2017年4月26日 (水)

第09節 水戸VS福岡

この試合、行けるかどうか分かんなかったけれど、結局行けませんでしたよ。
いや、無理したら行けないこともなかったんだけれどね。

この時期は、前年度決算の追いこみ時期。
締め切りが、この試合よりも前に設定されるのか、それとも後に設定されるのか。
それに寄って、状況は全然変わってくる。

結局、「20日までにすべての仕訳伝票を入れ終えろ」とのことになったので、土日に出勤して作業する必要は、なくなった。
しかし、締め切り日が前田押されたおかげで、連日、日付が変わる寸前まで、残業。
当然寝不足で、体力はヘロヘロ。
とてもじゃないが、「4時半に起きて自宅を出て、5時の高速バスに乗って福岡空港、7時のひこーきに乗って羽田、そこから常磐線の特急電車で水戸」なんて、おっさんにはムリや。

と言うことで、試合当日。

10時前に起きて、しばらくぼーっとしたあと、残務処理のために自主出社。
どうせ自宅にいても、試合見ることできないからね。

さて、水戸戦であります。

アウェイ水戸、だいぶ行けていないなぁ。
なので、正直言って、印象が薄いというのは、否めない、やっぱし無理して行っておいたほうが良かったかなぁ。
ともかく、前節で気はイマイチながらも勝つことが出来たんで、ここはひとつ連勝といきたいところ。

そして、いよいよ、キックオフであります。

第09節 水戸 0-0 福岡

はい、詳しいことは何も分かんないっす。
ハイライト映像すら、いまだ確認していないんで。

アウェイゲームで、前半相手に先制されながら、後半追いついて勝ち点1をゲットしたというのは、悪くはなさそうな気がするが、果たして実際のところは、どうだったんだろう?

見ていない試合については、何も書くことが出来ないから、この程度で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月18日 (火)

第08節 長崎VS福岡

長崎に行ってきました。
まぁ、「遠征」っちゅうには、微妙な距離ですわなぁ。

この試合、どうやって行こうか、結構迷っていた。
なぜかこの時期に、土曜日のナイトマッチと言うことで、現地にお泊りも視野に入れつつ、あれやこれやとプランニング。
結局は、某氏が運転する車に同乗させてもらうということで。

やはりこの日も、午前中はお仕事。
しかも、前年度決算の作業中と言うことで、そう簡単には、終わらせてくれない。
結局、1時間ほど押して、無理やり仕事を切り上げる。

急いで帰って着替えたら、某おうどん屋さんに集合。
人様が運転する車に乗って、いざ諫早へ。
まずは南下して、長洲港へ。

フェリーで海風に当たりながら飲む、びーるうめぇ\(^o^)/

45分間の乗船時間で、缶びーる1本と缶チューハイ1本を空け、すっかりいい気分。
多比良港で降りて、諫早に向かう車中の記憶は、熟睡していたから、ほぼないなぁ。

諫早駅裏のいつもの駐車場に車を置いて、スタジアムまでテクテク。
で、キックオフの1時間ちょっと前に、スタジアムに到着。
うん、ちょうどいい時間ですな。
と言うことで、席を確保したら、早速・・・・・

角煮まんじゅううめぇ\(^o^)/

いつもの定食屋さんが、行列が出来ていて入れなかったことだけが、想定外。
そうこうしているうちに、結構強めの雨が降りだしました。
ここのスタジアム、360度屋根が覆っているので、雨をもろともしないというのは、ありがたいですね。

そんなこんなで、あっと言う間に、選手たちがピッチ上に登場する時間帯ですよ。

さて、長崎戦であります。

ウチがらみであるかどうかを問わず、自分がここのスタジアムに試合観戦に来て、ゴールが決まるところを見た記憶が、ほぼない。
そんなわけで、今回も「スコアレスドロー」を想定しながらも、出来れば勝ちたいところであります。
「出来れば」なんて枕詞を付けたけれど、このスタジアムでゴールが決まりそうな予感が、まったくしないんやー
だからと言って、本当にスコアレスドローでもいいのかと言われたら、そんなはずはないから、勝ちましょう。

そして、いよいよ、キックオフであります。

第08節 長崎 0-1 福岡

う~ん、まぁ、なんと言うか。。。。。

正直言って、申し訳ないけれど、お世辞にもいい試合ではなかったかなぁ。
しかし、長崎で、このスタジアムで、相手を封じ込めて勝つことが出来たという結果は、たいへん喜ばしい。
ほんと、長崎でゴールが決まるなんて、ちょっとレアだからね。
実のところ、ドロー臭がぷんぷんとしていただけに、価値ある坂田のゴール。
途中出場で、その直後にお仕事をして、あとは時間を使って逃げ切ってくれる、プロフェッショナル。

と言う具合で、試合自体はなかなかアレだったんだけれども、なんと言うか、わいわい言いながら試合観戦するのも、楽しいですわ。
まったりと大人しく試合観戦するのも、またよし。

なので、見に行った甲斐がある試合だったっすね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月14日 (金)

第07節 福岡VS町田

しまった、しくじった・・・・・

試合前に、飲み過ぎてしまったようだ。

どういうわけだか、この時期に、土曜日のナイトマッチ。
例によって例のごとく、午前中は働いていたわけなんだけれども、この日は無理やり仕事を終わらせて、フライング気味にさくっと帰宅。
さっさと着替えたら、即出発。
で、13時前のJR快速電車に乗車し、博多駅方面へ。

14時前、博多駅に到着。
レベスタに向かうにはまだ早すぎるから、遅めのお昼ごはんをここでいただこうと思い、駅ビルの中をうろうろ。
お財布の中身と相談すると、最適な回答をなかなか導きだせず、散々迷った挙句、選んだお店は、昼間っからアルコール飲み放題の設定があるお店。
ちょうど、BSではJ1中継が始まったところで、店員さんがそのテレビモニターがよく見える席に案内してくれて、ラッキー。
ではさっそく・・・・・

びーるうめぇ\(^o^)/

飲み放題と言うことで、これは注文しなきゃ損だ。
結局、1時間の滞在時間で、つまみ1品をさかなに、びーる4杯。
最後に、ホットコーヒーをいただいて、ほっと一息。

・・・・・昼酒は、ききますわぁ。

と言うことで、そこからしばらくの間の、記憶がない。
たぶん1時間ほど、ベンチにもたれかかって、寝てたような気がしなくもない。
目が覚めた時は、酔い覚ましで締めのらーめんが食べたい気分だったが、今食べたら戻しそうな予感が。
(かろうじて判断能力が残っていた)
もはや試合がどーでもいい感じすらするくらいに、すっかりと酔いつぶれてしまったけれど、重い腰を上げて、レベスタに向かうことに。

17時過ぎに博多駅バスターミナルを出るシャトルバスに乗って、レベスタに到着したのは、キックオフの30分前。
とっくの昔に、選手があっぷのためにピッチ上に登場していた。
なんで、博多駅には早すぎる時間帯に到着していたと言うのに、こうなってしまったんやろか。
まぁ、全然後悔していないけれども。

それはさておき、ではさっそく・・・・・

うどんうめぇ\(^o^)/

バクスタでウエストのうどんをいただいて、いつもの場所に戻ってきたら、キックオフの時間でしたわ。

さて、町田であります。

相性がいいような悪いような・・・・・正直言って、あまり印象がないというのが、正直なところ。
まぁ、そもそも、何年ぶりの対戦なんだっけ?
とは言え、そう言う対戦相手に対して勝負弱いというのが、ウチのお約束だったりする。
なので、油断することなく、この試合きっちりと勝とう。

と言うことで、キックオフであります。

第07節 福岡 1-3 町田

・・・・・・・・・・

この試合について、いったい何を述べよというのだ。

次の試合は、ちゃんと勝ってくださいよ。
お願いします。

以上っ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 5日 (水)

第06節 福岡VS横浜FC

しまった、しくじった・・・・・

いつもの癖で、西鉄電車に乗ってしまった。
先週のアウェイ山形遠征の時に使用した青春18きっぷが、一日分だけ余っていたから、今回はそれを消化するつもりだったのに。
家を出るときには、当然そのつもりでいた。
しかし、路線バスに乗ってO牟田駅に着いてみたら、JRの快速電車は、30分後。
一方の西鉄特急電車は、10分後の出発だと知った時点で、無意識に西鉄の改札を通ってしまってた。
そして、自分の失敗に気付いたのは、柳川駅に到着する寸前・・・・・

加齢のせいで、のーみその機能が、だいぶ衰えてきたな。

と言うことで、薬院駅から路線バスに乗り換えて、博多駅。
デパ地下で、試合終了後の花見の差し入れを物色。
試合後にお花見の予定だったんで、人として、何らかのエサを持っていったほうが良かろうと。
いただいたところ、なかなか美味い牛タンだった。

で、実は本日のメインの目的でもあった、バスターミナルの書店で書籍を大量仕入れ。
改装後初めて行ったら、レイアウト変更で、目的のコーナーがどこにあるのかわからずに、しばらく右往左往。
おかげで、普段は足を運ばない書棚もチェックしてしまい、結果、まにあっくな書籍を大量に発掘。
結局、想定以上のお買い上げ、結果1万円弱のお支払い。
これでしばらくは、読むものに困らないぞ。 (o^-^o)

と言うことで、重量もある大荷物を抱えているし、デパ地下と書店とで予想外に時間を食ってしまったこともあり、久しぶりに、博多駅バスターミナルから、シャトルバスでレベスタに向かう。
到着した時は、ちょうど優先入場が開始されたときだった。

荷物を降ろしたら、早速・・・・・

びーるうめぇ\(^o^)/

うん、ぽかぽか陽気とまではいかないけれど、びーるが美味い季節ですなぁ。
・・・・・少なくとも、この時間帯は。
なんせ、着ているものを一枚脱いで、半そで状態だったからね。

この日はおとなしく、びーるは一杯にとどめておき、から揚げとともに流し込んだら、あとはウエストのうどんで、軽く中締め。
その後は、ゴール裏でのんびりまったりと過ごす。
のんびりと過ごしていたら、あっという間に時間は過ぎて行ったしまうもので、やがて、選手があっぷのためにピッチ上に登場する時間に。

と、ここまでは、なんともなかったんだけれども・・・・・
アップも終わり、いよいよキックオフと言うタイミングで、突然の、雷雨。
なんせ、1万円分の書籍を抱えているからね、いの一番に、屋根のあるところに避難。
家を出るとき、O牟田はど晴天だったから、傘なんか持ってきていないわ。

さて、横浜FC戦であります。

うん、今シーズン目下のところ、絶好調のようですな。
なので、上を目指すには、直接対決のこの試合、叩いておくことが、重要。
まぁ、他にも観点はあるのかもしれないけれど、ともかくいい試合になりそうですね。
そして、この試合、勝ちましょう。

と言うことで、キックオフであります。

第06節 福岡 0-0 横浜FC

くやしい、とにかく、くやしい・・・・・

個人的には、試合終了後、ここまで悔しい思いになったのは、久しぶりだな。
ともかく勝ちたかった。

キックオフ直前、そして後半に入ってと、2度も試合中断によって集中力を途切れさせられる事態が発生。
ほんと、難しい試合だったと思う。
それでも、選手たちは最後まで、気持ちを切らすことなく戦い続けていて。

しかも、試合中に目まぐるしく気候が変わったおかげで、気温も激しく変化し、コンディション的にも最悪。
ワタクシ、2度目の中断中に、寒さに耐えかねて「焼酎のお湯割り」を求めて売店に行ったら、おそらく同じこと考えていた人多数で、すでに売り切れていたというくらいに。
寒かったですなぁ。

なので、普段の自分だったら、「引き分けでもやむを得ない」と言うふうに書いていたんだろうけれど・・・・・

勝てなくて、めっちゃ悔しい。
なんだろ、この気持ち。
自分でも、よくわかんない。

スタジアムの一体感が、なんかすごかったからね。

まぁ、とは言え、その後寒空の下で花見して、酒飲んで酔いちくれて気分よくなったんだけれどさ。 (汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月30日 (木)

第05節 山形VS福岡

今シーズン初の、本格的なアウェイ遠征。
山形に行ってきました。
前日の沼津と、合わせ技で。
青春18きっぷの使用期間中だったんで、わくわくねぶねぶしながら、旅程を練った結果、前夜は福島に宿泊することに。
青春18きっぷで旅行する場合は、「鈍行の本数が少ない箇所の旅程をまず最初に決定してから、その前後を埋めて行く」と言うのが鉄則だというのは、わざわざ書かなくても、みんな知ってるよね。

で、試合当日。
早起きして、8時の列車に乗って、出発。
乗り継いで、天童南駅に到着したのは、キックオフの2時間前。
山形駅から、スタジアム行きのシャトルバスに乗ったら、も少し早くつくことが出来たんだけれども、やはり、新しくできた駅は見ておきたかったし、そして・・・・・
青春18きっぷ利用だったんで、バス代を、ケチった。(汗)

と言うことで、天童南駅から、テクテクと・・・・・
歩くって程の距離でもないな。
思っていたよりも、全然近い。
むしろ、国道の横断歩道を渡って運動公園の入口から、スタジアムにたどり着くまでのほうが、遠く感じた。

スタジアムに到着。
うん、アウェイ側、人少ない・・・・・
3月に、気合い入れて東北まで遠征する人間は、さほど多く無かったか。

ってか、えぇ天気やね。
事前に「寒いぞ、雨もしくは雪が降るかも」と聞いていたから、厚手のトレーナーを着こんで、ポンチョのほかにダウンジャケットまで持参して、大荷物で遠征したのに、不要やんかー
と言うことで、大荷物を降ろしたら、早速、スタグルゾーンへと。

カリーパン買って、玉コンニャク買って、モツ煮買ったら・・・・・
びーるを手に持てないやんか。
いったん自席に戻り、食い物を降ろしてから、改めて売店へと行き・・・・・

びーるうめぇ\(^o^)/

で、飲んで食って満足したら、再びスタジアムを出て、インフォメーションに、この日のマッチディをもらいに行く。
ったく、ここのスタジアム、アウェイ側ではマッチディを配布しないから、わざわざ貰いに行かないとだめなんだよなぁ。
めんどくさい。

そんなこんなしていたら、時間がなくなって、あっという間に、選手があっぷに出てくる時間だよ。
それではさて、コアなゾーンに潜り込みますか。
今シーズンから、「スカパーに抜かれて、映像を保存される」リスクがなくなったから、安心して行けるわw

さて、山形戦であります。

たぶん、アウェイ山形戦の時は毎回かいているような気もするけれど、ここのスタジアム、悪いイメージがないなぁ。
今、連勝中だということもあるし、ますます調子に乗るためにも、いい試合にしたいものであります。
そして、勝ちましょう。

そして、いよいよ、キックオフであります。

第05節 山形 0-0 福岡

個人的には、「よしっ」って言う感想。

この試合、時間が過ぎるのが早く感じた。
前半終了の笛が鳴った時、「えっ、もう前半終わったの?」と思ったくらいいで。
映像ではどう見えてるのかは分かんないけれど、個人的には、緊張感がある試合だと思った。
危ない場面も、なかったわけではないけれど、おおむね問題なかったのではなかろうかと。

まぁ、ね、もちろん勝ちたい気持ちはあった。
勝てるチャンスがなかったわけでもないし。
けれど、アウェイでの試合で、今季まだ無敗で失点数の少ない山形に、無失点で引き分けたことは、価値あることだと思っている。
それに、メンバーを変えても、安定した戦いが出来ているという点でも。

なので、時間と費用をかけてでも、見に行った甲斐がある試合だった。
やっぱりアウェイは、いいなぁ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月22日 (水)

第04節 福岡VS熊本

二週連続での、ホームゲーム。
ここまで唯一のアウェイゲームも、隣県の山口と言うことで、今のところ全試合参戦。
実に嬉しいことなんだけれど、日程って、いつもこんな感じだったっけ?
後半苦しくなるとしたら、それは嫌だなぁ。

と言うことで、連戦故なのか、気持ちの入り方も若干低めで、先週よりも30分ほど遅く、自宅を出て、一本遅い西鉄特急電車に乗る。
薬院から博多駅までバス、そこから臨時バスっていうのも考えたけれど、熊本戦と言うことで、アウェイ組も大量にバスに乗ってきそうだと判断し、天神から福岡空港まで地下鉄で移動することに。
そこからてくてく歩いていたら、入場開始時間には間に合わないから、シャトルバスに乗車する。
・・・・・シャトルバス、がらがらやなぁ。

レベスタに到着。
4分ほど遅刻しており、メイン側の優先入場の列ははけていた。
サクッと入場して、いつもの場所に荷物を下ろしたら、さっそく・・・・・

ホットコーヒーうめぇ\(^o^)/

いや、朝起きてからここまで、コーヒー飲む機会がなかったのよ。
わりかしカフェイン中毒ぎみなんで、朝からコーヒー飲まないと、目が覚めない。

と言うことで、くいっとコーヒー飲んだあとは・・・・・

びーるうめぇ\(^o^)/

びーるが美味い季節が、やって来ました。
先週以上にぽかぽか陽気で、自宅からレプリカユニフォームの上から軽くはおっただけの格好で出てきていたこともあり、気分は完全に、春。
朝食を兼ねて、びーると唐揚げの取り合わせ、最高ですな。

おかげで、びーるが進んでしまうも、直射日光の下で飲んでいたら、若干気分が悪くなってしまい・・・・・
お手洗いで、頭から軽く水をかぶる。

春を通り越して、もはや夏(汗)

酔っ払ったせいなのか、どうやら若干会話の内容がいやらしくなったらしく、周囲に座っていた一般の方々が席を移動すると言うアクシデントがあったようななかったような気もするが、だんだんと人が集まってきたところで、選手があっぷのためにピッチ上に登場する時間に。

さて、熊本戦であります。

なんだかんだで、熊本との対戦も、いろんな歴史を積み重ねて来たのかなぁ。
個人的には「ダービー」感は皆無なんだけれども。
まぁ、決して調子がいいとは思わないけれど連勝していると言うチーム状況なんで、そろそろこのあたりで、スッキリとした勝ち試合を見たいなぁ。

と言うことで、キックオフであります。

第04節 福岡 2-1 熊本

え~と、う~ん・・・・・

前半に、代表選出されヨーロッパ遠征出発直前の冨安が、プロ初ゴール。
そして後半に、ウェリントンの3戦連発のゴール。
展開としては、なんの申し分もないんだけれども。

特に前半、相手の出来がよかったようで、90分間と言う試合時間が、長く感じてしまったな。
2点目をとってリードしてから、時計に目をやることが多くなった。

個々の選手の調子の良し悪しに、チーム全体が左右されるようで、まぁ、まだ春先でシーズン始まったばかりなんだから、それはしょうがないのかな。
まぁ、そのうちに改善されるだろう。
経験ある選手が多いんで、心配はしていない。

それよりも、個人的には、さほど調子がいいとも思っていないにも関わらずの、3連勝。
うん、いいんじゃなかろうか。
勝てるチャンスのときには、勝ち星を稼いでおこう。

それにしても、結構久しぶりに見た、光永。
本当にいい選手になったぁ。
先発メンバーで出てきただけでも嬉しかったのに、ましてや、出来が素晴らしい。

熊本の水があっているんだったら、大成して欲しいな。
んで、ウチのフロントスタッフを悔しがらせるのが、最高の恩返しになるんやで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月14日 (火)

第03節 福岡VS京都

バスケットボールを見に行った翌日は、サッカー観戦ですよ。
まったく、移動が毎回、めんどくさい。
福岡市内に、別宅が欲しいなぁ。
好きな時に、自由にお泊まり出来る・・・・・

と言うことで、9時に自宅を出て、西鉄特急電車に。
天神から福岡空港まで、地下鉄で、そこからてくてく歩いて、レベスタへ向かう。
時間があったからのんびり歩くのは、たいそう気持ちいい。
穏やかな気候で、すっかり春ですなぁ。

計算通りに、開門時間のちょっと前に、レベスタに到着。
同日同時刻に、北九州のスタジアムのオープニングと言う影響も多少はあるのか、開幕戦の時よりも、待機列が短い。
なので、サクッと入場出来た。
果たしてこれって、いいことなのか、そうでないのか。

で、いつもの場所に荷物を下ろしたら、さっそく・・・・・

びーるうめぇ\(^o^)/

びーるが美味い季節が、やって来ました。
ごる裏は直射日光に照らされていることもあり、ぽかぽか暖かい。
なので、パーカーもトレーナーも脱いで、Tシャツの上から、レプリカユニフォームを着る。

そして、前回に続いて、スタグルで初めてのものを、いただきましょう。
チーズたっぷりのチーズバーガー、いいお値段がするものの、美味い。
おかげで、びーるが進んでしまう。

うー、眠くなってきた(汗)

試合時間が近づくにつれて、だんだんとごる裏に集まる人数も増えてきた。
結果的には、一万人には全然届かなかったけれど、スタジアムの雰囲気はよかったと思う。
選手があっぷのためにピッチ上に登場。
さぁ、そろそろ起きて、跳びますか。

さて、京都戦であります。

昨シーズンとはいろいろと変わっていて、正直分からん。
監督のヌノさんに、きっちりと勝つところを見せることが、恩返しになるのではなかろうかと、こちら側からの一方的な意見。
ではあるけれど、この試合、勝ちましょう。

と言うことで、キックオフであります。

第03節 福岡 2-1 京都

前半の3分と言う時間に、山瀬が先制ゴールを決める。
展開として、これ以上のことはない。
こう書いたら申し訳ないけれど、京都サポーターの目の前で、だからね。

その後も、なかなか良かったんではなかろうと。
後半、ポッピのクロスからウェリントンの追加点。
これも、文句のつけようがない展開。
最高ですな。

その直後に一点返され、その後も危なっかしいところもあったけれどね、無事連勝。
まぁ、欲を言えば、あと一点あったら、も少し楽な試合になったんだけれども、そうはならなかったところも含めて、ウチらしい勝ち方だったかと。

と言うことで、リーグ戦、ホームでの勝利は、昨年の7月以来なんですね。
そんなに勝利から遠ざかっていたのかぁ。
全然意識になかったな。

うん、試合終了後に飲んだ酒が、最高に美味かった。
次の試合も勝って、美味い酒を飲むぞー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 7日 (火)

第02節 山口VS福岡

今シーズン初の、アウェイ遠征であります。

当初予定では、「自宅から」青春18きっぷを使って、日帰りで往復するつもりだった。
が、しかし、試合の数日前。
その日買ってきた、ダイヤ改正号の大型時刻表を眺めていて、ふと気づく。
前日が、ダイヤ改正日で、可部線が延長開業する日やん。

可部線の先端部分1.6キロメートルに乗りにいくためだけに、わざわざ出掛けるのは、お金もかかるし大変。
だけど、山口に行くついでに立ち寄るんだったら、ちょうどいい。
ってか、今にして思うと、なぜこのアイデア、試合の日程が発表された時に、思い付かなかったのよ。
かくして、延長開業当日に、乗りに行くことに。

と言うことで、試合前日。

午前中はお仕事だったけれど、終わるのが思いの外遅くなり、ばたばたと帰宅。
あわてて着替えて、出発。

その後、なんだかんだあって、翌日。

9時前に広島駅を出る鈍行列車に乗って、出発。
隣の県なのに、所要時間は約3時間半。
列車の中で、先週分のblogを書いていたら、あっという間に時間が過ぎていき、退屈してる暇がなかった。

最寄り駅から、てくてく歩いて、スタジアムに到着。
・・・・・開門時間、キックオフの2時間前よりも、早かったのね。
行き慣れているスタジアムだったので、事前に何の下調べもしておらず、なので知らんかった。

荷物を下ろしたら、さっそく・・・・・
びーるうめぇ\(^o^)/

去年とは、お店の配置が変わっているようで、バクスタ側のお店がホーム側とアウェイ側とに別れてる。
なので、目的のお店を求めて、スタジアムの外周を、うろうろ、うろうろ・・・・・
結局は、メインスタンドの中にあった。

先ほど「行き慣れているスタジアム」って書いたけれど、ごる裏席で見るのは、初めて。
案外見にくくはないな。
近場のアウェイと言うことで、多くの人が。
いつもアウェイでも、これくらい人が集まってくれたら、楽しいのに。

惜しかったのは、夏場開催だったら、芝生席の方で靴を脱いで、跳んだのだが、その楽しみは、また今度。

そんなわけで、おかわりのびーるを買いに行こうとしていたら、選手があっぷのためにピッチ上に登場。
くいっと飲んでから、いざごる裏に突入。
アウェイってことで、相手に負けないよう、今日も頑張って跳びますか。

さて、山口戦であります。

強敵だよな。
昨シーズンとはメンバーが大きく変わったとはいえ、監督がやろうとしているサッカーがまったくぶれないから、さほどの影響はないと思われる。
油断してたら、やられるぞ。
開幕戦に敗れ、連敗は避けたい、この試合絶対に、勝とう。

そして、いよいよ、キックオフであります。

第02節 山口 1-2 福岡

まずはひと安心、なのかなぁ。

前半のうちに2得点と言う、上々の展開。
ウェリントンの先制ゴール、そして、待っていました、石津の追加点。
うん、実にいい感じ。

しかし、個人的には、どいらかと言うと前半、相手の攻撃の精度に助けられた感が。
あちらの攻撃って、「素早く前へ前へ」ではあるが、「縦ポン」ではないはずなのに、なんだかうまくいっていない雰囲気。

しかし、そこを修正してこられた後半は、苦しかった・・・・・
後半の早い時間帯に1点返されると、なかなか相手の勢いは止まらずに、

でもまぁ、1点取られたとは言え、逆転されるかもと言う印象は、受けなかったかなぁ。
ごる裏にはかなり多くの人たちがいて、みんな声が出ていて、雰囲気めっちゃよかったからね。

と、内容的には満足できるものではなかったかもしれないけれど、ともかく、今シーズンの初勝利。
続けましょう。

アウェイは、いいなぁ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 2日 (木)

第01節 福岡VS大分

新年、あけましておめでとうございます。
今年も無事に開幕戦を迎えることができ、ここに書く感想記も、なんと14シーズン目のスタートであります。
何とか今年も、だらだらと続けて生きたい所存であります。

なお、今年から初めて、このblogをご覧になるかたがたへ、ご説明を。
ここは、「前フリが9割で、本編が1割」の力の配分で書いております。
間違っても、「試合についての詳細な分析」は一切ございませんので、そういうものが読みたい方々は、他のblogに移られることをオススメ。

と言う、毎年恒例のマクラを振ったところで。

日曜日。

前日の夜、まったりと飲みすぎたこともあり、目が覚めたら、午前8時半を過ぎていた。
ベッドの中でついったをチェックしたら、すでにレベスタに到着してる人もいて・・・・・って、早すぎやぁ。
こりゃぁ、負けてはおられぬな。

まだ起動したばかりの脳みそをフル稼働させて、到着時間の計算。
西鉄電車で天神経由だと、入場開始時間には、間に合いそうもない。
まぁ、そこまで急がなくてもとも思わなくもないが、やっぱし、開幕戦だからね、一秒でも早く着きたいやん。
で、福岡空港行の高速バスだと、ぎりぎりで入場開始時間に間に合いそうだ。
一方、新幹線に乗ったら、費用はかかるものの、一番早く到着できる。
さくっと、手元にある大型時刻表(ダイヤ改正前の分)をめくり、駅までの路線バス、新幹線ともに、ちょうどいい時間帯に便があり、乗継もスムーズなことを、確認。

と、ここまで短時間で調べ上げたのち、眠たい目をこすって、目が覚めてから10分後には、朝食をとることもすっ飛ばして、家を出る。
結局、選択したのは、新幹線。
路線バスで新幹線の新O牟田駅に向かうことに。

新O牟田駅に到着して、乗り込んだのは、1日に数本しからい、新大阪駅直通の、さくらちゃん。
大阪まで直通するが故、自由席は結構な乗り具合。
なんとか空席を見つけたら、駅の自販機で買ったジュースで、ようやく朝食を。
「寝てたら、関西まで連れて行かれるぞー」のプレッシャーにも負けず、博多駅で無事に下車。

開幕戦、しかも、対戦相手が近場の大分と言うことで、なんとなく博多駅バスターミナルからのシャトルバス乗車は、人が多くて積み残されそうな予感がして、地下鉄で福岡空港、そこからシャトルバス。
福岡空港からのシャトルバスは、そんなに乗客多く無かったかなぁ。

もくろみ通り、優先入場開始時刻前に、レベスタに到着。
とりあえず、広場をざーっと見渡す。
特に大きく変わったところは、なさそうだな。
偶然目の前を通りかかった、きれいになったアビー&ビビー夫妻にあいさつし、大勢の人に囲まれているニータンを遠目から眺めてから、メイン側の入口へと。

メイン側の入場待機列は、いつものごとくそんなに長くなく、優先入場開始とともに、さくっと入場。
いつものところに荷物を下ろし、いつものメンバー新年のご挨拶。

あけましておめでとうございます

で、挨拶を済ませたら、さっそく・・・・・

びーるうめぇ\(^o^)/

今年初の、美しい芝生を眺めながら、レベスタで飲むびーるは、やっぱり最高ですな。
たとえそれが、まだ午前中であろうとも。 (汗)
2月の午前中にしては、さほど寒くは無く、びーるの美味い季節が到来したようです。

さて、一息ついたら、スタジアム内を散策しましょうか。
どうやら、お好み焼き屋さんがあって、そこが大行列してるらしいと聞きつけ、偵察。
バクスタ裏の売店ゾーン、人が多くって、超混みこみ。
なおかつ、そのお好み屋さんの行列、長い・・・・・
期待して、列に並ぶ。
お店の様子を見ていたけれど、あー、これは手間がかかっているから、出来上がるまでに時間かかるなぁ。
並ぶことしばし、ようやくお好み焼きをゲット。

出来立て熱々のお好み焼き、うめぇ\(^o^)/
だから、おかわりしたびーるも、うめぇ\(^o^)/
と、シーズン開幕戦が始まるこの時間帯が、一年間で一番楽しいのかも。
今シーズン、どんな試合を見せてくれるのかなぁ。

やがて、選手があっぷのためにピッチ上に登場する時間に。
さて、体力面に不安はあるけれど、老骨にムチ打ってやりますか。

さて、大分戦であります。

開幕戦、たくさんのお客様を集めるには、いい対戦相手だ。
もしかしたら「昨シーズンはJ3」ってことで、油断してる人がいるかもしれないけれど、昨シーズン数試合見てた感じだと、攻守のバランスが取れていて、素直にいいチームだよ。
まぁ、大分との対戦では、過去いろいろとあったのかもしれないけれどもね、それはさておき。
J1復帰を目指す今シーズンの開幕戦、絶対に、勝とう。

そして、いよいよ、キックオフであります。

って、久しぶりで書きたいことがたくさんあるからとは言え、いくらなんでも、前フリが長すぎぢゃー

第01節 福岡 1-2 大分

個人的に、宮崎でのキャンプやトレーニングマッチの類を一切見ていないので、どのメンバーで試合に挑むのかさえも、想像できなかった状態での、開幕。
ほぉ、そうきたか・・・・・と言うのが、感想。

で、えーと・・・・・

一言で言えば、「消化不良」だな。

試合の入り方は良かったと思うし、前半守備はそこまで悪く無かったと思う。
ただ、失点の仕方はアレだったが。
とは言え、前半の最後、駒野のフリーキックが決まって追いついた時には、「後半、これで行ける」と、思ったんだけれども・・・・・

まぁ、逆転できそうな感じは、見られなかったかなぁ、残念ながら。
なので、「引き分けだと、御の字」と言う試合展開に。
そこで、しのぎ切りたかったところだけれど、後半のアディショナルタイムに、よもやのことが。

と言うことで、残念な敗戦。
試合終了直後は、釈然としない、もやもやとした感情が。
しかし、今落ち着いてみると、まぁ試合内容通りの結果だったのかなと。

と、もやもやしてるものの、個人的には、必要以上にネガティヴになることもなかろうと思う。
まぁ、我がチームは、毎年スタート時点での調子は、こんなもんだって。
今日まずかったところは反省してもらうとして、次の試合に期待しよう。

そして、自主トレもなしに、90分間飛び続ける体力があったのが、我ながら意外だった。
いつもだったら、開幕戦は毎回途中でへばっていたのに。 (汗)

試合結果に一喜一憂する、毎週末が楽しみな時期が、今年もやってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

その他サッカーなど 2004年 | その他サッカーなど 2005年 | その他サッカーなど 2006年 | その他サッカーなど 2007年 | その他サッカーなど 2008年 | その他サッカーなど 2009年 | その他サッカーなど 2010年 | その他サッカーなど 2011年 | その他サッカーなど 2012年 | その他サッカーなど 2013年 | その他サッカーなど 2014年 | その他サッカーなど 2015年 | その他サッカーなど 2016年 | その他サッカーなど 2017年 | ひたすら愚痴る | むかしやってた企画 | もぶろぐ 2004年 | もぶろぐ 2005年 | もぶろぐ 2006年 | もぶろぐ 2007年 | もぶろぐ 2008年 | もぶろぐ 2009年 | もぶろぐ 2010年 | もぶろぐ 2011年 | もぶろぐ 2012年 | もぶろぐ 2013年 | もぶろぐ 2014年 | もぶろぐ 2015年 | もぶろぐ 2016年 | もぶろぐ 2017年 | 中身の無い日記 2004年 | 中身の無い日記 2005年 | 中身の無い日記 2006年 | 中身の無い日記 2007年 | 中身の無い日記 2008年 | 中身の無い日記 2009年 | 中身の無い日記 2010年 | 中身の無い日記 2011年 | 中身の無い日記 2012年 | 中身の無い日記 2013年 | 中身の無い日記 2014年 | 中身の無い日記 2015年 | 中身の無い日記 2016年 | 中身の無い日記 2017年 | 遠征記 2004年 | 遠征記 2005年 | 遠征記 2006年 | 遠征記 2007年 | 遠征記 2008年 | 遠征記 2009年 | 遠征記 2010年 | 遠征記 2011年 | 遠征記 2012年 | 遠征記 2013年 | 遠征記 2014年 | 遠征記 2015年 | 2004年 J2福岡 (その他) | 2004年 J2福岡 (試合) | 2005年 J2福岡 (その他) | 2005年 J2福岡 (試合) | 2006年 J1福岡 (その他) | 2006年 J1福岡 (試合) | 2007年 J2福岡 (その他) | 2007年 J2福岡 (試合) | 2008年 J2福岡 (その他) | 2008年 J2福岡 (試合) | 2009年 J2福岡 (その他) | 2009年 J2福岡 (試合) | 2010年 J2福岡 (その他) | 2010年 J2福岡 (試合) | 2011年 J1福岡 (その他) | 2011年 J1福岡 (試合) | 2012年 J2福岡 (その他) | 2012年 J2福岡 (試合) | 2013年 J2福岡 (その他) | 2013年 J2福岡 (試合) | 2014年 J2福岡 (試合) | 2015年 J2福岡 (その他) | 2015年 J2福岡 (試合) | 2016年 J1福岡 (その他) | 2016年 J1福岡 (試合) | 2017年 J2福岡 (その他) | 2017年 J2福岡 (試合)