2017年10月12日 (木)

第36節 横浜FCVS福岡

横浜に行って参りました。

なんといっても、3連休の初日のナイトマッチだからね。
遠征しるのに都合のいいスケジュール。
もっともワタクシは、土曜日にお仕事の休みを確保するために、結構な裏工作を必要としたわけではあるが。
もろもろの内部的な事情ありて厳しかったんだけれども、何とかゴリ押しして、おかげで休みの確保に成功。

なおかつ、その3連休に、「マイレージ特典の無料航空券」で行こうとしていたから、さぁ大変。
当然予約が殺到しそうだから、二か月前の予約受付開始日に、まだ勤務シフトも決まっていない段階で、とりあえずチケットだけは押さえておかなければならぬ。
なんといっても、数々の無駄遣いの結果、マイレージが消化できなくらいに溜まりまくっている。
で、受付開始時刻は、仕事中でアクセスすることなど無理なので、夕方にようやく・・・・・

げ、午前中の便、すべて埋まってる。

それでもなんとか、13時発の便を抑えることが出来て、一安心。
計算上は、開門時間に間に合う一番遅い便やな、もう1本後だと、間違いなくアウト。
あとは、当日朝早くから福岡空港に行って、「当日に限り、予約便より早い出発時刻の便で空席がある場合は、当該便に変更可」と言う条項の適用を狙うのみ、やな。
マイレージ特典枠は早々に埋まってしまったけれど、一般席は、1か月前を切った段階でチェックしたら、まだ空席は十分あったし。

はい、1週間前には、全便満席になっちゃいましたよ。

と言うことで、試合当日。

幸か不幸か、おかげさまで早起きする必要はなくなったから、ゆっくりとお目ざめ。
13時のひこーきに乗り、羽田空港。
そして、川崎駅近辺で確保しておいたホテルにいったんチェックインし、不必要な荷物を全部部屋に置いてから、スタジアムへ。
その前に、横浜駅で、崎陽軒のしうまいとお弁当を確保。
なんせ、三ツ沢のスタグルは(以下自粛)

ぎゅうぎゅう詰めのバスに乗ってスタジアムへ向かい、遠く離れたところにあるバス停に止まるという、軽くアウェイの洗礼を。
そんなわけで、スタジアムに到着したのは、キックオフの30分前、ちょうどフィールドプレイヤーが出てきたところ。
想定外にギリギリの到着となってしまった。
選手たちはアップの最中ですが、少し失礼させていただいて、もぐもぐ。
しうまいうめぇ\(^o^)/

さて、横浜FC戦であります。

1stの試合は、ともかく悪天候、試合中にも目まぐるしく気候が変わり、戦ううえでのコンディション最悪。
そんな試合だったからゆえなのか、スタジアムの雰囲気は最高潮。
その勢いで勝ちたかったところではあるが、勝ちきることはできずにドロー。
で、この試合、あちら様的には、J1昇格を目指すうえで、もう1試合も落とせない状況のようだ。
一方のこっちも、3位以下を突き放さなきゃいかんから、尻に火は付きっぱなしだからね。
お互いに負けられない試合、きっちりと勝ちに行こう。

と言うことで、キックオフであります。

第36節 横浜FC 1-3 福岡

ばんざーーーい

この結果は、めっちゃうれしい。
監督の交代策が、大成功でしたね。
と、手のひらクルクル(汗)

前半終了時点での感想としては、「なんだか変な試合やなぁ」と言う感じ。
ものすごーくきれいな形で、セットプレイから失点。
で、嫌な雰囲気になりかけていたところで、相手にアクシデントがあり、前半のうちに二人交代。
そんなわけで、予期せぬ展開となったことで、「この試合ダメだ」とはもちろん思わなかったけれど、「この試合逆転できる」と言うのもなんだか違うような気がして。

で、後半の頭からウェリントン、そして早いうちに石津と、こちらも2枚替え。
いやぁ、この「絶対に勝ちに行く」と言う積極的な交代策、良かった。
その石津がフリーキックを直接決めて、あとは「逆転のゴール早くっ」って状態で、イケイケ。
結果、ウェリントンの2ゴール。

逆転勝利であります。
楽しい~~~~~
ここまで鮮やかな逆転勝ちって、なかなか味わえないなぁ。
アウェイに出向いて、こういう試合を見ることが出来るのは、本当に気分がいい。

これで、次節以降の試合に向けて、勢いが付きそうですね。
そうなれるよう、オレらも精いっぱい後押ししなくては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 3日 (火)

第35節 福岡VS山口

やはりいつものごとく、この日も午前中は、お仕事でありましたですよ。

で、土曜日の14時試合開始は、特にワタクシのような遠距離在住者には、しんどいですわぁ。

お仕事を終わらせたのが、13時。
職場を脱出したら、気持ち飛ばし気味に車を運転して、新O牟田駅へ。
最近、個々の駐車場は満車状態も多くて、車を止められない可能性を危惧していたんだけれども、今回は、駐車場が空き気味で、難なく車を止められた。

あとは、何の切符を購入するかだけれども、少し迷ってから、「日帰り2枚きっぷ」を購入。
行きは急いでいるものの、帰りは在来線の鈍行列車でゆっくり帰ってきても、何の問題もない。
ところが、在来線で帰ってしまうと、車を新O牟田駅の駐車場に止めてしまっているがゆえに、ここまで車を引き取りに来なければいけない。
ゆえに、まったく急いでいないんだけれども、帰りも新幹線を利用する羽目に。

う~ん、なかなか不本意だわぁ。

と言うことで、13時28分の九州新幹線に乗って、出発。
さすが新幹線、所要時間31分、あっという間に博多駅に到着。
で、先を急いでいるから、インターバル8分で、14時7分発の地下鉄に乗り換えたいところ。
なので、あらかじめエスカレーター近くの出口まで移動しておく。
到着したら、博多駅の人込みをかき分けて、地下鉄乗り場までダッシュ。
うん、急いだら、3分あれば移動可能なのね。

14時12分、福岡空港駅に到着。
スマホで試合経過をチェック、まだスコアは動いていないな。
タクシーを捕まえるかどうか迷ったけれど、地上に上がったところ、道路の向こう側の空港ターミナル方面から、ちょうどイオンモール行きのバスが、こちらに向かってくるのが見えたから、バスを使うことに。

バスに乗って、ほんの数分、レベスタ最寄りのバス停へ到着。
バスを降りたところ、スタジアムから聞こえてくる歓声はそこまで大きくなかったんで、「スコアは動いていないようだ」と判断し、早歩きでレベスタへ。
バクスタ入口から入場し、ついでに食料を調達してから、いつもの場所へ。

さて、山口戦であります。

1stの試合は、開幕第2戦、後半苦しんだ感はあるものの、ウェリントンと石津のゴールにより勝利。
その時とは、相手は監督も変わっているし、戦い方も大きく変わっているだろうから、まぁ参考にはならないかな。
それはともかくとして、山口との相性って、個人的には、あまりよくない印象ではあるんだが、前節岐阜で久しぶりに勝ってからの、ホームゲーム。
ここはもちろん、連勝を期待する。
さぁ、勝つぞ!

と言うことで・・・・・

第35節 福岡 2-1 山口

スタジアムに駆け込んで、電光掲示板をチェックしたところ、なんとすでに、2-0。
非常にうれしい展開ではあるけれども、聞いてないぞー

どうやら、バスに乗っていた数分間の間に、続けざまに2点決めていたらしい。

その後も、試合展開がなかなかいい。
当初、ウェリントンがベンチスタートと聞いて、一抹の不安を感じてはいたんだけれども、手のひらクルクルー
松田力と仲川のコンビも、ありなんやなぁ。
ってか、仲川どんどん良くなってきてるよね。
このままウチに永久就職でお願いしたい。

そんなわけで、前半は完全にこっちペースで試合できたと思う。
後半に入り、相手が立て直してきたものの、さほどあわてる必要性もなく。
試合終了、快勝と言っていいでしょう。
他にも決まらなかったけれども、途中出場のウェリントンのヘッドとか、枠内に飛んだ惜しいシュートとかも何本もあって。

まぁ、欲を言えば、無失点で終わりたいところではあったけれどね。
そこも含めて、実にウチらしいということで。coldsweats01

さぁこれで、2位に復帰。
残り全試合に全勝すれば、自力での自動昇格できるということで。
全勝できるほどそんなに甘くはなかろうが、目指すのは、そこだよね。

やっぱし、2ゴールとも、直接見たかったなぁ。
と言うことで、次はさらなるゴールラッシュを、お願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月25日 (月)

第34節 岐阜VS福岡

岐阜での、日曜日昼間の試合。

ワタクシ、土曜日が出勤だったんで、仕事終了後に移動すれば行けないことはないんで、遠征は可能だったんだけれども・・・・・
ここはムリをせずに、がまんがまん。

お仕事終了後だと、最速で移動しても、岐阜駅に到着するのは23時前後。
その時間帯に到着したところで、何もできることはない。
ホテルで寝るだけや。
で、翌日試合が終わったら、即帰ることに。

これだと、楽しくないなぁ。

あるいは、岐阜ではなく、名古屋を楽しむという手もあったんだけれども、名古屋には先月行ったばかりで、やりたいことはおおむね、その時にやっているから、今回特に行きたいところややりたいことが、無かったというのもある。

と言うことで、この試合、遠征はパス。
で、ぽっかりとスケジュールが開いてしまった日曜日の昼間。
自宅でぼーっとしておくのももったいないんで、久しぶりに、ドライブでふらふらとしておりました。
ゆえに、試合が行われていた時間帯、ワタクシはハンドルを握って移動中でして・・・・・

帰宅したのは、試合も終わった、16時半過ぎのこと。
リアルタイムでたいそう盛り上がっていたようだけれども、その波に乗ることが出来ず。

さて、岐阜戦であります。

1stの試合は、前半戦の最終戦、PKによる1点を守っての勝利。
しんどかったけれども、きっちりと勝ち切ったゲームだったのかなぁ。
さて、勝利から遠ざかった苦しい状況、そろそろ真剣に、勝利が欲しい。
2010年にJ1昇格を決めた、ゲンのいいアウェイ長良川(その時は「メドウ」だったけれども)で、試合に勝ってくれることに期待しよう。

と言うことで、キックオフであります。

第34節 岐阜 1-2 福岡

ばんざーーーい。

前述のとおり、まったく映像を見ていないんで、試合の詳細については、正直よくわかんない。
わかんないんで、得られた文字情報だけで書くと、試合の早い段階で、セットプレイから岩下のヘッドで先制点って、いい感じに調子に乗れそうな展開ですね。
そして、途中出場の松田力の追加点と、申し分ない。

そんなわけで、久しぶりの勝利。
ワタクシが見に行かない試合は、勝つなぁ。 (汗)
先月の、町田・京都と、アウェイ遠征していない試合では、勝ってくれる。
一方で、見に行った名古屋・讃岐・熊本と・・・・・
そのじらしっぷり、キライではないぞ。 (;´Д`A ```

そんなことはさておき。

少しお休みしたけれども、これから反転攻勢と行きましょうか。
今後の対戦相手、強敵ばかりなんで、相変わらず厳しくはあるけれども。

見ていない試合については、何も書くことが出来ないから、この程度で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月20日 (水)

第33節 熊本VS福岡

熊本に行ってきました。

まぁ、わざわざ「行ってきました」っちゅうほどの距離でもないんだけれどもね。
今回も性懲りもなく、ネタ遠征をやってしまったので。

んで・・・・・・・・・・

台風の影響で、一日延期され、試合時間も変更となった、この試合。
おかげで、こっちの遠征予定も大きく狂ってしまい、スタジアムへ行く行程が、行き当たりばったりに。
詳細については、近日中に書くから、差し置いておくとして。

16時半ごろ、スタジアムに到着。
ぐるっと回ってアウェイ側入り口から入り、コンコースをざっと眺める。
この日限定販売だった、「だJ!」のタオルマフラー、当然ソールドアウト。
欲しかったなぁ・・・・・
しょうがないからあきらめて、アウェイ側ごる裏へ。
荷物を下ろしたらさっそく、スタグルゾーンへと。

う~む、お店の数はかなり多いんだけれども、結構食い尽くしているんだよなぁ。
なんだかんだで毎年、ここのスタジアムには、年間で5試合前後は来ているから。
そんな中で、今回チョイスしたのが、赤牛丼。
お値段若干高めだけれども、さすがうめぇ\(^_^)/

さて、食料を調達したところで、この日コンコースで行われていた、ハヤカワスポーツさんの販売ブースへ。
「ロッソ熊本」のレプリカユニフォームと言う、レアなものを売っていた。
結構本気でほしかったけれども、他サポなワタクシが購入しても、着る機会はないから、まぁ、購入見合わせですな。
その代わり、アスレタのよさそうなトレーニングウエアが安く販売されていたから、少し迷ってから購入。
前述した「だJ!」のタオルマフラー購入用資金を、持ってきていたので。
さっそく、ジムで走るとき用に使わせてもらいます。
結構いいものを手に入れることが出来て、満足。

ごる裏に戻ってきたときには、すでにゴールキーパーは出てきていて、フィールドプレイヤーも出てきたところ。
そんなわけで、赤牛丼はしばらくお預けにして、選手たちのあっぷの様子を見つめる。
その後ようやく、赤牛丼をもぐもぐしていたら、あっという間にキックオフの時間に。
スタジアムへの到着が遅くなると、時間の余裕がないな。

さて、熊本戦であります。

1stの試合は、冨安のプロ初ゴールなどもあっての快勝。
このころは、シーズン開幕直後で、調子が良かった時やなぁ。(遠い目)
さて、打って変わって現在、チーム状況が最悪と言ってもいいと思う。
熊本との試合では、なんだかんだといろんなことが起こるというのもあるし、すんなりと勝たせてくれるかどうか。
しかし、そろそろ勝たないと、いよいよおしりに火が付くな。
しっかりと勝ちに行こう。

と言うことで、キックオフであります。

第33節 熊本 1-1 福岡

うーん・・・・・・・・・・

この結果は、かなり悔しいなぁ。
この状況で、「勝ち点1」しか得ることが出来ない結果となろうとは。

と、言ってしまったけれども・・・・・

試合内容的には、「勝ち点1」で、妥当やな。
どちらかと言えば、最後勝ち越しゴールを許さずに、助かった、と。

ゴール前での競り合いから、ドゥジェの初ゴールと言う展開も、その直後にPKを与えてしまい、同点に追いつかれる。
ちょっと、失点した時間帯がもったいなかったな。
その後、お互いにチャンスはあったんだけれども、どちらも決め手に欠けて。
前々からの課題だけれども、シュートは枠内に飛ばせ、だなぁ。

ということで、試合終了。
はい、ドローでした。

なんというかなぁ、個人的には、そんなに悪い試合をしているとは思わない。
思わないんで、選手たちを鼓舞する意味を込めて、今回も試合終了後は、選手を拍手とチャントで迎えた。
ここで、選手たちに、いらぬメッセージを届けることが、意味あるとは思わないんで。

なので、ここは、不必要にネガらずに、次の試合こそ勝ってくれることを願って、オレらがよりいっそうの後押しをする時だ。
次の試合こそは、勝ちましょう。

短いけれども、以上っ!



















なんだけれども、正直に言うと、閉塞感は、感じるわなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月13日 (水)

第32節 福岡VS愛媛

この日も午前中は、お仕事でありましたですよ。

マジメに働いたがゆえに(汗)、少し遅くなって、14時前に会社を出る。
帰宅して着替えたら即出発し、14時半の西鉄特急電車に飛び乗る。
行動が素早い。

1時間後、天神に到着。
で、天神からスタジアムに直行するのではなく、某所に立ち寄って、翌週のアウェイ熊本遠征の小ネタの仕込み完了。
今のうちに謝っておきます、ゴメンナサイw
その後、書店めぐりとか、なんだかんだと所用を済ませる。

結果、16時半頃の、天神からのシャトルバスに乗車。
いつもだったら、天神の時点ではガラガラな印象だけれども、今回は、そこそこ客が乗っているな。
もっとも、博多駅で乗り込んできた人数は、さほど多くはなかったんだけれども。

17時過ぎ、レベスタに到着。
いつもの場所に落ち着いた頃には、もうゴールキーパーがあっぷのために登場する時間に。
なんだけれども、申し訳ないけれども、到着したばかりで、気持ちの準備がまだできていないんですわ。
なので、ぼーっと眺めてみる。
ちょっと、到着するのが遅かったかなぁ。
言い訳をさせてもらうと、土曜日の18時キックオフって、個人的には、スケジュールがタイトなのよ。
なんせ、O牟田からの移動時間だけで、最低1時間半はかかるし・・・・・

そんなわけで、唐揚げをつまみつつ、みなさまがたからの遠征お土産のお菓子をいただきつつ、炭酸飲料をごくごくしつつ、まったりと過ごしていたら、あっという間にキックオフの時間に。

さて、愛媛戦であります。

1stの試合は、試合終了間際の三門のゴールで、無事勝利。
って、日曜日のナイトマッチにつき、見に行くことが出来なくて、結果以外には何も把握していない。
それはともかく、ここの所勝ち星に恵まれず、調子がよろしくない現在、このタイミングで間瀬監督率いるチームって、いやな対戦相手だよなぁ。
とは言え、そうも言っていられる状況ではない。
いい加減にこのあたりで、きっちりと試合に勝って、調子を取り戻すきっかけにしたいところですね。

と言うことで、キックオフであります。

第32節 福岡 0-1 愛媛

う~ん・・・・・・・・・・

率直な感想としては、「試合の結果は悪かったんだけれども、試合の内容は、決して悪くはなかった」と言うのが、個人的な思いではある。
まぁ、攻撃は悪くはなかったんじゃないかな。
悪くはなかったとは思うが、なかなかシュートが枠内に飛んでくれなかったかな。
そのうちの一本でも、枠内に飛んでくれて、ゴールが決まっていたら、試合展開は全然違っていたものになっていたのかも・・・・・
などと書いても、何の意味もないのは、わかってる。

ってか、前半アディショナルタイムにやられた、あのシュート。
アディショナルタイムってことで、若干油断したことがあったのかなかったのか、それはともかくとして、敵ながら、きれいな攻撃だったよなぁ。

まぁ、この結果を受けて、いろんな見方があるようだけれども。
個人的には、今から違うことを始めようとしても、もう時間切れで間に合わないと思う。
なので、今のまま、これをやり続けるしかないんじゃないかなぁ。
それで、シーズンラストにどうなるのかは、神のみぞ知る。

そんな、若干投げやりっぽくとられかねないことを書いていたりするんだけれども、決してあきらめているとか、そういった意味合いではなく・・・・・

なので、次こそは、勝ちましょう、勝たせましょう。
今回も短いけれども、以上っ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 5日 (火)

第31節 讃岐VS福岡

丸亀に行ってきました。

土曜日のナイトマッチ、なおかつ九州から近いところでの開催だから、わりかし行きやすいからね。
さくっとお気軽に、行くこともできるし。
まぁ、「行きやすい」ってことは、裏を返したら、「遠征のだいご味が」って話にもなってくるが、そんなの気にするのは、ワタクシみたいなごく一部のヘンタイだけであって、一般の人は、行きやすいほうがよかろう。

と言うことで、朝からヘンタイな行動をたどった末に、開門時間には若干出遅れて、16時ちょっとすぎに、スタジアムに到着。
最寄駅から歩いてくるのも何度目かになると、道も覚えているから、わりかしさくっと来れたな。

よくわかんないけれど、このスタジアム、いつ来ても何らかの工事をやっているような気がする。
ということで、ぐるっと回って、アウェイ側の入り口へ。
入場して荷物を下ろしたら、スタジアムグルメゾーンへと、足を延ばしてみましょう。
・・・・・直前に、うどん3杯食べてきたから、満腹や。
おかしい、以前同じくアウェイ讃岐戦の時は、一日で10杯食っても、なんてことなかったのに。

加齢のせいやな。

それでも、スタジアムグルメゾーンでは、美味そうなものを売っているわけで。
これは外せない「カマコロ」と、骨付き鳥を購入。
どっちも、うめぇ \(^o^)/

・・・・・本格的に、満腹で苦しくなってしまった。
そんなわけで、観客席で、ぬぼーっと過ごす。
喉が渇いていたので、飲料を欲していたんだけれども、メイン側にあるスタグルゾーンまで、ここからだと遠いので、買いに行くのは見合わせ。
前回来たときは、バクスタ側にも売店があったと思うけれど、分散すると、売り上げが落ちるのかなぁ。
不便だけれども、やむを得ないのか。

と、腹ごなしでまったりとすごしているうちに、そろそろ選手たちがあっぷのために登場する時間帯に。
なので、そろそろ戦闘モードに切り替えましょうか。
前述したとおり、わりかし来やすいアウェイゲームだとは思うんだけれども、コアゾーンに集まっている人数が、なんとなく少なめ。
なので、来れない奴らのためにも、頑張って福岡を勝たせましょうか。

さて、讃岐戦であります。

1stの試合は、お仕事のため見に行けず。
んだもんで、わかってはいないんだけれども、どうやらいい試合だったようで。
なので、讃岐に対して、苦手意識はない。
しかし、ここ最近の讃岐、絶好調なんだよなぁ。
ここのところ調子がよろしくないウチとしては、苦しい試合になりそうな予感ではあるが、これ以上の連敗は受け入れがたい。
しっかりと勝ちに行こう。

と言うことで、キックオフであります。

第31節 讃岐 2-2 福岡

うーん・・・・・・・・・・

この結果は、かなり悔しいなぁ。
よもや「勝ち点1を死守した」試合になってしまおうとは。

個人的には、あまり手ごたえも歯ごたえもないまま、前半に1点、後半に1点。
「手ごたえがない」とは書いたが、と言うことは、まぁ、サクッと点が取れたってことで、それは悪くないのかな。
派手なことをしなくとも、ウェリントンをはじめ、攻撃陣がきっちりとお仕事をしてくれたということだから。

なんだけれども、そこからの試合の終わらせ方が、ねぇ・・・・・

まぁ、最後、あそこで笛を吹かれたのは、助かったのかもしれないな。
あの後コーナーキックを蹴られていたら以下省略。

そういった悪い妄想は、する必要ないか。

確かだったのは、ここの所負けなしの讃岐、さすがその好調さを発揮したなと。
正直言って、2点目を取った段階で、ワタクシ個人はちょっと油断してしまった。
そこで、試合の残り時間10分を切ってから同点に追いつくんだから、これは地力がある証拠だな。

ということで、試合終了。
まぁ、今回も、選手を拍手でお見送りしましたわ。
イマイチ消化不良ではあるものの、選手たち、もちろんサボっているわけではなく、自分のやれることはやっていると思っているんで。

なので、ここは、これ以上の連敗をしないよう、次の試合の勝利に向けて、オレらがよりいっそうの後押しをする時だ。
次の試合こそは、勝ちましょう。

短いけれども、以上っ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月29日 (火)

第30節 福岡VS水戸

日曜日ですからね、この日は一日じゅうお休み。

前日、福岡市内まで出張が入り、帰宅が遅くなった関係で、前夜はちょっと遅寝。
なので、この日目覚めたのが、9時半ごろ。
それでも、キックオフまではまだまだ時間があるから、溜まっていた書物を読み始める。

で、1冊の内の5分の4くらい読み終えたところで、気が付いたら、13時を過ぎている。
そろそろ出なきゃいかんかなぁと思い、あわてて家を飛び出す。
車を運転して、最寄りの西鉄駅へ。
駅の近くのコインパーキングが開いていなかったから、少し離れたところに止めて、駅まで小走り。
なんとか、13時25分の特急電車に、間に合った。

ってか、家を出て、駐車場まで小走り、そこから車を走らせて、駐車場に車を止めて、駅まで小走りで電車に乗る、までを15分くらいでやってのけているわけで、どんだけ飛ばしたんや・・・・・

天神に到着。
最近立て続けに、サッカー観戦用の荷物を持ち運びするリュック、仕事で使っているビジネスバッグ、そしてお財布と、同時期に壊れてしまった。
全部を買い替える財政的余裕はないから、一番優先順位の高い、お財布を購入しようと思い、天神をぶらぶら。

ワタクシ普段、買い物の類は、一円でも安いものをと思い、ディスカウントストア利用がほとんどなんだけれども、なんだかか今回、多少お金をかけてでも、壊れにくくていいものが欲しくなったのよ。
ってか、ワタクシをご存じな方は分かるだろうけれど、現金はほとんど持ち歩かないけれど、とにかくカードが多いから、カードを多数収納できるものでなければ、ダメ。
となると、毎回財布を買う時に苦労していて、なかなか「これはいい」ってものに、巡り会えないのよね。

まずは、ロフトへ。
いろいろ見た結果、1万円弱で、よさそうなものを発見。
購入してもよかったんだけれども、相場観をつかむため、いったん見送って、次のお店へと。

三越へ。
・・・・・いいものあるなぁ、しかし、お値段的に手が出せない。
いつかはこういう財布が持てる人間になりたいと思いつつ、次のお店へ。

そんな感じで、ロフト→三越→インキューブ→ソラリアプラザ→岩田屋と回って、いくつかいいのがあったけれども、イマイチ決め手に欠ける。
そして、新天町の某かばん屋さん(ほぼ特定されるな)にて、いいお財布を発見。
ロフトで見送ったものよりも5千円くらい高くって、当初考えていたよりも予算オーバーだったけれど、なんといっても、皮の素材が独特で、さわり心地がいい。
手に取ってみたところ、馴染んで離してくれなかった。
予算オーバーではあるけれども、これは運命だと思い、迷わず購入。

いい買い物をした。
それにしても、本気で欲しいものがあってのウインドウショッピングって、めったにやることないんだけれど、やってると楽しいな。

満足したら、バスに乗って、博多駅方面に移動。

実は、お財布を探し回るのと同時並行に、翌週の讃岐遠征時に使用する「青春18きっぷ」を求めて、金券ショップめぐりもやっていたんですわ。
しかし、8月も終わろうかというこの時期は、シーズン終盤ゆえ、なかなか出回っていないようで。
天神のショップを4件ほど回ったけれど、巡り会えず。

博多駅に到着、金券ショップめぐりを。
で、博多駅の2件目にして、ようやくGET。

ということで、今回欲しかったものは、すべて買うことが出来た。
満足して、ついでに博多阪急の地下で、体のことを考えて健康そうなサラダを購入してから、シャトルバスに乗って、レベスタへ。

レベスタ到着したのは、キックオフ30分前の、17時半。
ゴールキーパーは既にあっぷを開始していて、ちょうどフィールドプレイヤーが出てきたところだった。
う~ん、ちょっと想定よりも、到着時間が遅かったかなぁ。
選手のあっぷを眺めながら、買ってきた野菜サラダをもぐもぐ。
オニオンドレッシングなんだけれども、隠し味の「りんご酢」が効いていて、酸っぱくて、美味い。\(^o^)/

さて、水戸戦であります。

1stの試合は、前半先制されながらも、後半追いついてドロー。
まぁ、アウェイでの戦いということを考えたら、悪くはないのではないかと思うんだが、いかんせん映像で確認していないんで、詳細はわかんない。
で、現在の水戸は、勝ち越しているし、一時期かなり上位につけていたし、手ごわい相手や。
連敗で調子が下降線をたどっている今、決して楽な相手ではないということは、言わずもがな。
ということで、この試合きっちり勝って、調子を取り戻すきっかけにしたいところですね。

と言うことで、キックオフであります。

第30節 福岡 0-0 水戸

う~ん・・・・・・・・・・

今回、前振りに力を入れた理由は、試合の本編のほうが・・・・・

結果についてはですね、そりゃぁ勝つこともあれば、勝てないこともあるだろうから、まぁ、勝てなかったとしても、「そういうこともあるわな」で受け流したとして。
試合内容がつまんなかったのは、つらかったっす。
立って声を出していながらも、なんだか眠たかった。

で、眠たかった理由としては、リズムが単調だったからかな。
攻撃にアクセントがないというか、なんというか・・・・・
で、その要因の一つが、オレらの後押しにもあるのだとしたら、そこは反省しなけりゃいかん。

まぁ、ね。
石津がバーをたたいたシュートとか、「あれが入っていたらなぁ」という展開ではあったんだけれども、試合が終わった後、そこまでポジティヴな気持ちにはなれなくって。
杉山の怪我からの復活とか、再三にわたる仲川の飛び出しとか、良かった点も多数あったんだが。

しゃぁないっすわ。
もしも、「戦術、ウェリントン」っていうんだったら、それを貫くしかないな。
大事なのは、これを引きずらないで、次、勝つことや。
とは言え、最近の讃岐、絶好調やぞ。
なので、次節は、本当に大一番になりそうだ。

本編短いけれど、以上っ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月23日 (水)

第29節 名古屋VS福岡

名古屋に行ってきました。

ここの遠征はですね、町田とどっちに行こうか迷って、結局こっちを選択したのは、7月の後半になってから。
決め手は、同日に同じ名古屋市内で開催される、Fリーグとはしご観戦できるから。
町田戦の時も、いろいろと調べはしたんだけれども、他に行きたくなるようなイベントを、見つけられなかったんだよね。

と言うことで、金城ふ頭で開催されているFリーグの試合を観戦してからの、移動。
14時キックオフで、16時前に試合終了。
詳細は別便で書くとして、あおなみ線、市バス、市営地下鉄と乗り継いで、ジャスト1時間、17時頃に、スタジアムに到着。
ここに来るのは、久しぶりなような、そうでもないような・・・・・

さて、この試合、18時キックオフなんで、もうあまり時間がないっすよ。
とりあえず、アウェイの時のだいたいのいつもの定位置、コアゾーンの端っこに荷物を下ろしたら、いったんスタジアムを出て、食料の調達へ。
・・・・・そういえば、ここのスタジアムの正面を見たのは、初めてだったことに、この時気づいた。
ここ、地下鉄の駅からアウェイ側が近いんで、いつも、駅からアウェイ側スタンドに直行して、試合終わったら直帰していたからなぁ。
はじめて見たメインスタンドの外観、なかなか立派やね。

で、スタジアム前の広場にやってきたけれど、観客が多いなぁ。。。。。
どのお店も、長蛇の列。
んで、酒の類をやめてから、それに合うつまみの類も一切必要としていないんで、ざっと見渡したけれども、長蛇の列に並んでまで欲しくなるものがなかった。
なので、さっさと離脱して、近隣にあった自販機で炭酸飲料だけを購入してから、自席へ戻る。

・・・・・帰ってきてから、失敗したと思ったのが、この時、グッズ売り場を覗いて来なかったこと。
かわいいシャチ一家のグッズ、欲しかったなぁ・・・・・

そんなわけで、席に戻ってきたころには、そろそろ選手たちがあっぷのために登場する時間帯。
その前に、シャチ一家が観客席の前を一周してきたから、スマホで撮影タイム。
で、まずゴールキーパーが、そしてその1分後には、フィールドプレイヤーが登場。
うん、忙しいわぁ。

さて、そろそろ戦闘モードに切り替えましょうか。
東海地区での、日曜日のナイトマッチと言うことからなのか、ここのところの関東地区とかでのアウェイゲームと比較すると、コアゾーンに集まっている人数が、気持ち少なめな印象。
なので、ワタクシも、老骨にムチ打って、跳びますか。
ってか、体重を10キログラム落とした効果なのか、ここ最近、体が軽くって、全然無理しなくても跳べるのよ。
ヽ(´▽`)/ヽ(´▽`)/ヽ(´▽`)/

よっしゃ、やるで~

さて、名古屋戦であります。

1stの試合は、そんなシナリオはなかなか描けないというほどの、鮮やかな逆転劇。
個人的な今シーズンベストゲーム。
で、この試合、前節の長崎と続けての、J2の上位争いの直接対決。
前回、長崎にやられたから、この試合は、絶対に勝ちたい。
アウェイでの厳しい戦いになるけれど、せっかく足を運んだからには、オレらの後押しで勝たせよう。
そして、1stみたいな試合の再現を。

と言うことで、キックオフであります。

第29節 名古屋 3-1 福岡

うーん・・・・・・・・・・

この結果は、かなり悔しいなぁ。

前半は、まぁよかったと思うんですわ。
11分と言う早い段階で、欲しかった先制ゴールをGETし、勢いに乗る。
わりかしすぐ後に、同点に追いつかれてしまったものの、その後の相手の猛攻撃をしのいで、前半引き分けで終えられたのは、アウェイでの戦いと言うことを考慮したら、問題なし。

後半、だよね・・・・・

で、まぁ、試合終了直後には、いろいろと言いたいことがあったけれども、それは腹の中にぐっとおさめて、選手を拍手で見送ってから、スタジアムを後にした。
で、日にちがたって冷静になった今、あえてその時に思ってたことを書く必要はないのかなぁと、そう思ってる。
素人のオレが思ってるレベルのことなど、監督コーチ選手のみんなは、わかってるだろうから。

なので、ここは、これ以上の連敗をしないよう、次の試合の勝利に向けて、気持ちを切り替えた。
次の試合こそは、勝ちましょう。

と言うことで、今回思ってることは書いていないけれど、まぁ、こんな表現をしているということは、ワタクシの本音は、ある程度は察しが付くでしょ。

試合の感想以外のことを残しておくとすれば・・・・・
この試合の名古屋サポの雰囲気、反対側のこっちから見ていても、よかったよなぁ。
もちろんオレらが何もやらなかったというのではないけれど、それでも圧倒的ホームの雰囲気を作れていて。

次のホームゲームでは、オレらがやる番だぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月18日 (金)

第28節 福岡VS長崎

はい、前回のホームゲーム山形戦のところのラストに書いていた、

さて、次のホームゲームは、中旬の平日ナイトマッチか。 スーツ姿で駆けつけて、汗だくで観戦コースとなる予定・・・・・

のとおり、汗だく観戦コースでしたよ。

わが職場、カレンダー通りの営業なんで、月曜日から通常営業。
しかし、世間一般は「ボンヤスミー」なんで、嬉しいことに仕事量は少ないですわなぁ。

と言うことで、試合当日。
この日のお仕事もたいそうヒマでして、17時30分、職場の脱出に成功。
職場から直行、車を飛ばして新O牟田駅へ。
平日だから空いている駐車場に車を止め、「日帰り往復の割引切符」を購入し、いつものように乗客が大勢いる駅から、17時56分に出る新幹線に乗車。
コンセントからスマホの充電をするも、約30分では対して充電もされず、18時28分、あっという間に博多駅に到着。
(あっという間に着いてくれなきゃぁ困るが)

博多駅は、ボンヤスミーゆえ、人が多い。
人込みをかき分けてダッシュしたけれど、新幹線の一番後方の車両から地下鉄への、4分乗継に失敗。
次の電車をもああって、乗り込む。

18時37分、福岡空港駅に到着。
またもやダッシュで、シャトルバス乗り場へ。
おかげで、出発寸前のバスに、無理やり隙間を見つけて乗り込む。

で、レベスタに到着し、バスを降りたタイミングで、ノブリュウの「ウェルカムザプレイヤー」の声が聞こえてきた。
メイン側から入ったら、ごる裏は通りにくい状況だろうから、バクスタ側から入場。
いつもの場所に到着したタイミングで、キックオフの笛が鳴る。

ギリギリ、セーフや。

さて、長崎戦であります。

1stの試合は、苦労しながらも、坂田のゴールで勝利。
この時期からプレッシャーをかける意図はまったくないんだけれども、長崎、名古屋と続く、上位チームとの夏場の連戦、今シーズン最初で、もしかしたら最大のヤマ場となりそうな感じ。
毎回、長崎相手にはなぜか苦戦してしまうんで、今回も、かなりタフな試合になりそうやな・・・・・

と言うことで、キックオフであります。

第28節 福岡 0-1 長崎

むむむっ

すんません。
冒頭に書いたとおり、今回はスーツ姿での参戦。
しかも、到着した瞬間に試合が始まったということで、気持ちがイマイチ乗ってない。
キックオフからしばらく、エンドが逆になってることに気付かなかったくらいだったからなぁ。
なので、この試合、ごる裏で座っての観戦だった。

飛ばない試合は、こうなってしまうのかなぁ・・・・・

それにしても、長崎相手だと、点が取れんな。
それに、あのコーナーキックは、キックの精度からしてしょうがないとしても、90分間でシュート打たれた本数2本っていう数字からしても、やられた印象がまったくないんだけれども、それでも勝てないのか。

ってか、この時期の連戦って、体力を消耗してるだろうし、しんどいよね。
決して選手層が分厚くはないというのが、こういう時に影響が出る。

さて、次、ウェリントン抜きでの、アウェイ名古屋か。
まぁ、いつもと戦い方が変わるんだろうけれども、それがいい方向に出てくれるかもしれないからな。
こういう時に、状況を打開してくれる選手が出てきてくれると、嬉しい
期待しておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月14日 (月)

第27節 京都VS福岡

京都での、アウェイナイトマッチ。

8月の中旬にぽこっと出来た祝日。
翌日は普通にお仕事だったんだけれども、18時キックオフだと、最終の新幹線で家に帰って来ることができる。
なので、”頑張ったら”遠征可能。

ここで、頑張れないのが、トシを取ってしまった証なんだよなぁ・・・・・

8月の京都、暑いというのがわかりきっているところに、日帰り。
体力的にも財力的にも、かなりハード。
となると、行くのをためらってしまい、つい。。。。。

と言うことで、この試合、遠征はパス。
その代わりに、九州内で試合をやっているところに見に行こうと、青春18きっぷを使用しての、長崎行きを計画していた。
していたんだけれども・・・・・

部屋でエアコンをがんがんにきかせていたおかげで、夏風邪を引いてしまった。
長崎での試合、チケットは購入していたが、鈍行列車で何時間もかけて行く試合ではないかなぁ。
チケット代は惜しいけれど、ここで無理をしたら、次節以降の参戦計画にも響く。

結局、この日は終日、自宅で寝て過ごしておりました。
なので、試合が行われていた時間も、寝ていて・・・・・

さて、京都戦であります。

1stの試合は、試合早々に山瀬がゴールを決めての、快勝。
この試合にも勝って、シーズン2勝して欲しいところ。
あまりいい思い出のない西京極で、素晴らしい試合を見せてくれることに期待しよう。

と言うことで、キックオフであります。

第27節 京都 0-1 福岡

ばんざーーーい。

前述のとおり、試合時間中はぶっ倒れていたんで、試合結果を知ったのは、翌日の朝になってからであります。
そんなわけで、前節みたいに、ついったのTL情報すら追っていないんで、試合結果以外については、何もかもがわかんないっす。
なので、試合の内容については、何も書けない。

ただ、夏の西京極で、勝ったのかぁ。
そして、シーズンダブル達成かぁ。
と思うと、感慨深いものはありますね。
そして、毎度の1-0の試合って、文字情報を見ているだけでも、しびれるわぁ。

見ていない試合については、何も書くことが出来ないから、この程度で。

試合後の、あの焼肉屋さんに行けなかったのは、非常に残念や。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

その他サッカーなど 2004年 | その他サッカーなど 2005年 | その他サッカーなど 2006年 | その他サッカーなど 2007年 | その他サッカーなど 2008年 | その他サッカーなど 2009年 | その他サッカーなど 2010年 | その他サッカーなど 2011年 | その他サッカーなど 2012年 | その他サッカーなど 2013年 | その他サッカーなど 2014年 | その他サッカーなど 2015年 | その他サッカーなど 2016年 | その他サッカーなど 2017年 | ひたすら愚痴る | むかしやってた企画 | もぶろぐ 2004年 | もぶろぐ 2005年 | もぶろぐ 2006年 | もぶろぐ 2007年 | もぶろぐ 2008年 | もぶろぐ 2009年 | もぶろぐ 2010年 | もぶろぐ 2011年 | もぶろぐ 2012年 | もぶろぐ 2013年 | もぶろぐ 2014年 | もぶろぐ 2015年 | もぶろぐ 2016年 | もぶろぐ 2017年 | 中身の無い日記 2004年 | 中身の無い日記 2005年 | 中身の無い日記 2006年 | 中身の無い日記 2007年 | 中身の無い日記 2008年 | 中身の無い日記 2009年 | 中身の無い日記 2010年 | 中身の無い日記 2011年 | 中身の無い日記 2012年 | 中身の無い日記 2013年 | 中身の無い日記 2014年 | 中身の無い日記 2015年 | 中身の無い日記 2016年 | 中身の無い日記 2017年 | 遠征記 2004年 | 遠征記 2005年 | 遠征記 2006年 | 遠征記 2007年 | 遠征記 2008年 | 遠征記 2009年 | 遠征記 2010年 | 遠征記 2011年 | 遠征記 2012年 | 遠征記 2013年 | 遠征記 2014年 | 遠征記 2015年 | 遠征記 2017年 | 2004年 J2福岡 (その他) | 2004年 J2福岡 (試合) | 2005年 J2福岡 (その他) | 2005年 J2福岡 (試合) | 2006年 J1福岡 (その他) | 2006年 J1福岡 (試合) | 2007年 J2福岡 (その他) | 2007年 J2福岡 (試合) | 2008年 J2福岡 (その他) | 2008年 J2福岡 (試合) | 2009年 J2福岡 (その他) | 2009年 J2福岡 (試合) | 2010年 J2福岡 (その他) | 2010年 J2福岡 (試合) | 2011年 J1福岡 (その他) | 2011年 J1福岡 (試合) | 2012年 J2福岡 (その他) | 2012年 J2福岡 (試合) | 2013年 J2福岡 (その他) | 2013年 J2福岡 (試合) | 2014年 J2福岡 (試合) | 2015年 J2福岡 (その他) | 2015年 J2福岡 (試合) | 2016年 J1福岡 (その他) | 2016年 J1福岡 (試合) | 2017年 J2福岡 (その他) | 2017年 J2福岡 (試合)