2019年6月14日 (金)

水戸に行ってきました4

前回の続きであります。

翌日、9日日曜日。

仙台駅近くのカプセルホテル、目が覚めて枕元になる時計を見たら、8時13分。
まずいっ!!!!!
早い時間帯にスタジアムに到着しておくには、仙台駅を8時5分に出る新幹線に乗らなきゃいけなかったのに。
それもこれも、昨晩遅くまで(以下自粛)
ここから先は、考えるよりも先に、体が動いていましたわ。

8時13分に目覚めて寝坊に気付いたら、8時15分に顔も洗わず宿を飛び出す。
仙台駅まで小走りで向かいながら、スマホで次の便の時刻表検索をしていたら、出てきたのが8時20分。
それを見た瞬間、小走りから本気ダッシュに。
人込みをかき分けて駅に到着したのが8時18分。
これは間に合いそうにないと思いながらも、券売機にクレカを突っ込んで特急券を購入。
自動改札機を突破して、新幹線ホームのエスカレーターを駆け上がったら、8時20分発の新幹線の発車ベルが鳴っているところ。
目の前の列車が乗りたかった列車なのかどうか確認する間もなく、とびのる。

よくぞ間に合ったな。
ホテルを出てから7分で新幹線乗車って、旅慣れているワタクシでも、最速記録だと思う。
これは実に幸先がいい。
だから、この後の試合、今日は勝てるぞ!

と、ほっとしたのもつかの間。
なんと、昨夜スマホが充電されていない、電池残量が30%を切っている。
なので、宇都宮駅までの約1時間、新幹線の車中はスマホの充電に充てる。
早目に気付いてよかった、おかげで、80%くらいまで回復。
スマホをいじれないから、車窓を眺め、なぜか座席ポケットに入っていたJR北の通販パンフレットを眺めていたら、あっという間に宇都宮駅に到着。

 在来線への乗り継ぎ時間は、9分。
この時間を有効に使うべく、喫煙室でたばこタイム。なんせ、宿を出てからそんな余裕なかったからね。
そして、キオスクで朝食を調達してから在来線ホームに移動、実にあわただしい。

9時半過ぎに出る、逗子駅行の湘南新宿ラインに乗りましょう。
「座席に座って、寝たら死ぬぞ」コースなんで、そこそこ座席は空いていたけれども、いつものように運転席の後ろにかぶりついて、前方の景色を眺める。
まぁ、この区間は案外しょっちゅう乗っているんで、とくに見たいものがあるわけではないんだけれどもね。

10時ごろ、小山駅に到着。
4分乗り継ぎで、水戸線に乗り換えです。
・・・・・ん?
気が付いたら、8時5分の新幹線に乗ると言う、当初の予定コースに戻ってるぞ。
どうやら、時刻表の「平日に運転する列車」と「休日に運転する列車」を見間違えたのか、予定していなかった列車に乗っているっぽい。
これは実に運がいい。
だから、この後の試合、今日は勝てるぞ!

水戸線に通して乗るのは、案外久しぶりかなぁ。
車窓があまり変わり映えしないので、若干面白みに欠けますが。
途中の下館駅で、某鉄な人と偶然遭遇した後に、友部駅。
所持しているきっぷの事情から、ここでいったん改札口を出て、Suicaで入り直し、常磐線に乗って赤塚駅で下車。
この駅で電車を降りたのも、ずいぶん久しぶりだなぁ。
それはともかく、シャトルバスに乗りましょう。
東京方面から特急電車を使わずに来たら、この駅で降りることになるから、同士はいるかなぁと思っていたけれども、そうでもなかったか。

12時にスタジアムに到着。
ずいぶんひさしぶりだなぁ。

試合についてはすでに書いているので、割愛して、試合終了後。

帰りのスケジュールがタイトなので、試合終了後、小走りでシャトルバス乗り場に。
16時5分のシャトルバスに揺られ、水戸駅方面へと。
ずいぶんと裏道っぽい所を走っていく、前回来た時もルートはこんな感じだったのかは、もはや覚えていない。
やがて、水戸の市街地へと突入、前回来た時にこんな景色を見た覚えはないから、やはりルートは変わっているのかも。
それにしても、案外都会やなぁ。
16時40分に水戸駅に到着。
駅周辺の様子を観察する余裕は無いまま、改札口を突破し、特急電車へと。

品川駅行の特急ときわに乗車。
品川駅まで連れて行ってくれるんだから、羽田空港から帰るワタクシみたいな人にとって、かなり便利になりました。
乗車時間は約1時間半、特急電車の中では、試合観戦のお口直しに缶チューハイをごくごく。
あとは酔っぱらって寝ていたら、あっという間に品川駅に到着しておりました。

京急経由で羽田空港に到着。
時間帯的には夕食を取っておくタイミングなんだけれども、まったくおなかがすいていない。
なので、酔い覚ましに、みそ汁をいただくことに。
大都会の空港は、なんでも売っているなぁ。

それでは、福岡空港行きのひこーきへと。
機内ではタブレット端末でblogの更新作業。
なんせ、「3-0で勝った」と言う予定原稿だったから・・・・・

福岡空港に到着。
東北から水戸まで寒きって、初日の気仙沼あたりからずっと、レプリカユニフォームを着たまんまと言う状況だったのに、こっちは暑いぞ!

すぐにやってきた高速バスに乗って、O牟田市内へと。
一時間ちょっとで、自宅最寄りのバス停へと到着しました。
お疲れさまでした。
さっさと帰って寝ましょう。

と言うことで、水戸遠征記でした。
次回のアウェイ遠征予定は、来月の町田の予定であります。

| | コメント (0)

2019年6月13日 (木)

水戸に行ってきました3

前回の続きであります。

6月8日土曜日。

旅先にもかかわらず、じじいだから早起きなんで、午前6時に前に起床。
朝からリッチなお食事をいただいたら、9時前にホテルをチェックアウト。
本日も、気仙沼線BRTに乗って、出発。
バスの中から車窓を眺める。
なるほど、前回来た時と比べて、高台の方はだいぶ建物が立っているような気がするなぁと。
だんだんと学生さんが乗ってきて車窓を楽しめないくらいの乗車率に。

10時に、盛駅に到着。
宮古までのきっぷを買ったら、三陸鉄道に乗り込みましょう。
二両編成の列車は、ほどよく座席が埋まっている。
車窓を楽しみたいところではあるが、まぁ、トンネルが多いですなぁ。

一時間ちょっとの乗車、釜石駅をスルーして、11時過ぎに鵜住居駅で下車。
次の列車まで1時間開いているので、ラグビーワールドカップのスタジアムを見に行きましょう。
最初、駅から反対側方向を目指して歩き始めると言うロスがありつつも、建設中のスタジアムの前に到着。
小雨が降っているけれども、この日も工事の真っ最中。
工事のお邪魔にならないように、若干離れて見物する。ってか、建設中だから、あまり近寄れない。(当たり前や)
なるほど、お金がかからないように作られているんですね。
メインもバックも、上層部は仮設スタンド、大会が終わったら解体して、キャパを小さくするようになっていると。
それでも、常設で6,000人収容とのこと。
J2の公式戦は出来そうだが・・・・・
グルージャがここで公式戦をやるには、盛岡から遠すぎかなぁ。
一度でいいから、完成したあとここでの公式戦を見たいものであります。

なんだかんだで20分くらいスタジアムを眺めてから、駅へと戻る。
駅前に、東日本大震災の資料館的なものがあったので、時間調整でのぞいてみる。
入場料無料の施設なんだが、これが「時間調整」と言うにはあまりにも展示物が充実していて、見入ってしまう。
被災者の方の生の声だからね、本当に生々しい。
そもそもが、「なんで、市街地ではなくこの地区にスタジアムを作るの?」程度の知識の人間だから、この地区で、ここまで大きい被害が出ていたことを、まったく知らなかった。
列車の時間になり、踏切の音が聞こえてきたので、慌てて資料館を後にし、駅へとダッシュ。
もう少しじっくりと拝見したかったが、裏を返せば、再訪する理由が出来たな。

12時半、鵜住居駅から宮古駅行の列車に乗車。
雨は小雨だけれども、やまない。
スケジュール的には、途中もう一か所降りれるんだけれども、雨だし寒いしで、そんな気分になってくれない。
「いい感じの駅があったら、降りてみよう」そんなノーアイデアで乗っていたんだが、結局宮古駅まで乗り通してしまった。
それにしても、この列車、団体様が一組乗っていてかなりの乗車率。
バスが待ち構えている途中駅で降りて行ったが、また別の団体客が乗ってきた。
三陸鉄道の支援の意味合いもあるんだろうけれど、団体様が二組も乗ってきたから、この列車は利益出ているかもですな。
いい感じであります、頑張ってほしい。
んで・・・・・
盛駅~釜石駅の南リアス線とは打って変わって、この区間は、線形が悪くて速度が出ないなぁ。
とついったで呟こうとしたら、スマホが圏外だったところを走ってた的なこともあったくらいで。
なので、時間がたってからが、正念場なんでしょうな。

14時ごろ、宮古駅に到着。
予定では、ここから盛岡駅まではバス移動のつもりだったが、JRのホームに見慣れない臨時列車が停まってる。
なので、急いで駅の窓口に駆け込んで、東京までのきっぷと停まっていた臨時快速列車の指定席券を買いに行く。
目的地は水戸なんだけれども、水戸までのきっぷを買うよりも、宮古~小山~友部~東京まで通しで買って、友部から乗り越し料金を払う方が、たぶんお得なんで、駅員さんに複雑な行程をリクエストして発券してもらった。

それでは、さんりくトレイン宮古に乗りましょう。
うん、せっかくの新しい車両による観光臨時列車なのに、乗客の数は、二両あわせてようやく二ケタに乗る程度。
まぁ、しょうがないけれども、これが需要でしょうなぁ・・・・・
盛岡駅までは、約2時間半の旅。
車窓が素晴らしくてしばらく見とれていたんだけれども、さすがに途中で飽きてきた。
なので最後の方は、寝ていたかなぁ。

16時半ごろ、盛岡駅に到着。小休憩して東北新幹線に乗り、17時半。
この日のうちに水戸まで移動しようと思ったら、全然たどり着くことができる時間帯ではあるものの、仙台駅でいったん下車。
駅前のホテルにいったんチェックイン。
その後なんだかんだあってからの、駅前のホテルに戻ってきたら、翌日のことも考えて、さっさと寝ることにしましょう。
おやすみなさい。

と言うところで、長くなるんで、いったん切ります。

| | コメント (0)

2019年6月12日 (水)

水戸に行ってきました2

水戸遠征記、本編であります。

6月7日金曜日。

基本的にのーみそがお子ちゃまなんで、遠征に出る日は早く目が覚めちゃう。
なので、午前5時半には起床。
起きてみたら、雨風が強いですな・・・・・
もしも万が一、高速道路が通行止めになって、高速バスの空港到着が遅れたら、これはまずい。
なので、当初は7時前の高速バスに乗って出発するつもりだったけれども、一本早めて、6時過ぎに出るやつに乗ることにする。
早く目が覚めてよかったですわ、と言うことで、6時前に自宅を出る。

福岡空港到着、7時半。
はい、ほぼ定刻に到着しましたね。
特段やることも無いので、サクッとセキュリティゲートをくぐって中に入り、さっそく遠征中の時間つぶしの恒例行事。
blogの更新であります。
このあとの、水戸戦の予定原稿を作り始める。 
とりま、「3-0で勝利」くらいでよろしいかな?

時間が来て、仙台空港行きが出発する時間であります。
いそいそと乗り込みましょう。

やっぱり、悪天候なのね。
離陸時、少しいやーな感じに、左右に振られる。
それはいいとして、一つ誤算が発生。
この機材、ネットにはつなげないんだった・・・・・
その事実に、離陸後に気づいてしまった。
となると、雲の上を飛んでいて景色がまったく楽しめない以上、機内誌を熟読したら、あとはもう寝るしかないですなぁ。

11時、無事に仙台空港に到着。
もしも早着してくれたら、11時ジャストに仙台空港駅を出る電車に乗りたかったんだけれどもなぁ・・・・・
と言うのも、その後の行程が、乗り継ぎが完璧すぎるがゆえに、休憩するポイントが取れないのよ。
まぁ、しょうがない。
券売機で柳津駅までの切符を買ったら、一応予定通りの、11時27分の電車に乗って、出発。

この区間は乗り慣れているんで軽く流して、仙台駅に到着したのが11時44分。
んで、乗り継ぐ小牛田行きの列車が11時50分発、バタバタとホーム移動。
列車はそこそこ高い乗車率で、座席はすべて埋まっていたが、運転手の後ろにかぶりついて前方の車窓を眺めるワタクシにとっては、無問題。
まぁ、この区間にはあまり乗る機会ないからね、進むにつれて座席が空いてきたけれども、相変わらず立ちっぱなしで窓に張り付く。

 若干遅れて12時40分過ぎに、小牛田駅到着、乗り継ぐのは12時41分発の石巻行きなので、やはり余裕が無い。
んで、数駅進んで、13時に前谷地駅に到着、隣のホームにとまっていた柳津駅に乗り換えると、列車は直ぐに出発

うん、ここまでくると、車内には「同士」しかいなさそうやな。。。

13時23分、柳津駅に到着。
鉄道が走っているのはここまでなんで、BRTに乗り換えです。
10分ほどのインターバルがあるので、ここでようやくたばこタイム。

それでは、休憩もとれたので、BRTに乗り込みましょう。
Suicaが使えるのは助かるなぁ。
ってか、仙台空港から通しで切符を買う方が安くなるんだけれども、前述の通りのキツキツのスケジュールだったんで、途中で精算できなかったのよ。

んで・・・・・・・・・・
まぁ確かに、金曜日のお昼と言うこともあるけれども、乗客数4人(しかも同業者ばかり)と言う状況では、鉄道の復活は難しいだろうなぁ。
そんなバスの車内に乗って思うことは・・・・・
せっかくの公団建設線、長大トンネル&踏切も無い立体交差と言う好条件のこの路盤に、バスを走らせているのは、もったいないなぁ。
あと、沿線には高規格道路の三陸道が並行していて、インターへ誘導する道路看板が目につく。
車移動が便利になったら、そりゃぁ鉄路は不要ですわなぁ。

それはさておき、リアス式海岸ですね。
長い長いトンネルを抜けたと思ったら、目の前に海と、地形の変動が目まぐるしい。
おかげで、旅行者にとっては、景色が変わって楽しいんだけれども、その影響で、津波被害が・・・・・
途中の志津川駅周辺、ニュース映像などを見ているんで、知識としては知っていたけれども、いまだ工事中で広大な土地が広がっている光景をバスの中から目の当たりにすると、言葉も出ない。

一時間ほどバスに揺られて、14時半ごろ本吉駅到着。
ようやくこのあたりから、乗客が増え始めました。
これくらい乗客がいるのなら、このあたりからだったら、鉄路を復活させてもいいのかなぁと言う感じに。
それでもまぁ、採算ラインに乗せるのは困難なんだろうけれども。

やがてバスは、気仙沼市内に。
このあたり、おそらくは、かつて2014年の冬、気仙沼市内に一泊したときに歩き回ったところの近くを走っているんだろうなぁとは思ったが、その時と比べると建物がだいぶ増えているんじゃないかなぁと、これは旅行者の印象ではあるんだが。

15時半過ぎ、気仙沼駅に到着。
BRTに2時間乗りっぱなしは、少々疲れました。
ここで30分ほどのインターバルが出来たので、ようやく休憩時間、遅ればせながらのお昼ご飯タイム。
もういい時間帯でしょと言うことで、缶びーるプシュ。
それにしても、東北地方は、寒いなぁ。
ここまでTシャツ一枚で過ごしていたけれども、はっきり言って寒い。
何かを上から着たいけれども、今回持って来ている衣類と言えば・・・・・
福岡のレプリカユニフォームを、ここで装着。

大船渡線のBRTに乗りましょう。 

ここからは、上記の2014年以来の乗車ですね。
その時から、一部道路が変わっているようで。
気仙沼線のBRTに引き続き、並行して三陸道が出来ていて、一部それを利用しているっぽいですね。

やがてバスは、陸前高田市内へと。
奇跡の一本松バス停で下車、せっかくきたから、てくてく歩いて一本松を見に行くことに。
寒い中をてくてく歩いて、到着しました。
と言うよりも・・・・・

一本松の背後にある建物に、目を奪われてしまう。 

個人的な思い出なんですけれどもね。
今から二十数年前の二十歳の時、生まれてはじめてのひとり旅で宿泊した、陸前高田ユースホステル。
その時、宿の御主人に大変親切にしていただいたことを、今でも覚えている。
はじめてのひとり旅で右も左も良くわからなかった自分に対し、「ここを見ておくといいよ」「これを食べておくといいよ」と言ったように、いろいろアドバイスして頂いた。
おかげで、その後の旅程を組みなおす羽目になったけれどもさ。(笑)
目の前の建物を見ていると、「あぁ、あの階段を上って二階の部屋に行ったなぁ」とか、その時のことが思い出されるわけですよ。

じっと立ち続けているのもなんなので、名残惜しくも、去ることに。
復興作業の真っ最中で、ようやく建物がぽつぽつ立っている中を歩く。
このあたりは、復興はまだまだだなぁと思いながら。
徒歩30分ほどで、この日のお宿に到着しました。
ホテルのロビーには川崎のポスターが貼られてあり、ファンクラブの申込書が置いてある。
客室に入り、荷物を下ろしてひと段落したら、事前に検索で調べておいた、近くにある食堂へと。
ホテルに戻り、部屋で軽く飲んでいるうちに、眠気に襲われてしまい、おやすみなさい。

と言うところで、長くなるんで、いったん切ります。

| | コメント (0)

2019年6月11日 (火)

水戸に行ってきました1

と言うことで、水戸に行ってきました。

観戦記のところでちらっと書いていたけれども、このアウェイ遠征に行くことは、今シーズンの日程が発表されたときから決めておりました。
日曜日の昼間と言うことで、比較的行きやすいと言うのは、もちろん大きい。
が、それ以上に、水戸にはしばらく行けていなかったから、チャンスがあるんだったら行っておきたいなぁと言うのがありまして。
と、行く前は「水戸にはしばらく行けていないなぁ」と思っていたんだが、今しらべてみたら、2010年以来の遠征だった。
かなり間が空きすぎ。
なんでここまで間隔があいてしまったのか、自分でもちょっとわからないな・・・・・

そんなわけで、水戸に行くことは早くから決めていたんで、あとは、ついでにどこに行くか、ですよね。
シフトの関係で土曜日もお仕事がお休みだったんで、この日は一日自由に動けるし。
自由に動けるんだったら、多少遠い所でも行けそうだなぁ。

そんな時に思い出したのが、三陸鉄道の全線開通。
「鉄」としては、運営主体が変わったからには、乗り直しに行かなくてはならない。
それ以前に、三陸方面の今を、見ておきたい。
実は、GWの金沢遠征の時にも、こっち方面に足を運ぶことの検討はしたんだが、「金沢から岩手県に移動する」のは、想像以上にハードルが高い、しかも、連休中で交通費が高かったので、断念。 

今回、ようやく行けそうだと言うことで、行程をあれやこれやと検討。
さすがに、土曜日一日で、福岡から移動して三陸鉄道に乗るのはムリがあるんで、前日の金曜日に有給を取得することにする。
金曜日のひこーきでいわて花巻空港に飛んで、宮古あたりまで移動、一泊した後に翌日、三陸鉄道に乗車。そのまま仙台あたりまで移動して一泊し、日曜日に朝から水戸に向かう。
うん、現実的な行程ではなかろうか。
有休の取得にも成功したから、それではさっそく、ひこーきを抑えちゃいましょう。

 ・・・・・金曜日なのに、花巻空港行きのひこーきが、満席や!

さて困った、どうしよう。
そんな事態、想定外だわ。
とは言え、有休は取得済みだし、いまさら他の行き先を考えるのは、めんどくさいぞ。

まぁ、若干悩んだんだけれども、これが「怪我の功名」だった。
「仙台空港から入って、行程をひっくり返せばいいんだ」と気付いて、土曜日仙台宿泊から逆算してルートを作って行ったら、盛駅を10時に出ることになった。
と言うことは。陸前高田に宿泊できるな。
さらに前につないでいくと、当初は予定していなかった、気仙沼線のBRTにも乗れることが判明。

と言うことで、いいプランが出来上がった 。
金曜日と土曜日の二日間、三陸方面を巡って、時間が合えば現地でふらふらして、そして日曜日は水戸で試合観戦。
それでは、仙台空港行きのひこーきと、陸前高田のホテルを押さえましょう。

本来だったら、水戸に宿泊して、周辺の観光とかをやるのが、Jの理念に合うんだろうなぁとは思う。
が、水戸市周辺で見たいものが、特に思い当らなかったんすよね。
って、偕楽園にすら行ったことがないのに、こんなこと書くのは申し訳ないが。
「鉄」的には、ひたちなか海浜鉄道なんだけれども、もう何度も乗っているし、那珂湊の市場でメシ食ったこともあるから、まぁいいかと言う感じで。(汗)

そんなわけでの、東北遠征となりました。
どうやらワタクシ、東北が好きなようで、なんだかんだと理由をつけては、ほぼ毎年のように言っているような気がする。
なんといっても、メシが美味いからね、東北は。
もっとも、びんぼー旅行なんで、食費は極力削る主義ではあるんだけれどもさ。

と言うことで、最終行程が決定。
久しぶりに、鉄分が若干濃い目の遠征になりそうですな。
大変楽しみであります。
昨今仕事でストレスがたまりまくりなんで、ちょうどいい憂さ晴らしになりますわ。

以上、前フリ終わり。
次回から本編に入ります。

| | コメント (0)

2019年5月31日 (金)

東京に行ってきました3

前回の続きであります。

翌日、12日日曜日。

この日は少し遅めで、8時ごろに目が覚める。
んで、他に特に行きたいところが思いつかなかったから、朝食をがっつりといただいた後は、チェックアウトギリギリまでホテルで粘ることにする。
早い時間帯に、川崎のレプリカユニフォームを着ている人が、数組チェックアウトしていったけれども、ワタクシはそこまで急がなくてもいいでしょ。

10時前にホテルを出て、清水駅方面へテクテク。
駅前のシャトルバス乗り場、早くも長蛇の列だったけれども、入場開始時間は11時半と言うことで、まだ行かなくても良かろう。
んで、その近くのバス停が「三保松原行き」、しまった、早起きしてここを観光しても良かったなぁと思ったが、後の祭り。
とりあえず、時間つぶしで、清水駅からJRに一駅だけ乗車、隣駅で降りて、静岡鉄道に乗り換え。
はい、単に静鉄に乗りたかっただけであります。
めったに乗る機会が無いからね。
乗車時間は数分、「満喫した」とは言い難いけれども、まぁ満足。

新清水駅に到着、シャトルバスに乗ってスタジアムへ。
時間をずらしたのが功を奏したのか、途中乗車だから立つことにはなったけれども、全然混雑していなくって、快適。
車窓を眺める余裕が全然あった。
それにしても、スタジアムが近くなると、各駐車場ごとに警備員さんがいて、いったい何人の人が駆り出されているんだろう。
J1って、運営に人とお金をかけているんだなぁ。
とは言え、「よその家の個人の駐車場に、勝手に車を止めないように」ってことで、これだけたくさんの人が配置されていると言うのは、これまでいろんなトラブルがあったのかもと思うと、単純に羨ましい話ではないんだろうが。

11時にスタジアムに到着。
ここに来たのは、我がチームとJ1で対戦した時以来だから、いったい何年ぶり・・・・・
調べるのは、辞めておこう。(汗)

試合についてはすでに書いているので、割愛して、試合終了後。

試合終了後は、静岡駅行のシャトルバスに。
ネット上では、待ち時間等に対して不満の声も見たことあるけれども、よそ者からしたら、ここはシャトルバスの運営がスムーズだよなぁと、毎回来るたびに思う。
バスの投入台数が半端ないよなぁ。
そんなわけで、1時間後の17時11分には静岡駅に到着しておりました。

まぁ、静岡駅から新幹線で九州に帰ろうと思うと、決して利便性がいいわけではないっすよね。
O牟田に帰り着く最終が、18時11分発、その前だと、17時11分発。
はい、たったいま出て行ったばかりですわ。
もちろん、乗れるとは思っていなかったんで、最終の便の指定席を押さえております。
「新幹線は自由席派」なワタクシでも、静岡駅からの途中乗車だと、さすがに指定席を買いましたわ。

と言うことで、1時間の空き時間があったので、夕食をいただくことに。
静岡名物の、牛丼を。(名物ではない)
あとは、お土産をゆっくり物色する余裕もあった。

それでは、新幹線に乗って帰りましょう。
18時11分発、途中で乗り換えて新O牟田到着は23時25分。
5時間以上の、苦行や・・・・・
車内では、長い時間が取れることもあり、昨日見た試合とさっき見た試合のblogを書き始める。

新大阪駅で、さくらに乗り継ぎ。
なるほどこれが、福岡で夜遊びしたあと、博多駅から23時前に乗る最終さくらになるのね。
上記の通り、さくらの指定席に乗るのは初めてだったけれども、4列シートは快適や。
それにしても、がらがらやなぁ。
引き続き、blogの作成作業に当たるも、それでも時間を持て余す。
となったら、あとは飲んで寝るしかないですわなぁ。

苦行に耐えて、新O牟田駅に帰ってきました。
お疲れさまでした。
さっさと帰って寝ましょう。

と言うことで、東京遠征記でした。
次回のアウェイ遠征予定は、来月の水戸の予定であります。

| | コメント (0)

2019年5月30日 (木)

東京に行ってきました2

東京遠征記、本編であります。

5月11日土曜日。

午前6時に起床。
んで、7時の高速バスに乗って、出発。
はい、いつもの関東遠征と比べたら、出発時間が遅めですな。
と言うのも、SFJ、始発便が取れずに9時の便になってしまったから。
高速バスの中では、当然熟睡。

8時すぎに、福岡空港に到着。
一方で、予約していたひこーきの出発時刻は、午前9時過ぎ。
1時間ほどのインターバルがあるけれども、まぁ、O牟田からの高速バスの本数が削減されているから、このあたりはしょうがない。

しばらく空港ターミナル内をふらふらしてから、ひこーきに乗り込む。
SFJなんで、機内でインターネットは出来ないんだけれども、久しぶりの乗るんで、機内誌を熟読しながら、パーソナルモニターでテレビ見ながら、オーディオ聞きながらと、何かと忙しい。
SFJ、福岡のFM局でしゃべっている人がナビゲートしてるのが、いいよね。

11時過ぎ、羽田空港に到着。
まっすぐ飛田給に向かっても早いから、ちょっと寄り道を。
たまに大都会に来るんだったら、特には何の目的は無くっても、大型書店に立ち寄りたくなりますよねー
土曜日だからモノレール経由で、新宿駅へ。
欲しくなるような書籍は無かったけれども、何点か購入できてまぁ満足。
いい時間調整が出来たので、京王新宿駅でカレーをいただいてから、スタジアムに向かう。
なんせ、スタジアムグルメには全く期待できな(略)

久しぶりに降り立つ飛田給駅。
駅周辺の様子は、変わっているような、変わっていないような。
んで、キックオフの1時間前、スタジアムに到着。
ほぼ計算通りですな。

試合についてはすでに書いているので、割愛して、試合終了後。

試合終了後は、そそくさと移動開始。
この後の予定については、実は2パターン作っていて、どっちにするかは当日のノリで決めることに。
ひとつは、さっさと静岡に移動して、某お店でハンバーグをいただくこと。
しかし、試合結果がアレだったこともあり、食欲よりも疲労回復に努めることにして、もう一つのパターンの方を選択。

と言うことで、ここのところ激務が続いてちょっと疲れていたんで、ネットで見つけてたマッサージのお店に行くことに。
はじめてだったんだけれども、これが、良かったんですわー
東南アジア系のオイルマッサージだったんだけれども、気持ちよくて癒されて、寝てしまいましたわ。
大都会って、こういうサービスが受けられるのが、いいなぁ。
我がO牟田では・・・・・

すっきりして、山手線で品川駅へと向かう。
品川駅構内の、いつものお蕎麦屋さんへ。
・・・・・お財布の中身的に、このお店一択になってしまう。
おそばの大盛りで満腹になってから、東海道新幹線。
新幹線の車内では、当然、プシュ。

1時間ほどの乗車時間で、静岡駅に到着。
引き換えすことになるので、いったん改札口を出てから入りなおす。
鈍行列車に乗って数駅、清水駅に到着。
駅前のホテルにチェックインしたら、移動の疲れもあり、さっさと寝ることにする。
おやすみなさい。

と言うところで、長くなるんで、いったん切ります。

| | コメント (0)

2019年5月29日 (水)

東京に行ってきました1

と言うことで、二週続けてのアウェイ遠征で、東京に行ってきました。

観戦記のところでちらっと書いていたけれども、このアウェイ遠征は、割りと早い段階で決めておりました。
まぁ、今年最初の関東遠征が楽しみだったと言うこともあるし、考えてみたら、味スタって長らく行けていないような気がして。
しばらく行っていないんだったら、やはり行きたくなっちゃいますよね。

ところが、大型連休が終わった後なんで、ひこーき代も安いだろうと思っていたのに、案外高いのよ。
油断していましたわぁ。
この時期に、片道で軽く2万円を超えるというのは、正直言って計算外。
と言うことは、ちょっと考えちゃいますね。
ビジネスパックを取って単純に往復したら、全然安くなるんだけれども、それだと行程が面白く無い。

と言うのも、いろいろとネタを考えていて。
せっかく味スタに行くんだったら、「調布飛行場」を使いたいと言うのは、当然のこととして思いますよね。
なので・・・・・
金曜日の午後から半休を取って、羽田空港に飛んだあと、夜行フェリーで伊豆大島あたりに移動して、土曜日の午前中のひこーきで調布飛行場に飛ぶ。
と言うネタは早い段階で思いついていたものの、夜行フェリー利用につきホテルが不要、となるとビジネスパックが使えない。
それに、伊豆大島滞在時間が3時間程度となると、観光する時間も取れず、いったい何しに行くんだ状態。

だったらと言うことで、行程をひっくり返して、日曜日の午前中に調布飛行場から伊豆大島に飛んで、ジェットフォイルでとんぼ返りする、と言う行程を考えてみる。
これだと、ビジネスパックは利用できる。
利用できるんだけれども・・・・・
文字通り「とんぼ返り」で、観光している時間がほぼ取れない。
日曜日の羽田空港からの最終便には間に合わないから、もう一泊して月曜日に帰ることとなる。
それもまた、厳しい行程だよなぁ。
大型連休が終わった後で、月曜日に有給休暇を取る。
根回ししたら、取れないこともないけれど、その後の仕事のスケジュールが飛んでもないことになりそうや。

ここまで考えて、いろいろと悩んだ末に、調布飛行場をあきらめる。

だったら、サッカー観戦に専念することにしよう。
土曜日に味スタに行って、日曜日にどこかでJ1を見て帰るという、サッカー観戦以外の要素がない遠征。
まぁ、それのどこに不満を感じるんだと言われても、返す言葉はございませんが。(汗)

と言うことで、他の試合のスケジュールをチェック。
J2も含めるとなったら他にも選択肢はあったけれども、J1限定となると、選択肢が少ない。
んで、その数少ない選択肢の中から考えたけれども、「土日の2日続けて味スタ遠征は、面白みがなさすぎるよなぁ」となると、清水が選択肢から残ったわけで。

と言うことで、土曜日味スタ、日曜日清水までは決まった。
が、ここで再び困ったのが、行程。
清水で試合を見てから羽田空港に戻っても間に合わないし、静岡空港の最終便にも間に合いそうにない。
となると、新幹線で帰ってこざるを得ない。
金沢に続いての、二週連続での新幹線での長距離移動かぁ。
正直言って、気乗りしないなぁ。
しかし、そうしないと帰ってこれないので、やむを得ない。

かくして、方針は決まった。
結局、行きはひこーき、帰りは新幹線。
と言うことは、結局ビジネスパックは使えないな。

せめてもの旅費を減らすために、いつもだったらJALで行くところを、SFJで行くことにする。
マイレージ云々はあるけれども、片道で1万円の差がついているんだから、そこは妥協せざるを得ない。
まぁ、たまにはくろいひこーきに乗るのもいいだろう。

そこまで調整した後で、清水戦のチケット発売日から数日後、ぼーっとしていて気がついたら、Jチケとぴあでソールドアウトになっていたということが発生してしまったわけで。
他のチケットサービスでも扱っていたので、仕事を途中で抜け出してコンビに走り、無事にゲット。

と言うことで、最終行程が決定。
土曜日・日曜日とサッカー観戦するだけで、ネタ要素がまったくない遠征に。
それにしても、今年はネタ遠征が出来ていないなぁ。

以上、前フリ終わり。
次回から本編に入ります。

| | コメント (0)

2019年5月24日 (金)

金沢に行ってきました4

前回の続きであります。

翌日、5日日曜日。

前の日遅かったんで、8時ごろ目が覚める。
前日に続いて、ホテルでがっつり朝食をいただいてから、9時過ぎの高速バスに乗って、小倉へと戻る。
うん、これだったら前日のうちに、小倉に移動することもできていたよね。

小倉へと向かう高速バスの中では、前日の大分戦のblogを書き始める。
3日間で3試合観戦は、実に忙しい。
そんなわけで、タブレット端末に向かって集中していたら、あっという間に小倉駅前に到着ですよ。
時間は、12時前。

スタジアムは直ぐそこにあるんだけれども、試合開始時間まであと2時間もある。
街中にあって交通の便が良すぎるのって、いいわぁ。
なので、駅の周辺で時間をつぶしても良かったんだけれども、金沢で買ったお土産と大分で買った私物の買い物袋で、両手がふさがっている。
重くってしょうがないから、さっさと入場することに。

スタジアムに入場。
ちょうどお昼時ではあるんだけれども、朝食を食い過ぎたおかげで、まったくおなかがすかない。
なので、バクスタでぼーっと過ごす。
ぽかぽか陽気のいい天気だったおかげで、びーるを飲んだら寝落ちしそうだったので、試合直前までガマン。

試合についてはすでに書いているので、割愛して、試合終了後。

あとは、帰るだけですな。
金沢駅からの復路の切符があるんで、小倉駅から新幹線。
なんだかんだあって、新O牟田駅に帰り着きました。
ただいまー

と言うことで、金沢遠征記でした。
次回のアウェイ遠征予定は、ってか、もうすでに行ってきたんだが、東京であります。

| | コメント (0)

2019年5月23日 (木)

金沢に行ってきました3

前回の続きであります。

翌日、4日土曜日。

いつもの癖が抜け切れず、朝6時半には起床。
お年寄りは、朝が早い。(汗)
普段は軽くしかいただかない朝食をがっつりいただいてから、ホテルをチェックアウト。
新大阪駅を8時前に出る新幹線に乗りましょう。
東京発のやつではなく、新大阪駅始発のさくらを選んだんで、やはり自由席でも余裕で座ることができた。

新幹線の中では、昨日金沢に行く途中で書いていたblogの修正作業を。
なんせ、「3-0で勝ちました」ってな内容になっていたので、大幅に修正する必要ががが。
なんだけれども、朝早い時間にテンション上げて書いていたから、えらくポジティブな内容になってしまった。
いや、正確に言えば、前日のついったのTLの雰囲気が悪かったんで、半ば無理矢理ポジティブな内容に持って行ったというのが、正直なところ。
1時間ほどで作業完了。おかげでなかなかいいものが出来たのではなかろうかと。
あとは、ときどき車内をうろうろしながらも、ぼーっと過ごす。
朝早い新幹線だからね、前日と比べても混雑具合がそこまでなかったと言うこともあり。

ほぼ10時に、小倉駅到着。
ここから大分までは、高速バスで移動することに。
JRの特急を使ったら、短時間で移動できるし、ひいては新大阪駅を出発する時間も後ろ倒し出来たんだけれどもね。
なんせ、高速バスだと片道1,500円と言うのは、かなりおいしい。
ってか、O牟田~福岡空港の高速バスよりもお安いのは、なんでやー

駅ビルをふらふらして時間をつぶしながら、30分後にやってきた高速バスに乗車。
誰も乗っていない印象があったけれども、なぜかこの日は満席近い。
高速バスの中でも、タブレット端末を使ってblogをいじり始めたけれども、新幹線とは違って、高速バスだと小刻みに揺れて作業がしづらい。
なので結局、タブレット端末は閉じてお休みタイム。
高速道路は順調に進んでいたし、たぶんそうだろうと見越しての高速バス移動だったんだけれども、さすが連休の真っただ中。
別府インターを降りるところから、道路が断続的に混んできた。
ってか、バスの乗客のほとんどが、鉄輪と別府北浜で降りたのは、予想外だった。
このバスが満員だったと言うのは想定外だったけれども、みんな、観光目的で乗っていたのね。

結局大分に到着したのは、定刻よりも30分くらいは遅れたのかなぁの、13時半過ぎ。
それでも、試合開始まではあと2時間以上あるし、そんなに早くスタジアムに行ってもしょうがないからと言うことで、お買いものを。
新しいおぱんつが欲しかったし、夏に備えてのサンダルも欲しかったので。

買い出しの大荷物を抱えて、大分駅前まで路線バスで移動すると、目の前には・・・・・
駅ビルの方まで続いている、半端ない長さの、待機列。
福岡戦の時は、ここまで長くないぞー

試合についてはすでに書いているので、割愛して、試合終了後。

無関係な第三者なので、大分の選手たちが喜ぶ様子やインタビューはスルーして、さっさと観客席を後にしたんだけれども・・・・・
行きとは比べ物にならない、更なるバス待ちの大行列が、目の前に。
正確には分かんないけれども、1時間くらいは待ったかなぁ。
試合終了が18時。
そして、シャトルバスに乗って大分駅前に戻ってきたのが、19時半。
最初は、ネカフェ泊まりを覚悟していたが、たまたま偶然、2日前に某ホテルに空きが出たのを見つけて、即押さえたから、そこに直行。

ご飯を食べにホテルを出て、その後なんだかんだあって、ホテルに戻ってきたのは1時半。
疲れたから、さっさと寝ましょう。
おやすみなさい。

と言うところで、長くなるんで、いったん切ります。

| | コメント (0)

2019年5月22日 (水)

金沢に行ってきました2

金沢遠征記、本編であります。

5月3日金曜日。

午前5時に起床。
そそくさと荷造りをしてから、5時半前に自宅を出る。
自宅から歩いて行けるところに、タクシー会社の待機場があって、いつもだったらそこにはタクシーが止まっているので、始発の新幹線には余裕で間に合う。
いつもだったら、車を運転して行くところなんだけれども、行ってみて駐車場が埋まっていたら、アウトだからね、リスクヘッジ。
ところが、この日に限って、タクシーが待機していない。
焦ってお電話したところ、「10分から15分くらい待ってください」とのこと。
やべぇ、間に合わないかも。
到着がギリギリになってしまう。
そもそも、まだ切符を購入していないぞ・・・・・

幸いなことに、5分ほどでタクシーはやってきて、難を逃れる。
運転手さんと軽く会話したけれども、この時3台しかタクシーは稼働していないとのことで、フル稼働との事。
やはり、タクシーの運転手さんも、大型連休中は休みを取りたくなりますよね。
それで当然だと思う。

新O牟田駅に到着。
・・・・・駐車場、がらがらやんかぁ。
それはさておき。
オレにしては大変珍しいことに、「新O牟田~金沢の単純往復」と言うシンプルなきっぷゆえに、窓口で即発券してもらえた。
それでは、6時過ぎの始発の新幹線に乗って、出発。
始発だから、連休中だとは言え、余裕で座れますわな。

んで、乗っているのは新大阪駅だから、そのまま乗り続けていても悪くは無いんだが、途中駅でのぞみに追い抜かれて、新大阪駅に到着するのは遅くなる、ゆえに、金沢行きへの特急も1本遅い便になってしまう。
そしたら、スタジアムに到着するのが、本当にギリギリになってしまう。
と言うことで、博多駅でのぞみに乗り換え。
これも、今までの経験則なんだけれども、連休中であろうとも、朝7時の博多駅始発ののぞみの自由席は、余裕で座れる。
なので、わざわざ指定席を取る理由は、何もない。
結局この日も、余裕で座れた。
所用時間2時間半の車中は、金沢戦のblogの予定原稿を作成して過ごす。
さすがに、広島あたりで自由席は通路もいっぱいになり、身動きが取れなくなったこともあり。

9時半過ぎ、新大阪駅に到着。
車内の乗り換え案内では、その次の便をアナウンスしていたけれども、人でごった返している駅の構内をダッシュ。
結果、8分乗換に難なく成功。
しかも、大阪駅始発だから、100%座れないと覚悟していたサンダーバード、なんと自由席の窓側に空席があった!
これは、とっても幸先がいい。
このまま試合ももらったな!
それもこれも、日ごろの行いがいいからだよなぁ。

しかし、車内販売が無いとは、知らなかった。
人込みをかき分けてダッシュでの乗り継ぎだから、売店に立ち寄る余裕などなく、何も買っていないよ。
びーる・・・・・・・・・・

新幹線から在来線に乗り継ぎ、ぐっとスピードが落ちたこともあるんだけれども、いつまでたっても車窓から琵琶湖が消えないあたりで、少し疲れてきちゃいましたわ。
新幹線の車内に引き続き、blogを作成しても良かったんだが、もうすでに「今日の金沢戦は、3-0で勝利」って言うのを書き上げてしまっている。(汗)
なので、ひたすらぼーっと、車窓を眺めて過ごす。

自宅を出てから約7時間弱、12時20分に、ようやく金沢駅に到着。
12時30分のシャトルバスに乗らなきゃいけないから、余裕は無いですよ。
さすが連休中につき、牛ぎゅうづめのシャトルバスに乗り、ようやくスタジアムに到着しました。

試合についてはすでに書いているので、割愛して、試合終了後。

まぁ、特段帰りを急いでいるわけではないのだが、大阪行きのサンダーバードの最終は、20時半過ぎ。
金沢市内でゆっくり飲んでいても、中途半端なところで席を立たなければならなくなる。
さてどうするべ。
そんなことを思いながら、シャトルバスに乗って金沢駅に到着したところで、ちょうどサンダーバードが出るところだった。
何も考えずに、ほぼ脊髄反射で飛び乗ってしまった。

数時間前に乗っていたルートの巻き戻しだからね。
プシュっと缶びーるを空けて飲み干したら、後はもう熟睡タイムですわ。

そんなわけで、19時半、想定外に早い時間帯に、新大阪駅に到着。
駅のすぐ近くのホテルにチェックインしたが、とくにやることは無い。
と言うことで、晩メシを食いに外に出てみますか。

その後なんだかんだあって、ホテルに戻ってきたら、寝ることにしましょう。
おやすみなさい。

と言うところで、長くなるんで、いったん切ります。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

その他サッカーなど 2004年 その他サッカーなど 2005年 その他サッカーなど 2006年 その他サッカーなど 2007年 その他サッカーなど 2008年 その他サッカーなど 2009年 その他サッカーなど 2010年 その他サッカーなど 2011年 その他サッカーなど 2012年 その他サッカーなど 2013年 その他サッカーなど 2014年 その他サッカーなど 2015年 その他サッカーなど 2016年 その他サッカーなど 2017年 その他サッカーなど 2018年 その他サッカーなど 2019年 ひたすら愚痴る むかしやってた企画 もぶろぐ 2004年 もぶろぐ 2005年 もぶろぐ 2006年 もぶろぐ 2007年 もぶろぐ 2008年 もぶろぐ 2009年 もぶろぐ 2010年 もぶろぐ 2011年 もぶろぐ 2012年 もぶろぐ 2013年 もぶろぐ 2014年 もぶろぐ 2015年 もぶろぐ 2016年 もぶろぐ 2017年 もぶろぐ 2018年 もぶろぐ 2019年 中身の無い日記 2004年 中身の無い日記 2005年 中身の無い日記 2006年 中身の無い日記 2007年 中身の無い日記 2008年 中身の無い日記 2009年 中身の無い日記 2010年 中身の無い日記 2011年 中身の無い日記 2012年 中身の無い日記 2013年 中身の無い日記 2014年 中身の無い日記 2015年 中身の無い日記 2016年 中身の無い日記 2017年 中身の無い日記 2018年 中身の無い日記 2019年 遠征記 2004年 遠征記 2005年 遠征記 2006年 遠征記 2007年 遠征記 2008年 遠征記 2009年 遠征記 2010年 遠征記 2011年 遠征記 2012年 遠征記 2013年 遠征記 2014年 遠征記 2015年 遠征記 2017年 遠征記 2018年 遠征記 2019年 2004年 J2福岡 (その他) 2004年 J2福岡 (試合) 2005年 J2福岡 (その他) 2005年 J2福岡 (試合) 2006年 J1福岡 (その他) 2006年 J1福岡 (試合) 2007年 J2福岡 (その他) 2007年 J2福岡 (試合) 2008年 J2福岡 (その他) 2008年 J2福岡 (試合) 2009年 J2福岡 (その他) 2009年 J2福岡 (試合) 2010年 J2福岡 (その他) 2010年 J2福岡 (試合) 2011年 J1福岡 (その他) 2011年 J1福岡 (試合) 2012年 J2福岡 (その他) 2012年 J2福岡 (試合) 2013年 J2福岡 (その他) 2013年 J2福岡 (試合) 2014年 J2福岡 (試合) 2015年 J2福岡 (試合) 2016年 J1福岡 (試合) 2017年 J2福岡 (試合) 2018年 J2福岡 (試合) 2019年 J2福岡 (試合)