2017年6月23日 (金)

千葉に行ってきました4

昨日の続きであります。

翌日、11日日曜日。

旅先での休日なのに、いつも通りに6時に目が覚め、特にやることもなくボーっとしてすごす。
昨日同様、朝食バイキングで、生野菜をぼりぼりかじってから、10時にホテルをチェックアウト。
重い荷物を引きづって、地下鉄の駅へ。

北千住駅で、つくばエクスプレスに乗り換える。
昨日同様、運転手の後ろにかぶりつ・・・・・いても、大した景色は見れないんで、おとなしく座っておく。
それにしても、早いなぁ~

11時前、柏の葉キャンパス駅に到着。
スタジアムでの食糧調達ができるかどうか謎だったんで、駅前のスーパーで、調達。
油の少なさそうなチキンと、カップ入りのサラダ(またかよ)を購入するも、ドレッシングを買い忘れ、結局は味のないサラダに・・・・・

で、はじめての街だし、次に来る機会があるか怪しいし、それに、キックオフまでは時間があるんで、のんびりと歩いて、スタジアムに向かう。
「キャンパス」って駅名で、確かに地図上は大学のキャンパスがあるんだけれども、緑が多くて建物があまり見えないおかげで、気分はほぼハイキング。

公園内も軽く散策し、スーパーから30分ほどかけて、スタジアムに到着。
なんだか、びみょーな音楽が流れていたので、遠くからでもわかったんだけれども、途中に一切案内がなかったんで、肝心の、入り口が見つかりづらかった。

試合についてはすでに書いているので、割愛して、試合終了後。

帰りは、羽田空港に出ることを考え、路線バスに乗って、柏駅へ。
所要時間は約20分なんだけれども、その間に、空き地も多い、郊外の緑が多い新興住宅街から、古くからの住
宅地を通り、道が狭くてごちゃごちゃした都心部に到着する、その車窓の移り変わりが、大変面白かったっす。

柏駅前で、軽く買い物をしたら、そろそろ帰宅の途へ。

「快速電車だと、上野駅で乗り換えなきゃいけないのが、かったるいなぁ」と思っていたところで、「品川行きの特急電車」がやってくるとのこと。
特急料金をしらべて見たら、750円。
う~ん・・・・・・・・・・パスだな。
と言うことで、おとなしく快速電車に。

上野駅で乗り継いだのが、蒲田駅どまりの京浜東北線で、なんとなく蒲田駅まで行ってしまう。
羽田空港行のバスに乗り継ぐところで、「炭水化物抜きダイエット」に耐えきれなくなって、某うどん屋さんに入り、うどんを投入。
ウエストみたいに、「だう呑み」ってやってるんだぁ。 (某の意味ががが)

シャトルバスで、羽田空港へ。
羽田空港に到着した時点で、離陸の1時間前を切っていて、わりかし時間がない。
あわただしく、お土産屋さんを覗き、結局何も買わずに、ひこーきへ。

離陸。
帰りのひこーきの中では、タブレットでblog更新にいそしんでいたら、あっという間に、福岡空港へ。
21時台と言う時間帯は、高速バスはおろか、九州新幹線とも時間が合わないから、博多駅から快速電車で。
同じ快速列車でも、東の常磐線快速は寒いくらいにガンガン空調効いていたのに、九州はエアコンが聞いておらず、車内暑い~

と言うことで、千葉遠征記でした。
次回のアウェイ遠征予定は、来月の群馬の予定であります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月22日 (木)

千葉に行ってきました3

昨日の続きであります。

翌日、10日土曜日。

8時に起床して、ホテルのバイキングで朝食。
バイキングって、いいよね。
生野菜だけで腹を満たすため、5回もお代わりを。

時間調整して、手ぶら&完全装備ののちに、ホテルを出たのが、9時40分。
都心っぽい街をてくてく歩いて、京葉線の駅へ。
そこから快速電車に乗ったら、蘇我駅までは一本。
京葉線に乗ることなどめったにないので、電車はすいてはいたけれど、運転士の後ろにかぶり付き。
・・・・・非常に目立つ。(汗)

11時前に、蘇我駅に到着。
千葉サポ、福岡サポ入り混じってテクテク、スタジアムに到着したのは、入場開始時間ジャスト。

試合についてはすでに書いているので、割愛して、試合終了後。

人込みを避けるため、時間調整でスタジアム横のショッピングセンターなどを覗いてから、だらだらと歩いて蘇我駅に戻る。
鈍行列車で千葉駅に着いたところで、疲れていたこともあり、新しくなった千葉駅の構内を散策。
スタンドバーを発見し、「甘酒レモンスムージー」なるものを、いただく。
う~ん、疲れてる体に、しみるわぁ。

現在時刻、16時過ぎ。
一方、高円寺には18時に着けばいいんで、若干の時間がある。
それに、「快速電車で行こうと思ったら、何回乗り換えなきゃいけないの?」と考えたら、億劫になる。
と言うことで、総武線の各駅停車、中野行きに乗り込む。

・・・・・電車の中では、熟睡。
計算通り、1時間半ほどかけて、高円寺駅に到着。
二日続けてのお店に行くと・・・・・

すでに、満員御礼。
18時スタートじゃなかったんかいっ!
すでにみんな、集合してるやんかぁ。
と、若干出遅れたんだけれど、最終的には50名を超える人が来ていたようで。
関東組、九州組、そのほか組、それに千葉をはじめとし他クラブのサポーターまで。

いやぁ、めっちゃ楽しかったっす。
なんだか、途中記憶が飛んでいるっぽくて、イマイチ覚えていないところもあるんだけれども。(汗」)

あっという間に時間は過ぎ、22時前ごろに中座することに。
高円寺駅から、中野駅、東西線に乗り換えて、ホテルの最寄駅まで、1時間弱。
も少し近場でホテルを取ったほうが、よかったかもなぁ。

ホテルに戻り、シャワー。
ようやく、フクアリで砂まみれになった状況から、解放された。
ついでに、ビジネスホテルの狭い湯船にお湯をためて、ぐだ~っと。
お風呂から上がったところで、おやすみなさい。

と言うところで、長くなるんで、いったん切ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月21日 (水)

千葉に行ってきました2

千葉遠征記、本編であります。

6月9日金曜日。

平日なんで、いつものように普通に出勤。
いつもと違うのは、半日だけ公休を取得したから、お昼で仕事を終わらせて、家に帰るところ。
ところが、思いのほか仕事が終わらず、最後はなかば仕事を放り投げるようにして、強引に脱出。
急いで帰宅して、荷物をさくっとまとめたら、バタバタとあわただしく出発。

・・・・・このあたり、毎回変わらんなぁ。(汗)

という感じで、14時前に自宅近くを出る、福岡空港行の高速バスに乗って出発。
平日の昼間にしては、割と乗客数多いんだなぁ。
最近、わがイナカを走る高速バスにも、各座席にコンセントが装備されるようになって、スマホが充電できるようになったから、大変ありがたい。

福岡空港に到着。
少しだけ時間があったけれど、改装中のターミナルビルは何かと余裕がなく、サクッとセキュリティゲートをくぐって、ロビーへと。
こういう時、昔だったら、さっそく飲み始めていたんだろうなぁと思いつつ、水ごくごく。

それでは、ひこーきに乗り込みましょう。
今回、久しぶりに窓側の座席が取れたんだけれども・・・・・
離陸して見たら、あっさりと雲の上に出る。
なおかつ、時刻は夕刻。
「日差しがまぶしいうえに、下界の景色はまったく見えない」と言う、わりとがっかりな展開。
しょうがないから、機内誌をぱらぱらとめくったあとは、寝るしかない。

羽田空港に到着、先を急ぎましょう。
京急線で品川駅へ。
ここまではたいして何もなかったけれど、品川駅で、京急からJRに乗り換えようと、乗換改札を通り抜けた瞬間・・・・・

なんじゃこりゃぁ!!!!!

イナカに生を受けて、四十数年。
東京での、平日夕方ラッシュ、初体験。
まず、山手線のホーム、人があふれていて、身動きがとりづらい。
比較的すいてそうな列に並ぶも、やってくる列車がすでに、満員御礼。

結局、2本やり過ごして、3本目にやっと乗れた。
乗れたのはいいんだけれども、ぎゅうぎゅうすぎて、吊革にすら握れない状況。
いやぁ、あそこまですし詰めだと、吊革握れなくても、四方八方から押されるから、何とかなるんだねえ。
しかもこっちは、旅行に着き大荷物を抱えている状態と言う、周囲からしたら大変迷惑な状態。
そんな感じで、初めてのラッシュアワー体験も、途中駅で、奇跡的に目の前の座席が空いてしまったら、あとは快適~

新宿駅に到着。
中央線の各駅停車に乗り換えだから、ほんの数歩歩くだけ。
やってきた列車も、山手線ほどは混雑しておらず、某駅に到着。

ここで、本日の最大のミッション、「明日の試合のチケットを、購入する」。

みどりの窓口での、千葉戦のチケット購入。
これって、「千葉戦でなければできないこと」なおかつ「前日中に関東入りしておかなければできないこと」で、今回このチャンスを逃したら、次はいつになることやら・・・・・
と言うことなんで、九州では前売り券は買わずに、この日に臨んでいた。
では、いざ!

みどりの窓口で、さっそく発券を依頼。
駅員さん、分厚いマニュアルを見ながら、四苦八苦。
2回ほど裏に引っこみ、最後は、別の駅員さんを呼んで、何とか無事に発券。
・・・・・そんなにレアなものを、頼んだのかぁ。(汗)

そんな感じだったんで、一応、駅員さんの名誉のために、駅名は伏せておくとして。
おそらく、もっと大きな駅、もしくは千葉県内の駅とかだったら、発券する機会もあるんだろうけれどね。

無事に明日のチケットもゲットしたことだし、某駅近辺に移転した、KITEN!へ。
案外こじんまりとした駅前の通りを、テクテクと歩いたら、5分もかからずに到着。
移転開店、おめでとうございます。
東京都心から近くなって、お店も広くなって、これでますます行きやすくなった。
と言うことで、さっそく・・・・・

ウーロン茶うめぇ \(^o^)/

と言うことで、ノンアルコールでキャベツをつつきながら、同席していた人とお話。
それにしても、会話の内容的に、このお店、濃い~客が集まってるなぁ。
(もちろん褒め言葉)

長居したかったけれど、ホテルのチェックインが、まだだった。
と言うことで、割と短時間で、後ろ髪を引かれるように、お店を後に。

最寄駅から中央線に乗り、途中もう1か所立ち寄ったのち、東西線でホテルの最寄駅に到着。
ここでスマホの電池がなくなってしまい、「ホテルを探しててきとーに歩き回ったら、想定外の方面に発見される」と言うイベントののち、ホテルにチェックイン。
さすがに腹減って、コンビニでカレーを調達していただいたら、即おやすみなさい。

と言うところで、想定外に長くなったんで、いったん切ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月20日 (火)

千葉に行ってきました1

千葉に行ってきました。

ここの遠征は、試合の観戦記のところでも書いたけれど、今シーズンの日程が発表された時点で、行くことがほぼ確定してたんですわ。
土日の二日間を、まるまる首都圏で過ごすことができるんで、アイデア次第では、面白い遠征になりそうだなと思い。
まぁ、「アイデア次第では」っていうのがポイントにはなるんだが。

と言うことで、土日の二日間まるまる、首都圏で何をするか。
これが、イベント情報をチェックしたけれど、サッカー以外に、面白そうなものを見つけられなかったんだよなぁ。
こういうところで、「情報収集能力の有無」が、出てきてしまう。

と言うことで、昼間の予定は、土日ともサッカー観戦と言うことで、すぐに埋まった。
それはそれでまったく構わないんだけれども、「サッカー観戦」以外の趣味を、他にも何か持っておきたいなぁと、思わないこともなかったりする。
まぁ、よく言えば、「お金がかからない」から、助かってはいるんだけれども、その割には、貯金がまったくないのは、なんでなんだろか・・・・・

そんなことはさておいて。

で、夜はどうしよう。

ここも、すぐ決定。
高円寺に移転したKITEN!に行かなくちゃ。
土曜日の夜は、おそらく「祝勝会」になるだろうから、にぎやかになりそう。
それはもちろん楽しいんだけれども、その前に、落ち着いているところで、顔を出しておきたいな。
ということで、前日の金曜日、昼から半休を取って、金曜日の夜に行っておこう。

だったら、宿泊地は、スタジアムがある蘇我駅と飲み会をやる高円寺駅の中間地点が便利だろうと、東西線沿線の某駅間近で、安いパッケージツアーのホテルが出ていたから、そこを確保。
早い段階で抑えたから、わりかし納得のいくお値段で。

ひとつだけネックがあるとしたら、「金曜日の昼から半休を取る」ことだったけれど、交渉の結果、あっさりと了承。
これで、障害は何もなくなった。

そんな感じで、遠征のプランニング終了。
うん、ガチガチに行きたいところが固まってしまい、今回は「行き当たりばったり」要素がゼロだな。
それはそれで、面白くない・・・・・

旅行は、行き当たりばったりであればあるほど、楽しめるタイプな人。(汗)

以上、前フリ終わり。
次回から本編に入ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 4日 (日)

金沢に行ってきました3

昨日の続きであります。

翌日、14日日曜日。

目が覚めたら、8時過ぎ。
さてさて、この日も、試合以外の行動については、ノープラン。
観光で、市場とかに行ってもよかったんだけれども、あまり他人と顔を合わせたくないモード。
それに、北陸新幹線が乗り入れて改装された富山駅に、まだ行ったことがなかったので、衝動的に、ちょっと見に行くことに。

9時前に、金沢駅から、富山駅行の高速バスに乗車。
所要時間約1時間、運賃930円と、福岡から小倉と比べても、気軽に行ける距離関係なんだね。
この辺り、九州人は持っていない感覚だわ。
北陸本線に乗る機会もあまりないんだけれども、北陸自動車道はかなりレアなんで、車窓をきょろきょろするも、あまり面白みがない。

富山駅の手前、総曲輪で高速バスを降りる。
富山の繁華街をざっと眺めたら、路面電車に乗って、富山駅方面へ。
で、到着。

かなり便利になったなぁ。
駅舎の中に乗り入れなんで、当然屋根がかかっている。
で、路面電車を降りて、そのまま数十歩進んだら、新幹線の改札口。
完全バリアフリーで、移動がめっちゃスムーズ。

と、そこまで観察したところで、時間は10時半。
そろそろ、金沢に戻らなければいけない時間です。
北陸新幹線、在来線、高速バスと、戻る手段は複数ある。
時刻表と運賃とを見比べて検討した結果、新幹線に乗ることに。
一応、サッカー観戦が主目的であるはずなんで、一番早く戻ることができる手段を使うことに。
しかし、高速バスが、所要時間1時間で、運賃930円。新幹線だと、所要時間20分で、運賃2,810円。
正直、割高感は感じてしまう。

乗ってみたら、新幹線、早いなぁ。
朝食がまだだったんで、駅のコンビニで購入して、新幹線の車内でいただいたんだけれど、急いで食べないと、もう到着してしまう。
実にあわただしい。

そんなわけで、金沢駅に戻ってきた。
シャトルバスがちょうど目の前から出て行ったところで、次のバスを待ってから、スタジアムへ。

試合についてはすでに書いているので、割愛して、試合終了後。

シャトルバスで、金沢駅に戻ってきた。
帰りも自由席で。
サクッとお土産を選んで購入したら、切符を購入し、改札口を抜けて、サンダーバードに乗車。
16時発の便は、やはり、「福井・京都・新大阪」にしか止まらない速達タイプで、持参していた書籍を読みながら、静かに過ごす。

新大阪駅に到着。
最初は、20番線でさくらを待っていたんだけれども、ノーマルなさくらなんで、停車駅が「新鳥栖・久留米・熊本からの各駅」。
これにのっても、新O牟田には帰れんやんかぁ。
と言うところで、22番線から、同じく新大阪駅始発のみずほが先に出るということに気付き、移動。
どっちとも、自由席を待つ人はいなく、先頭をキープ。

やがて、やってきた新幹線に乗り込む。
そして、出発。
だんだん暗くなってきて車窓も見えなくなったし、もう飽きた。。。。。

21時半ごろ、博多駅に到着。
みずほだと、新O牟田駅には止まらないので、ここで乗換。
次にやってくる列車は、新大阪駅でパスした、さくら。
それも見送らざるを得なくて、博多駅での待ち時間、40分ほど。
高い新幹線料金を払って、この待ち時間は、なんだかなぁ。
ようやくやってきた、各駅に止まるつばめに乗って、おうちへと

と言うことで、金沢遠征記でした。
次回のアウェイ遠征予定は、来月の千葉の予定であります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 3日 (土)

金沢に行ってきました2

金沢遠征記、本編であります。

5月13日土曜日。

朝起きて、いつものように普通に出勤。
一応真面目に働いてから、定時に職場を脱出。
いったん自宅に帰って、着替えて荷物をまとめたら、車を運転して新O牟田駅へ。
13時半前に出る九州新幹線に乗って、出発。

博多駅で、のぞみに乗り継ぎ、もちろん今回も、自由席で。
それにしても、「鉄」である自分であっても、新大阪駅までの2時間半は、時間を持て余すなぁ。
つい数週間前に乗ったばかりだということもあって。
なんとなく、ぼーっと車窓を眺めて過ごす。

16時半過ぎに、新大阪駅に到着。
在来線への乗り継ぎ時間は、8分。
自由席の1号車から、在来線乗り場までだと、新大阪駅をほぼ縦断する形になり、乗換時間が短かったから、軽く小走りで移動。
座れるかどうか心配していたけれど、やってきた列車は、がら~ん。
と言うことで、金沢駅行のサンダーバードに乗車。
それにしても、金沢までの途中停車駅が、「新大阪・京都・福井」以上って、なかなかすっ飛ばすな。
ゆえに、停車駅が少なくて人が出入りしないし、車内アナウンスも少ないし、車内がとても静か。
「久しぶりの北陸本線だから、車窓にかぶりつくぞ」と思っていたけれど、いつの間にか熟睡・・・・・

19時過ぎ、無事に金沢駅に到着。
駅近くのホテルにチェックインし、荷物を下ろしたら、さっそく・・・・・

ウーロン茶うめぇ \(^o^)/

「酒抜き・炭水化物抜き」の食生活を始めたんで、健康的な食い物ということで、「金沢おでん」のお店をチョイス。
う~ん、ほかのおでんとの違いが、よくわかんねぇ。
ともかく、お出汁をたっぷり吸った「車麩」美味かったなぁ。
タマゴも大根も味が染みてて、満足。

さて、軽くおなかを満たしたところで、夜の街へ。

前述のとおり、今回の目的は、傷心旅行。
旅先で、誰にも言えない愚痴をこぼそうと言うことで。
次に来る機会があるかないかわかんない、とあるお店のドアを開ける。
ジンジャーエール数杯で、粘ること数時間。
事前の予定では、思っていることを全部ぶちまけるつもりだったけれど、実際には、言いたいことの3分の1も言えなかったな。
それでも、お店の人にはともかく、同席していたお客様とは、この先の人生でお会いする機会はないだろう、そう思うと、気は楽だ。
リアルに知っている人には絶対に言えないことを吐き出して、最後は、十数年ぶりにカラオケで1曲歌って、お値段二千数百円也。

うん、行ってよかった。
日付もとっくに変わったというのに、まだまだ賑やかな金沢の夜の街を後に、タクシーでホテルに戻ったら、おやすみなさい。

と言うところで、長くなるんで、いったん切ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 2日 (金)

金沢に行ってきました1

金沢に行ってきました。

ここの遠征はですね、試合の観戦記のところでも書いたけれど、実のところ、当初行くつもりではなかったんだよね。
午前中はお仕事と言うことで、スケジュール的にきつきつだったから。
それでも、最終的に遠征を決断した理由は・・・・・

傷心を癒すためであります。

いやぁ、遠征を計画した段階では、よもやこういう事態になるとは、まったく想像できなかったなぁ。
このトシになって、結構大きな失恋。
中高生っぽいピュアな恋愛を、この年齢になってやってしまうとは。 (汗)
ほんと、かなり久しぶりであるがゆえに、きっついですわ。
とにかく、ご飯がのどを通らないし、夜まったく寝付けないし、早朝3時には目覚めてしまうしで、精神的にかなりしんどい。
仕事に集中している間だけは楽だけれども、夜、自室で一人になると、いろんなことを思って、押しつぶされそうになる。
早朝3時には目覚めてしまったあと、あれやこれやと考え始めてしまうと、もうダメや。

で、このアウェイ遠征をどうするか。
テンションが最低限まで下がってしまって、「誰とも会いたくなく、家から一歩も出たくない」モードと、「気分転換をはかりたい」モードを行ったり来たり、精神的に不安定で、結論が出ない。
っていうか、真剣に考える気力が、沸いてこない。

そのまま、ずるずると日にちは過ぎていく。
往復の新幹線の切符は、出発当日購入するつもりで、まだ用意していなかったし、予約していたホテルのほうは、当日のお昼までにキャンセルしたら、キャンセル手数料は発生しないということで、最終的には、当日の朝決断すればいいかぁと、結論を出すのをギリギリまで先送り。

結局は、前日の夕方になって、少し気分を取り戻せたのか、「気分転換をはかりたい」モードになったから、旅立つことに。
「気分転換」って言うか、「自分の人生にかかわりのない人に、いろいろと話したい」って、ふと思ってしまって。

で、行ってよかったんだけれども、まだ心の傷は、癒されてないなぁ。
それでもまぁ、一時期よりは多少落ち着いているんで、このまま時間が解決してくれると、いいな。

そんなわけで、普段とは様相が違う前フリ終わり。
次回は本編に入ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月18日 (木)

徳島に行ってきました4

昨日の続きであります。

連休最終日、5日金曜日。

目が覚めたら、8時30分。
この日の予定は、吹田サッカースタジアム。
14時キックオフだけれども、指定席を購入しているから、急いで行く必要もなし。
それまで何をするか、相変わらずノーアイデアのまま、なんとなくテクテク歩いて、新大阪駅に到着。
「ボーっと電車でも眺めておくか」と思ったところで、アイデアが湧いてくる。
「茨木駅まで、大回り乗車で行く。」

事前にプランニングしておいたことではなく、その場で思いついたことだからね。
新大阪駅-(京都線・神戸線・各停)-尼崎駅-(東西線・学研都市線・快速)-木津駅(奈良線・快速)-京都駅-(京都線・快速)-茨木駅。

木津駅に向かう快速電車の中で、「このペースだと、まずい」とは、うすうす気づいてはいた。
正解は、京田辺駅辺りで、近鉄に乗り替えておくべきだったと思うが、それだと「大回り乗車」にならず、出費が・・・と思うと、腰が動かず。
その結果、茨木駅に到着したのは、キックオフの30分前。

運よくシャトルバスがすぐに来て、飛び乗ったものの、陸上競技場の北側に降ろされるとは、知らなかった。
スタジアムまで、猛ダッシュ。
なんで、よそ様の試合を見るのに、ここまで走らなきゃいかんのやー

走ったおかげで、なんとかキックオフに間に合った。
指定席なんで、荷物を降ろして、そして・・・・・

びーるを2杯まとめて買いに行っている間に、試合が始まっていた。(汗)

試合についてはすでに書いているので、割愛して、試合終了後。

大混雑を覚悟するも、案外スムーズに、陸上競技場からのシャトルバスに乗って、茨木駅に。
自由席で切符を買い求め、新大阪駅へ。
おうどんをいただいたら、新幹線の20番線ホームへ。
誰も並んでいない、自由席の待機列の先頭をゲット。
ほどなく、折り返しの九州新幹線直通のみずほが到着。

自由席、かなりガラガラ~

ゴールデンウィークゆえ、みんな指定席を抑えちゃうと、得てしてこういうことが起こる。
あとは、ぐっすり寝ていたら、無事に鹿児島中央駅に運ばれる。

博多駅で、ちゃんと起きれた。
35分と言う中途半端な接続待ちののち、つばめで新大牟田駅へ。
お疲れさまでした。

と言うことで、徳島遠征記でした。
次回のアウェイ遠征予定は、二週間後の金沢であります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月17日 (水)

徳島に行ってきました3

昨日の続きであります。

翌日、4日木曜日。

目が覚めて、今日の行動予定がイマイチまとまらないまま、9時前にホテルを出る。
京都の鉄博の開館時間は10時だし、急ぐこともないんで、混雑している新快速電車は避けて、快速電車でのんびり座って。

京都駅に到着。
そう言えば、ここの駅ビル、じっくり見たことないなぁと思い、展望台に向かうべくエスカレーターを上ってみる。
・・・・・極度の高所恐怖症のワタクシにには、絶対に、ムリだった。
4階だか5階だかまでは頑張って上ったものの、大階段を下から見上げたところで、先に進むのを断念。
すごすごと下に降りる。

テクテクとあるいて、鉄道博物館方面へ。
途中通り抜けた梅小路公園が、かなりいい雰囲気。
巨大な芝生広場ではイベントが行われていて、通路にはテントの出店が並んでいる。
都心にこんなエリアがあるのって、いいね。

で、鉄道博物館に到着。
・・・・・当日券を求める、長蛇の列ががが。
あらかじめ前売り券を買っておいて、本当によかった。
長蛇の列を横目に、サクッと入場。

いいねぇ。
SLにそんなに興味がない自分でも、これだけずらっと並んでいたら、さすがに興奮しますわな。
それに、外の行列から覚悟したほどには、中は混雑しておらず、じっくりと展示物を見ることできたし。
そして、ここの圧巻は、展望デッキからの眺めですね。
京都駅に出入りする列車を見ていたら、いつまでたっても、飽きないわー

二時間ほど過ごし、ミュージアムショップで買いこんだら、展望デッキから見えていた、近くにある東寺まで、テクテク。
ここがまた、よかったですわぁ。
安置されている仏像を見つめていたら、心が落ち着きますね。
オリジナルのお香がかなりいい香りで、心惹かれたけれど、お値段的に断念。
で、いま少し、後悔している。

そんなこんなで、1時間ほどを過ごしても、まだお昼。
いよいよノーアイデアで、近鉄の東寺駅へ。
東寺駅-(近鉄)-丹波橋駅-(京阪)-淀屋橋駅と言う、あえての乗り継ぎで、大阪市内へ。

その後、なんだかんだあったのちに、夜は新世界の串カツ屋さんでサクッと飲んで、新大阪駅付近のホテルに戻る。

と言うところで、長くなるんで、いったん切ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月16日 (火)

徳島に行ってきました2

徳島遠征記、本編であります。

5月3日水曜日。

朝6時に起床。
大荷物をまとめて、車で出発、新O牟田駅へ。
駐車場に車を止めたら、券売機で切符の購入。
鳴門駅まで、自由席で。
普通は、九州から鳴門に行くんだったら、新神戸駅経由なんだろうけれど、往復で同じルートを避けると、こうなる。

あえて、始発の「新大阪駅直通のさくら」を見送り、6時39分発の新幹線で、出発。
あまり早く到着しても、しゃぁないんで。
ゴールデンウィークなんだけれども、さすがにこの時間帯は、ガラガラや。

博多駅で、のぞみに乗り継ぎ、やはり読み通り、自由席はガラガラ。
新幹線の中では、最近の恒例、電源を取ながらの、blog更新タイム。
ほどなく、岡山駅に到着。
快速マリンライナーは、さすがの込み具合。
なんとか空席を確保するも、混雑していて、景色は楽しめなかったなぁ。

久しぶりの、高松駅。
ここで、40分ほど乗り継ぎ待ち合わせ。
「高松駅だったら、うどんを食わなきゃ」となるんだろうけれども、駅構内のおうどん屋さん、財布の中身と相談した結果、見合わせ。
徳島行きの特急は「2両編成」で座席数が少ないゆえ、自由席を確保するために、列の先頭に並んでおく。

結果・・・・・

ゴールデンウィークに、2両編成でも、がら~ん。
久しぶりの「四国の鉄」だからね、右に左にと、車窓をきょろきょろ忙しい。

鳴門線の乗り替え駅、池谷駅に到着。
ここでの接続待ち合わせ時間は、40分弱。
この乗り換えをしたことある人はご存じだろうけれど、時間をつぶそうにも、駅周辺、何もない。
ヒマゆえ、アルコールを求めてふらふらしたけれども、ないわなぁ。

まぁ、それも含めて、四国の鉄旅の楽しみだよな。

想定外に、折り返しの列車が早くやって来たこともあり、ヒマを持て余すこともなく、鳴門駅へ。
スタジアム行きの無料シャトルバスに揺られて、開門時間前のポカリスエットスタジアムに到着。
時間があるんで、スタジアムグルメゾーンへと・・・・・
え~と、まぁ、いいや。

試合についてはすでに書いているので、割愛して、試合終了後。

このあとの予定は、高速鳴門バス停を18時55分に出る、神戸行きの高速バス乗車。
タクシーで向かったら確実なんだけれども、1時間弱時間もあることだし、費用をケチって、いったん鳴門駅に。
ところが、鳴門駅行きの無料シャトルバス、なかなか出発しない、そして出発しても、道路が大渋滞で、まったく動かない。
結局、スタジアムからのシャトルバスが出たのが18時15分。
徒歩で25分の道のりなのに、鳴門駅についたのが18時49分。
駅に止まっていたタクシー捕まえて、高速鳴門のバス待合所。
ダッシュでバス停に向かったところ、すでにバスは止まっていて、乗車手続き中。
予約なしの人がいたのか、乗車手続きに時間がかかっていたおかげで、なんとか間に合った。

かなり危なかった・・・・・

バスに乗ってしまったら、一安心。
途中、よそものにはまったくわかんないルート経由で、三ノ宮駅前っぽいところに降ろされる。
久しぶりに来る神戸、まったくわからんわー
「ここはどこ?」状態のまま、人込みに流されるように、阪急の三ノ宮駅へ。
十三駅乗り換えで南方駅、そこからテクテク歩いて、この日からお世話になるホテルに到着。
いったんチェックインののち、近くの定食屋さんでがっつりごはんをいただいたら、もう動けません。
ホテルに戻って、おやすみなさい。

と言うところで、長くなるんで、いったん切ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

その他サッカーなど 2004年 | その他サッカーなど 2005年 | その他サッカーなど 2006年 | その他サッカーなど 2007年 | その他サッカーなど 2008年 | その他サッカーなど 2009年 | その他サッカーなど 2010年 | その他サッカーなど 2011年 | その他サッカーなど 2012年 | その他サッカーなど 2013年 | その他サッカーなど 2014年 | その他サッカーなど 2015年 | その他サッカーなど 2016年 | その他サッカーなど 2017年 | ひたすら愚痴る | むかしやってた企画 | もぶろぐ 2004年 | もぶろぐ 2005年 | もぶろぐ 2006年 | もぶろぐ 2007年 | もぶろぐ 2008年 | もぶろぐ 2009年 | もぶろぐ 2010年 | もぶろぐ 2011年 | もぶろぐ 2012年 | もぶろぐ 2013年 | もぶろぐ 2014年 | もぶろぐ 2015年 | もぶろぐ 2016年 | もぶろぐ 2017年 | 中身の無い日記 2004年 | 中身の無い日記 2005年 | 中身の無い日記 2006年 | 中身の無い日記 2007年 | 中身の無い日記 2008年 | 中身の無い日記 2009年 | 中身の無い日記 2010年 | 中身の無い日記 2011年 | 中身の無い日記 2012年 | 中身の無い日記 2013年 | 中身の無い日記 2014年 | 中身の無い日記 2015年 | 中身の無い日記 2016年 | 中身の無い日記 2017年 | 遠征記 2004年 | 遠征記 2005年 | 遠征記 2006年 | 遠征記 2007年 | 遠征記 2008年 | 遠征記 2009年 | 遠征記 2010年 | 遠征記 2011年 | 遠征記 2012年 | 遠征記 2013年 | 遠征記 2014年 | 遠征記 2015年 | 遠征記 2017年 | 2004年 J2福岡 (その他) | 2004年 J2福岡 (試合) | 2005年 J2福岡 (その他) | 2005年 J2福岡 (試合) | 2006年 J1福岡 (その他) | 2006年 J1福岡 (試合) | 2007年 J2福岡 (その他) | 2007年 J2福岡 (試合) | 2008年 J2福岡 (その他) | 2008年 J2福岡 (試合) | 2009年 J2福岡 (その他) | 2009年 J2福岡 (試合) | 2010年 J2福岡 (その他) | 2010年 J2福岡 (試合) | 2011年 J1福岡 (その他) | 2011年 J1福岡 (試合) | 2012年 J2福岡 (その他) | 2012年 J2福岡 (試合) | 2013年 J2福岡 (その他) | 2013年 J2福岡 (試合) | 2014年 J2福岡 (試合) | 2015年 J2福岡 (その他) | 2015年 J2福岡 (試合) | 2016年 J1福岡 (その他) | 2016年 J1福岡 (試合) | 2017年 J2福岡 (その他) | 2017年 J2福岡 (試合)