2017年8月18日 (金)

第28節 福岡VS長崎

はい、前回のホームゲーム山形戦のところのラストに書いていた、

さて、次のホームゲームは、中旬の平日ナイトマッチか。 スーツ姿で駆けつけて、汗だくで観戦コースとなる予定・・・・・

のとおり、汗だく観戦コースでしたよ。

わが職場、カレンダー通りの営業なんで、月曜日から通常営業。
しかし、世間一般は「ボンヤスミー」なんで、嬉しいことに仕事量は少ないですわなぁ。

と言うことで、試合当日。
この日のお仕事もたいそうヒマでして、17時30分、職場の脱出に成功。
職場から直行、車を飛ばして新O牟田駅へ。
平日だから空いている駐車場に車を止め、「日帰り往復の割引切符」を購入し、いつものように乗客が大勢いる駅から、17時56分に出る新幹線に乗車。
コンセントからスマホの充電をするも、約30分では対して充電もされず、18時28分、あっという間に博多駅に到着。
(あっという間に着いてくれなきゃぁ困るが)

博多駅は、ボンヤスミーゆえ、人が多い。
人込みをかき分けてダッシュしたけれど、新幹線の一番後方の車両から地下鉄への、4分乗継に失敗。
次の電車をもああって、乗り込む。

18時37分、福岡空港駅に到着。
またもやダッシュで、シャトルバス乗り場へ。
おかげで、出発寸前のバスに、無理やり隙間を見つけて乗り込む。

で、レベスタに到着し、バスを降りたタイミングで、ノブリュウの「ウェルカムザプレイヤー」の声が聞こえてきた。
メイン側から入ったら、ごる裏は通りにくい状況だろうから、バクスタ側から入場。
いつもの場所に到着したタイミングで、キックオフの笛が鳴る。

ギリギリ、セーフや。

さて、長崎戦であります。

1stの試合は、苦労しながらも、坂田のゴールで勝利。
この時期からプレッシャーをかける意図はまったくないんだけれども、長崎、名古屋と続く、上位チームとの夏場の連戦、今シーズン最初で、もしかしたら最大のヤマ場となりそうな感じ。
毎回、長崎相手にはなぜか苦戦してしまうんで、今回も、かなりタフな試合になりそうやな・・・・・

第28節 福岡 0-1 長崎

むむむっ

すんません。
冒頭に書いたとおり、今回はスーツ姿での参戦。
しかも、到着した瞬間に試合が始まったということで、気持ちがイマイチ乗ってない。
キックオフからしばらく、エンドが逆になってることに気付かなかったくらいだったからなぁ。
なので、この試合、ごる裏で座っての観戦だった。

飛ばない試合は、こうなってしまうのかなぁ・・・・・

それにしても、長崎相手だと、点が取れんな。
それに、あのコーナーキックは、キックの精度からしてしょうがないとしても、90分間でシュート打たれた本数2本っていう数字からしても、やられた印象がまったくないんだけれども、それでも勝てないのか。

ってか、この時期の連戦って、体力を消耗してるだろうし、しんどいよね。
決して選手層が分厚くはないというのが、こういう時に影響が出る。

さて、次、ウェリントン抜きでの、アウェイ名古屋か。
まぁ、いつもと戦い方が変わるんだろうけれども、それがいい方向に出てくれるかもしれないからな。
こういう時に、状況を打開してくれる選手が出てきてくれると、嬉しい
期待しておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月14日 (月)

第27節 京都VS福岡

京都での、アウェイナイトマッチ。

8月の中旬にぽこっと出来た祝日。
翌日は普通にお仕事だったんだけれども、18時キックオフだと、最終の新幹線で家に帰って来ることができる。
なので、”頑張ったら”遠征可能。

ここで、頑張れないのが、トシを取ってしまった証なんだよなぁ・・・・・

8月の京都、暑いというのがわかりきっているところに、日帰り。
体力的にも財力的にも、かなりハード。
となると、行くのをためらってしまい、つい。。。。。

と言うことで、この試合、遠征はパス。
その代わりに、九州内で試合をやっているところに見に行こうと、青春18きっぷを使用しての、長崎行きを計画していた。
していたんだけれども・・・・・

部屋でエアコンをがんがんにきかせていたおかげで、夏風邪を引いてしまった。
長崎での試合、チケットは購入していたが、鈍行列車で何時間もかけて行く試合ではない。
チケット代は惜しいけれど、ここで無理をしたら、次節以降の参戦計画にも響く。

結局、この日は終日、自宅で寝て過ごしておりました。
なので、試合が行われていた時間も、寝ていて・・・・・

さて、京都戦であります。

1stの試合は、試合早々に山瀬がゴールを決めての、快勝。
この試合にも勝って、シーズン2勝して欲しいところ。
あまりいい思い出のない西京極で、素晴らしい試合を見せてくれることに期待しよう。

と言うことで、キックオフであります。

第27節 京都 0-1 福岡

ばんざーーーい。

前述のとおり、試合時間中はぶっ倒れていたんで、試合結果を知ったのは、翌日の朝になってからであります。
そんなわけで、前節みたいに、ついったのTL情報すら追っていないんで、試合結果以外については、何もかもがわかんないっす。
なので、試合の内容については、何も書けない。

ただ、夏の西京極で、勝ったのかぁ。
そして、シーズンダブル達成かぁ。
と思うと、感慨深いものはありますね。
そして、毎度の1-0の試合って、文字情報を見ているだけでも、しびれるわぁ。

見ていない試合については、何も書くことが出来ないから、この程度で。

試合後の、あの焼肉屋さんに行けなかったのは、非常に残念や。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 7日 (月)

第26節 町田VS福岡

町田での、土曜日のアウェイナイトマッチ、行きたかったけれども、がまんがまん。

スケジュール的には可能だったんだけれども・・・・・
・この後のアウェイ遠征予定と、財布の中身とを勘案して
・はしごで参加する目ぼしいイベントが何も見つからなかった
以上二つの理由により、この試合の遠征は、お見送り。
お金をかける以上は、「サッカー観戦だけのための」遠征は、基本的にはやりたくないので。

と言うことで、この試合が行われていた時間帯、ワタクシはレベスタでラグビーを見ておりました。
目の前の試合を一応注視していたんで、この試合の途中経過は、入ってこず。

さて、町田戦であります。

1stの試合は・・・・・・・・
記憶からは、消去した。 (汗)
まぁそんなわけで、過ぎ去ってしまったことはしょうがないとしても、ワンシーズンで、同じ相手に二度やられるのは、絶対に避けなければいかんぞ。
と言うことで、この試合、絶対に勝つ。

と言うことで、キックオフであります。

第26節 町田 0-1 福岡

うん、まずは一安心。

福岡空港ターミナルのベンチに座って、TLを追いかけて、勝利の報を知ったのが、試合が終わって10分くらいしてから。
TL情報なんで、どんな試合だったかについては、文脈を読み取るしかない。
そんなわけで、文字情報しか得ていないし、試合結果をさくっとチェックしただけなんで、途中経過も何も、わかんない。
なので、試合の内容については、何も書けないっす。

ただ、この試合、えらくたくさんの人がアウェイ側スタンドに集結したとのことで。
その光景は、見たかったなぁ、体験したかったなぁ。

見ていない試合については、何も書くことが出来ないから、この程度で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 2日 (水)

第25節 福岡VS山形

はい、今回は、午前中絶賛お仕事中でした。

と言うことで、13時にお仕事終了。
いったん家に帰って、着替えて荷物を持って、O牟田駅へ。
14時40分発の快速電車に乗って、出発。

博多駅に到着。
で、先週に引き続き、暑さをしのぐため、まっすぐにシャトルバス乗り場のほうへ行くのではなく、いったんバスターミナルビルの書店に向かう。
1時間ほど滞在するも、1週間前に来たばかりだから、特段購入したくなるような書物は無し。
で、ついでにコンビニで2リットル入りの水のペットボトルを購入してから、ようやくスタジアム行きのシャトルバスに乗車するという、まんま前週とまったく同じ時間に同じ動きをするという。

17時ごろ、レベスタに到着。
先週と到着時間が若干違うのは、博多駅からの道路の渋滞具合だけやな。

で、今回、コスパ高いと聞いて、バクスタの売店でピザパーティーセットを購入。
あ、このピザうめぇ\(^o^)/
この取り合わせだと、びーる欲しいな。(汗)
あとは、あっぷに出てきた選手たちを出迎えて、マジメにあっぷの風景を眺める。

さて、山形戦であります。

1stの試合は、アウェイまではるばる見に行った試合は、スコアレスドローながら、なかなかの好ゲーム。
で、相手は前節、湘南相手にかなりいい試合をやったようで、気持ちを引き締めて戦わないと、やられてしまう。
夏場の暑い時期、かなりタフな試合になりそうやな・・・・・

第25節 福岡 2-0 山形

ばんざーい。

後半開始早々、ウェリントンの豪快なボレーが炸裂。
いやぁ、素晴らしい。
ジウシーニョのヘッドでの折り返しを含めて、完璧な形でのゴール奪取。
あれを見れただけでも、入場料の元が取れましたわ。 (年パス持っとるが)
そして、速攻からの石津の追加点。

いやぁ、この試合、2点ともに気持ちのいいゴールだ。

そして、この試合。
先発のドゥジェ、途中出場の仲川、ともにいい働きで、勝利に大きく貢献。
我がチーム、決して選手層が厚くはないと思っているんで、新戦力がさっそくお仕事をしてくれるのって、これは大きいな。

と言うことで、危なげなく快勝。
いやぁ、いい試合だった。

あとは、観客数やね。
夏休み期間中の土曜日ナイトマッチと言うこともあるし、せっかくいい試合をしているんだから、一万人は超えたいところですね。

さて、次のホームゲームは、中旬の平日ナイトマッチか。
スーツ姿で駆けつけて、汗だくで観戦コースとなる予定・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月27日 (木)

第24節 福岡VS徳島

日曜日のナイトマッチですな。

午前中は、涼しい自宅でのんびりと過ごす。
で、車を新O牟田駅の駐車場に止めて、14時半の新幹線に乗って、出発。
・・・・・いや、特段急いでいたからでも、お金が余っているからでもなく。
この日、わが街の中心部では、お祭りがおこなわれていおて、駐車場がおそらく使用できないであろうことを、自宅を出てから、気づいたのよ。
気づいた時にはもう、車で自宅を出てしまっているから、やむをえず、新O牟田駅に向かったと言う。

なので、15時には、博多駅に到着。
もちろん、まっすぐレベスタに向かったら、開門時間にちょうど間に合うタイミング。
しかし、このくそ暑い中、早くから行ってもなぁ・・・・・
と思うと、つい足は、書店のほうに向かう。
1時間ほど滞在し、まにあっくな書籍を複数購入して、ついでにコンビニで2リットル入りの水のペットボトルを購入してから、ようやくスタジアム行きのシャトルバスに。

16時半過ぎ、レベスタに到着。
うむ、やはり、あづい・・・・・

グンマーのお土産を配給しつつ、バクスタ裏の売店でめぼしいものを求めて冷やかしつつ、過ごす。
それにしても、「酒を飲まない」となると、食べたくなるようなものが、ほとんどないんだなぁ。
普段から飲まない人って、スタジアムで、なにを食べているんだろか?

やがて、選手たちがあっぷのためにピッチ上に登場する時間になり・・・・・
そのころワタクシは、バクスタ裏の日陰で、ぐだ~っと。
なんだか、イマイチ気持ちが乗ってないぞ。

さて、徳島戦であります。

1stの試合は、アウェイで後半逆転負けを食らう。
正直言って、しんどい試合だったな。
昇格争いをしているライバルに対して、シーズン2敗は、よろしくない。
と言うことで、今回はリベンジを果たさなければならぬ。

第24節 福岡 0-1 徳島

う・・・・・ん

前半から感じていた、徳島のサッカー面白い。
で、結局はやられてしまったな。
まぁ、相手にはそんなに決定的な場面は多く与えていなかったと思うし、公式記録を見てもシュート打たれていないし、失点したシーン以外に大きく崩されたこともなかったとは思う。
そう思うんだが、だからと言って、うちにも勝機があったのかと言われれば・・・・・

残念ながら、試合内容的に、妥当な結果だったのかなぁと。
うん、実に悔しい負け方や。

ま、多く言われているから今さら感もあるけれど、得点を取りに行くバリエーションがなさすぎですわ。
頑なにサイドからクロスを上げようとしているけれども、たまには目先を変えることもしないと、ねぇ・・・・・

そんなわけで、なかなかしんどい試合でした。
ちょっとこれは困った事態だぞ、試合後にそう感じてしまい、帰りの足取りも軽やかとはいかず。
とは言いつつ、帰りに食べたらーめん美味かった。
・・・・・だから、体が重くなって足取りも重かったんや。 (汗)

簡単ではあるけれど、今回はこんなところで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月21日 (金)

第23節 群馬VS福岡

群馬に行ってきました。

ここの遠征は、今シーズンの日程が発表された時点で、行くことを決めていた。
連休の中日、前後に観光を挟んで、最大限にグンマーを満喫できる。
これは、行くしかないでしょ。

と言うことで、張り切って前日入りし、試合当日は、朝から「鉄」三昧。
エアコンが聞いている電車の中で、昼間を過ごす。
で、スタジアムに到着したのが、16時半。
しまった、時間の配分を若干間違えたか。
この試合は、開門時間が17時半、なので時間を持て余す。

なのでさっそく、スタジアムグルメゾーンへ突入。
前回来た時よりも、さらに充実しているんじゃないかな?
「永井食堂のもつ煮」を販売しているが、後日お店に行く予定なので、ここはスルー。
で、購入したのが、ここに来た時のマストバイ、登利平の鳥めし弁当、しかも高級な「松」のほうを。

いつものように、美味いヽ(´▽`)/

あとは、焼きまんじゅうをいただきましょう。
お酒を飲まないと、食べるものも変わっちゃうなぁ。
ってか、ここしばらく「炭水化物抜きダイエット」に励んでいるのに、このスタジアムでは、炭水化物しか食っていないではないかっ!

ようやく開門時間になり、入場。
暑いんだけれども、ぱらっと雨が降ったからなのか、群馬にしては、そこまで気になる暑さではない。
なので、そこまで戦いにくいコンディションではなさそう。
ただ、それでも喉は乾くので、水ごくごく。
あとは、かき氷を所望。

で、日程がよかったということで、この試合、アウェイ側に予想外に多くの人が入った。
こんなに多くの人数がいたら、雰囲気も良くなる。
最近なんだか、関東アウェイ、いいよね。

さて、群馬戦であります。

1stの試合は、なすすべもなく完敗。
同じことを繰り返してはいけない、その時の借りを返さなければならんぞ。
なので、この試合、絶対に勝ちたい。

そして、いよいよ、キックオフであります。

第23節 群馬 1-3 福岡

うん、OK。

前半は、リードして折り返したものの、若干すっきりとはしない感じ。
「特段の問題はないが、イマイチ決めきれない」と言う感じで、まぁいつものとおりと言えば、いつもの通り。

で、いやな予感と言うのは、こういう時に限って的中してしまうもので・・・・・
後半、さくっと追いつかれてしまう。

そこでの、勝負の二枚同時替えが、効きましたね。
石津のファーストタッチによる勝ち越しゴール、そして、再三再四にわたる坂田の攻撃。
あれで、停滞気味だった雰囲気が、一気に変わったなぁ。
あとはもう、危なげない試合運びで、岩下のダメ押しゴールで、試合は決まった。

と言うことでこの試合、監督の采配成功ですね。

それにしても、この試合、アウェイゴール裏の雰囲気、よかったなぁ。
もちろん、「全員が跳んでいた」とか、そういうことではなく、それぞれの人が、それぞれのやり方で、福岡を後押ししつつ、一つにまとまっていたということで。

これで、天皇杯敗戦の嫌なムードは、払しょくできたかな。
このまま勝ち続けていこう。

はるばる群馬まで、行ってよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月14日 (金)

天皇杯3回戦 筑波大VS福岡

平日なんで、お仕事ですよ。

ってか、仙台戦だったら、むりくり仕事を定時で終わらせて、レベスタに駆けつける。
そう思っていたのに、なんでやー
なんで、仙台、負けたんやー
と思っていたら、そのブーメランはこちらにそっくりそのまま帰ってくることになるのだが。

と言うことで、この試合、BSで生中継。
まぁ、某公共放送局様からは、「そういう枠」として、とらえられていたんだろうな。
えぇ、注目の試合ですよ。

しかも、19時半キックオフと言うことで、試合開始時間が遅いのが、今回に限って、ありがたい。
ギリギリに仕事を終わらせることができ、自宅に滑り込み。
キックオフには間に合わなかったけれど、そこから数分遅れて、テレビの前に陣取る。

そして・・・・・

天皇杯3回戦 筑波大 2-1 福岡

・・・・・・・・・・

「ジャイアントなんちゃら」ではなく、普通に、実力での負けですな。
相手が強かった、ただ、それだけのことです。

なので、敗戦に対して、衝撃は受けなかったな。
90分間、相手ペースで試合が進んでいったからね、それを見ていたら、まぁこの結果もしょうがないかなと。
個人的には、ウチの選手に対して、「お前ら、それでいいのか?」とすら、思わなかったっす。

ということで、特段書くことは、ないですわ。

例年同様に今年も、見に行くことが出来ないまま、天皇杯が終わってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月10日 (月)

第22節 福岡VS金沢

久々の、土日連休であります。

で、土曜日。
ナイトマッチで、昼間は特に予定はない。
雨が降るかもと言う予報だったけれど、薄曇りでどうやら降らなさそう。
と言うことで、毎年この時期にやっているように、ふら~っと海にお出かけすることに。
真っ白なカラダだと貧相なんで、多少なりとも日焼けしようと言うことなんですわ。

電車を乗り継いで、12時過ぎに某海水浴場到着。
海開きはたぶんまだだろうから、人はまばら。
ワタクシも、泳ぐつもりはまったくなく、砂浜にビニールシートを敷いて、Zzzz…

薄曇りの中、2時間ほど過ごし、「対して焼けていないけれど、今日はこのまま天気回復しそうにないなぁ」と思い引き上げる。
ところが、帰宅して見たら、全身真っ赤、ひりひりと痛いんだから、あの程度で引き揚げて、よかった。

それはさておき。
博多駅に戻ってきた。
時刻は15時半を過ぎ、レベスタは開門時間になっているんだが、そのあとの予定も考慮し、某所で電源を拝借し、スマホをフル充電することに。
コーヒーを頂きながら、ぼーっと1時間ほど過ごし、ある程度充電されたところで、16時半のシャトルバスに乗り込む。

17時過ぎ、レベスタに到着。
最近、気合が足りていないのか、毎回遅れてスタジアム入りしているなぁ・・・・・
熱いから、かき氷をいただきつつ、試合開始を待つ。

さて、金沢戦であります。

1stの試合は、アウェイで快勝。
なんだけれども、どうやらここ数試合、調子がよさそうな感じ。
なので、油断は禁物。
後半戦のスタートの試合、ここで足元をすくわれないよう、確実に勝っていきたいところですな。

第22節 福岡 0-2 金沢

う・・・・・ん

完敗やね。
「なすすべもなく」とまで言うつもりはないけれど、ともかく、勝てるチャンスがなかったかなぁ。
ともかく、ちぐはぐ。
すべてのプレーが少しずつずれていて、なんともうまくいかない。
そこを改善しようと努力しているのかもイマイチ見えてこず、もどかしい。

そんなわけで、この試合結果は、残念ながら妥当だ。
まぁ、今回に関しては、相手の内容がよかったと言うしか、ないですわなぁ。
ただ、この試合のように、不利な状況になったとき、それを打開出来る方法について、いくつかの選択肢を持っておかないと、この先厳しくなるぞ。

これ以上書きたいこともなく、簡単ではあるけれど、今回はこんなところで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 7日 (金)

第21節 福岡VS岐阜

毎度いつも同じ書き出しで恐縮ですが、この日も絶賛お仕事中でしたわ。

午前中それなりにまじめに働き、13時にお仕事終了。
自宅に帰り、汗だくだったんでさっとシャワーを浴びてから、自宅を出発。
路線バスに乗ってO牟田駅へ。
バスが若干早着したのか、予定していなかったJRの快速電車に間に合ったので、久しぶりに、西鉄特急電車ではなく、JRで向かうことに。

博多駅に到着。
コンビニで大容量のお茶のペットボトルを購入して、バスターミナルへ。
ちょうどのタイミングでやってきたシャトルバスに乗って、レベスタへ。
・・・・・シャトルバス、ガラガラやなぁ。

と言うことで、キックオフの1時間半前、レベスタに到着。
それにしても、あづい・・・・・
試合が始まる前に、持参したお茶がなくなりそうや。
同じく、コンビニで購入した、カロリーが低そうなお菓子をボリボリかじって、試合開始を待つ。

さて、岐阜戦であります。

大木さんのチームだからなぁ。
難しい試合になるかもなぁと、若干いやな予感も。
ともかく、前半戦の最終戦、勝ってシーズンを折り返そう。
と言うことで、この試合、絶対に勝つ!

第21節 福岡 1-0 岐阜

うむ、一安心・・・・・

まぁ、結果的には「PKによる得点」1点のみだったけれども、ほぼ試合の主導権を握り続けることができた試合だったのかなぁと。
まぁ、あのPKは、見ていてなんとも微妙ではあったけれど。

しかしながら、なかなかしんどかった。
相手は、前節からしても、得点力があるチームだからね。
うん、恐い場面も、多々あった。
それでも、最終的には、きっちりと勝ちきることができるのは、いい感じやね。

さぁ、これで、前半戦を首位で折り返し。
申し訳ないながら、「想定していなかった」っというのが、率直なところ。
うれしい誤算ですな。
で、これからの夏場、プレイヤーの年齢層が高くってなかなかしんどそうではあるけれども、乗り切るぞー

簡単ではあるけれど、今回はこんなところで。

なお、なんで今回短いのかと言えば、試合途中から、某チームのマスコットの正式発表が気になっていて、スマホの画面に目をやる頻度が高くなって、イマイチ試合に集中出来ていなかったからであったりして(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月28日 (水)

第20節 愛媛VS福岡

土曜日のアウェイナイトマッチ、行けないですわなぁ。

まぁ、「試合終了後、松山観光港に直行して、小倉まで夜行フェリー、一夜明けて、小倉駅から新幹線で新O牟田駅、到着後職場に直行」っという手も、使えなくもないけれど・・・・・
これが、シーズン終盤の昇格がかかった大一番とかだったらまだしも、そこまで頑張って行く段階では、まだない。

なので、絶対に見に行けないとわかっていたから、この日はお仕事を入れていた。
たまにやってくる日曜日の勤務、どうせだったら、こういうタイミングで入れておきたいですね。

で、昼間は思いのほか多忙だったこともあり、仕事を片付けるのが遅くなり、帰宅したのは、19時半。
「あー、もう試合は始まっているなぁ」と思ってたら、試合開始時間を勘違いしていただけで、何と18時キックオフだった。
もう、終盤だわ。
どのみち、観戦する手段がないから、ついったのTLを、ネタバレしないように注意しつつ、試合開始時刻前の17時くらいまでさかのぼって、チェックしはじめる。

さて、愛媛戦であります。

さぁ、アウェイ愛媛、長らく行けてないなぁ。
条件的になかなか行きづらく、後押しする人間が少ないかもしれないけれど、首位固めをするためには、確実に勝っておきたい一戦。
油断することなく、勝ちに行きましょう。

と言うことで、キックオフであります。

第20節 愛媛 0-1 福岡

とりあえず、ほっとした~

TLを追いかけて、勝利の報を知ったのが、人よりも遅れて21時くらい。
そんなわけで、文字情報しか得ていないんだけれども、どうやらなかなか厳しい試合だったようで。
そんな厳しい試合で、試合終了間際に、三門が決めてくれたというのが、いいね。

おそらく、今までだったら、そのままスコアレスドローになっていたかもしれない試合で、勝ち点3をあげることができた。
これって、地力がついてきた証なのかなぁと、ポジティヴになってみたりする。

と言うことで、このまま勝ち続けて行こう。
なんせ、順位表的に、一つでも取りこぼしたら、あっという間に転落してしまいそうな、混戦模様だからね。

見ていない試合については、何も書くことが出来ないから、この程度で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

その他サッカーなど 2004年 | その他サッカーなど 2005年 | その他サッカーなど 2006年 | その他サッカーなど 2007年 | その他サッカーなど 2008年 | その他サッカーなど 2009年 | その他サッカーなど 2010年 | その他サッカーなど 2011年 | その他サッカーなど 2012年 | その他サッカーなど 2013年 | その他サッカーなど 2014年 | その他サッカーなど 2015年 | その他サッカーなど 2016年 | その他サッカーなど 2017年 | ひたすら愚痴る | むかしやってた企画 | もぶろぐ 2004年 | もぶろぐ 2005年 | もぶろぐ 2006年 | もぶろぐ 2007年 | もぶろぐ 2008年 | もぶろぐ 2009年 | もぶろぐ 2010年 | もぶろぐ 2011年 | もぶろぐ 2012年 | もぶろぐ 2013年 | もぶろぐ 2014年 | もぶろぐ 2015年 | もぶろぐ 2016年 | もぶろぐ 2017年 | 中身の無い日記 2004年 | 中身の無い日記 2005年 | 中身の無い日記 2006年 | 中身の無い日記 2007年 | 中身の無い日記 2008年 | 中身の無い日記 2009年 | 中身の無い日記 2010年 | 中身の無い日記 2011年 | 中身の無い日記 2012年 | 中身の無い日記 2013年 | 中身の無い日記 2014年 | 中身の無い日記 2015年 | 中身の無い日記 2016年 | 中身の無い日記 2017年 | 遠征記 2004年 | 遠征記 2005年 | 遠征記 2006年 | 遠征記 2007年 | 遠征記 2008年 | 遠征記 2009年 | 遠征記 2010年 | 遠征記 2011年 | 遠征記 2012年 | 遠征記 2013年 | 遠征記 2014年 | 遠征記 2015年 | 遠征記 2017年 | 2004年 J2福岡 (その他) | 2004年 J2福岡 (試合) | 2005年 J2福岡 (その他) | 2005年 J2福岡 (試合) | 2006年 J1福岡 (その他) | 2006年 J1福岡 (試合) | 2007年 J2福岡 (その他) | 2007年 J2福岡 (試合) | 2008年 J2福岡 (その他) | 2008年 J2福岡 (試合) | 2009年 J2福岡 (その他) | 2009年 J2福岡 (試合) | 2010年 J2福岡 (その他) | 2010年 J2福岡 (試合) | 2011年 J1福岡 (その他) | 2011年 J1福岡 (試合) | 2012年 J2福岡 (その他) | 2012年 J2福岡 (試合) | 2013年 J2福岡 (その他) | 2013年 J2福岡 (試合) | 2014年 J2福岡 (試合) | 2015年 J2福岡 (その他) | 2015年 J2福岡 (試合) | 2016年 J1福岡 (その他) | 2016年 J1福岡 (試合) | 2017年 J2福岡 (その他) | 2017年 J2福岡 (試合)