を感じてしまった。

それでも、試合終了後、コアゾーンは、拍手だったんだよなぁ。
彼らに報いるためにも、次こそは、勝利を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月30日 (火)

J2第16節 山口VS町田

下関に行ってきました。
この日は、ほかに近隣では試合やっていなかったし、山口開催ならともかく、下関開催だったら、まぁ行きやすいかということで。

試合当日。
トシをとったせいで、最近朝目覚めるのが、早い。
それにしても、仕事が休みの日に、朝5時に目が覚めるのは、いかがなものかと。
やることがないから、ベッドの中で、うだうだ、うだうだ・・・・・

と言うことで、テンションが上がらないまま、8時前には自宅を出て、西鉄特急電車に乗って出発。
天神で、下関行の高速バスに乗り換え。
高速バスの中では熟睡し、「東駅」バス停で高速バスを降りたら、そこはもう、試合会場の目の前。
案外行きやすいスタジアムや。

キックオフの1時間半ほど前に、スタジアムに到着。
それでは、さっそく・・・・・

びーるうめぇ\(^o^)/

はい、断酒をやってるから、それはなし。
なおかつ、炭水化物抜き、油抜きダイエットまでやってると、スタジアムグルメゾーンに、要件がない・・・・・
なんとか、唯一食べられそうだった、かき氷をいただきます。

うーん、スタジアムに早く到着しても、やることがない。
時間をつぶすのに、一苦労。
ここ10年以上続けてきた、「スタジアムには、極力開門時間に間に合うように行く」主義に、真っ向から反してしまう。
これは、困った事態や・・・・・

それはともかく。
今回は、費用をケチってバックスタンドへ。
コンクリート打ちっぱなしの座席。
座って5分で、お尻が痛くなった。
う~ん、今後も継続的にJの公式戦に使用するんだったら、何らかの手は入れてほしいかなぁと、思わなくもない。

さて、山口であり、町田であります。

山口、突然の監督交代からの、最初の試合ですね。
成績面で振るわなかったのは確かだけれど、よそ者なんで、監督交代の是非については考えないとして、試合の雰囲気も含めて、どうなるのかまったく読めないな。
一方の町田、引き分けが多いようだけれども、悪くない印象。
監督交代の影響が、いいほうに出るか、果たして。

と言うことで、キックオフであります。

J2第16節 山口 0-1 町田

例によって、よそ様の試合なんで、試合についての感想は、さらっと流し気味に。

時間経過で言えば、前半26分に、中島がPKを決めて町田が先制し、リードして降り返すと、後半に入っても山口の攻撃を跳ね返しその1点を守り切り、町田の勝利。

うむ、妥当な結果かな。

山口、見事な縦ポン。
・・・・・なんでそうなった。
これまでの山口の攻撃って、分厚さが持ち味だったと思うんだけれども、それが微塵も見られなかった。
岸田を押さえておけばいいんだから、守るほうからすれば、楽やろうな。
90分間それを徹底したのは、「徹底してた」という意味では、まぁ、それもありなのかもしれないけれど、う~む。
まぁ、普段まったく見ていない、よそ者の勝手な感想ではあるが。

一方の、PKの判定についても、「あれが決勝点」と言われたら、微妙かも。
ただ、町田は90分間ほぼ試合をコントロールしていたと思う。
長身の戸島がサイドに流れるシーンが多くって、そこはもったいないなぁとは感じたが。

山口、監督交代したばかりとはいえ、ちょっとしんどそう・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月12日 (金)

J2第12節 熊本VS群馬

と言うことで、我がチームがアウェイ松本で戦っていたころ、ワタクシは熊本におりました。

朝起きて、ふと悩む。
鈍行列車で行くか、それとも、新幹線で行くか。
急ぐ必要はまったくないんだけれど、さりとて、鈍行列車はたるいなぁ。
決めきれないまま、なんとなく、二度寝・・・・・

12時前に自宅を出て、結局O牟田までの路線バスに。
100%スタジアムで飲むから、車を運転して行くわけに行かないんで、新O牟田までの足を考慮したら、まぁそうなっちゃいますわなぁ。
ネックになるのが、夕方から夜にかけての時間帯、帰り道の、熊本駅での豊肥本線から鹿児島本線への接続が、あまりよろしくないこと。
逆方向だと問題ないのに、なぜなんだろ?

と言うことで、鈍行列車に揺られ、熊本駅経由で、光の森駅。
そこからスタジアムに着いたのが、一般入場開始の15分前。
計算通りで完璧なスケジュール。

スタジアムに入場し、いつもの定位置、バクスタ中央付近に。
バクスタでフタタに試合が見られるようになって、とっても嬉しい。
復興への道のりは、まだまだ、まだまだ遠いけれど、少しずつ前進しているのかなぁ。
ともかく、無理せずに、前を向いていこう。

と言うことで、定位置に荷物を降ろしたら、さっそく・・・・・

びーるうめぇ\(^o^)/

いい天気だったし、昼飯を食べてなくて空腹だったこともあり、びーるが美味しい。
から揚げをいただいて、焼きそばをいただいて、すっかり満足。
そうこうしていつうちに、やがて、アビスパとライジングの勝利の報が入る。
これは、祝杯をあげるしかない。
追加で・・・・・

びーるうめぇ\(^o^)/

満腹だったんで、ポテトをいただいて、ポップコーンをいただいて・・・・・
珍しいことに、すっかり酔っぱらってしまった。

さて、熊本であり、群馬であります。

熊本、この前見た試合は、とてもよかったんだけれども、だからと言って、そのご調子に乗っているわけではなさそうで、なかなかしんどそう。
一方の群馬だけれど・・・・・キツイね。
そんなわけで、お互いに勝利が欲しい一戦、意地と意地とがぶつかり合う好ゲームを期待して。

と言うことで、キックオフであります。

J2第12節 熊本 1-2 群馬

例によって、よそ様の試合なんで、試合についての感想は、さらっと流し気味に。

時間経過で言えば、前半33分に、チェ ジュンギのゴールで群馬が先制するという想定外な展開で前半を折り返す、後半に入り68分に、グスタボのゴールで熊本追い付く、そのままアディショナルタイムに入り、引き分けで試合終了かと思われた試合終了ぎりぎり間際、高井の見事な勝ち越しゴール、群馬の勝利。

うむ、妥当な結果でしょう。

申し訳ないけれど、熊本が勝てそうなイメージが、見ていて感じられなかったんだよなぁ。
一度は追いついたんだけれど、あのコーナーキックが、ほぼ唯一のチャンスだったのかも。
なんでかなぁ、躍動感を感じなかったんすわ。
本来だったら、ホームで、リードされていた試合を追い付いて、「さぁ逆転」といかなきゃならんかったのに。
慎太郎が出てきて、ファーストプレイでいいボールを上げて、それをグスタボが決めるという、これ以上ない筋書だったはずなのに。

う~ん、きっついなぁ・・・・・

で、群馬。
先発メンバー、そしてリザーブメンバー見ても、全然いい選手がそろっているなぁというのが、試合開始前に思ったこと。
そして、遅くなったけれど、今季初勝利おめでとうございます。
この一勝で、上昇気流に乗れるか。
乗れたら、シーズン序盤だし、まだ大丈夫だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月10日 (水)

J1第10節 G大阪VS清水

徳島で試合が行われた当日中に、そそくさと大阪に移動。
そして、翌日は別件を満喫してから、翌々日はJ1の試合観戦へと。
3連休は3日間ともサッカー観戦と行きたかったところなんだけれども、そうはうまくスケジュールが組めず。

で、試合当日。
試合開始時刻が14時。
開門時間が12時として、ホテルのチェックアウト時間が、10時。
ホテルから直行するには、現地で時間を持て余す。
なおかつ、今回バックスタンドの指定席を抑えていたから、早く行って行列に並び、いい場所を確保する必要もなし。

てきとーに、2時間くらいヒマつぶししたいなぁ・・・・・
と思ったまではいいけれど、ノープランのまま行動開始したのが、今回失敗だった。

10時ジャストにホテルを出て、新大阪駅まで、テクテク歩きながら、この後の過ごし方を考える。
1.ネットカフェに入る
2.てきとーな映画を見る
3.駅のホームで電車をボーッと眺める
決めきれないまま新大阪駅前に到着し、出入りする電車を見ていたら、ふっと湧いてきたのが、「大回り乗車」。
新大阪駅から茨木駅まで、大回り乗車したら、2時間くらい潰れるだろう。

いやぁ、いざやってみたら、2時間なんてもんじゃなかったっすわ。

新大阪駅から、各駅停車で尼崎駅、東西線から学研都市線直通の快速で木津駅、奈良線のみやこ路快速で京都駅、快速電車で茨木駅に到着したのが、新大阪駅を出てから約3時間後の、13時20分過ぎ。
ノープランで適当に動くものではない。
1時間も計画が狂ってしまったわ。

サッカースタジアム行きの臨時シャトルバスに飛び乗ったが、降ろされたのは、陸上競技場の北側。
スタジアムまで、小走りでダッシュですわ。
なんで、よそ様の試合を見るために、こんなに急いでるんだろか。(すべて自分が悪い)

スタジアムに滑り込み、自席に荷物を降ろしたのが、キックオフの10分前、なんとか間に合った!
さぁ急いで、びーるを求めて売店の長蛇の列へ。(汗)

はい、びーるを2杯無事にゲットして席に戻ってきた時には、試合開始2分でしたわ。
びーる買いに行ってなかったら、キックオフを見ること出来たんだけれども、シラフでサッカー観戦って、ねぇ・・・・・

さて、G大阪であり、清水であります。

すんません、今年、J1はまったく見ていない、って言うか、見る余裕もない。
なので、双方とも、全然現在の状況が分かっておりません。
そんなわけで、まったくの第三者なので、ホーム側の視点で試合観戦させていただきます。
今年初のJ1回開催、好ゲームを期待。

と言うことで、キックオフであります。

J1第10節 G大阪 1-1 清水

例によって、よそ様の試合なんで、試合についての感想は、さらっと流し気味に。

時間経過で言えば、前半は一進一退、0-0で降り返すと、後半に入った直後の49分にチアゴ アウベスのゴールで清水先制するも、57分に倉田のゴールでガンバ追い付き、そしてそのまま、引き分けにて終了。

えーと、双方のみなさまがどう感じたのかは分かんないけれど、第三者のワタクシには、とても面白い試合でしたわ。
スピード感が、J2とは全然違って。
そして、90分間の時間が、あっと言う間に感じた。

毎度J1の試合を見るたびに感じることだけれど、この試合レベルに慣れておかないと、帰るべき場所の様子を探っておかないと、J2に対する慣れが生じてしまうのが怖いんだよなぁ。

なお、よそものなので、試合内容については、触れません。
ただ、ガンバ的には、なかなか受け入れがたい結果だったのかなぁ。
よくわからんけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 2日 (火)

B3リーグ 福岡VS金沢

翌日曜日は、バスケットボール観戦に。

この日、北九州に行くことは早くから決めていたが、バスケを見に行くか、それともミクスタにサッカーを見に行くか、決めきれず、前日のバスケの結果を見てから決めようと。

結果、直接対決で福岡が勝利し、金沢との勝ち点差を0に。
と言うことで、日曜日の試合に勝った方が、おそらくJ3の初代王者になりそう。
「これは、バスケに行かないと」と思ってチケットを購入したのが、前日の23時を過ぎてから。

結果、今後の試合日程とワタクシのスケジュールとを勘案すると、ミクスタに行けそうなのが8月になりそうなんだけれども、そっちは、8月になったら行ける。
一方、優勝をかけた大一番は、そうそう見ることはできない。
だったら、こっちだろう。
実は、その前に大塚商会に一敗して、金沢に上にいかれるまでは、「一勝一敗でも良さそうな感じっぽいから、ミクスタに行こう」と、8割がたサッカー見に行くつもりだっただけに、わからんもんや。

と言うことで、試合当日、朝9時。
お泊まりしていた、福岡市内の某所を出発。
路線バスにから、小倉行きの高速バスに乗り継ぎ。
連休と言うことで、高速道路の通行量は多かったからものの、対して遅れることもなく、到津公園で高速バス下車。
道路看板を目印にてくてく歩き、この日の試合会場、北九州市総合体育館に到着。

うーむ、天神からダイレクトに来れるのは便利なんだけれども、立地的には、微妙かも・・・・・
北九州市内どこからでもアクセスしやすい立地を考慮すると、この辺りになるんだろうということは、理解はできるとは言え。
しかし、大一番、入場待機列が、案外長い。

入場。
なかなかいいかんじやね。
収容能力もありそうで、立派なだけに、「1階席が折り畳み椅子」と言うのが、なんとも惜しい。
「中の様子がわからない、初めて行く体育館は、二階責のチケットを買う」と言う、自分の中で決めているルール、正解だった。

福岡市民体育館と、北九州市総合体育館、足して2でわったら、いいものになりそうだなぁ。

それはさておき、早く来すぎましたよ。
エキシビションマッチで盛り上がり、暇をもて余して、blogの更新作業。
そんなこんなで、試合が始まる時間です。
ん? 演出若干変えた?

さて、この日の対戦相手は、金沢。
何も言わん、とにかく、勝て!
そして、優勝しよう。

と言うことで、試合開始。

B3リーグ 福岡 83-72 金沢

よっしゃよっしゃよっしゃ!

QUARTER.1   23-16
QUARTER.2   21-28
QUARTER.3   17-14
QUARTER.4   22-14

結果はもちろんのこと、試合の中身も、めっちゃ面白かった。
間違いなく、今シーズン自分が見てきた試合の中で、ベストゲーム。

試合開始そうそう、スリーポイントが面白いように決まり、気持ちいいように得点を積み重ねていく。
しかし、相手もそうやすやすとやられてしまうはずもなく、前半終了時点でまったくのイーブン。
その後も、リードはするものの、突き放すことができない。
さすが首位攻防戦、まったく油断できない・・・・・

最終クォーターで、ホームの有利さも手伝い、勝てましたわ。
激しくも汚くないディフェンスで、粘り勝ちですね。

この試合、つくづく、対戦相手の重要性を感じましたわ。
正直に言って、今シーズンはなんだかモヤモヤする試合が多かった印象。
しかし、この試合は本当に面白かった。
相手が金沢だったがこそ、こんなにも見ていて楽しい好ゲームになったんだろうね。

と言うことで、ワタクシはすっかりと、優勝が決まってしまったようなテンションなんだけれども、アウェイであと2試合残っているよ。
足元すくわれないように、きっちりと勝って帰ってこい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月20日 (木)

J2第08節 熊本VS松本

長崎に行った翌日は、熊本に行ってきました。
あな忙し。

長崎から帰りついたときには、すでに日付が翌日になっていた。
この試合のチケット、まだ買っていないよー
と言うことで、当初はちゃんとチケットを買うつもりだったけれど、当日料金で買うにはちょっと資金負担が重いから、「他のクラブのファンクラブに入っている人向けの企画」を活用させていただくことに。

と言うことで、朝。

って言うか、目が覚めたら、11時半を過ぎておる。
あわてて跳び起きて、最寄り駅までダッシュ。
飛び乗った電車は、肥後大津行き。
なので、電車内で熟睡してしまっても、安心。

ほどなく、光の森駅に到着。
優先入場開始時間の少し前に、スタジアムに到着。
ワタクシは、当日券売り場の列に。
ってか、ホーム側ごる裏500円チケットを求める人、想定外にさほど多く無かったかなぁ。
チケットを手にいれたら、早速スタグルゾーンに突入して・・・・・

びーるうめぇ\(^o^)/

小沢さんのトークショーを眺めながら、びーる飲んでつまみ食って、至福の時間。
やがて、一般入場開始の時間になり、スタジアム内へ。
コアな人たちの邪魔にならないよう、端っこのほうに席を確保。
あとは、OB戦を眺めながら、追加のびーる飲んで、追加のおつまみ食って、シメのお弁当を食ったら、大満足なのであります。
よそのチームなんであまり思い入れはないとはいえ、ずいぶん懐かしいメンツが集合していたな。

さて、熊本であり、松本であります。

熊本、じっくり見ているわけではないのでよくわかんないけれど、開幕以来イマイチ調子に乗れないっぽいな。
一方の松本の方も、どうなんだろ。
そんなわけで、お互いに想定外な成績なのかもしれないけれど、震災から1年たった復興マッチ、好ゲームを期待しています。

と言うことで、キックオフであります。

J2第08節 熊本 2-0 松本

例によって、よそ様の試合なんで、試合についての感想は、さらっと流し気味に。

時間経過で言えば、試合序盤の前半7分に、グスタボのゴールで熊本が先制し、リードして降り返すと、試合終了間際の81分に上里のゴールで追加点、そしてそのまま、熊本が逃げ切って勝利。

熊本の快勝でしょう。
危ない場面がなかったわけではないけれども、終始試合の主導権を握っていたと思う。
グスタボのゴールで勢いに乗って、そのまま90分間走り続けることが出来たな。
1万4千人近く入った観客を満足させることが出来た、いい試合だった。

それにしても、この試合から使用できるようになったバックスタンドに、大勢の観客がいる光景は、なんだか泣けてきますね。
復興への道のりはまだまだなんだろうけれども、それでも、少しずつ前へと進んでいるのかな。

と言うことで、せっかくホーム側ごる裏にいたということで、試合終了後にこそーっと、「カモンロッソ」に加わらせてもらう。
楽しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月29日 (水)

J3第03節 沼津VS藤枝

土曜日は、山形まで行く途中に、沼津に行ってまいりました。
沼津、J3昇格おめでとう、と言うことで。
ここはまだ行ったことがないスタジアムだったので、行く気満々だったけれど、スケジュール的に、行けそうなのがここくらいしかなかったんだよね。

と言うことで、試合当日。

前夜は、寝坊しないように、23時には就寝。
で、4時過ぎには起床。
こそーっと自宅を抜け出して、5時の高速バスに乗って、出発。
バスの中では、当然熟睡・・・・・

福岡空港に到着。
ひこーきの中でも当然熟睡していたから、時間がたつのが、早い早い。
で、羽田空港から電車を乗り継いで、沼津駅に到着。
この駅に降りたのは、生まれて初めて。
四十を過ぎての初体験は、楽しい。
こうして、今まで来る機会がない街に行くことが出来るのは、サッカークラブが増え続けているおかげだよね。
実にありがたいことだ。

で、沼津駅を出て、シャトルバスに乗り場に向かったら、大行列。
やがてバスがやって来たが、結局積み残しを出してしまった。
まぁ、いろんなことを経験していく段階なんだろうな。

スタジアムに到着。
スタグルが充実してる!
気になるけれども、まずは入場して、荷物を下ろしましょう。
うん、典型的な、陸上競技場ですな。
沼津と言う地で、山々に囲まれている風景を見るとは、想定外。
で、メインスタンドは西側にあるから、富士山は背を向けているのが、惜しい。
まぁ、この日は曇りで、どのみち見えなかったんだけれども。

それはそうと・・・・・

びーるうめぇ\(^o^)/

ってか、食べ物はいろいろ売っているけれども、肝心のびーる売っているお店が見当たらずに、結構探し回ったわw
結局は、スタジアムの中で売っていたんだけれども。
そんなわけで、チキンとびーるを買ってスタジアムの自席に戻ってきた時には、両チームの選手のアップが始まっていた。
さすがに、九州から見に行こうとすると、結構余裕がないスケジュールやな。

さて、沼津であり、藤枝であります。

藤枝は、なんだかんだで、年に一度は見ていると思うけれど、沼津を見るのは、たぶん2回目。
なので、知識がないから、語ることがないのであります。
一方の藤枝の方は、気が付いたら若干ながら、熊本成分がある分、馴染みがあるような気が。
さぁ、J3での静岡ダービー、楽しみだぁ。

と言うことで、キックオフであります。

J3第03節 沼津 4-1 藤枝

例によって、よそ様の試合なんで、試合についての感想は、さらっと流し気味に。

時間経過で言えば、前半13分に、枝本のゴールで藤枝が先制するも、42分に小牧のゴールで沼津が追い付き、後半に入ると、63分に薗田のゴールで沼津が逆転、82分と88分に追加点をあげ、沼津の快勝。

で、え~と・・・・・

終わってみたら、妥当な結果、だったのかも。
しかし、途中までは、内容と経過の間のギャップが・・・・・

藤枝、前半は細かいパス回しがうまくはまっていて、沼津を圧倒。
「さすが、J3での先輩」と言う印象で、終始試合の主導権を握っていた。
しかし、だからといってゴール量産とはいかず、前半終了間際に沼津がワンチャンスをものにして、同点で前半終了。

後半に入っても、藤枝ペースだったと思うんだが・・・・・
ひょこっと沼津が2点目を取って逆転し、そこから沼津が一気に調子にのって、形勢が大逆転。
前半から飛ばしすぎたのか、藤枝の選手の足が止まってしまい、あとは、申し訳ないけれど、サンドバッグ状態。

と言うことで、沼津、J3での初勝利。
いや、見事な大逆転劇でした。
こんな試合を見たら、はまってしまうでしょうね。

うん、いいスタジアムが、またひとつ出来た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月13日 (月)

B3リーグ 福岡VS大塚商会

土曜日は、バスケットボール観戦に。

午前中は、病院での定期検診。
いろいろ調べてもらった結果、特段の問題なし。
やはり、普段から節制した生活を送っている成果が出たな。

と言うことで、予定よりも早く病院を脱出したら、西鉄特急電車に乗って、天神方面へ。
真っ昼間っから、お好み焼き&びーる、うめぇ\(^o^)/

百貨店に入り、ホワイトデーのお買い物。
それでも時間が余っていたから、ネットカフェで、ぼーっと一時間ほどして油断していたら、入場開始時間を過ぎていた。
地下鉄に乗って、福岡市民体育館まで。

・・・・・体育館周辺は、以外と閑散としているな。
この日は「3,000人プロジェクト」実施で、ゆえに自分も見に来た訳なんだが。
まぁ結局は、出足が遅かっただけで、試合開始が近づいて来たら、続々と観客が。
終わってみたら、2,500人近くの客の入り。
これは、成功と言っていいのではないかと。

それはさておき。
いつものように、エキシビションマッチを眺め、選手のアップを眺め、時間を潰す。
この日は、RFCのチアのお姉さんの人数も多くて、華やか。

さて、この日の対戦相手は、大塚商会。
なんだか、今シーズンの何回目の対戦だっけ?
ってくらい、しょっちゅう見てるような気がする。
それはともかく、相手がどうこうと言うよりも、レギュラーシーズン優勝に向け、勝つのみですな。

と言うことで、試合開始。

B3リーグ 福岡 85-76 大塚商会

う~む・・・・・

QUARTER.1   20-11
QUARTER.2   25-21
QUARTER.3   19-25
QUARTER.4   21-19

なんとも、なんとも微妙。

第一クォーター、オフェンスはともかく、素晴らしいディフェンスで勢いよくスタートし、「これは、いける」と思ったんだが・・・・・・

お互いに、ファールが多いな。
個人的には、審判が(以下自粛)って印象で、試合がぶちぶちと途切れて、面白さを削いでいる。

後半になると、相手が建て直してきて、ますます苦しい展開に。
相変わらず、オフェンスが、う~む。
スリーポイントで得点を積み重ねてはいるが、なんとなく感じる不安。
リズムに乗れないから、ディフェンスも甘くなるところが出てしまい・・・・・
そんなわけで、一時は5点差まで詰められてしまうも、逃げ切ることはできた。

と言うことで、無事に勝利することができたけれども、なんだか残る、モヤモヤ感。
なんか、最近こんな感じが続いているかなぁ。

まぁ、今はともかく、結果、ではある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 1日 (水)

日本ハンドボールリーグ第19週 トヨタ紡織九州VSトヨタ自動車東日本

サッカー開幕戦の前日、佐賀まで久しぶりに、ハンドボールを見に行って来ました。
ハンドボール、サッカーオフシーズンの間に見に行くつもりだったのに、なぜだかスケジュールが会わなくって、見に行くことが出来たのが、この試合くらいだったので。

と言うことで、試合当日。
午前中は自宅でうだうだと過ごしたあと、昼過ぎになってようやく、重い腰をあげて、自宅を出る。
O牟田駅から快速電車に乗って、鳥栖駅。
乗り継ぎにインターバルが開いたから、ホームの立ち食いうどん屋さんで、かしわうどんをいただきました。

神崎駅から歩いてすぐ、試合会場の体育館に到着。
さっそく、当日券を購入しましょう。

・・・・・なんで、前売券は売ってくれないのかなぁ?
そこまでの需要がないってことなんだろうが。
ちなみに、ワタクシが購入した時点で、三人目だったようだ。
チケット売り場でチェックされていた、「正の字」によると。(汗)

試合開始の一時間前に、入場開始。

う~むむ

太い手すりと透明なボードが、視界を妨げる。
はっきり言って、見づらい・・・・・

さて、上記の通り、試合会場の体育館に入場したのが、一時間前。
選手のアップをぼーっと眺め、ブラスバンドの演奏と言う試合前のイベントもあり、あっという間に時間が過ぎる。

ということで、試合開始であります。

ハンドボールリーグ第19週 トヨタ紡織九州 24-32 トヨタ自動車東日本

ド素人、なおかつ、ハンドボールの試合を見たのも一年以上ぶりなんで、試合の中身については、触れませぬ。

まぁ、試合の序盤に、相手ペース試合展開となったのが、すべてなのかもね。
守備力に差があって、って言うか、ミスが散見されて、チャンスを自ら潰しては、そこからリズムを失ってしまい、あれよあれよと、点差が広がっていく。
後半はだいぶ盛り返したと思うけれど、前半につけられた点差が、痛かったな。

と言うことで、試合終了。

どうやらこの試合が、今シーズンの最終戦だったらしく(知らずに見に来た)、試合終了後に、監督とキャプテンの挨拶が。
今シーズン、お疲れ様でした。

来シーズンも、機会を作って、見に行こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

その他サッカーなど 2004年 | その他サッカーなど 2005年 | その他サッカーなど 2006年 | その他サッカーなど 2007年 | その他サッカーなど 2008年 | その他サッカーなど 2009年 | その他サッカーなど 2010年 | その他サッカーなど 2011年 | その他サッカーなど 2012年 | その他サッカーなど 2013年 | その他サッカーなど 2014年 | その他サッカーなど 2015年 | その他サッカーなど 2016年 | その他サッカーなど 2017年 | ひたすら愚痴る | むかしやってた企画 | もぶろぐ 2004年 | もぶろぐ 2005年 | もぶろぐ 2006年 | もぶろぐ 2007年 | もぶろぐ 2008年 | もぶろぐ 2009年 | もぶろぐ 2010年 | もぶろぐ 2011年 | もぶろぐ 2012年 | もぶろぐ 2013年 | もぶろぐ 2014年 | もぶろぐ 2015年 | もぶろぐ 2016年 | もぶろぐ 2017年 | 中身の無い日記 2004年 | 中身の無い日記 2005年 | 中身の無い日記 2006年 | 中身の無い日記 2007年 | 中身の無い日記 2008年 | 中身の無い日記 2009年 | 中身の無い日記 2010年 | 中身の無い日記 2011年 | 中身の無い日記 2012年 | 中身の無い日記 2013年 | 中身の無い日記 2014年 | 中身の無い日記 2015年 | 中身の無い日記 2016年 | 中身の無い日記 2017年 | 遠征記 2004年 | 遠征記 2005年 | 遠征記 2006年 | 遠征記 2007年 | 遠征記 2008年 | 遠征記 2009年 | 遠征記 2010年 | 遠征記 2011年 | 遠征記 2012年 | 遠征記 2013年 | 遠征記 2014年 | 遠征記 2015年 | 遠征記 2017年 | 2004年 J2福岡 (その他) | 2004年 J2福岡 (試合) | 2005年 J2福岡 (その他) | 2005年 J2福岡 (試合) | 2006年 J1福岡 (その他) | 2006年 J1福岡 (試合) | 2007年 J2福岡 (その他) | 2007年 J2福岡 (試合) | 2008年 J2福岡 (その他) | 2008年 J2福岡 (試合) | 2009年 J2福岡 (その他) | 2009年 J2福岡 (試合) | 2010年 J2福岡 (その他) | 2010年 J2福岡 (試合) | 2011年 J1福岡 (その他) | 2011年 J1福岡 (試合) | 2012年 J2福岡 (その他) | 2012年 J2福岡 (試合) | 2013年 J2福岡 (その他) | 2013年 J2福岡 (試合) | 2014年 J2福岡 (試合) | 2015年 J2福岡 (その他) | 2015年 J2福岡 (試合) | 2016年 J1福岡 (その他) | 2016年 J1福岡 (試合) | 2017年 J2福岡 (その他) | 2017年 J2福岡 (試合)