2017年6月19日 (月)

第19節 福岡VS名古屋

はい、この日も絶賛お仕事中でした。

午前中まじめに働き、結果予定通り、13時ちょい前にお仕事終了。
急いでレベスタに駆けつけたら、キックオフには間に合わないけれど、前半の途中から、観戦することができる。
と言うことで、自宅に帰り、荷物を引っかけて家を飛び出し、車を飛ばして新幹線の新O牟田駅へ。

・・・・・3か所の駐車場が、すべて満車だ!

この時点で、家に帰ろうかと思いましたわ。
この試合は、地上波テレビで生中継をやっているんで、自宅でそれを観戦したほうがいいかもと考えて。
と、迷っていたタイミングで、運よく1台出庫してきそうな様子が。

空きました。
車を止め、ダッシュで駅に向かい、券売機で「日帰り往復切符」を買い、ホームに駆け込む。
なんとか、間に合った。

13時30分前の新幹線に乗ったら、博多駅到着が、14時。
駅構内をダッシュし、14時7分の地下鉄に乗車。
福岡空港駅に到着したら、これまたダッシュで、4番出口へ。
いざ、近距離だけれど、タクシーを捕まえて!

・・・・・こんな時に限って、タクシーが止まってない。
しょうがないから、路線バスに乗り、東平尾バス停で降り、そこからダッシュ。

結果、レベスタに滑り込んだのは、14時32分。
タクシーに乗れなかった分、想定よりも10分ほど遅れてしまった。

さて、名古屋戦であります。

前半戦、最大のヤマ場ですね。
昇格争いをするうえで、間違いなくライベルでなるであろうチーム、なおかつ、ずっと勝てていないチーム。
と言うことで、この試合に勝ったら、当面のライバルを蹴散らしたということで、ますます勢いがつく。
なので、この試合、本当に大事や。
絶対に、勝て!

第19節 福岡 3-1 名古屋

\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

スタジアムに滑り込んだ時点で、1点のビハインド。
で、正直言って、前半が終わった時点での感想は、「つまんない」の一言。
ウェリントンがいないのに、前にポンポン蹴るサッカーをやっていて、そして、機能していない。
これは、後半どう対処すべきなんやろかと、思っていたら・・・・・

押谷の一発レッドで、一気に流れが変わり、そして、坂田と石津の2枚替えで、完全にこっちのものに。
いやぁ、こんなことって、あるんだなぁ。
同点に追いつくゴールを決めたのが、その石津。
で、その後に投入された城後が、逆転のゴールを挙げる。
そして、ダメ押しの石津2点目。
その3つのゴールの、すべてが美しかった。

こんな、絵にかいたようなシナリオが、現実のものとなろうとは。
こっちの想像力を超えてくる試合って、そんなにあるわけではないけれど、一年に一度もないくらいの頻度で、たまにあるよね。
そういう、好きゲームに当たってしまった。

まぁ、相手が一人少なくナットことによる数的優位は、もちろんあったけれど、監督の采配、システム変更策が、よかったっすね。
そしてそれを可能としているのが、冨安の存在なんだろうなぁ。
この試合、唯一注文つけるとすれば、「ゴール前に来たら、シュート打ってもいいんだぞ~」

はい、今シーズンのベストゲーム認定。
自宅でテレビ観戦でなく、スタジアムに見に行ってよかった、駐車場が空いて、本当によかった。
そういうところも含めて、この試合は、勝つようになっていたんだろうな。
と、どこまでもポジティヴになれる試合だ。

それにしても、対名古屋戦のレベスタでの勝利って、2000年以来?
もはや、「うっすらと覚えているような、覚えていないような・・・・・」と言う感じで、忘却のかなたやなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月13日 (火)

第18節 千葉VS福岡

千葉に行ってきました。

ここの遠征は、今シーズンの日程が発表された時点で、行くことがほぼ確定。
土曜日の昼開催、そして、おそらく勤務シフト的に休みな時の。
ということは、土日の二日間を、最大限に有効活用できる。

それに、千葉は、久しく行けていないからね。
と思って、今調べてみたら、2014年以来3年ぶり。
案外最近行ってたんや・・・・・

それはさておき。

実は前日入りしてしまっていて、朝張り切ってホテルを出発。
連泊するということで、重たい荷物は全部ホテルの客室に置いて行ったんで、ホテルを出る時点で、レプリカユニフォーム着用に、タオルマフラーを巻いている格好で、とーきょうのわりかし都心部を闊歩。
っていうか、他には何も持たず、手ぶらで。

京葉線の沿線にホテルを取っていたから、蘇我駅まではダイレクト。
蘇我駅からテクテク歩いて、フクアリに到着したのは、ちょうど一般入場がはじまった時間だった。
うむ、計算通りや。

スタジアムに入場して、荷物を下ろしたら、スタジアム内を半周して、スタジアムグルメゾーンへと向かう。
それでは、さっそく・・・・・

枝豆うめぇ\(^o^)/

ここにきて、ソーセージだと面白くないなぁと思い、結果選んだのが、焼き鳥と枝豆のセット。
1,000円也。
焼き鳥も枝豆も、美味い。
できれば、びーるといっしょに、いただきたかったなぁ・・・・・
それにしても、ここは本当に、いいスタジアムだ。
観客席からピッチも大変見やすいというハード面に加え、スタジアムグルメゾーンの作り方もうまいよね。
まだ入場する前の人、いったん入場してしまった人、両方とも購入することができる、実に頭のいい配置。

で、日程と時間がいいからなのか、首位ということもあるからなのか、今回、アウェイ側にかなり多くの人が集まった。
実にいいことだ。
これだけの人数がいたら、選手たちに力強い後押しができるだろう。

さて、千葉戦であります。

順位的には注意だけれども、やっているサッカーは、個人的にキライではない。
ウチは、フクアリでは勝てていないということもあり、ここは要注意や。
首位の座を明け渡さないために、絶対に勝たなければならない。
この試合、とても大事だ。

そして、いよいよ、キックオフであります。

第18節 千葉 0-0 福岡

え~と、う~んと・・・・・

面白い試合だったっす。
個人的には、不満はほぼない。
もちろん、勝ちたかったという気持ちはあるんだけれども。

相手のラインが高かったから、ウェリントンへのパスが、ことごとくオフサイドを取られてしまい、イマイチこちらのペースに持ち込めなかった。
まぁ、それは千葉相手だったらわかっていたことで・・・・・

と、試合の序盤若干苦しんだものの、システム変更が功を奏し、徐々にこちらの攻撃もよくなってくる。
で、フィニッシュまでは行くんだけれども・・・・・
相手ゴールキーパーが、よかったな。
まぁ、そこを上回る攻撃ができなかったというのは、あるとしても。

結果、スコアレスドロー。
まぁ、アウェイだし、あのコンディションだったし、この結果は前向きに受け取っていいんじゃなかろうかと。
何より、見ていて面白かったから。
次節、ウェリントンの累積欠場が、痛いけれどな。

ということで、この試合、見に行ってよかった。
アウェイ遠征は、やっぱり楽しくって、やめられないですなぁ。

砂ぼこりのアクシデントを含め(汗)
髪の毛もレプユニにもタオマフも、ホテルに戻ってみたら、どろっどろやったで。
その点だけが、不満だわぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 7日 (水)

第17節 福岡VS讃岐

はい、絶賛お仕事中につき、この試合も見ていませんですよ。

当初のもくろみでは、いい感じに定時で仕事が終わったら、高速道路を車でぶっ飛ばせば、後半開始に間に合うか間に合わないかのタイミングで、レベスタに到着しそうと考えていた。

問題は、そのタイミングで到着して、駐車場があいているかどうか。
こればっかしは、厳しいだろう。
で、「福岡空港の有料駐車場に回され、そこからタクシーで」レベスタ入りしていた暁には、後半20分過ぎの登場とかになりかねない。
いくらシーチケとは言え、それではちょっと費用対効果が・・・・・

それに、地上波生中継されるんで、自宅に帰ってテレビ観戦だと、冒頭から見ることができそうだし。
と考えたら、行くかどうか、五分五分な気持ちのまま、試合当日を迎える。

で、試合当日。
案の定、残業に突入してしまう。
昼過ぎにお仕事が終わって、試合の途中経過をチェックしてから、帰宅。
テレビの電源を入れたタイミングで、ちょうど試合終了だったという。 (汗)
今年に入って、「試合の結果をシャットアウトして、情報を一切知らないまま、録画していた試合を見る」ってことを一切やっていないんで、しくじった。
あと5分こらえていたら、「試合の最終結果を知らないまま、録画観戦スタート」ってのもできたんだけれども。

さて、讃岐戦であります。

個人的には、苦手意識は持っていないんだけれども、レベスタでは、勝てていないらしいっすね。
なかなかいやな対戦相手だけれども、ずるずると前節の敗戦を引きずることなく、悪いイメージを払しょくするには、きっちりと勝利をおさめなければならぬ。
難しい試合だけれど、勝ってくれよ~

と言うことで、キックオフであります。

第17節 福岡 3-1 讃岐

よっしゃよっしゃ!

試合開始直後の、「わかっていても止められない」ウェリントンの先制ゴール以降、ほぼウチのペースで試合が進み、終始安心して見ていることができた試合でしたわ。
(それは、結果を知っていたからだ・・・)
まぁ、PKによる失点は余計だったけれど、それ以外は完ぺきだったのかな。

杉山のアクシデントは当然予定外だったけれど、急きょ投入という難しい仕事を、兼田がしっかりとこなしてくれて。
日頃の準備をきっちりとやっているからこそ、あの場面で投入されて、ゴールを守りきることができたんだろうね。
努力がきちんと報われて、個人的には、嬉しかったっす。
アクシデントは極力起きてほしくないんだけれども、アクシデントが発生した時の対応力を確認することができたのは、よかった。

他のチームの結果を受けて、これで、単独首位ですかぁ。
もちろん、まだまだ、順位云々を口にする段階ではないんで、淡々と、次の試合以降も勝っていくのみですな。

それにしても、こういう、素晴らしい快勝の試合、見に行きたかったなぁ。
なんでかなぁ、なんで仕事が定時に終わらんかったんやろか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 1日 (木)

第16節 福岡VS群馬

なぜか久しぶりの、ホームゲーム参戦になるのかな。

岡山戦はお仕事で欠席だったんで、4月末の東京V戦以来一か月ぶり。
その間に、アウェイには何試合か参戦しているので、「久しぶり感」は、あまり感じていなかったんで、今こうして、「一か月ぶり」って言う文章を書いていて、驚いたくらい。
なんだか、今シーズン、ホームゲームが続いたり、アウェイゲームが続いたりで、日程がイマイチいびつな気がするなぁ。

で、前のエントリでも書いてたとおり、諸事情により、気合を入れて開門時間に間に合うように現地に到着しても、時間を持て余すようになってしまった。
なので、自宅でうだうだすごしたのち、少し遅めの9時に自宅を出て、9時半前に出る西鉄特急電車に。
天神で、食料を調達。
カップに入った野菜サラダと、炭酸水の1リットルペットボトル。

久しぶりに、郵便局前からシャトルバスに乗り、レベスタに到着したのは、キックオフの1時間半前。

それでは、さっそく・・・・・

炭酸水うめぇ\(^o^)/

うん、ちっともテンション上がらんな。(汗)
その代わりに、「試合前に、眠たくなる」と言う事態も、発生せず。
ただ、テンションが上がらなかったからなのか、試合前にイマイチ気持ちが入らなかったのも、また事実であり。

この辺り、今後どうするか、考えなきゃいかんなぁ。

さて、群馬であります。

順位的には、下のほうにいるチーム。
ただし、えてして、こういう試合でやらかしてしまうのが、うちのチームの伝統芸。
なのでこの試合、油断は禁物ですぞ。
きっちりと勝って、連勝を伸ばしましょう。

と言うことで、キックオフであります。

第16節 福岡 1-3 群馬

はい、試合前に立ててたフラグは、自分で回収しましたですよ。( ´;ω;`)ブワッ

うーん、なんて表現したらいいんすかね?
打ったシュートの本数からわかるように、先制されてからも、まったく焦る気持ちはなく、「この試合、追いつける」という過信は、あったなぁ。
前半のうちに3失点してしまうという誤算も、前半のアディショナルタイムに1点取ったときは、「この勢いで、後半に逆転を」っていう流れになった、そう思ったんだけれども。

いや、群馬の守備、よかったですわ。
攻撃に柱ができてガラッとよくなったから、守備も構築しやすくなったんだろう。
一人の選手が加わっただけで、こうも変わるとは。
今になって思えば、熊本に見に行った時も、「このチーム、よくなる」って思って、そう書いていたんだよな。

ということで、完敗ですわ。
まぁ、今のこの段階で、こういう試合をやってしまったことも、いい勉強をさせてもらった。
あとになって振り返ってみて、そう言えるようにしなきゃいかん。
なので、この次の試合、大事やぞ。

またやり直しや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月24日 (水)

第15節 金沢VS福岡

と言うことで、金沢に行ってきました。

実のところ、当初は行くつもりではなかったんですわ。
試合前日の土曜日は、午前中は仕事の予定が入っていて、昼に自宅を出たとしても、金沢到着はどう頑張っても19時を過ぎてしまう。
そうなると、前夜は何もできず、ほぼ「試合を見に行くため」だけのアウェイ遠征になってしまう。

・・・・・「試合観戦以外の要素がまったくない遠征は、しない主義」なので。

それに、少し前に調べたところ、金沢市内のホテルも、料金がお高いところ以外は満室だったし。

ところが、直前になって、府と調べてみたら、ホテルに空きが出てたんですわ。
後先のことは考えずに、思わず抑えちゃいましたわ。
そこから旅程を調べる。
帰りのひこーきが満席だったから、往復割引を適用すべく、鉄路で行くことに。

と言うことで、試合前日。
仕事をサクッと終わらせて、新O牟田駅から、新幹線。
博多駅で乗り継いで、新大阪駅でサンダーバードに乗り換えて、金沢駅まで6時間の移動ののち、19時過ぎに到着。
いくら「鉄」でも、6時間の乗車は、さすがにしんどいですわ。
なので、深夜2時前には、ホテルに戻って、おとなしく就寝。

試合当日、少しだけ寄り道したあと、シャトルバスに乗車。
スタジアムに到着したのは、キックオフの1時間前。
計算通りですな。

それでは、さっそく・・・・・

水うめぇ\(^o^)/

断酒、ついでに、炭水化物抜き、油抜き、肉抜きのダイエットをはじめたがゆえ、スタジアムでいただくことが出来るものが、ほぼない件。
と言うことで、水のペットボトルが、どんどんなくなっていく。

そんなこんなで、あっと言う間に、選手たちがピッチ上に登場する時間帯に。
ごる裏の人数少なめだけれども、頑張ってみますか。

さて、金沢戦であります。

おそらくは、そんなに調子が出てなさそうな気がするも、絶不調ではなさそう。
なので、油断は禁物。
ここ数試合の連勝している勢いも利用して、きっちり勝とう。

そして、いよいよ、キックオフであります。

第15節 金沢 0-5 福岡

\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

相手には申し訳ないけれども、前半が終わった時点で、勝ちを確信できた試合と言うのは、かなり久しぶりやね。
そして、気持ちが緩んだワタクシとは対称的に、最後まで戦い、ゴールを重ねてくれた選手たちに、感謝。
なんと言ってもね、ボールが気持ちいいように繋がってくれるから、見ていて楽しい。
そして、分かっていても止められない、ウェリントンの先制ゴールに、石津の追加点、そして、松田力の2ゴールと、展開も申し分ない。

と言うことで、快勝。
アウェイに足を運んで、この内容でこの勝利は、嬉しいですね。
得失点差的にも、本当に大きいし。

アウェイ遠征は、やっぱり楽しくって、やめられないですなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月19日 (金)

第14節 湘南VS福岡

はい、アウェイでの平日ナイトマッチ、どう頑張っても行けませんですわ。
平塚、しばらく行けていないから、行きたかったなぁ。

いや、最終の北九州空港行きのSFJには辛うじて間に合うから、高速道路を車でぶっとばして帰れば、おうちにつくの深夜3時過ぎ。
だったら、出勤前に、3時間は眠れる。

・・・・・10年くらい前は、本当にこれをやったことあるんだよなぁ。若いって、いい。

と言うことで、試合が行われていた時間帯、仕事に励んでおり、夜日付が変わる頃に帰宅して、即ベッドへ。
いっさい情報をチェックしていないので、結局、試合の結果以外は、今に至るまで何もわからないのであります。

さて、湘南戦であります。

さぁ、首位攻防戦、シーズン前半の大一番がやって来ました。
平日アウェイで、後押しする人間が少なく、その点不利だけれども、この試合、絶対に負けられない。
直接対決で叩いて、上に行こう。

と言うことで、キックオフであります。

第14節 湘南 0-3 福岡

よっしゃよっしゃ!

聞いたところによると、前半押されっぱなしで、よくぞ3点も取って勝てたな、と言う感じだったようで。
まぁ、ネットから伝え聞いた話なんで、正しいところはわかんない。
でも、ともかく、勝てばok っす。
この勝ち点3は、非常に大きいぞ。

この勢いを持続させて、勝ち続けて行こう。
次の試合も期待していますぞ。

見ていない試合については、何も書くことが出来ないから、この程度で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月14日 (日)

第13節 福岡VS岡山

はい、絶賛お仕事中につき、この試合も見ていませんですよ。

夜、帰宅して家に帰ってきたのは、いつものように夜遅くなってから。
で、昼間いろんなことがあり、スポーツニュースをチェックする精神的な余裕もないまま、ベッドへ。
と言うことで、結局、試合の結果以外は、何もわからないのであります。

さて、岡山戦であります。

またまた、昇格争いをするうえでライバルになるであろうチーとの・・・・・
と思いきや、なかなか調子が出てなさそうな感じですね。
なんとなく相性もよろしくない印象だし、ここはひとつ、きちっと勝ちたいところですな。

と言うことで、キックオフであります。

第13節 福岡 1-0 岡山

よっしゃよっしゃ!

スタッツだけで判断すると、相手を圧倒していた印象なんだけれども、89分にウェリントンのゴールで勝ち越しって、ハードな試合ですね。
そんな試合で勝ち点3をあげたのは、素晴らしい。

連戦でコンディション調整が大変とは思うが、次の試合も期待していますぞ。

見ていない試合については、何も書くことが出来ないから、この程度で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月11日 (木)

第12節 松本VS福岡

はい、この試合、見ていませんですよ。

試合が行われた時間帯は、熊本におりましたので。
びーる飲んで、スタグル食って、実に忙しい時間を過ごしていて、試合経過を追うことなど、まったく出来なかった。
それはそれで、楽しい時間。

その後も、ハイライト映像すら見る余裕もなく、本日を迎えております。

さて、松本戦であります。

これまた前節に続いて、昇格争いをするうえでライバルになるであろうチームとの、直接対決ですね。
だからこそ、この試合、勝っておかなければならぬ。
「来れないやつ」なおかつ「見れないやつ」なんで、気になるけれど、こればかりはしょうがない。

第12節 松本 0-1 福岡

よっしゃよっしゃ!

とは言え、詳しいことは何も分かんないっす。
伝え聞くところによると、今シーズンのベストゲームだったらしいですね。
と、伝聞系でしか書くことが出来ないことが、悔しくもあるのです。

見ていない試合については、何も書くことが出来ないから、この程度で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 9日 (火)

第11節 徳島VS福岡

徳島に行ってきました。
この3連休、暦通りに仕事を休むことが出来たので、行くしかないよと。

で、徳島に行くんだったら、関西から高速バスに乗る方が便利なんだけれども、徳島でホテルが確保できず、探した結果新大阪泊まりになってしまい、往復同じ景色を見るのは味気ないと言うことで、瀬戸大橋経由の鉄路で行くことに。

試合当日、はりきって午前4時過ぎには、目が覚める。
6時に家を出て、自由席のチケットを買い、新O牟田駅を6時半頃に出る新幹線に。
博多駅、岡山駅、高松駅、池谷駅と乗り継ぎ、鳴門駅に到着。
無料のシャトルバスに揺られ、スタジアムに到着したのは、開門時間の30分前の、13時半。

って、書いていて初めて気づいた、7時間もかかったのか!
7時間かけたら、ひこーきを使ったら、北関東方面へも行けるぞ。
まぁ、「鉄」に乗ってるときは、どれだけ時間がかかっても飽きることない人なんで、まったく苦痛は感じなかったが。

と言うことで、早く着きすぎたけれども、だからと言って鳴門駅周辺に時間を潰せるポイントもなく、なので、しょうがないけれど、まだスタジアムに入場していないけれど・・・・・

びーるうめぇ\(^o^)/

あとは、スタジアムグルメで、名物っぽいものを、え~と・・・・・
このスタジアム、ずいぶん久しぶりに来たと思うけれど、なんとなく若干雰囲気が変わってるような気が。

やがて、入場開始時間に。
アウェイ側、案外人が多いな。
さすがに、連休中や、知ってる顔も多い。
そして、おかわりのびーるを求めて、スタジアムをぐるぐる回ったりしていると、時間はあっという間に過ぎていく。

そんなこんなで、あっと言う間に、選手たちがピッチ上に登場する時間帯ですよ。

さて、徳島戦であります。

前節に続いての、上位チームとの直接対決ですね。
監督変わって、選手を補強して、本当に怖いチームになってる。
しかし、ウチがひとつでも上の順位に行くには、負けられない。
気持ちいい試合を見せてほしいものであります。
そして、勝とう。

そして、いよいよ、キックオフであります。

第11節 徳島 2-1 福岡

う~ん・・・・・

前半のあの試合内容からして、後半の落ちようは、正直予測出来んかったわ。
まぁ、試合後の「前半のうちに、あと1・2点はとっておきたかった」と言う監督コメントは、終わってみたら、その通りだったね。

ともかく、前半見ていて楽しかった試合が、後半つまんなく感じたのは、正直なところ。
追い付かれてしまった後、再び勝ち越せそうな予感が、みじんも感じられなかったし。
なので、この結果は妥当なものだとは思う。
とは言え、この試合結果と試合内容は、ちょっとしんどいな・・・・・

まぁ、これ以上長々と書きたいような試合でもないから、今回はサクッと、この辺りで。

なんだけれども、アウェイ遠征は、やっぱり楽しくって、やめられない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 1日 (月)

第10節 福岡VS東京V

ものすごく忙しかった4月を乗り越えて、ゴールデンウィークに突入であります。
人生において、ゴールデンウィークって稼ぎ時って言うか、仕事的に多忙なことが多かったから、おそらく、四十数年間生きていて、今までで一番休日を満喫する連休になりそうな予感。

そんなわけで、休みの初日、さっそく寝坊。
目が覚めたら、8時半を過ぎていた。
慌てて出発のしたくを整え、そして15分後には、自宅を出る。
この日は、レベスタに向かう前に、買い物をしたかったので。

9時の路線バスに乗り、9時半前にO牟田駅を出る西鉄特急電車に。
それでも、天神に到着するのは、10時半。
当初の目論見では、10時の開店と同時に、お店になだれ込むつもりだったんで、30分の出遅れ。
その遅れを取り戻すべく、さくっと、マッチデイを保管するためのバインダーを購入。
これでもう10冊目くらいになるのかな?
大事な記録や記憶の保管として残しているけれど、これを保管するにも、結構場所を取るようになってきたなぁ。

続いて、博多駅に移動。
某ショップによって、ジョギング用のロングパンツを購入。
暑くなってきたから、軽くて体を動かしやすそうなものをチョイス。
ほんとは、「ハーフパンツにスパッツ」がよかったんだけれども、おっさんがその格好をするのは、若干イタイのかもと思い、泣く泣く断念

無事に買い物を終えたら、バスターミナルから、シャトルバスに乗車。
・・・・・乗客、少ないな。
若干の不安を感じながらも、レベスタに到着。
優先入場はとっくに開始しており、一般入場開始の直前。
うん、結果的には、ベストの時間帯に到着した模様。

それではさっそく、恒例のやつを。

びーるうめぇ\(^o^)/

ってか、ぽかぽか陽気を通り越して、暑いわ!
直射日光にガンガン、風も吹いてなく、もはや夏。
と言うことで、さっそく、さっき購入したジョギング用パンツに生お着替え。

そんなわけで、びーるを数杯いただいて、おうどんもいただいて、準備完了。
では、寝ましょう・・・・・
ではなく、もうすぐ試合、これからが本番や。

ってか、最近、試合前に酔いつぶれてしまってるパターン多いな。(汗)

さて、東京Vであります。

目下のところ、首位を走るチーム。
新しく迎えた監督が成功しているようで、絶好調なのか。
調子が良さそうな今、直接対決で勝っておきたいっすね。
この試合、ものすごく大事ですわ。

と言うことで、キックオフであります。

第10節 福岡 1-0 東京V

よっしゃよっしゃ!

今シーズンの今までで、ベストゲームかと。
相手に思うようなプレーをあまりさせることなく、いい感じに試合を進めることが出来たのではなかろうかと。

ゴールが決まったのは試合終盤。
あそこで完ぺきなクロスを上げることが出来ると言うのは、さすが、駒野。
ウェリントン、合わせるだけだったからね。
もちろん、そこにきっちりと合わせることが出来るのも、プロの技術である。

そんなわけで、ストレスフリー、何の不満もない試合だった。
欲を言えば、こんないい試合、観客数一万人は超えたかったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

その他サッカーなど 2004年 | その他サッカーなど 2005年 | その他サッカーなど 2006年 | その他サッカーなど 2007年 | その他サッカーなど 2008年 | その他サッカーなど 2009年 | その他サッカーなど 2010年 | その他サッカーなど 2011年 | その他サッカーなど 2012年 | その他サッカーなど 2013年 | その他サッカーなど 2014年 | その他サッカーなど 2015年 | その他サッカーなど 2016年 | その他サッカーなど 2017年 | ひたすら愚痴る | むかしやってた企画 | もぶろぐ 2004年 | もぶろぐ 2005年 | もぶろぐ 2006年 | もぶろぐ 2007年 | もぶろぐ 2008年 | もぶろぐ 2009年 | もぶろぐ 2010年 | もぶろぐ 2011年 | もぶろぐ 2012年 | もぶろぐ 2013年 | もぶろぐ 2014年 | もぶろぐ 2015年 | もぶろぐ 2016年 | もぶろぐ 2017年 | 中身の無い日記 2004年 | 中身の無い日記 2005年 | 中身の無い日記 2006年 | 中身の無い日記 2007年 | 中身の無い日記 2008年 | 中身の無い日記 2009年 | 中身の無い日記 2010年 | 中身の無い日記 2011年 | 中身の無い日記 2012年 | 中身の無い日記 2013年 | 中身の無い日記 2014年 | 中身の無い日記 2015年 | 中身の無い日記 2016年 | 中身の無い日記 2017年 | 遠征記 2004年 | 遠征記 2005年 | 遠征記 2006年 | 遠征記 2007年 | 遠征記 2008年 | 遠征記 2009年 | 遠征記 2010年 | 遠征記 2011年 | 遠征記 2012年 | 遠征記 2013年 | 遠征記 2014年 | 遠征記 2015年 | 遠征記 2017年 | 2004年 J2福岡 (その他) | 2004年 J2福岡 (試合) | 2005年 J2福岡 (その他) | 2005年 J2福岡 (試合) | 2006年 J1福岡 (その他) | 2006年 J1福岡 (試合) | 2007年 J2福岡 (その他) | 2007年 J2福岡 (試合) | 2008年 J2福岡 (その他) | 2008年 J2福岡 (試合) | 2009年 J2福岡 (その他) | 2009年 J2福岡 (試合) | 2010年 J2福岡 (その他) | 2010年 J2福岡 (試合) | 2011年 J1福岡 (その他) | 2011年 J1福岡 (試合) | 2012年 J2福岡 (その他) | 2012年 J2福岡 (試合) | 2013年 J2福岡 (その他) | 2013年 J2福岡 (試合) | 2014年 J2福岡 (試合) | 2015年 J2福岡 (その他) | 2015年 J2福岡 (試合) | 2016年 J1福岡 (その他) | 2016年 J1福岡 (試合) | 2017年 J2福岡 (その他) | 2017年 J2福岡 (試合)