2019年6月10日 (月)

第17節 水戸VS福岡

と言うことで、水戸に行ってきました。

水戸に行ったのはかなり久しぶりのような気がする。
なので、ここの遠征は、今シーズンの日程が発表されたときから決めていたんですわ。
もちろん、ひこーきや宿を押さえた時点では、監督が交代するなんてことは、微塵も想定していない。

あとは、水戸までどうやって行くかなんだけれども・・・・・
まぁ、あんな感じになってしまいましたわ。
詳しくは別便で。

と言うことで、試合当日。

前夜、仙台の街でなんやかんやあって、宿に戻ってきたのが深夜1時。
朝8時5分の新幹線に乗らなければいけなかったんで、即就寝。

んで・・・・・

目が覚めて、枕元の時計を見たら、なんと8時13分。
完全に寝坊。
即座に宿を飛び出して、8時20分の新幹線に間に合った。

これも詳しく書くと長くなってしまうんで、別便で書くことにして。

東北新幹線からの東北本線、水戸線、常磐線と乗り継いで、スタジアム最寄りの赤塚駅に到着したのは、11時半。
そこからシャトルバスに乗って、スタジアム到着が12時過ぎ。
到着してみたら、失敗をリカバリー出来ていた。
これはさい先がいい。
この試合、もらったな!

そんなわけで、スタジアムに到着。
う~ん、残念なことに、アウェイ側は少ないぞ。
まぁ、そのおかげで、好きなポジションを自由に選べたりするのは助かるが。

入場して大荷物を下ろしたら(東北のお土産物)、スタジアム散策に行きましょう。
スタジアム広場でのライブ演奏を冷やかしつつ、ぐるっと周辺を回って、から揚げをチョイス。
これが、ちょうデカイ。
んで、デカイだけではなく、美味いんだから、びーるが進みますわな。
びーるうめぇ\(^o^)/

・・・・・危ない危ない、鹿児島での失敗をいかせていない。
アルコールは控えめにしておこう。

・・・・・アウェイ側入り口で、梅酒を売るでない!
まぁ、ほんの一杯だけだったらいいかなぁ。
なので、いただきましょう。
梅酒うめぇ\(^o^)/
「学習能力?」そんなものは持っていない。

結局、いい感じに酔っぱらってきました。
まぁ、鹿児島戦の時と違って、曇り空で風が強く、涼しい、と言うよりも寒いくらいなんで、熱射病にはならんだろう。

やがて選手たちがアップに出てきたが、声の調子がすこぶるいい。
今日は、歌うぞ、跳ぶぞ~

さて、水戸戦であります。

J2首位争いの中心にいるチーム、開幕から絶好調をキープしていますよね。
ただでさえそんなチームを相手に、久藤監督の初陣ですか。
これ以上はない逆境な試合なんだが、逆境上等!
やってやろうじゃないか。
せっかく来たんだし、これないやつらのためにも、福岡を勝たせるよ。
この試合、絶対に勝つ!

と言うことで、キックオフです。

第17節 水戸 4-2 福岡

え~と・・・・・

キックオフして数分、「おっ、変わったな」と思いましたわ。
最終ラインでボールを回してビルドアップしていくのではなく、ガンガン前に行ってる。
初っ端から結構攻撃的やん。

これはいけそうだと感じて、そして早い時間帯での先制ゴール。
よっしゃぁ!

うん、そんな試合の序盤だったよ。
すぐに追い付かれたけれども、個人的にはまったく悲観していなかったし、前半終了間際に逆転ゴールを奪われたあとのハーフタイムでも、「さすが水戸、上位にいるのも納得できる」とは思ったものの、負ける気はまったく無かったよ。

それなのに、後半開始早々の2失点、これはかなり痛かった。
4点目をとられた瞬間、膝の力が抜けて崩れ落ちた。

しかしね、納得いかないのが、相手は5点目をとるために、攻撃を仕掛け続けてるんですよ。
しかも、点差があるからゆえ、余裕をもってボールを回して、勝負どころではスピードをあげて、緩急を自在に使って上手くプレーしている。
それに対して、こっちは対処できていないんですわ。
相手に数的有利を作られていることに加えて、何よりも、1対1での対応の差が歴然としていたな。
そうなってくると、前半に感じてた「ガンガン前に行っている」が、「てきとーに前にポンポン蹴っている」に感じてしまうのが、なんとも。
お前ら、勝ちたいんだろ・・・・・
まぁ、ゴール裏もテンション落ちたのか、声量が若干少なくなったのは、反省だな。

そんなわけで、完敗ですね。
久藤監督の初戦、勝たせたかった・・・・・
短期間で劇的に状況がよくなるのは難しいだろうから、しばらくは耐える期間が続くのだろうね。
それでも、オレらはずっと支え続けるから、監督コーチ選手たちは、勝利のために進んで欲しい。
大丈夫だと信じてるよ。

そして、次の試合こそは、勝つよ。

| | コメント (0)

2019年6月 4日 (火)

第16節 福岡VS大宮

あけましておめでとうございます。
待ちに待った、レベスタ開幕戦ですね。
今まで練習試合がずっと続いていたんで、ようやく今シーズンのスタートであります。(汗)

それはともかく。

13時キックオフは、ワタクシみたいな遠隔地在住なひとにとっては、しんどいですわ。
開門時間に間に合わせようと思ったら、早起きしなきゃいけないんで。

と言うことで、せっかくの日曜日なので、朝10時に起床。
・・・・・この時点で、開門時間に間に合わせる気がゼロやんかぁ。
それでも一応は急ぐ意思はあるので、サクッと自宅を出て、10時半の新幹線に飛び乗る。
車内でスイーツの朝食を済ませたら、11時に博多駅に到着。
地下鉄で福岡空港へ、そこからシャトルバスに乗って、レベスタに到着。

いや、福岡空港のシャトルバスに乗り場の列の長さを見たときに気づいてはいたが、今日は客が多そうだな。
やはり、レベスタ開幕戦だからなんだろうか?

と言うことで、レベスタ入場したのは、12時の少し前。
まぁ、申し訳ないけれども、ワタクシの気合の入り方は、そんな感じだったようで。
この先の予定を考えて、今回はびーるは見合せ、なおかつ先ほど朝食をいただいたばかりで満腹だから、食事は軽めにしておく。

それにしても、久しぶりのレベスタ。
博多の森陸上競技場も、悪くはないんだけれども、やっぱりこっちの方が、「オレらのホームスタジアム」って気持ちになりますね。
と、そんなことを感じていたら、スタジアム到着が遅かったから、あっという間に選手たちがアップのために出てくる時間ですよ。

さて、大宮戦であります。

しつこいけれども、レベスタ開幕戦。
J1昇格のライバル、と言うには、今のウチの順位はアレなんだけれどさ、ここからの巻き返しを図るには、うってつけの相手。
ここで無惨に負けるようでは、この先もずるずるといきかねない。
なので、きっちりと勝って、反撃体制に突入しよう。
この試合は、とても大事だぞ。

と言うことで、キックオフです。 

 第16節 福岡 1-1 大宮 

めっちゃ悔しい。
勝ちたかった・・・・・ 

前半のうちに失点してしまい、「またか」と言う感じだったが、後半に追い付いてからのスタジアムの雰囲気、最高だったっす。
あの雰囲気は、久しく味わっていなかったなぁ。
これも、レベスタに帰ってきたからだろうな。
スタジアムの構造上しょうがないんだけれども、屋根のない陸上競技場だと音が反響せずに拡散してしまい、イマイチピッチ上に伝わらないんだよなぁ。
その意味では、今回配されたハリセン、あれはかなり良かった。
バクスタからも、かなりいい感じに大きな音が出ていましたよね。

それだけに、勝って歓喜の瞬間を迎えたかった・・・・・

まぁ、反省するとすれば、90分間ずっとあの雰囲気をだし続けることができたならば、もっといろいろと変わってくるんだろうな。
とは言え、大宮を相手に、追いつくことができたのは、大きい。
これをきっかけに、戦い方とかチーム内の雰囲気とかも変わってくれたらいいなぁと思います。

ってか・・・・・
ここでしめるつもりだったんだが・・・・・

それが、「監督交代」だとは、思わんかったわ。
今シーズンは、我慢しながらもチームを再構築していく一年になると言う覚悟は決めていたからね。

う~む・・・・・

| | コメント (0)

2019年5月27日 (月)

第15節 鹿児島VS福岡

と言うことで、鹿児島に行ってきました。

それにしても、いつ以来の鹿児島ですかね。
鹿児島のJ3の試合とかは、見に来たことはある。
んでも、我がクラブの試合を見に来たのは、恐らくは「審判がN払さんに騙された」試合以来でしょうかね。

そんなわけで、ここに行くことは、割りと早いうちに決めていた。
が、近場ゆえ、事前にみっちりと予定を組むと言うような気合いは入らず。
まぁ、深く考えなくっても、何とかなるでしょうという感じで。

そんなこんなで、気がついたら、試合の数日前になっていた。
「SUNQパスを使っていく」と言う方針は、九州内遠征のいつも通りなんだが、宿を取っていない。
まぁいいか。
高速バスで長崎からたどり着くのは遅くなるんで、わざわざホテルを取らなくとも、ネカフェでよかろう。

この判断が、間違いを起こす原因になろうとは・・・・・

と言うことで、試合当日。

前夜22時半頃に鹿児島に到着し、ネカフェに直行。
しかしうとうとするだけであまり眠れずに、気がついたら10時半を過ぎていた。
急いでネカフェを出て、牛丼屋さんで朝食を取ってから、路線バスでスタジアムへと向かう。
幸いだったのは、天文館からバスに乗ったことかなぁ。
ワタクシを乗せたバスが鹿児島中央駅のバス停についたとき、そこには長蛇の列が。
結局積み残して出ていった。
あの方々、どうしたんだろか?

そんなわけで、キックオフの1時間前の12時、ようやくスタジアムに到着。
路線バスでの移動時間が、想定外にかかってしまったな。
って言うか、まったく計算に入れていなかった。
アウェイ側は満席ソールドアウトと言うことで、遅い時間に到着したワタクシ、ぐるっと見渡すも、どこもぎっしり。
なんとか空席をひとつ見つけ、そこに潜り込む。

それでは、早速びーるをいただきましょう。
入り口ではさつま島美人の試飲をやっていて、せっかくの好意を無駄にするのは申し訳ないので、つい何杯も・・・・・
スタジアムで昼間っから飲むびーるうめぇ\(^o^)/
スタジアムで昼間っから飲む芋焼酎うめぇ\(^o^)/

いい感じに酔っぱらってきました。
この時点では・・・・・

やがて選手たちがアップに出てきたが、声の調子がすこぶるいい。
今日は、跳ぶぞ~
と、やる気満々。
この時点では・・・・・

さて、鹿児島戦であります。
J3から上がってきたと言うことで、リーグ戦としては初対戦ですね。
天皇杯での対戦経験はあり、危なげなく勝利しているんで、問題ないかとは思うものの、初物に弱いのがウチの伝統芸能だからなぁ、ちょっと心配。
お互いに下位に沈んでいるもの同士、この試合は絶対に勝ちたいと、双方とも思ってるよね。
なので、この試合は絶対に負けられない。
油断することなくきっちりと、勝つよ!

と言うことで、キックオフです。

第15節 鹿児島 0-1 福岡

え~と・・・・・

5月だと言うのに、なんでこんなに熱いんや。

上記のごとく、試合開始前はすこぶる調子がよかったんだが、試合が始まって前半10分くらいに、急に視界が真っ白になった。
救いがあったのは、「これは、飲みすぎによる軽い熱中症だな」と判断する能力が、かろうじて残っていたこと。
このまま立ち続けていたら、ぶっ倒れるな。
そう判断したので、試合開始10分にして、ダウン。
椅子に座り込んでしまった。

なので、正直言って、試合の感想云々ではないんだよね。
いい試合だったと言ううっすらとした印象はあるのだが、そんなに真剣に試合を観戦できていないので、なにも言えないですわ。

ただひとつ、言えることがあるとしたら・・・・・

炎天下で、寝不足な状況での、過度の飲酒は危険や。

それでも、ゴールが決まったら瞬間には、からだが自然と立ち上がっていた。
この辺、脊髄反射に近いノリだよな。
頭で考えて立ち上がったのではなく、つい立ち上がってしまったと言う。

そう言うことで、見事な勝利。
たまには、アウェイばかりでもなく、ホームゲームでも勝ってくれたら、嬉しいんだけれどもなぁ。
ともかく、久しぶりの勝利バンザイ、なのであります。

次の試合も、勝つよ~

| | コメント (0)

2019年5月20日 (月)

第14節 福岡VS甲府

はいはい、お仕事につき、この試合は見に行けていないですよ。

そもそも、なんで、アウェイ2連戦共に見に行っておいて、このホームゲームを見に行けなかったのか、根本的なところを間違えているような気がしなくもないけれども、まぁ気にするな。
一応説明しておくとすれば、本来だったら、勤務時間は13時までなんで、新幹線に飛び乗ったら、試合途中から間に合うんだけれども、この日はお昼までで終わってくれなくて。
まぁ、この火の仕事が午前中で終わってくれないことについては、最初っから分かっていたことなんで、特に言いたいことも無く。

と言うことで、試合当日。

どうせ仕事がお昼で終わらないで、何の気兼ねもなく、遅くまでお仕事していたわけでして。
試合が行われていた時間帯は、仕事に集中していたから、試合のことを気にする余裕など、まったくない。
気が付いたら、あっという間に20時でしたわ。
試合についての情報は一切入っていないから、試合の結果を楽しみにチェックしてみよう。

さて、甲府戦であります。

う~ん、なんとなく相性は良くない印象はある。
まぁ、あちら様は連敗のようで、絶好調ではないのかもしれないけれども、いずれにしても、現在上位に付けておりますわな。
ウチのいまのチーム状況を考えると、よそ様がどうこうと言うのは、もはや考えなくなってしまってはいるが、まったく気を抜けない相手であることに、間違いはない。
今の順位表から少しでも上に行くには、とにかく勝ちたいところ。
なのでこの試合、勝ってくれよ~

と言うことで、キックオフです。

第14節 福岡 0-3 甲府

えーと・・・・・

想定外に点差を付けられてしまった。
相性は良くない印象って、上で書いているけれども、ここまでやられてしまう印象も、無いわ。

それに、ドゥドゥのお返し弾を2本くらうとか、しんどいわぁ。

それにしても、行かなかった人間がこんなこと言うのは、ちょっとアレなんだが・・・・・
天候が芳しくなかったとはいえ、ちょっと寂しい入場客数やなぁ。
まぁ、成績を考えたらしゃぁないなぁと言う感想もあるのが、率直なところではあるが。

そんなわけで、苦しくはあるけれど、次節のアウェイ鹿児島戦。
近場のアウェイってことで、いい気分転換になって浮上のきっかけをつかめたらいいなぁと思ってる。
頑張りましょう。

あまりにも内容がないようだけれども、見ていない試合については、簡潔にこのあたりで。

| | コメント (0)

2019年5月14日 (火)

第13節 東京VVS福岡

二週連続のアウェイ遠征で、東京に行ってきました。

ここに行くことは、早くから決めていたんですわ。
しかし、仕事が多忙で、行程を考える精神的余裕がなかった。
せっかく味スタに行くんだったら、調布飛行場を使いたいやん。
と言うことで、直前になってあれこれ考えたけれども、うまく行程が組めず。
なので、不本意ながら、サッカー観戦のみの遠征になってしまった。
いや、「それが一般的な考え方だ」と言われたら、反論はしません。(汗)

と言うことで、試合当日。

JALの料金がえらく高かったから、今回はSFJで。
しかも、中途半端な時間帯の便しか空いていなく、どこかに立ち寄る時間的余裕はあまりない。
福岡空港を9時出るひこーきで、羽田空港から真っ直ぐ向かったら、まだ開門していないと言う、これまた中途半端。

と言うことで、新宿の書店に立ち寄ってから、味スタに到着したのは、キックオフの一時間ほど前。
そそくさと、入場して荷物をおいたら、びーるを買いに行きましょう。

びーるを片手に席に戻っているところで、ゴールキーパーが出てきたから、先週に引き続き飲みながら声を出る。
先週とは異なっていたのは、新宿駅ですでにカレーを食べてきていたことくらいか。
スタジアムで昼間っから飲むびーるうめぇ\(^o^)/

うぃ~~~~~
ちょっと酔っぱらってしまったかな。

さて、東京V戦であります。

ここのスタジアムに来たのは、結構久しぶりのような気がする。
なので、正直に言って、あまり印象に残っていない。
んで、対戦相手について。
順位表的には、さほど上位にはつけていないと言うことで、失礼ながら比較的戦いにくいこともないのかも。
まぁ、ひとつでも順位を上げていくには、対戦相手にうんぬんは抜きにして、勝たなきゃいかんですな。
そのためには、老体にムチ打って声を出すしかないな。
そろそろこの辺りで、気分よく勝つよ!

と言うことで、キックオフです。

第13節 東京V 3-2 福岡

え~と・・・・・

内容的に悪い出来ではなかったんだが、それが結果に結び付いていない。
なんとも後悔の残る試合や。

まぁ、オウンと言う不運もあったんだけれどもね。
しかし、あんな具合にきれいにクロスをあげられてしまった時点で、勝負ありだったのかと。
追い上げムードの雰囲気だっただけに、もったいなかった。

それにしてもなぁ・・・・・
繰り返すけれども、そんなには悪くなかった試合だと思う。
アウェイで2ゴールと言うのも、よかったんじゃないかな。
惇のミドルなんて、最高に鮮やかだったし。

それでも勝てないのは、つらい。
何がつらいって、試合終了後の観客席、一部ではあるものの、荒れ気味になってきているのが。
結果がでないと、だんだんそうなってしまうのは、致し方ないですな。

前節と同じ締めにしますか。

まずは目の前の試合。
次の試合はこそは、勝ってくれよ。
状態は上向いて来ているとは思っているので、出来るはず。

| | コメント (0)

2019年5月 7日 (火)

第12節 金沢VS福岡

連休に突入したと言うことで、金沢に行ってきました。

実のところ、ここには行こうかどうか、直前まで迷っていたんですわ。
スケジュール的には何の問題もないんだが、なんせ連休中につき、交通費が高い。
なおかつ、翌週の東京にも行くかどうか、そこも考慮しなきゃいけないんですわ。
二週連続で行くんだったら、コストはなるだけ押さえておきたい。
そもそも、二週連即で行けるだけの余裕が、あるかどうか。

しかしね、日程が近づいてくると、やはり行きたくなるもので、最終的に行程を決めてホテルを決済したのが、前日(遅い)。
ひこーきのチケットを当日料金で買うかどうかまで検討したけれども、結局は、新幹線にで往復と言うつまんない行程で。

その代わり、3日間で3試合観戦と言う、忙しいスケジュールは、楽しみだぁ。

と言うことで、試合当日。

始発の新幹線に乗るらなきゃいけないんで、前夜は「寝たら死ぬぞ」コース。
部屋の電気はつけたまま、うとうとするのみにして、眠りに落ちないようにしておく。
結局眠らないまま、無事に目覚めて自宅を出発することが出来、新幹線に乗る。
新大阪駅で在来線に乗り継ぎ、合計6時間の移動のすえ、金沢駅に到着したのが、12時20分。
シャトルバスに乗ってスタジアムに到着したのは13時前。
わかってはいたけれども、試合までの余裕がないぞ。

なので、スタジアムに入場する前に、チャンカレの列に並ぶ。
この判断が正しくて、残り数個となっていた、カツカレーを無事にゲット。
あとは、びーるをとツエーゲンサワーを両手に抱えて、アウェイ側入場口へと。

ようやく、スタジアムに入場。
ちょうど入場したタイミングでゴールキーパーが出てきたから、飲みながら声を出す。
それにしても、いい天気や、こんな日に飲むびーるをうめぇ。
そして、スパイスを振りかけたカレー、めっちゃ美味い、そして、辛い。
しょうがないから、辛さを和らげるために、もう一杯びーるを買ってくるか・・・・・

うぃ~~~~~
酔っぱらってしもうた。

さて、金沢戦であります。

ここのスタジアム、3年連続で来ているが、なかなかいい感じだよね。
「試合はそこそこ楽しかったし、金沢の街はめっちゃ楽しかった」と書いているような気が、しなくもない。
しかしね、ここ数試合を考えると、期待を高くしておくのは厳しいような気がする。
期待値を下げておくといい試合になるのが、今シーズンの傾向だからね。
なので、まったく期待はせずに、期待しよう(どっちや)。
せっかく長時間かけて移動してきたんだから、この試合、勝つよ!

と言うことで、キックオフです。

第12節 金沢 1-1 福岡

うん、ツイッターのTLが、かなりカオスやね。

個人的には、そこまで悪くは思っていない。
と言うのは、前述の通り、期待値を下げていたからなんだろうけれども。

ひとつは、前半のセットプレイからの失点、向こう側サイドでの出来事だったんで、正直何が起こったのかわかんなかったんですわ。
「あー、なんか相手選手、喜んでるっぽいな」と言う感じで。
そんなわけで、失点のショックはさほどなく、一人退場しての数的不利な状況から追い付いたんで、ネガティブには感じていないんだろうなぁ。
勝ち点1を拾えているわけなんだし。
ゼイタク言えば、残り時間があと5分くらいあったら、逆転勝利も出来ていたかもなぁ。

毎度書いているけれど、選手たちからの、勝ちたいと言う気持ちは、最後まで伝わって来てるからね。
そんな選手たちを見ていたら、文句など言えませんわ。

とは言え、セランティスの神セーブが無かったら、5点くらいは取られていてもおかしくはなかったわけで、セランティス様様や。
それがなかったら、試合は崩壊していたぞ。

あとは、この日のメンバーやね。
黄色紙累積による出場停止の影響があるとは言え、かなり若い面子が入ってきたな。
近い将来、この若い選手たちが躍動するところを想像すると、わくわくが止まらないやん。
この先楽しみだぁ。

その前に、まずは目の前の試合。
次の試合はこそは、勝ってくれよ。

うむ、えらくポジティブな内容になってしまったな。

| | コメント (0)

2019年4月29日 (月)

第11節 福岡VS山形

はいはい、2試合連続で、見に行けていないですよ。

大型連休突入初日、とは言えワタクシは、通常の土曜日通り午前中は勤務しておりましたよ。
13時までO牟田で勤務、そしてこの試合は12時キックオフ。

どうあがいても、間に合いませんがな。

なんで、そんな早い時間帯から試合をやるのか、不満を言っても始まらない。
まぁしょうがないな。
その代わり、連休と言うことで、普段来ることが出来ない人も来ることが出来るのかもしれないね。

と言うことで、試合当日。

急いで仕事を切り上げたところで、どのみち試合には間に合わない。
なので、ゆったりと残業してましたよ。
土曜日の午後は、電話もかかってこなくって、誰からも邪魔されないから、難しいことに集中できるんだよね。
なので、個人的にキライではない。
お昼ごはんを取ったのが13時半くらいで、試合はクライマックスに突入しているであろう頃だったけれども、情報は一切シャットアウト。

とは言え、さすがに連日の残業はハードで、集中力の限界。
19時半くらいに仕事終了、帰りましょう。
試合結果がどうだったのか、楽しみだぁ。

さて、山形戦であります。

うん、調子よさそうだなぁ。
なかなか厳しい対戦相手ではあるものの、こっちは前節調子が良かったということで、その勢いで連勝と行きたいところ。
いろいろと、ゲンのいい出来事も重なっているようだしね。
連休初日のこの試合、勝ってくれよ~

と言うことで、キックオフです。

第11節 福岡 0-1 山形

えーと・・・・・

なかなか続かないなぁ。

まぁ、苦しいながらも、無失点で耐え続けていて、最後の最後勝負に出たところでカウンターを食らったということなんだろうから、状況的にやむを得ないところもあったのかも。
結果論ではなんとでもいえるんだろうけれども、難しいところやね。

しかし、ホームゲームで勝てないのは、しんどいね。
せっかくの連休中の試合だったんだから、新規顧客の獲得につなげたいところなんだけれども、そのためには勝利と言う結果を出したい。

もうちょい時間がかかるのかなぁ。

次節のアウェイ金沢戦、行こうかどうかまだ迷っている。
費用的にとんでもないことになりそうなんだが、2試合見に行けていないからなぁ。
それに、迷った末に見に行かなかった試合って、得てして勝つんだよね。

| | コメント (0)

2019年4月23日 (火)

第10節 愛媛VS福岡

はい、見に行っていないですよ。

なぜかこの時期に、土曜日のナイトマッチ。
この日はお仕事休みだったんで、行こうと思ったら行けたんだよね。
しかし、他のイベントと被っていたため、早い段階から松山市内のホテルは取れず。
大洲とか西条とかまで移動したらホテルはあいていることまでは確認したんだけれども、そこに泊まっても翌日見に行きたいものが思い浮かばなかったし、そこまでして見に行く意義を見いだせなかったと言うのが、率直なところ。

つまりは、お仕事が忙しくって精神的にしんどくて、それどころではない。

と言うことで、試合当日。

お仕事は休みだったけれども、自主的に出勤。
んで、試合があっていた時間帯は、サービス出勤のサービス残業中(ややこしい表現や)。
さらに、仕事終了後ジムに直行して汗を流していたから、試合のことを気にすることもなく・・・・・

さて、愛媛戦であります。

山瀬、元気にしてるかなぁ。
お礼のゴールを食らうのがウチは大好きなんだが、そこはできれば勘弁してほしいところ。
それはともかくとして、上記のごとく、申し訳ないながらも個人的にイマイチ興味がわかなかったんだけれども、そういう試合でひょこっと勝ってしまうのが、我がチームだよね。
なので、きっと勝ってくれることでしょう。
吉報を自宅で待つことにして。

と言うことで、キックオフです。

第10節 愛媛 1-2 福岡

よっしゃぁ。

ってか、やっぱしこういうときには、勝ってくれるんだなぁ。

例によって、試合の映像を確認したわけではないので、試合の詳細については分かんないんだけれども、いい試合だったらしいということだけは把握している。
早い段階で2得点し、その後も危ない場面を作られることもそんなにはなく、快勝だったということなのかな。
結果だけではなく、試合の内容のついても、ここ数試合うまく行っていなかったのがいい感じだったらしいというのは聞いております。

うん、見ていない試合については、どこまでも伝聞推定な記述になってしまうな。
中身がないから、この辺りにしておこう。

それにしても、木戸の先制ゴール、現地で見たかったなぁ。
行った人は、ほんと勝ち組だわ。

| | コメント (0)

2019年4月18日 (木)

第09節 福岡VS町田

この日も、午前中はお仕事でありましたよ。

13時まで働いてから、急いで駅へと向かい、13時半の新幹線に飛び乗る。
新幹線にの中でサクッと昼食を済ませたら、14時に博多駅に到着。
さてさてここからは、高度なミッションにチャレンジ。

人混みの博多駅を駆け抜けて、14時5分の地下鉄に乗車。
んで、14時11分に福岡空港駅に到着したら、猛ダッシュ。
この時間帯は30分に一本の、イオンモール行きの路線バスの出発時刻が、14時12分。
ターミナル前のバス停をめざして階段をかけ上がったところで、目の前をバスが出ていっているのが見えた。
やはり、1分乗り継ぎは、無理やったなぁ。

しかし、幸運なことに、信号に引っ掛かっている。
と言うことで、横断歩道をダッシュで渡り、次のバス停へと。

無事に乗れました。
と言うことで、博多の森陸上競技場に到着したのが、14時28分。
途中経過は逐一チェックしていたが、電工掲示板をチェックしてみたら・・・・・

さて、町田戦であります。

町田と言えば、昨シーズンアウェイ最終戦が思い出されますな。
それだけに、苦手意識は早めに潰しておきたいところ。
なので、この試合は途中からの参戦だけれども、気持ちいれて行く。
この試合、勝つぞ!

と言うことで、キックオフです。

第09節 福岡 0-2 町田

えーと・・・・・

またしても、やられてしまったな。

前述の通り、1失点目には間に合っていないので、どんな形での失点なのかはよくわかんない。
なので、試合の序盤の様子については知りようもないんだけれども。

到着してからは、そんなに悪い印象は受けなかったんだよね。
追い付くことができるチャンス、なくはなかったと思う。
それだけに、終了間際の失点は、正直キツかった。

まぁそれでも、前を向いて行こうと思いますわ。
声を荒げる段階では、まだないかなぁ。

| | コメント (0)

2019年4月 9日 (火)

第08節 横浜FCVS福岡

はい、お仕事なんで見に行けてないですよ。

日曜日のお昼の横浜なんて、アウェイ遠征にうってつけの場所と時間帯やんか。
しかし、年度初めのこの時期は、大量の仕事を抱えていて、日曜日と言えどもお仕事なのだ。

と言うことで、試合当日。

試合が行われていた時間帯は、絶賛お仕事中。
わりかしマジメに働いており、試合の行方を気にする余裕は無い。
ゆえに、試合終了の時刻になったと言うことも気が付かず。

がっつりと働いて、お仕事が終わったのは、19時でありました。

さて、横浜FC戦であります。

なんか、出場メンバー的に、注目の一戦っぽい感じになったようですね。
まぁ、それがウチにとってやりやすいのかやりづらいのかは、よくわかんないけれども。
いずれにしても、今季関東初戦、大勢の人がアウェイ側にも押し寄せるだろうから、こちら側も後押しで負ける気はしない。
良い試合になりそうですね。
さぁ、勝つぞー

と言うことで、キックオフです。

第08節 横浜FC 1-1 福岡

うん、よかったっぽいっすね

例によって、試合の映像を確認したわけではないので、試合の詳細については分かんないんだけれども、試合終了後のついったの雰囲気が良かったので、大丈夫だったんだろうと判断。
もちろん、勝って連勝と行きたかったんだが。
どうやら、城後の適正ポジションが見つかったらしいと言うことで。

チームがだんだんと結果を出して行ってくれているから、今後楽しみにしておこう。
勢いに乗れるかどうか、次の試合が大事ですな。

簡潔すぎるけれども、見ていない試合については、このあたりで。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

その他サッカーなど 2004年 その他サッカーなど 2005年 その他サッカーなど 2006年 その他サッカーなど 2007年 その他サッカーなど 2008年 その他サッカーなど 2009年 その他サッカーなど 2010年 その他サッカーなど 2011年 その他サッカーなど 2012年 その他サッカーなど 2013年 その他サッカーなど 2014年 その他サッカーなど 2015年 その他サッカーなど 2016年 その他サッカーなど 2017年 その他サッカーなど 2018年 その他サッカーなど 2019年 ひたすら愚痴る むかしやってた企画 もぶろぐ 2004年 もぶろぐ 2005年 もぶろぐ 2006年 もぶろぐ 2007年 もぶろぐ 2008年 もぶろぐ 2009年 もぶろぐ 2010年 もぶろぐ 2011年 もぶろぐ 2012年 もぶろぐ 2013年 もぶろぐ 2014年 もぶろぐ 2015年 もぶろぐ 2016年 もぶろぐ 2017年 もぶろぐ 2018年 もぶろぐ 2019年 中身の無い日記 2004年 中身の無い日記 2005年 中身の無い日記 2006年 中身の無い日記 2007年 中身の無い日記 2008年 中身の無い日記 2009年 中身の無い日記 2010年 中身の無い日記 2011年 中身の無い日記 2012年 中身の無い日記 2013年 中身の無い日記 2014年 中身の無い日記 2015年 中身の無い日記 2016年 中身の無い日記 2017年 中身の無い日記 2018年 中身の無い日記 2019年 遠征記 2004年 遠征記 2005年 遠征記 2006年 遠征記 2007年 遠征記 2008年 遠征記 2009年 遠征記 2010年 遠征記 2011年 遠征記 2012年 遠征記 2013年 遠征記 2014年 遠征記 2015年 遠征記 2017年 遠征記 2018年 遠征記 2019年 2004年 J2福岡 (その他) 2004年 J2福岡 (試合) 2005年 J2福岡 (その他) 2005年 J2福岡 (試合) 2006年 J1福岡 (その他) 2006年 J1福岡 (試合) 2007年 J2福岡 (その他) 2007年 J2福岡 (試合) 2008年 J2福岡 (その他) 2008年 J2福岡 (試合) 2009年 J2福岡 (その他) 2009年 J2福岡 (試合) 2010年 J2福岡 (その他) 2010年 J2福岡 (試合) 2011年 J1福岡 (その他) 2011年 J1福岡 (試合) 2012年 J2福岡 (その他) 2012年 J2福岡 (試合) 2013年 J2福岡 (その他) 2013年 J2福岡 (試合) 2014年 J2福岡 (試合) 2015年 J2福岡 (試合) 2016年 J1福岡 (試合) 2017年 J2福岡 (試合) 2018年 J2福岡 (試合) 2019年 J2福岡 (試合)