2019年6月27日 (木)

J3第13節 G大阪U-23VS鳥取

万博でのJFL観戦に引き続き、パナスタでJ3観戦であります。

まぁ、この間の距離って、歩いても10分程度だからね。
んで、万博での試合が終わったのが、15時、一方でこの試合は、17時試合開始。
ビミョーに時間が開いてますね。
なので、喫茶店でアイスコーヒーなどをいただいて休息したいところではあるけれども、近隣の某ショッピングセンターまで足を運ぶのは、導線的にめんどくさい。
結局は、パナスタまで移動して、開門待ちの列に並んじゃいました。

ほどなくして、入場。
実は、このスタジアムができてすぐの頃に、同じくU-23の試合を見に来ているので、ここのメインスタンドに座るのは、はじめてではない。
ただでさえ見やすいスタジアムなのに、メインスタンドで安い料金で観戦出来るんだから、U-23バンザイ。

ただ、ひとつだけ難があって・・・・・
先ほどの万博競技場は、涼しい風が吹き抜けていたんだけれども、ここは屋根におおわれているから、若干蒸し暑い。
それでも、試合が始まる頃には、夕方になり気温が下がったので、試合中はほぼ気にしていなかったのは、幸いなこと。

それでは、さっきはなにも食べていないんで、今回はいただきましょう。
J1の試合では、長い列に並ばないと買えないであろうスタグルも、J3だったら、スイスイ。
さすがに、お店の数は少ないんだけれども、その点についてはゼイタクは言わない。

そんなわけで、ご飯をいただきつつ選手のアップを見ていたら、あっという間に試合開始時間ですよ。

さて、G大阪U-23であり、鳥取であります。

ガンバ、若い選手がたくさんいるのって、羨ましい。
まぁ、そのなかに、調整中のベテラン選手も混じってくると言うことのようで、経験がある選手が加わるのは、若手選手にとってもいい刺激になることだろう。
一方の鳥取、見るのは昨年の秋田以来ですかね。
そろそろ、J2に戻りたいでしょ。U-23ってか、オレも早く、カニ汁が美味いあのスタジアムに行きたいのさ。
今のところ抜け出したチームが無く混戦しているJ3での戦い、どこも上位にいける状況なので、チャンスを虎視眈々と狙ってるだろう。
なので、いい試合が見られることが期待できますな。

と言うことで、キックオフであります。

J3第13節 G大阪U-23 3-1 鳥取

例によって、よそ様の試合なんで、試合についての感想は、さらっと流し気味に。

時間経過で言えば、試合開始早々の前半8分に川﨑が飛び出し来たキーパーを交わしてからの塚元のゴールと言う素晴らしいプレー、1ー0とガンバがリードして前半を折り返すと、後半に入り59分に再び塚元のゴールでガンバ追加点、87分に三沢が決めて鳥取が1点返すものの、その直後に三度塚本が決めて突き放し、そのままG大阪U-23の勝利。

塚元大のバースデーハットトリックと言う、かなりめでたい試合に立ち会うことができた。

んで・・・・・

いやぁ、めっちゃおもしろかった。
ガンバの若手はみんな早くてガンガン裏に抜けてくるし、鳥取は人数かけて攻撃してくるし、実に見ごたえがある。

それにしても、ガンバの若手、体に使い方が上手くって、相手ディフェンダーを上手く交わしてはドリブル突破していくし、カウンターのロングパスが実に効果的。
鳥取も負けずに、多少のリスクをとっても人数をかけて攻撃してくるんで、波状攻撃が恐ろしい。
いずれにしても、普段見ているチームの攻撃と比べてみたら、え~と、う~む・・・・・
以下自粛(汗)

そんな試合の行方を左右したのは、シュートの精度だったかなぁ。
鳥取もシュートの本数は打っていたが、なかなか枠内に飛ばなかったのが、もったいなかった。
公式記録だと、シュート数18本だからね。
特に試合終盤、怒涛の攻撃でシュート連発だったが、もっと早い時間帯に1本でも決まっていたらなぁ。

そんな、双方とも攻撃的だったなかで、審判が簡単には笛を吹かなかったのも、この試合を面白くするのに一役買ったなぁという感じ。
選手が倒れても笛を吹かずに流す場面が多々あったんだけれども、かと言って、試合が荒れるわけでもなく。
見ていてまったくストレスを感じなかったんすよね。

よそさまの試合をフラットに観戦するのも、楽しいよね。
それが、こんな好ゲームだったりしたら。

| | コメント (0)

2019年6月26日 (水)

JFL第12節 FC大阪VS宮崎

と言うことで、徳島の翌日は、大阪に行ってました。

万博とパナスタのハシゴなんて、めったに出来ることではないからね。
このスケジュールを発見したときは、万歳三唱でしたわ。

と言うことで、試合当日。

少し遅めの11時過ぎ頃、大阪市内のお宿を出てから、阪急電車で向かうことに。
いや、乗り換え検索で調べたら、御堂筋線を使うよりも安いと出たので。
こういうきっかけでもなかったら、阪急千里線なんて乗らないからね、「鉄ヲタ」としてはありがたい。

宿泊先を出たのが遅かったから、試合会場に到着したのは、キックオフの35分前。
スタジアムに入場したら、ちょうど選手たちがアップのために出てくる時間だった。

ってか、かなり久しぶりだなぁ、万博記念競技場に来るのは。
しかも、いままで来たことがあるのはアウェイ側ごる裏なんで、メインスタンドに来たのははじめて。
関係者でもないのに、メインスタンドのど真ん中の好位置に場所を見つけて、腰を下ろす。
おそらくは関係者らしきパスを首からぶら下げている人が、周囲にいるんだが、空気は読めない人間なんで、そういうことは気にしない。(汗)
まぁ、JFLの観客席メインスタンド中央って、だいたいこんな雰囲気だよね。

んで・・・・・

この間までここでガンバが公式戦をやっていたと言うのに、こうやって眺めると、ずいぶん古く感じてしまうなぁ。

ビジョンも、古くなっていて、解像度的にも厳しかったっすね。
まぁ、向こうの方に見えているパナスタを経験してしまったから、あちらと比較してみたら、しょうがないんだろうけれども。

そんなわけで、先ほど梅田で朝食をいただいたばかりで腹減っていないんで、スタグルはパス。
なので、コンコースでなにやらイベントっぽいことをやっていたようだが、スルーしてメインスタンドに向かったし、自席から離れなかったので、詳細はわかりませぬ。

それにしても、ベストな気候ですねぇ。
今にも雨が降りそうで降らない程度の、曇り空。
万博記念公園から緑地を吹き抜けてくる風が常に吹いていて、涼しい、むしろ若干寒いくらい。
そんなわけで、汗をかくこともなく、快適な観戦環境であります。

さて、FC大阪であり、宮崎であります。

大阪については、見るのは二回目かな。
以前長居で見たんだが、ちょっと前のことなんで、何の参考にもならないだろう。
と言うことで、知ってることはなにもないす。
一方の宮崎、こちらは正真正銘、はじめて見るチームであります。
九州で唯一のJ空白県において、Jを目指していると言うことで、気にはなっているんだけれども、いかんせん、宮崎は遠い・・・・・
選手の名前的には知っている人はいないこともないが、同じく、なにもわからないす。
ってか、メンバー紹介を聞いて、勇太がここにいると言うことを思い出した。
そんなわけで、知識量はゼロで観戦するこの試合、ともかく楽しみましょう。

と言うことで、キックオフであります。

JFL第12節 FC大阪 0-1 宮崎

例によって、よそ様の試合なんで、試合についての感想は、さらっと流し気味に。

時間経過で言えば、前半は一進一退、双方ともに惜しいチャンスはあるものの無得点で折り返すと、後半に入っても試合は膠着状態、このまま引き分けと言う結果もちらつき始めた82分、セットプレイから宮崎が先制すると、そのまま宮崎が勝利。

うん、正直に言って、どっちが優勢に試合を進めていたと言うことでもなく、互角の戦いをしていたと思うので、こう言うときにはセットプレイが試合を決める、と言うことなのかしら。
違う言い方をしたら、クロスの精度とかシュートの精度とか、若干厳しいから点が決まりづらいと言うのは否めないかな。
若干寝不足だったおかげで(起きたのは11時だったはずだが)、途中眠たくなった時間帯もあったと言うのは、正直なところではあるんだが、競っていたおかげで、最後まで緊迫感のある試合を見ることができたのは、よかったっす。

これは最近JFLを見ていて思うことなんだが、確かにJと比べると落ちるのかもしれないけれど、思っている以上にレベルが高くて面白い試合をやるなぁと。
パス回しのスピードとか、当たりの激しさって、なかなかいい感じっすよね。

と言うことで、宮崎のみなさま、Jでお待ちしています。
もちろん、FC大阪のみなさまも。

| | コメント (0)

2019年6月19日 (水)

J3第12節 熊本VSFC東京U-23

土曜日は、お仕事終了後に熊本に行ってきました。

まぁ、土曜日と言えども繁忙期ではないんで、ナイトマッチだったら見に行けるだろうと思い、前日にチケットを購入。
最近はごる裏の端っこに座るのが定番だったが、天気予報が雨が降る可能性を伝えていたんで、念のために屋根があるバクスタで。
以前はずっとバクスタだったんだけれども、そこからだと、スタグル広場までが遠いんだよなぁ。。。

と言うことで、試合当日。

15時半前、仕事は終わっていないんだけれども、そろそろタイムリミットだなぁと思い、店じまい。
職場の駐車場でお着替えをしてから、車を運転して高速道路へ。
職場を出てから約50分、16時15分にはスタジアムに到着していた。
やはり、O牟田からだと、レベスタよりも近いな。

張り切って到着してみたが、天候が宜しくなかったせいか、客の出足が芳しくない。
まぁおかげで、自分が好きな席を自由に選べて助かるが。
荷物を下ろしたら、スタジアムを半周してスタグル広場へと。
車を運転して行ってるんで、当然アルコールはNG。
そこでいただいたのが、メガカルビ丼とメンチカツ。
うん、びーるが欲しくなるぜ。(汗)

それでも時間は余ってるからね、特にやることも無く、ボーっとしておくのみ。
何かを考え始めようとしたら、つい仕事のことになってしまいそうで。
それにしても、観客席を眺めていて思うこと。
同日に自分のところのトップチームのホームゲームがあるのに、アウェイのU-23を見に来る人は、すごいなぁ。

さて、熊本であり、東京U23であります。

熊本、首位ですね。
どうやらルーキーが活躍しているようで、それは先々を考えても喜ばしいことかと。
一方の東京U23、この試合は平均年齢がぐっと低いとの情報が入ってきて、確かに背番号の数がかなり大きい。
失礼ながら順位表だけで判断すると、熊本的としては、J3首位をキープするためにも、まず勝たなきゃならんところでしょうね。
先日北九州で見た試合は面白かったから、この試合も期待しちゃいますよ。

と言うことで、キックオフであります。

J3第12節 熊本 1-2 FC東京U-23

例によって、よそ様の試合なんで、試合についての感想は、さらっと流し気味に。

時間経過で言えば、前半は共に決め手を欠いて、スコアレスで前半を折り返すと、後半に入り59分に岡村のゴールで熊本が先制、そのまま逃げ切りたかったところだが、73分に原、その3分後に久保に立て続けに決められて逆転、そのままFC東京U-23の勝利。

んで・・・・・

なんだろうこの若干消化不良な感じは。

熊本がここまで苦しめられると言うのも、正直想定外。
試合の内容からすると、この結果は意外でもなんでもなく、妥当。
なかなかパスがつながらなくって、手詰まり感があったからねぇ。

まぁ、一つ感じたことがあって。
今日の熊本のメンバー、身長低いなぁ。
身長170cm以下の選手が複数いて、相手との体格勝負で負けてる。
いくらワタクシがちびっこドリブラー好きとは言え、も少しでかい選手も欲しいところかなぁ。

ってか、東京、若手のいい選手をこれだけ抱えているのって、うらやましいわ。
原大智とか、上では使う機会ないのかなぁ?

そんなわけで、熊本の敗戦。
北九州で感じた強さは今回さほど感じなかったと言うあたり、残念であります。
どうやら、J3で首位を独走しそうなところは、今のところなさそうですなぁ。

まぁ、よそ様のところ云々ではなく、いまは自分のところのことを思っていないと、このままではもしかしたら、ウチは来シーズン(文字数)

| | コメント (0)

2019年6月 5日 (水)

J3第10節 北九州VS熊本

大宮戦の終了後、ハシゴ観戦で北九州に行ってきました。

まぁ、普通あまりこのハシゴはやらないんだろうけれども、バトQでこの対戦だったら、見たいやん。

と言うことで、試合終了の笛がなって、選手が並んで一礼したのを見届けたら、ダッシュでスタジアムを後に。
シャトルバス乗り場に急いで、福岡空港へ。
当初想定していたのには間に合わなかったけれども、その次のに乗って博多駅へ。
あらかじめ買っておいたきっぷを改札口に投入して、ホームへと。
ちょうどやって来たさくらちゃんに乗って、15時40分に博多駅をあとに、小倉駅到着16時前。
ダッシュでスタジアムに向かい、到着したのが16時4分。
正面ゲートにはまだ列ができていたのを見て、そこからは入らずにバクスタ側の入り口に向かったのは、経験値がなせる技。

ちなみに、キックオフの笛の音は、入場口に向かっているときに聞こえてきた。
ぎりぎり間に合わなかったが、まぁたいした問題ではない。
それよりも、レベスタとミクスタのハシゴが可能だとわかったのは、大きいな。

そんな感じで、若干遅刻で、バクスタに潜入。
さすがバトQ、バクスタはほぼ空席がなかったので、後列で立って見ることに。

さて、北九州であり、熊本であります。

北九州、開幕からいい感じが続いてますなぁ。
今年こそは、J2復帰できるか。
一方の熊本、開幕ダッシュに失敗したようでも、気がついたら上位にいる。
そして、J3首位決戦になりましたね。
どちらにも肩入れすることなく、試合を楽しむことにしましょう。

と言うことで、キックオフであります。

J3第10節 北九州 1-2 熊本

例によって、よそ様の試合なんで、試合についての感想は、さらっと流し気味に。

時間経過で言えば、前半の10分に北村の技ありゴールで熊本先制、そのまま0-1で前半を折り返すと、後半に入り51分にオウンゴールで追加点、北九州は85分に茂のゴールで1点返すも、熊本が反撃を振り切って勝利。

うん、面白い試合でしたわ。
J3首位決戦にふさわしかった。

前半から北九州がガンガン押していたんだけれども、いかんせん、熊本が早い時間帯に、鮮やかなゴールで先制したのが、大きかった。
2点リードしていたおかげで、北九州を1得点に押さえて逃げ切ることができたからね。
まぁ、しかし、北九州視点で言えば、この試合は勝たなきゃいけなかったのかもね。
直接対決と言うのもあるんだけれども、この攻撃からしても、あと数点取れていたはず、取らなきゃならなかったはず。
結局は、それをやらせなかった熊本が、強かったと言うことか。

これで、熊本が首位ですか。
まだまだ、突っ走って独走しそうな状況ではなさそうだが、勝ち続けていけば、自力でJ2復帰を決めることができると言うのは、精神的に大きいよね。

それにしても、熊本の北村、面白い選手やね。
自チームにいたら、何かやってくれそうな期待間が持てる選手ですわ。
ってか、今公式をチェックしてみたら、身長164cm。
オレの大好きな、U-165のちびっこドリブラーやんかぁ。
・・・・・つばつけとこう。(汗)

| | コメント (0)

2019年5月28日 (火)

J2第15節 長崎VS徳島

先日の土曜日は、長崎に行ってきました。

翌日は鹿児島に我がチームを見に行くことにしていて。
新幹線往復だとお金がかかるから、じゃぁどうしようかと考えた時に、九州内の移動だと「SUNQパス」を使いますわな。
んで、これを買っているからには、3日間乗り放題なんだから、前日も使わないともったいない。

と言うことでの、長崎。
まぁ、なぜか5月なのに猛暑で、真っ昼間によそ様の試合を見に行くのもイマイチ気が乗らなくもないんだけれども、やっぱり見に行けるんだったら見に行くのが、この稼業ですわな。

と言うことで、試合当日。

せっかくのSUNQパスなんで、普段だったら歩くところを、自宅最寄りバス停から福岡空港行きが出るバス停まで、路線バスに乗る。
福岡空港行きの高速バスを高速基山で降りて、長崎行きの高速バスに乗り継ぎ。
諫早インターで降りるも、外はすでに灼熱。
とてもじゃないが歩いていく気にもなれず、タクシーでスタジアムに乗り付ける。
タクシーの運転手さん、「今日は14時から試合でしたね」と、ちゃんと試合開始時間まで把握してるのが、素晴らしい。

スタジアムに到着。
少し到着が遅くなったが、バクスタの前方の良席を確保。
では早速、スタジアム散策へと。
グッズ売り場を冷やかしたら、ヴィヴィくんのぬいぐるみがかわいい。
つい思わず買ってしまった。
あとは、満腹だったので食料には手を出さず、びーるを買って自席に戻る。

それにしても、久しぶりの長崎のスタジアムですなぁ。
スタジアムの雰囲気が、どこか変わっているような気がする、どこなのかはわかんないけれども、なんとなく。
あと、マッチディの大きさも変わっていた。

それでは早速、暑いので・・・・・
びーるうめぇ\(^o^)/ 

そうこうしているうちに、あっという間に時間が過ぎていって、両チームの選手がアップに出てくる時間ですよ。 

さて、長崎であり、徳島であります。
長崎、出だしはあまり調子がよくなさそうなイメージだったが、気がついたら、ちゃんと順位表で上位につけてる。
一年で上に戻る準備は出来ているんだろうなぁ。
一方の徳島、どうなんでしょ。
あまり目立たないけども、順位表から判断するに、今年はうまくやっているのかなぁ?
そんなわけで、ライバルの2チームなんで、よそ者としてはざっくりと観察させていただきます。
ともかく、好ゲームを期待しよう。

と言うことで、キックオフであります。

J2第15節 長崎 1-0 徳島

例によって、よそ様の試合なんで、試合についての感想は、さらっと流し気味に。
時間経過で言えば、16分に呉屋のゴールで長崎が先制、しかし徳島もシュートがバーをたたくなど反撃を見せ、前半を1-0で折り返すと、後半に入っても徳島の攻撃は続き長崎が耐える状況は続いたものの、最後まで1点を守り切って長崎の勝利。

うん、両チームとも、普通に強いですわ。

確かに、この試合は長崎が勝利したものの、前半から一貫して徳島が攻勢をかけていて、かと言って長崎が守備に忙殺されていたということもなく。
最後まで徳島の選手たちから勝ちたいと言う気迫が伝わってきて、もちろん長崎の選手も負けておらず、最後の最後、笛がなるまで一瞬たりとも息をつくことができない試合。
つまりは、とてもハイレベルな試合だったっす。

しかし、長崎、この試合展開で、よくぞ無失点に抑えたなぁ。
いつゴールを奪われても不思議ではない展開だったとは思う。
なんだけれども、なぜか、「苦しい中を、耐えに耐えた」と言う印象では、あまりなかったんですわ。
なぜなんだろう、選手が自信を持っているからなのかもしれないっすね。
あとは、ホームゲームの観客が作り出す雰囲気も、一役買ったのかもですね。

そんなわけで、第三者としては、最後の最後まで非常に面白かった試合でありました。
ってか、この両チーム、対戦相手として見たら、えらく手ごわいぞ・・・・・

| | コメント (0)

2019年5月16日 (木)

J1第11節 清水VS川崎

アウェイ東京遠征の翌日は、清水にJ1を見に行ってきました。

J1を見に行くんだったら、味スタとの2択だったんだけれども、2日連続での味スタは、なんとなく工夫がないような気がして。
平塚の試合時間が一時間早かったら、そっちを選んだんだけれどもなぁ。
おかげで、帰りはひこーきが使えなかったから、5時間以上の新幹線の旅と言う苦行でしたわ。

と言うことで、試合当日。

数日前になって、ポッとひと部屋清水駅前のホテルに空きが出たから、押さえた。
ゆえに、清水で朝を向かえる。
しかし、観光地ではないがゆえ、他にやることがないんですわ。
10時ギリギリまでホテルで過ごしてから、チェックアウトして清水駅へ。
清水駅前のバス乗り場は、すでに長蛇の列が出来ていたが、今から向かっても現地で開門を一時間ほど待つ羽目になる。
なので、時間調整をすることに。
いったんJRに乗り、静鉄で折り返してきて、新清水駅。
そこからシャトルバスに乗って、スタジアムへと。

開門の30分ほど前に、スタジアムに到着。
まぁ、許容範囲でしょう。
しばし待ってから、入場。
メインスタンドのはしっこの方に陣取る。

アウェイ側以外に入るのははじめてだが、見やすくていいスタジアムですね。
丘の上にあるんで、海からの風が吹いてきて涼しくて心地いい。
ただ、前後の間隔が狭いのは、ちょっとしんどい。
座り続けているのもしんどくなったので、いったんスタジアムの探索へ。

ふらふら歩き、飲食ブースを冷やかした後に、びーるを買って戻る。
涼しい風が吹いているスタジアムでいただく、びーるうめぇ\(^o^)/
いっしょに買った牛モツが、ぷりっぷりで大ぶりで、大満足。
眠くなってきました・・・・・

そうこうしているうちに、両チームの選手がアップに出てくる時間ですよ。
日ごろ見ていないチームだからね、見ていて新鮮だ。

そんなわけで、時間をもて余すかと思っていたが、案外時間はあっという間に過ぎていくもので、試合開始の時間になりました。

さて、清水であり、川崎であります。

J1を見ていない自分でも、不調だと言うことは把握している。
もっとも、その原因については、知るよしもないが。
一方の川崎、どうなんでしょ。
出遅れているとまでは言わないまでも、昨年の優勝チームとしては、満足できる成績なのかどうか。
ともかく、無関係なよそ者として、どちらかに肩入れすることもなく、純粋に楽しんで見させてもらいます。
そんなわけで、好ゲームを期待しよう。

と言うことで、キックオフであります。

J1第11節 清水 0-4 川崎

例によって、よそ様の試合なんで、試合についての感想は、さらっと流し気味に。

時間経過で言えば、23分に小林悠の先制ゴール、前半アディショナルに脇坂の追加点で、0-2で前半を折り返すと、後半に入っても川崎ペースで試合は進み、80分に大島、後半アディショナルにレアンドロダミアンも決めて、0-4で川崎の勝利。

川崎、強いわ~

後半もアディショナルタイムに入り、時間稼ぎをして逃げ切ればいいものを、鮮やかなバイシクルで4点目を取った瞬間、「無関係なよそ者」として観戦していたワタクシも、思わず立ち上がったわ。
強い。
なんかねぇ、全選手の個人能力が高くって、なおかつ組織的なんだから、よそ者が見ていても楽しいのよ。
なるほどこれが、J1なのかぁ・・・・・

あとは、寄せの早さと厳しさが、目についたかなぁ。
ゴールキーパーにさえも、激しくプレッシャーにいっているのを見て。
隙あらばボールを奪ってゴールを決めると言う姿勢が、ありありと見えたなぁ。

清水もね、J2視点なワタクシからしてみると、確かに決定力が不足していると言うのはわかったが、そこまでの大差をつけられる試合だったのかなぁと言う気がしなくもなかったのだが、まぁそれが、J1なのでしょう。
試合内容に、スコアほどの差は無かったと思うんだが。
とは言え、中盤を川崎に支配され続けていたから、苦しかったであろうことは、おそらく間違いないかと。

そんなわけで、まぁ、現在の両クラブの勢いがそのまま結果に出てきたのかなぁ。
第三者としては、最後の最後まで非常に面白かった試合でありました。

| | コメント (0)

2019年5月 9日 (木)

J3第08節 北九州VS群馬

3日連続J観戦モード、最終日は、北九州に行ってきました。

この日は、北九州と熊本との2択だったんだけれども、豊肥本線が普通の今、大型連休中に代行バスで阿蘇を超えるのにどれだけ時間がかかるのか、まったく時間が読めないから、熊本行きはキビシイ。
北九州がどうこうと言うわけではないが、この組み合わせの試合、去年の連休中にも見に行っているんで、その意味ではさほどの面白さはないんだが、そんなゼイタクは言うまい。
北九州、今シーズンは好調のようで、チームがどう生まれ変わっているのか、そこをチェックするのが楽しみだ。

と言うことで、試合当日。

いい天気ですなぁ。
大分駅前から高速バスに乗って、小倉駅前へ。
到着後、テクテク歩いてスタジアムまではすぐ。
駅近くのスタジアムって、ほんと便利だわぁ。

そんなわけで、スタジアムに到着したのは、試合開始の2時間くらい前。
バスの時間の都合上ではあるが、若干早すぎたな。
いつもだったら、食料を求める所ではあるんだが、ホテルで朝食をたっぷりいただいた後だったんで、お腹がまったくすいていない。
それに、ぽかぽか陽気のいい天気過ぎて、今アルコールを投入したら、試合中に熟睡しそうな予感がして、見合わせることにする。

なので、バクスタで、ぼーーーーーっと過ごす。

やがて、選手たちがアップに出てくる時間たいですよ。
ホーム側は当然としても、アウェイ側も、人数多く無い割に、声がよーけ出ているな。
選手たちのアップが終わるころ、「そろそろいいだろう」と言うことで、びーるを買いに行く。
青空のもとで飲む、びーるうめぇ\(^o^)/

さて、北九州であり、群馬であります。

北九州、前述のごとく調子がいいですよね。小林監督招へいが、プラスに出ているのかなぁ。
これだけ素晴らしいスタジアムを抱えているし、そろそろJ2に帰ってきてるれなきゃぁ、困る。
一方の群馬、個人的にお友だちがたくさんいるんで、早くアウェイに行きたいんですわ。
グンマーの美味い食い物をたくさん食べたいし。
なおで、こちらも早くJ2に帰ってきて。
そんなわけで、個人的には両チームともに勝ってほしい試合、好ゲームを期待しよう。

と言うことで、キックオフであります。

J3第08節 北九州 1-0 群馬

例によって、よそ様の試合なんで、試合についての感想は、さらっと流し気味に。

時間経過で言えば、前半は双方ともにチャンスを作るもののなかなか決めきれなかったところを、アディショナルタイムに入った45分にセットプレイから岡村のゴールで北九州先制すると、後半に入ると北九州がうまく試合をコントロールして群馬を抑えることに成功し、、結局そのまま北九州の勝利。

うん、面白い試合でしたわ。
バクスタの前のほうで見たから、選手たちの迫力あるプレーがすぐ目の前だったということもあり。

なんだろうなぁ、結果が出ているからなのかもしれないけれど、北九州の選手たちが迷いなくプレーしている感じがして。

北九州、この調子で突っ走れるのかどうか。
ただ、J3ってそこまで簡単なリーグではないんだろうからなぁ。

| | コメント (0)

2019年5月 8日 (水)

J1第10節 大分VS鳥栖

アウェイ金沢遠征の翌日は、大分にJ1を見に行ってきました。

なんでこんなハシゴ観戦になったのかと言えば、金沢に行こうかどうか迷っていた時、すでにこの試合のチケットを購入していたからであります。
わりと行き当たりばったりやなぁ。
まぁ、J2からJ1に昇格してもなお、好調を維持しているチームを見に行くのは面白そうだと言うことで、そんなに突飛な思い付きではないとは思うんだが、全体的な計画性が雑ですわな。

と言うことで、試合当日。

金沢市内にホテルがない、そもそも、金沢に泊まっていたら、この試合に間に合わない。
なので、前夜は新大阪駅前に宿泊。
朝8時の新幹線から、小倉駅で高速バスに乗り換えて、大分到着。
所要を済ませてから、大分駅前のシャトルバス乗り場に向かう。
ところがそこには、長蛇の列が・・・・・
2台ほど見送って、ようやく乗れたバスで、スタジアムへと。

なんじゃこりゃぁ。 

一般入場口の列の最後尾、どこー
バス乗り場どころではない、長蛇の列が目の前に。
なおかつ、列がまっすぐでななくぐにゃぐにゃしているし、「最後尾」ってプラカードを持っている人が分かりにくくって、どこに並んでいいのかが分かんない。
ようやくみつけたその列の最後尾に並び、結局入場するのに15分くらいかかった。
それでもまぁ、ここに来る時の大体の定位置に空席を見つけて、確保。

それでは、食料を求めて、散策しますか。
と、スタジアムを一周したが、どこも列がすごい。
ぐるっと回って、一番列が短かったところに行ったが・・・・・
びーる、チューハイ、ソフトドリンクすべてソールドアウト。
しゃぁないから、黒霧をロックで。
芋焼酎うめぇ\(^o^)/

J1だったら日常光景なのかもしれないけれども、こっちは普段5,000人くらいしか来ないJ2を普段見ているからね。
人の少ないスタジアムも、楽な点があるんだなぁ。

そんなわけで、入場に時間がかかり、アルコールの調達に時間がかかったから、試合前の選手たちのアップはまったく見れていないのであります。
そうこうしているうちに、あっという間に試合開始の時間になりました。

さて、大分であり、鳥栖であります。

大分、前述した通り、いい感じっぽいなぁ。
それに、よそから見ていても、チーム内の雰囲気がいいと言うのはよくわかる。自信持っているんだろうね。
一方の鳥栖、なかなか苦しんでますね。
詳しくチェックしているわけではないから、原因は把握していないが。
ともかく、J1での九州のクラブ同士の対決、無関係なよそ者として、楽しんで見させてもらいます。
そんなわけで、好ゲームを期待しよう。

と言うことで、キックオフであります。

J1第10節 大分 2-0 鳥栖

例によって、よそ様の試合なんで、試合についての感想は、さらっと流し気味に。

時間経過で言えば、お互いにチャンスはあれども決めきれず、前半をスコアレスで折り返すと、後半に入り48分にオナイウ阿道のゴールで大分が先制すると、60分に小塚の追加点、鳥栖も反撃をするものも大分ペースで試合が進み、結局そのまま大分勝利。

うむ、大分強いわ。
なるほど、これが90分間徹底出来ていたら、そりゃぁ安定した戦いが出来ますわなぁ。
ボールを繋いで試合の流れを自分たちのやりたいようにコントロール出来ているんだから。
なおかつ、ただボールをつないでいるだけではなく、場面に応じて長いボールを入れたりと、進化させているようで。
そして、いい時間帯に先制出来たのも大きかったっすね。
まぁ、相手の守備のミスを付いたんだけれども、よくあそこに詰めていましたわ。

んで・・・・・

鳥栖、そんなに悪かった印象はなかったんだけれども、結果がでないっすなぁ。
ただ、今シーズンのここまでの戦績が示しているように、確かにゴールが決まりそうなチャンスの数は、そんなにはなかったかな。
とは言え、J2視点で見ていると、「これでJ1の最下位なのかぁ」と言う驚きもあるんだが。
まぁ、すべての歯車がうまく噛み合っていないと、こういう具合なのかなぁと。
ウチも順風満帆クラブではないんで、そこはわかんなくもない。

そんなわけで、現在の両クラブを取り巻く空気感が、そのまま結果に出てきたのかなぁ。
と、第三者としては思った次第であります。

うん、普段J2見ているからなのか、J1の試合は、純粋に面白い。

| | コメント (0)

2019年4月26日 (金)

B1リーグ第36節 福岡VS名古屋

と言うことで、今シーズン最終戦を見に行ってきました。

まぁ、いろんなことがありましたわなぁ。
それについては、どう触れたらいいのかよくわかんないんだけれども。
報道されている限りから推定すると、資金繰り云々の前に、ビジネスとして破たんしていますわな。
オーナーからの入金が止まることを事前に想定しておくのはムリなんで、そこはアクシデントだとはしても、その比率が収入の半分って、それは無茶ではないかと・・・・・

まぁ、そこについて論じるのはこれくらいにしておいて。

シーズン最終戦と言うことで、観客が多いことを想定。
早めに向かうことにする。

ちょうど、有効期限間際の「2枚キップの残り1枚」があったので、新幹線で向かうことにする。
9時過ぎの新幹線に乗って、博多駅で在来線に乗り替えて、千早駅。
路線バスで照葉へとむかい、試合会場に到着したのは、10時半。
そこそこの人が並んでいた、入場待機列に並ぶことにする。

11時になり、入場。
ここ最近は2階席が多かったんだけれども、この日は奮発して1階席。
早く行った甲斐があって、中央部のいい位置に場所を確保。
んで、コンビニに行っておつまみを購入して再入場、びーるをいただく。
午前中から飲む生びーるうめぇ\(^o^)/

あとは、グッズ売り場を冷かしたりして過ごす。
イマイチ、そそのかされるものがないんだよなぁ。
いい感じのTシャツとかあるはずなんだけれども、在庫切れなのか販売していない。
いや、ネットだったら買えるというのは分かるんだが。

しょうがないから、アルコールをもう一杯。
うん、飲み過ぎて眠くなった(汗)。

この日の対戦相手は、名古屋。
うん、まぁ、対戦相手がどうこうと言うのは、もうこの際関係ないですわな。
今シーズン最終戦、こういう状況で向かえたこの試合、何が何でも勝ってくれ。
それだけであります。
勝って終わろうぜ。

と言うことで、試合開始であります。

B1リーグ第36節 福岡 83-84 名古屋

えーと・・・・・・・・・・

QUARTER.1   16-18
QUARTER.2   25-15
QUARTER.3   16-14
QUARTER.4   15-25
EXTENSION   11-12

今シーズンの我がチームを象徴する試合だったな。
そんな感じや。

最初っから選手たちから気持ちが伝わってくる、そんな試合。
んで、前半をリードして終えると、第3クォーターでもリードを広げて、10点差。
そのまんまリードして試合を終えられるほど甘くはないというのは分かってはいたが、最終クォーターに入ってからもそのリードを保ち、残り5分を切る。

んで、そこから追い付かれてしまうというのが、うまくいかなかった今シーズンを象徴している。
時間の使い方が、致命的にうまく無いよなぁ。

しかしまぁ、最終的に負けたとはいえ、いい試合だったと思いますよ。
選手たちからは、最後まで勝ちたい気持ちが伝わってきた。
その点について、満足なのであります。

今シーズン、お疲れ様でいた。

さてさて、この先どうなるのかなぁ。

| | コメント (0)

2019年4月 2日 (火)

B1リーグ第31節 福岡VS琉球

と言うことで、土曜日は午前中お仕事につき、博多の森での試合には間に合わなかったので、福岡市総合体育館に行って参りました。

まぁ、はなっから博多の森をあきらめたら、そんなに焦って仕事を終わらせる必要もないですわなぁ。
と言うことで、2時間ほど残業して、15時半の新幹線に飛び乗る。
新幹線で博多駅、在来線に乗り換えて千早駅、そこから路線バスで照葉へと。
移動に要した時間は、1時間半弱。
新幹線を使ったら、そこまで時間かからずに移動できるな。

と言うことで、17時ちょっと前に、試合会場に到着。
う~ん、人が少ない・・・・・

取りあえず席を確保したら、いったん出てコンビニで食料調達。
アリーナ内にコンビニがあるのって、便利やわぁ。
もっとも、試合会場に飲食が充実している方がいいんだけれども(以下省略)。

この日の対戦相手は、琉球。
西地区トップのチームなんだが、どういうことだか、そこまで相性は悪くないような気がする。
まぁ、それはどうあれ、こっちはひとつたりとも負けたくない状況だからね
この試合、勝ってくれよ。
頼んだ。

と言うことで、試合開始であります。

B1リーグ第31節 福岡 59-70 琉球

えーと・・・・・・・・・・

QUARTER.1   16-20
QUARTER.2   13-17
QUARTER.3   15-16
QUARTER.4   15-17

じわじわ~っとやられていった、そんな印象であります。

悪くない序盤だと思うんですわ。
しかし、こちらが主導権を取れたわけではなく、チャンスがどれだけあったのかと言われたら、う~む。
申し訳ないけれど、さほど有効な手も打てず、気が付いたらつつがなく試合は進行して行っていた、と言う印象。

そんなわけで、敗戦。
悪くない試合だったとは思うんだけれども、しんどい状況ですわなぁ。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

その他サッカーなど 2004年 その他サッカーなど 2005年 その他サッカーなど 2006年 その他サッカーなど 2007年 その他サッカーなど 2008年 その他サッカーなど 2009年 その他サッカーなど 2010年 その他サッカーなど 2011年 その他サッカーなど 2012年 その他サッカーなど 2013年 その他サッカーなど 2014年 その他サッカーなど 2015年 その他サッカーなど 2016年 その他サッカーなど 2017年 その他サッカーなど 2018年 その他サッカーなど 2019年 ひたすら愚痴る むかしやってた企画 もぶろぐ 2004年 もぶろぐ 2005年 もぶろぐ 2006年 もぶろぐ 2007年 もぶろぐ 2008年 もぶろぐ 2009年 もぶろぐ 2010年 もぶろぐ 2011年 もぶろぐ 2012年 もぶろぐ 2013年 もぶろぐ 2014年 もぶろぐ 2015年 もぶろぐ 2016年 もぶろぐ 2017年 もぶろぐ 2018年 もぶろぐ 2019年 中身の無い日記 2004年 中身の無い日記 2005年 中身の無い日記 2006年 中身の無い日記 2007年 中身の無い日記 2008年 中身の無い日記 2009年 中身の無い日記 2010年 中身の無い日記 2011年 中身の無い日記 2012年 中身の無い日記 2013年 中身の無い日記 2014年 中身の無い日記 2015年 中身の無い日記 2016年 中身の無い日記 2017年 中身の無い日記 2018年 中身の無い日記 2019年 遠征記 2004年 遠征記 2005年 遠征記 2006年 遠征記 2007年 遠征記 2008年 遠征記 2009年 遠征記 2010年 遠征記 2011年 遠征記 2012年 遠征記 2013年 遠征記 2014年 遠征記 2015年 遠征記 2017年 遠征記 2018年 遠征記 2019年 2004年 J2福岡 (その他) 2004年 J2福岡 (試合) 2005年 J2福岡 (その他) 2005年 J2福岡 (試合) 2006年 J1福岡 (その他) 2006年 J1福岡 (試合) 2007年 J2福岡 (その他) 2007年 J2福岡 (試合) 2008年 J2福岡 (その他) 2008年 J2福岡 (試合) 2009年 J2福岡 (その他) 2009年 J2福岡 (試合) 2010年 J2福岡 (その他) 2010年 J2福岡 (試合) 2011年 J1福岡 (その他) 2011年 J1福岡 (試合) 2012年 J2福岡 (その他) 2012年 J2福岡 (試合) 2013年 J2福岡 (その他) 2013年 J2福岡 (試合) 2014年 J2福岡 (試合) 2015年 J2福岡 (試合) 2016年 J1福岡 (試合) 2017年 J2福岡 (試合) 2018年 J2福岡 (試合) 2019年 J2福岡 (試合)