2018年11月12日 (月)

第41節 福岡VS熊本

早いもので、今シーズンもリーグ戦ホーム最終戦ですね。

と言うことで、ワタクシも気合いを入れて参戦を・・・・・
と言うのが普通なんでしょうが。

この週末、イベントが重なっちゃったんですわ。
行きたいものには行きたいんだから、これはしょうがない。
極力出来るだけ多くのものに見に行きたいので。

と言うことで、試合前日。

14時までお仕事したあと、14時半の新幹線に乗って、まずは博多駅。
駅近辺で、ライジングのPVに参加。
ワンオーダー制だから、しょうがないから、しょうがないから、びーるを注文。
バスケの試合を見ながら、昼間っから飲むびーるうめぇ\(^o^)/
試合の方は、残念ながら敗戦。
出だしは悪くなかったと思うんだけれども、さすが栃木、強いですわ。

試合終了後、今度は高速バスに乗って、熊本市内へと。
友人にお誘いを受けて、ひさしぶりにクラブへと。
「よぉし、朝までオールするそ!」と言う意気ごみだったんだけれども・・・・・
10年前だったら平気だったんだが、年齢的な衰えには勝てない。
気がついたら、周りに若い子しかいなくなり、若干浮きぎみになったこともあり、2時半頃に引き上げることに。
と言っても、ホテルを取っている訳ではない。
なんとかネカフェに空きを見つけて潜り込む。
で、さっさと寝りゃいいものを、目の前に自由に使えるPCがあるものだから、ついいろんなものを見てしまい。
しかも、眠たいのに椅子席だから眠れずに、最後は床に寝転がってしまうという。

寝不足で、9時過ぎにネカフェを脱出。
交通センターから、9時半の福岡空港行きの高速バスに乗車。
ノンストップの天神行きを見送って、こっちに乗る人って、案外多いのね。
寝不足を取り戻すべく、高速バスの中では、熟睡。

熊本市内の渋滞の影響もあり、福岡空港に到着したのは、12時。
割りと長い行列の、スタジアム行きのシャトルバスに乗り継いで、レベスタに到着したのは、12時半過ぎ。
ちょっと、到着するのが遅かったかなぁ。

この日は、前述の通り、リーグ戦ホーム最終戦、しかも相手が近場の熊本と言うことで、たくさんのお客さんか。
ゆえに、スタジアムグルメゾーンは、どこも長蛇の列。
と言うことで、そうそうにびーるを諦める。
びーるが無いのは致命的だが、びーる抜きでいただく、タコライスうめぇ\(^o^)/

そんな訳で、選手たちのアップを眺めていたら、あっというまに時間が過ぎていきますね

さて、熊本であります。
1stの試合は、久しぶりの水前寺での開催、快勝だったんではなかろうか。
んで、この試合。
残留が掛かっている先方は、おそらく必死で来ることだろう。
なので、難しい試合になることも予想されるけれども、なんせこっちも、昇格が掛かっているからね。
絶対に勝たなければいけない状況は、双方とも同じ。
だったら、その気持ちが強いのはどちらなのかを、見せて欲しい。
そして、勝つのはこっちだからね。

と言うことで、キックオフです。

第41節 福岡 1-0 熊本

え~と・・・・・

ここ数試合、ずっと 「内容はともかくとして、とにかく勝て!」的なことを、毎回ここに書いている。
なので、自分の主張を一貫させようと思うので、この試合の内容については、触れないでおきましょうか。

となると、何を書きましょう。

前半の早い時間帯に、石津のゴールでサクッと先制したから、割りと前半は苦労しなかったのかなぁ。
後半、さすがに相手は必死に勝ちに来てるので、しんどい場面もあったけれど、総じて危なげなかったとは思う。
かくして、無事に勝利。

これで、リーグ戦は最終戦を残すのみとなりました。
岐阜に見に行くかどうかについては、お財布と相談と言うことで、たぶんお留守番になりそうな気配が。
遠征旅費をプレーオフ用に取っておくための、今回の遠征見送りなんで、絶対に勝ってこい。

残り試合の全部、絶対に勝つよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 8日 (木)

第40節 町田VS福岡

町田に行ってきました。

日程がいいから、この試合に遠征することは、早くから決めていた。
日曜日の試合終了後、急いで羽田空港に向かったら、家に帰ってくることができるし。
しかし、関東サポ主催の飲み会が試合終了後に開催されることになった。
当然ここには、参加したい。
なので、翌日の月曜日、有休を取得することに。

と言うことで、このアウェイ遠征は、土曜日に川崎戦、日曜日に町田戦を見に行き、飲み会に参加して帰る。
ただそれだけの、ネタ要素がゼロのアウェイ遠征になる。
そのはずだったんだよなぁ・・・・・

試合開催の数日前に、ついったに「男気コース」の案内が流れてきた。
過去の写真をチェックしたら、アウェイサポも参加していて、楽しそうや。
競争率がどれくらいになるのかわかんないけれども、参加してみるか。
と、軽い気持ちで、ぽちっ。

数日後、当選メールが届いたから、ネタ遠征になることが決定。

と言うことで、試合当日。

朝8時にホテルを出て、電車を乗り継いで、9時20分に鶴川駅に到着。
ここから野津田まで、歩いて向かいましょう。
町田サポやスタッフの方からいろんなお話を伺い、途中休憩をはさみつつ約2時間、天空の城に到着。
万歩計は6,800歩でした。
途中小雨に打たれたものの、歩いていてからだが温まっていたから、開門を待つサポーターの行列を眺めつつ、待ちきれずさっそく・・・・・
びーるうめぇ \(^o^)/

やがて、入場開始。
一息ついたら、食料を調達しにいったん外へ。
名物のカレー屋さんが遠かったから、近くに合ったお店で購入したけれども、その牛カルビパエリアが、うまかった。
大満足。

そんなわけで、試合前に一仕事終えて、大満足。
しかし、本番は、これからですよ。

さて、町田戦であります。
1stの試合は、リードしながらも、天敵中島にやられての、ドロー。
この悔しい借りは、今回返さなければならない。
ってか、相手がどうこう言う以前に、J1に戻るためには、もはや勝ち点はひとつたりとも落とせない状況。
どんな試合になってもいい、とにかく、勝て。
そのために、こっちも全力でサポートするから。

と言うことで、キックオフであります。

第40節 町田 2-1 福岡

・・・・・・・・・・

2点目を入れられた瞬間、ひざの力が抜けましたわ。
わかりやすいくらい、ガックシ来たな・・・・・

ええ、前半はよかったと思いますよ。
こっちのチャンスの数はなかったけれども、相手の攻撃を受けてはいたものの、大きく崩されはせず、いい緊張感で試合は進んでいたし。
そして、少ないチャンスから生まれた、城後の先制ゴール。
こういう時に決めてくれるのが、城後の城後たるゆえんだし、さすが頼りになる。

あとは、この1点を守り切るだけや。
そう思っておりました。
幸せな時間は、長くは続きませんでした。
やっぱり中島かよ・・・・・

追いつかれたものはしょうがない、再び勝ち越せばいいだけだ。
しかし、ねぇ・・・・・

まぁ、終わったてしまったことは、しょうがない。
他力本願の面は大いにあるんだけれども、残り試合のすべてに勝てば、まだまだ可能性はある。
ともかくウチができることは、勝ち続けるしかない。
次の試合こそは、勝つよ!

と書き続けて、何試合になったかしら。
とにかく、次こそは、勝つ!

それにしても今回、「・・・・・」の記述が多いな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月31日 (水)

第39節 福岡VS金沢

すっかり、秋ですね。
朝晩寒くなり、着て行く格好に頭を使ってしまう。

と言うことで、一枚多く着て、朝9時に家を出る。
西鉄電車で天神に出て、お買いもの。
スマホのバッテリーが寿命を迎えたため、先日機種変更をしたんだけれども、同時期にモバイルバッテリーもお亡くなりになられたので。
大容量のものを買おうとしたら、バッテリー本体とACアダプタは別々に売ってるのね。
新しいスマホはケーブルの規格も変わってて、組み合わせがわかんなくってしばらく悩む。

そんなわけで、購入するのに30分以上かかってしまったため、レベスタに到着したのは、12時半になってしまった。
むむっ、なんだか今日は、人が多いぞ。
観客が多いのは、素晴らしいことであります。

いつもの場所に荷物を置いたら、ちょうどお昼時なんで、食料を調達しに。
ついでに、びーるを購入してしまう。
試合終了後に飲み会だから、抑えておかなければいけないのに・・・・・

びーるうめぇ \(^o^)/

やがて、アップのために選手たちが出てくる時間ですよ。
ゴール裏は、気温は涼しいものの、ど晴天ゆえに直射日光がまぶしくって、この時期にもかかわらず、サングラスを取り出してしまう。

さて、金沢であります。

1stの試合は、アウェイで悪天候で難しいコンディションの中、逃げ切っての勝利。
スカッとした試合ではなかったのかもしれないけれども、個人的には、悪くない試合だったと思っている。
んで、いいコンディションで迎える、この試合。
これは、すっきりとした快勝で勝ち点3を積み上げるしかないでしょ。
しつこいくらいに繰り返しているけれども、勝ち続けるしかない状況だからね、今はとにかく、勝利を求めていく。
なので、この試合、絶対に勝つぞ。

と言うことで、キックオフです。

第39節 福岡 2-2 金沢

う~む・・・・・

なんだかなぁ。
この試合、勝てなかったのは痛い。

石津の先制ゴールは本当に見事で、そこも含めて前半20分近くまでは、よかったんだけれどもなぁ。
気が付いたら、相手選手への寄せが甘くなっていて、セカンドボールをことごとく拾い捲られている状態。
なので、追いつかれたのは、時間の問題だったのかもなぁ。
一旦は勝ち越されたものの、レオミネイロの、これまた技ありゴールで追いつき、これで勝てる、逆転のゴールや!

と言う流れには、なってくれなかったなぁ・・・・・
正直言って、相手の方がいいサッカーをやっていたと思う。
なので、勝ち点1しか積み上げることが出来なかったんだけれども、ドローに持ち込めてまだ助かったな、と言う試合でしたな。
残念ながら。

しかし、幸いなことに、ライバルチームもおつきあいしてくれている状況。
なので、残り試合のすべてに勝てば、まだまだ行けるのではないか。
他力になってしまうんだけれども、ともかくウチができることは、勝ち続けるしかない。

次の試合こそは、勝つよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月24日 (水)

第38節 山形VS福岡

日曜日のお昼に、東北で開催されるこの試合、残念ながら欠席でありました。

まぁ、試合終了後に、頑張ったら当日中に帰ってくることも出来るんだろうけれども、途中で交通機関にトラブルがあったりしたら、それが不可能となる。
そしたらもちろん、翌日のお仕事が欠勤になってしまうわけで、そのリスクはちょっと負えないな。
また、翌日に有給を取得したら、ゆっくりと帰ってくることもできるんだけれども、そこまでして行く試合では、ないだろうなぁと判断したわけで。

と言うことで、試合当日。

どうせ山形方面には行かないんだったらと言うことで、この日は昼から出勤しておりました。
年に一度、電気設備の点検で電気を止める、ゆえにサーバを全部止めなきゃいけないわけでして、そしてもちろん、電気が復旧したら、止めていたサーバを全部立ち上げなきゃいけないのでありまして。
と言うことで、試合が行われていた時間帯は、その対応に追われていたから、試合についてはまったく気にしている余裕がなかったのよ。

さて、山形戦であります。
1stの試合は、最後ギリギリのところで劇的な勝利。
まぁ、なかなか思うように勝ちがのばせていない状況なんで、この試合に関しては、劇的である必要はまったくないから、きっちり確実に勝ちに行ってほしいなぁ。
来れない奴らのためにも、勝って帰ってきてほしい。

と言うことで、キックオフであります。

第38節 山形 2-2 福岡

うーん・・・・・・・・

忙しくって、この試合の映像は一切見ていない。
なので、試合の内容などについては、一切言及できないのであります。

まぁ、最後に追い付くことができたと言うのを、どうとらえるかなんだろうね。
見ていないのにこう書いてしまうのもなんだけれども、個人的には、他のチームのこの日の試合結果を見たら、勝ち点差を詰めることが出来たチャンスを潰してしまったなぁ、と言う思いが。
このチャンスを生かせなかったのは、痛いなぁ。

んで、リアルタイムで見ることが出来なかった試合であるが故、現地組がどう思っているのかについては、推し量ることができない。
しかし、そんなにネガティヴなことは流れてきていないようですね。

だったら、まだまだ十分にいける。
残り試合み全勝して、自力であがるしかないっしょ。
なので、次こそは、勝つぞ~

見ていない試合については、何も書くことが出来ないから、この程度で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月16日 (火)

第37節 山口VS福岡

山口に行ってきました。

土曜日の何とも中途半端な時間帯の試合開始でありました。
しかし、そのおかげで、時間が掛かる代わりに安価な交通手段で向かうことができたわけで、個人的には全然無問題。
まぁ、「30分」にキックオフと言うことで、時間の感覚を掴むのが若干難しかったけれどもね。
いつくらいからピッチ上での選手のアップが始まるのか、などなど。

と言うことで、試合当日。

朝8時前に自宅を出て、8時半の西鉄特急に。
そしたら、天神発9時44分のJR高速バスに丁度のタイミングで乗り継げるわけでして。
それでは、高速バスに乗って出発しましょう。
バス停では、それっぽい人がいるなぁという感じだったけれども、途中休憩のサービスエリアで、お仲間さんが出てくる出てくる。 (笑)
3時間ちょっと、予定よりも早く維新公園バス停に到着。
20人以上が降りたのとちゃうかなぁ。

スタジアムに到着。
アウェイ側は入場開始時刻を待つ方々で、ずらっと行列が出来ていたので、ワタクシはそこをスルーして、スタグル広場へと。
さっそくですが、びーるうめぇ \(^o^)/
さんざん飲み食いして、いい感じに酔っぱらったから、入場開始時間前からスタジアム前にいたにもかかわらず、ワタクシ、到着から1時間以上も外におりましたわ。
と言うことで、14時を過ぎてから、ようやく中に入る。

それにしても、さすが隣県。
アウェイごる裏には、たくさんの人が来ていましたなぁ。
学生さんも割と気軽に来ることができる距離だし、家族でお出かけするにしても、ちょうどいい場所だからね。

さて、山口戦であります。
1stの試合は、ホームで素晴らしい快勝。
実にに気分いい勝ち方だったっすね。
なので、この試合も、ホームゲームに引き続き気持ち良く勝ってくれるところが見たいのであります。
多くの人が後押しするこの試合、この試合も、絶対に勝つよ~

と言うことで、キックオフであります。

第37節 山口 0-1 福岡

えーと、ばんざーい \(^o^)/

と、その試合結果を喜んでおります。
んで・・・・

申し訳ないんだけれども、正直言ったら、試合中眠たかったっす。

試合開始早々は、よかったっすよ。
前半10分、復活した松田力の先制ゴールが決まったあたりまでは。
と、序盤が良かっただけに、その後の試合展開については、え~と・・・・・
何とも言いがたい展開が続き、立って声を出したまま、半分寝ておりました・・・・・
前半40分前後に目が覚めてしまう出来事が起こるまで。 (汗)

後半になり、試合の大半があちら側サイドで行われている状態。
遠くの方で試合が行われているから、こちらからははっきりとした様子をうかがい知ることができない。
それでもまぁ、最後まで虎の子の1点を守りきり、勝つことが出来ました。

よかろうもん。
今のこの状況では、試合内容うんぬんよりも、とにかく勝ち点3が欲しい。
なので、この試合結果はOKなのであります。
試合終了後の祝勝会がめっちゃ楽しかったから、この日はこれ以上何も言うことははございません。

それにしても、今回は最後の詰めが甘くって得点することが出来なかったとはいえ、やはり何度か見ても、山口のサッカー、個人的にはいいと思うなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 8日 (月)

第36節 福岡VS岡山

台風の影響で3時間遅れでの開催となったこの試合。

悪天候はやむを得ないですよね。
中継チームとの打ち合わせ、シャトルバスの手配、警備員の手配、飲食店への連絡、その他もろもろの再調整で、運営スタッフの方々はさぞかし大変だったことだと想像できます。
お疲れさまであります。

そんな状況において、ワタクシは個人的には、ちょっと助かった。
と言うのも、この日は13時までお仕事で、予定では、仕事を定時で終わらせてから13時半の新幹線に飛び乗っても、レベスタ到着は14時半頃になってしまい、前半の途中からの参戦になってしまうところだったんでしたわ。
しかし、17時キックオフだったら、試合の頭から見ることができる。

まぁ、この時間変更のおかげで、見に来ることが出来なくなった人がいることを考えたら、申し訳ないんだが。
ライジングとのハシゴ観戦組もいたと言うことで。
ってか、オレもライジングのチケットを買い忘れていてソールドアウトになったから、この日はサッカー一択だったわけでして、本来だったらハシゴ観戦組だった恐れもあった。

んで、この試合の時間変更を知ったのは、11時頃。
仕事中やきもきしていたが、これで安心してスタジアムに向かうことができる。

そんなわけで、定時に職場を脱出。
いったん家に帰って着替える。
うん、予定ではスーツ姿のままスタジアムに直行して、濡れながらの観戦も覚悟していただけに、助かった。
しかし、昼食を取る時間的余裕はなく、空腹のまま自宅を出る。

14時前の福岡空港行きの高速バスに乗って出発。
珍しいことに、西鉄電車は止まっていたけれども、高速バスは通常運行。
西鉄バス最強や。

15時過ぎに福岡空港に到着、シャトルバスに乗り継いで、レベスタに到着。
しょうがないけれども、人が少ないですわなぁ。
それでは、お昼ご飯でうどんをいただきます。
お店の行列が短いこともあり、楽に購入出来た。
お昼ご飯を食べてもなお、時間に余裕があるから、のんびりまったりと過ごす。

さて、岡山であります。

1stの試合は、アウェイでリードされている状況から追い付いての、ドロー。
シーズン序盤だった、その時の結果としては悪くない。
しかし、今の状況では、絶対に勝ち点3が欲しいのであります。
相手うんぬんは関係ない、今は対戦相手がどこであろうと、勝利を求めていく。
悪天候でピッチコンディションがよくないかもしれないが、この試合、絶対に勝つ。

と言うことで、キックオフです。

第36節 福岡 1-1 岡山

う~む・・・・・

一言で言えば、消化不良。
勝たなければいけない試合で、勝てなかった。

オープニングの、フリーキックからあわや直接決まるかと言う惜しいシーンから、城後のきれいな先制ゴール。
前説に続いて、決めるべき人が決める、決めて欲しい人が決める。
これで、チームは勢いづく。
この勢いのまんま二点目を、そううまくは行かなかったものの、なかなかいい感じ。
そんなわけで、前半はよかったと思うんだよな。

それが狂ったのが、前半アディショナルの失点。
見ていたオレも含めて、「リードして前半を終わらせそう」と言う油断があったのかな。
相手選手の負傷により、前半のアディショナルタイムが長かったと言うのは、不運であった。
と、それで済ませちゃダメなんだよな。
防げた失点だったと思うよ。

んで、勝ちに行くべき後半、残念ながら見せ場があまりなかったなぁ。
フラストレーションがたまっていくと言う感じではなかったとは思うが、見ていてモヤモヤっとする試合内容。
もちろん、選手たちは全力で勝ちにいっているんだけれどもね。

引き分けかぁ。
ここで勝ち点ふたつを失ったのは、痛い。
痛いんだけれども、これで下を向く訳にはいかない。

次の試合は、勝つよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月30日 (日)

第35節 福岡VS大宮

もはや定番の書き出しになっているけれど、この日も午前中お仕事でしたよ。

ちょいと最近、込み入ったお仕事が入っている影響もあり、若干押して14時頃に終了、急いで帰宅。
なので、シャワーったらさっさと家を出なければならぬ。
サクッとバッグを抱えて、出発。
雨はやんでいたので傘は持たず、ってか、傘を持っていくと言う発想自体が、無かった。
・・・・・本当、前日のうちに荷造りしていて、その中にレインコート他を入れておいて、助かりましたわ。
この日はあわただしく家をでなきゃいけないって、事前にわかっていたからね。

はい、いつもの、15時の福岡空港行きの高速バスですよ。
仕事で精神的にも疲れていたこともあり、バスに乗り込んだらあっという間に熟睡。
目が覚めたら、まっきー付近を走行しており。
福岡空港に到着。
ターミナルビル内のお店を冷やかしたら、すぐにシャトルバスに乗り継ぐ。

レベスタに到着したのは、17時前。
びーるをいただきつつ、そのお供に最近の定番、モツ焼きうどんをもぐもぐしている最中に、選手たちがアップのために、ピッチ上に登場。
少しだけ箸を止めて声出ししてから、再びもぐもぐ。

やっぱり、一本早い高速バスに乗るべきなんだよなぁ。
まぁ、この日はお仕事だったからか、それはムリな話なんだが。
一方、「新幹線に乗る」と言う選択肢が無いこともないんだが・・・・・
そこまでのコストをかけて行くほどの気合いが、申し訳ないながら持ち合わせていない。

さて、大宮であります。
1stの試合は、負けている模様。
と伝聞で書いているのは、結果以外には何も把握していないから。
んで、この試合。
大宮相手、なおかつ雨の中での試合って、なかなか勝つイメージが沸きづらいのが正直なところ。
しかし、そうも言っていられない状況だ。
相手をリスペクトしつつも、この試合、絶対に勝つ。

と言うことで、キックオフです。

第35節 福岡 3-1 大宮

よっしゃよっしゃよっしゃ!

試合開始から38秒だったんですって?
まだワタクシがモブログ投稿をあげかけている最中に、城後のゴールと言う、素晴らしいオープニング。
もちろん他の選手でも素晴らしいんだが、ゴールを決めたのが城後って言うあたりで、スタジアム全体がより盛り上がりますわな。
これで勢いがついたようで、前半は相手に思うような仕事をさせず、ほぼパーフェクトだったと思う。

だが、後半。
開始直後にやられてしまったときは、「またかよっ」と、正直思ってしまいましたわ。
オレの知っている福岡だと、そのままずるずるといきかねないところだったけれども、すまんかった。

苦しい時間帯を耐え抜いた末の、城後の2ゴール目。
これで「勝つぞ」と再び勢いに乗り、そしてとどめの、山瀬の追加点で、勝利を確信。

快勝でしょう。
文句をつけるところなど、何もない。

これで、激戦だった9月が終了。
当初のもくろみ通りだったとは言えないのかもしれないけれども、なんとか乗り越えられたのではなかろうか。
10月はさらにハードになってくるだろうけれども、頑張ってほしい。
こちらもサポートし続けるから。

山瀬、19年連続ゴール達成おめでとう!
そして、ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月28日 (金)

第22節 京都VS福岡

悪天候のため順延により、平日アウェイナイトマッチとなったこの試合、お留守番ですよ。

まぁ、申し訳ないけれど、無理して京都に行くと言う選択肢は、今回なかったなぁ。
そもそも、千葉&秋田、松山&四日市と言うネタ遠征を二週続けてやってしまったから、お金がない。
それに、仮にお金が有り余っていたとしても、平日だとお仕事が入っているから、そうそう休めるものでない。
これが9月でなかったら、公休を取って行くこともありなんだが、祝日が多い9月はしんどいですわ。
なので、おとなしくしておこう。

と言うことで、試合当日。

お仕事が溜まりまくっているからね、試合開始時間の19時、その頃は絶賛残業中。
ってか、試合が始まっていたことなど、気にする余裕もなかったですわ。

さて、京都戦であります。
1stの試合は、これぞ京都戦って感じで、リードしておきながら追いつかれてしまった。
と言うこともあり、この試合は勝ってほしいですなぁ。
西京極ってだけで、勝てそうな気がしないんだが、そんなイメージはそろそろ何とかしなければ。
ここはひとつ、勝って帰ってきてほしい。

と言うことで、キックオフであります。

第22節 京都 1-0 福岡

・・・・・・・・

まぁ、ね。
結局、お仕事が終わったのは23時を過ぎていて。
急いで試合結果をチェックして、ついったのTLの雰囲気の悪さに、なんとなくすべてを察する。

この時期の敗戦は、非常に痛い。
絶対に勝たなければいけない試合だったと思う。
「他のチームよりも消化数が少ない」って言うのが、順位表を見る上で、いままで救いであったのだが、それを生かせないまま追い付いちゃいましたね。

そして、一方では・・・・・

西京極での試合だ、って言われたら、こういう展開もあり得ますわな。
と、終わったあとだったら思えてしまう。
ここはとにかく相性の悪いスタジアムやなぁ。
しかも、またもや雨のようだったし。

そんなわけで、試合の映像は一切見ていない。
なので、試合の内容などについては、一切言及しないっす。

ただ言えることは、平日アウェイ、雨の中の試合に駆けつけて、選手たちを後押しし続けた仲間たちに、感謝します。
終わったことはしょうがない。
次こそは、勝つぞ~

見ていない試合については、何も書くことが出来ないから、この程度で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月26日 (水)

第34節 愛媛VS福岡

愛媛に行ってきました。

3連休の初日、この日は午前中お仕事なんだけれども、午後から頑張って行ったら、試合開始時間までには間に合う。
んで、先週千葉に行ってきたばかりで、出費的にはかなり痛い。
痛いんだけれども、最近アウェイ愛媛に行けていないんで、ここは行っておきたい。

もうこうなったら、その場の勢いしかないっすよね。
費用計算とかは一切せずに、ノリで行くことを決めてしまった。

と言うことで、試合当日。

午後のひこーきに乗って、出発。
松山空港から、松山市駅でバスを乗り継いで、スタジアムに到着したのが、18時。
まぁ、しょうがないんだけれどもね、アウェイだからも少し早くスタジアムに到着したかったなぁ。

一旦入場して荷物を下ろしたら、食料の買い出しへと。
愛媛だから、揚げたてアツアツのじゃこ天を購入、三津浜焼きの列にいったんは並んだが、列が長くって購入を断念。
びーるを抱えて自席に戻った頃には、選手たちはもうアップのために出てきておりました。
出遅れた・・・・・

そんなわけで、じゃこ天をかじりながら声出して、びーるをくいっと空けたら、もう間もなく試合が始まる時間ですよ。
若干腹減っているけれども、頑張りましょう。

さて、愛媛戦であります。
1stの試合は、ホームで素晴らしい快勝。
しかしワタクシ、仕事で途中参戦だったため、ゴールを見ることは出来ず。
なので、この試合は、目の前でゴールが生まれて勝つところが、見たいなぁ。
個人的に久しぶりの愛媛と言うことで、楽しみたいと思います。
この試合も、勝つよ~

と言うことで、キックオフであります。

第34節 愛媛 2-3 福岡

ばんざーい \(^o^)/ \(^o^)/ \(^o^)/

で、いいんだよね・・・・・

正直言って、前半眠たかったっす。
しかも、前半終了間際、失点してしまうんだから、正直やーな気分でしたわ。
「そりゃぁないわぁ・・・・・」って感想を書いてしまったなど。
しかしまぁ、そうも言っていられない。
不利な状況を跳ね返すべく、後半も声出していたんだけれども。

その後も、後半に一度同点に追いつくもまたすぐにゴールを決められてしまうと言った感じで、あんまし芳しくは無かったんだよなぁ。
そんな試合を、ドゥドゥの2発で変えてくれました。

いやぁ、最後は叫び過ぎて声がかれましたわ。
アウェイまで来て、こういう劇的な逆転勝利って、最高に気分がいいですわ。
来たかいがあると言うものです。

これだから、アウェイ遠征はやめられない。

後半途中までの試合展開については、ってか、失点の多さについては、何とか手を打ってほしいものではあるんだが、試合に勝った喜びに浮かれているんで、まぁいいか。

それにしても、神谷っていい選手やね。
敵に回したら、非常に厄介や。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月18日 (火)

第33節 千葉VS福岡

千葉に行ってきました。

3連休の中日ですからね。
旅行費用さえ気にしなかったら、とっても行きやすい日程だろう。
なので、この日のアウェイ側、多くの人で埋まっていたようで。

当然ワタクシも、今シーズンの日程が発表された時点で、ここの遠征は決めていた。
試合時間が昼間になるのか夜になるのかは、シーズン開幕前の日程発表の時点では分かっていなかったけれども、どっちだったとしても行けるだろうから、たいして問題なし。

と言うことで、試合当日。

ほぼ丸一日かけて、前日の滞在先から移動。
なので、分かってはいたことだけれども、スタジアムに到着したのは、キックオフの1時間前。
ここは何度来ても、アウェイ側からも試合が見易い、いいスタジアムや。
んで・・・・・
すでにアウェイ側のごる裏は大勢の人がいて、なかなかあいている場所が見当たらない。
空席を探してうろうろした結果・・・・・
前から2番目の場所に陣取ってしまった。(汗)

んで、すぐに選手たちがアップに出てくる時間になってしまう。
前の方に陣取ったからと言うのもあり、さっそく声を出しましょう。
移動中の電車の中ですでにアルコール分は注入しているから、ウォーミングアップなしでも、そこそこ声は出た模様。
そんな感じで、アップ光景を眺めて、選手が引っ込んだところで、食料を調達しに行きましょう。

すでにキックオフの15分前だからね、遠くまで、具体的に言えば喜作まで、足を運ぶ時間は無い。
しかし、アウェイ側の売店は長蛇の列。
なので、メイン側に行って、行列がまったくできていない売店で購入。
追加のアルコールは、パスしておこう。

さて、千葉戦であります。
1stの試合は、相手対策が見事にはまったようで、快勝。
なので、この試合も気持ちよく勝つ、と言いたいところではあるんだが。
アウェイ千葉では、勝てないんだよなぁ。
なんせ、今まで一度も勝ったことが無いと言う。
そんなジンクスは、そろそろこのあたりで打ち止めにしたい。
この試合、きっちりと勝ってほしい所であります。
この試合、勝つよ~

と言うことで、キックオフであります。

第33節 千葉 3-3 福岡

う~む・・・・・

これまた、どう書いていいのかが、わからん試合だったわ。

思っていることを素直に書いたら、「よっしゃぁ、ぎりぎりの土壇場で、追いついたぞ!」なんだよね。
「まるで試合に勝ったかのような気分」とまでは言わないけれども、高揚した気持ちでスタジアムを後にすることができた。

しかしまぁ、一歩引いたところから言えば、この時期に勝ち点を二つ落としたんだよね。

まぁ、ジェットコースターのような試合でしたな。
前半、鈴木惇が強烈なシュートをたたき込み、浮かれていたさなかにPKを与えてしまうと言う。
まぁあれは、裏に抜け出された時点で、PK云々とは関係なしに、勝負ありですわ。
そんなわけで、喜びから一瞬にして現実に引き戻されたのと同様、おそらく相手はほぼ勝利を確信していたであろうアディショナルタイムに、城後がヘッドで押し込んで追いついたと言う。

まぁね、個人的には、鈴木惇と城後、もちろん吉本も含めて、どれも素晴らしいゴールが見れたし、城後が3点目を入れた後、選手全員から4点目を取りに行って勝ちに行く姿勢が見れたから、満足していますよ。
試合に勝てなかった以上、その考えじゃあ甘いって言われても、反論するつもりもないけれど。

しかし、「いい試合だったからこそ、勝ちたかったなぁ」と思ったのも、これまた本音でして。
J1への自動昇格枠を争う上で、この試合に勝てなかったのは、苦しい。

やはり、どういう感想を書くのが適切なのか、答えが出ない・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

その他サッカーなど 2004年 | その他サッカーなど 2005年 | その他サッカーなど 2006年 | その他サッカーなど 2007年 | その他サッカーなど 2008年 | その他サッカーなど 2009年 | その他サッカーなど 2010年 | その他サッカーなど 2011年 | その他サッカーなど 2012年 | その他サッカーなど 2013年 | その他サッカーなど 2014年 | その他サッカーなど 2015年 | その他サッカーなど 2016年 | その他サッカーなど 2017年 | その他サッカーなど 2018年 | ひたすら愚痴る | むかしやってた企画 | もぶろぐ 2004年 | もぶろぐ 2005年 | もぶろぐ 2006年 | もぶろぐ 2007年 | もぶろぐ 2008年 | もぶろぐ 2009年 | もぶろぐ 2010年 | もぶろぐ 2011年 | もぶろぐ 2012年 | もぶろぐ 2013年 | もぶろぐ 2014年 | もぶろぐ 2015年 | もぶろぐ 2016年 | もぶろぐ 2017年 | もぶろぐ 2018年 | 中身の無い日記 2004年 | 中身の無い日記 2005年 | 中身の無い日記 2006年 | 中身の無い日記 2007年 | 中身の無い日記 2008年 | 中身の無い日記 2009年 | 中身の無い日記 2010年 | 中身の無い日記 2011年 | 中身の無い日記 2012年 | 中身の無い日記 2013年 | 中身の無い日記 2014年 | 中身の無い日記 2015年 | 中身の無い日記 2016年 | 中身の無い日記 2017年 | 中身の無い日記 2018年 | 遠征記 2004年 | 遠征記 2005年 | 遠征記 2006年 | 遠征記 2007年 | 遠征記 2008年 | 遠征記 2009年 | 遠征記 2010年 | 遠征記 2011年 | 遠征記 2012年 | 遠征記 2013年 | 遠征記 2014年 | 遠征記 2015年 | 遠征記 2017年 | 遠征記 2018年 | 2004年 J2福岡 (その他) | 2004年 J2福岡 (試合) | 2005年 J2福岡 (その他) | 2005年 J2福岡 (試合) | 2006年 J1福岡 (その他) | 2006年 J1福岡 (試合) | 2007年 J2福岡 (その他) | 2007年 J2福岡 (試合) | 2008年 J2福岡 (その他) | 2008年 J2福岡 (試合) | 2009年 J2福岡 (その他) | 2009年 J2福岡 (試合) | 2010年 J2福岡 (その他) | 2010年 J2福岡 (試合) | 2011年 J1福岡 (その他) | 2011年 J1福岡 (試合) | 2012年 J2福岡 (その他) | 2012年 J2福岡 (試合) | 2013年 J2福岡 (その他) | 2013年 J2福岡 (試合) | 2014年 J2福岡 (試合) | 2015年 J2福岡 (試合) | 2016年 J1福岡 (試合) | 2017年 J2福岡 (試合) | 2018年 J2福岡 (試合)