2019年8月16日 (金)

天皇杯3回戦 清水VS福岡

はい、見に行けてませんですよ。


お盆期間中で、もしかしたら見に行けた人もいるのかも。
しかし弊社には、お盆の休暇などと言うものは、存在しない。
なので、この試合は普通に単なる、平日のナイトマッチですわ。


しかも、アウェイ岐阜に遠征したばかりで、月曜日まで休んでおいて、一日置いて水曜日にも休みたい。
そりゃぁ不可能ですわなぁ。


と言うことで、試合当日。


もしかして18時にお仕事が終わったら、高速道路をブッ飛ばして見に行ける。
当日券にはなってしまうが、ギリギリの到着になっても、駐車場の心配は、まぁなかろう。
その可能性を模索していたが、結局仕事が終わったのは、23時半・・・・・


とっくに試合は終わっているわ。


そんなわけで、仕事が終わった後に、試合結果を把握するのが精いっぱい。


天皇杯3回戦 清水 1-0 福岡


うん、まぁ、そりゃぁそっか。


試合内容については、結果しか把握していないから、わかんないっす。
1失点と言うことで、結果だけを見ると惜敗なんだけれども、どうやらそうでもなさそうな感じではなさそう、という漠然とした情報だけは、ワタクシの元にも流れてきた。


 そんなわけで、今回もお正月をお江戸で迎えることはできなかったっす。
来年こそは・・・・・
それよりも、早期のJ1復帰ですな。


見ていない試合については、何も書くことが出来ないから、この程度で。

| | コメント (0)

2019年8月13日 (火)

第27節 岐阜VS福岡

岐阜に行ってきました。


ここは、行く予定ではなかったんですわ。
って言うのも、翌々週の京都遠征が本命であって、一か月に二回のアウェイ、しかも超繁忙期の遠征になってしまい、コストがいろいろと高くつきそうなので、ここは検討していなかったのよ。
しかしね、チームを取り巻く状況がいろいろと芳しくないので、ここは行っておいたほうがいいかなぁと、直前になってから思い始めて。


とは言え、ひこーきで行くには、ちょっと現実的ではないお値段が。
だったら、設定時期だし、3連休のど真ん中と言う行きやすい日程なんだから、この際「青春18きっぷ」で行ってやろうということになり、行程をし食べてみる。
当日出発では間に合わないから、前日のうちに出て途中で一泊したら、余裕で試合に間に合う。
んで、試合終了後に大阪まで移動できそうだから、そしたら翌日一日かけたら、帰ってこられる。
かくして、岐阜に行くことを決定。


と言うことで、試合当日。


宿泊地の三原から、鈍行列車を乗り継いで、岐阜駅に到着したのは15時半。
エアコンがきいていた列車を降りた瞬間に感じる。
「暑い、、、」
さすが、岐阜ですね・・・・・
岐阜城を観光する気分になど到底なれず、駅付近でしばらく涼んでから、16時半過ぎにスタジアムに到着。


いったん入場して荷物を下ろしたら、さっそくスタグルゾーンへと。
こうも暑かったら、びーるが欠かせないですわなぁ。
暑い中いただく、びーるうめぇ\(^o^)/
そして、名物のコロッケうめぇ\(^o^)/
ただし、飲みすぎたら熱射病でダウンしてしまうので、ほどほどにしておく。
あとは、これまた名物のカレーライスをいただいたから、大満足なのであります。
ここは本当に、メシが美味い。


さて、岐阜戦であります。


1stの試合は、ついこの間有ったばかりだったけれども、前半からいいようにやられての、完敗。
大変遺憾ながら、残留争いを繰り広げている相手との直接対決に、連敗だけは避けなければならない。
逆に言えば、ここで勝っておくと、多少ではあるが気持ちにゆとりが出来そう。
せっかくここまで足を運んだからには、福岡を勝たせてるで。
この試合、勝つぞ~


と言うことで、キックオフです。


第27節 岐阜 0-2 福岡


ふぅぅ。


まずは一安心。


はい、飲みすぎたってことは、決してないんだけれども。
それなりに声は出していたつもりだったが、後半若干ばててしまったかなぁ。
もしくは、も少し早い時間にスタジアム入りし、早めに飲んで体調を整えておいたほうが・・・
いや、それだと、調子に乗って酔い潰れていたか。(汗)
それでも、勝ち点3をゲットすることが出来て、少しは役に立てたのかも。


楽勝ってことは決してないんだけれども。
それでも、さほど危なげなく勝利できたのではなかろうかと。
もちろん相手のシュートをバーが阻んでくれたりと、多分にツキもあったんだが、そこも含めて、やられそうな雰囲気をほぼ感じなかったかなぁ。
まぁ、お互いにチャンスは少なかったんだけれども、そんな試合で2得点と言うのは、いい試合だったのではなかろうかと。


前回、北野監督に見事にやられたからね、試合前は正直言って怖かったんだが、なんとか前回のリベンジは果たせたかな。


それにしてもまぁ、城後って、こういう難しい試合で、あーいう難しいゴールを決めてくれるよなぁ。

| | コメント (0)

2019年8月 8日 (木)

第26節 福岡VS横浜FC

日曜日のナイトマッチですね。

ここ最近激務が続いているし、前日の土曜日も、勤務表の上では休みだったのに出社しているという具合。
なので、日曜日くらいは、ゆっくりと遅くまで寝ていたいんや。

んで・・・・・・・・・・
午前6時にお目覚め。
すっかり、じじぃですわ。

自宅にいてもやることはないんで、11時前の西鉄電車に乗って、福岡市内方面へと向かうことにする。
とは言え、この日は猛暑。
開門前からレベスタに行って並ぶだけの体力と気力は、無い。
と言うことで、某所で涼むことに。

そんなこんなで、某所での時間調整も、気が付いたら17時を過ぎており、そろそろレベスタに向かうことにする。
博多駅でバスを乗り継いで、東平尾バス停。
そこからてくてく歩いて、レベスタに到着したのが、17時55分。
自分でも完璧と惚れ惚れする、時間計算ですな。

びーるとチキンカツを手に、入場。
自席にたどり着いて、荷物を下ろす。
そろそろ選手入場の時間だし、立ち上がって応援したいところではあるものの、まずは、ひとまずびーるを飲ませてください。

さて、横浜FC戦であります。

1stの試合は、見に行けてはいないものの、なかなか良かったらしいという話。
何に期待しているのかはよくわからないが、バクスタはほぼ埋まっている程度の、大入り。
大勢のお客さんの前で、気持ちのいい勝ち試合を見せてほしいですよね。
山形でいい試合をやってくれたということもあるし、ここはひとつ、連勝と行きましょうや。
この試合も、絶対に勝つ。
期待してるでぇ~

と言うことで、キックオフです。

第26節 福岡 0-2 横浜FC

う・・・・・ん

前半が終わった時点での感想は、「なかなかいいんじゃないか」だった。
で、なんでこういう結末になっちゃうかなぁ。
まぁ、決めるべき時に決まらなかった試合って、えてしてこういう結果になりがちっすよね。
運がなかったかなぁ。
と、「運」で片づけてしまうのって、どうかなぁとは思うんだが。

んで、試合がこうなったのも、申し訳ないす。
キックオフ直前に、急いでくいっとびーるを飲んだのがよくなかったのか、前半の途中から、腹具合がよくなくって。
跳び続けていたら、大惨事が発生しそうな予感がしたので、途中からごる裏で、おとなしく座って見てました。
後押しが足りなかったか・・・・・

それはさておき。

こういう、勝てそうな試合を落とすのって、めっちゃ痛いね。
ただ、まぁ、内容が悪かったわけではないんで、そこは気持ちを切り替えることにして。
次こそは勝ちましょう。

| | コメント (0)

2019年8月 2日 (金)

第25節 山形VS福岡

はい、見に行っていないですよ。

この試合だけは、今シーズンの日程が発表されたときから、行けないことが確定していた。
平日の遠方アウェイ、しかも、月末の最終日、何があっても行けないですわぁ。
そんな試合を見に行ってる人が多数いて、実にうらやましい。
人生の勝ち組やな。

と言うことで、試合当日。

試合があっていた時間帯は、当然仕事の真っ最中なのであります。
なので、試合のことを気にする余裕はまったくなく、黙々と作業を。
結局仕事が終わったのは、22時半になっており。

さて、山形戦であります。

1stの試合は、仕事のために見に行けておりません。
どうやら今シーズン、山形には縁が無いようだなぁ。
そんな試合は、耐えに耐えて、最後の最後にやられてしまったのかな?
夏場の連戦、平日アウェイと言う不利な状況、しかも上位チームを相手にと言う、状況は苦しいが、何とかしてくれるであろうことを期待して。
期待しながら、お仕事に励むことにしよう。

と言うことで、キックオフです。

第25節 山形 1-2 福岡

よっしゃぁ、勝った!

ってか、申し訳ない。
アウェイの山形で勝つとは、正直言って想定していなかった。

例によって、試合の映像を確認したわけではないので、どんな試合だったのかについては分かんない。
わかんないなかで何かを書けと言うのもしんどいが。
ともかく、後半戦になって、少しずついい方向に向かいはじめているのかなぁとは感じてます。

うん、今回ずいぶん短いけれども、見ていない試合については、何も書くことが出来ないから、この程度で。

遠く山形まで足を運んだみなさま、ありがとうございます。
繰り返すけれど、行った人は、ほんと勝ち組だわ。

| | コメント (0)

2019年7月31日 (水)

第24節 福岡VS水戸

はい、この日もいつものごとくは午前中はお仕事でしたよ。

実は、土曜日の出勤って、キライではなかったりするんですわ。
仕事に集中しやすい環境なんで。
んで、土曜日の午後、電話もならず訪問客も来ないときで無いと処理できない、ややこしい事務作業などをやっていて、気がついたら15時半。
そろそろ切り上げないと、試合に間に合わないですね。

と言うことで、なんとから書類を作成し終わったから、職場を脱出。
いったん自宅に帰って着替えてから、自宅を出る。
16時半の新幹線に乗って、レベスタに向かうことに。
うん、最近新幹線ばっかりで、西鉄電車に乗っていないなぁ。
一度早さに慣れてしまうと、なかなか元には戻りづらい。
たとえお値段が高くっても。

それはさておき。
新幹線で博多駅、そこから地下鉄とシャトルバスを乗り継いで、レベスタに到着したのは、17時半。

それにしても、暑いですね。
こんなときはびーるが欲しくなるんだが、この炎天下で飲んだら、かえって体調を崩しかねないと思い。
なので、ガマンして、カルピスサワーをいただきます。
・・・・・さほどかわりないような(汗)。

それにしても、レベスタでまったりとした時間を過ごすのって、ひさしぶりのような気がする。
最近なぜか、キックオフ直前に到着して、バタバタとしてることが多いので。
と言うことで、お好み焼きもいただきましょう。
うん、夏バテで、普段昼飯はまったく食べていないものの、ここに来ると食欲が出てくるのが不思議。

そうこうしているうちに、選手たちがあっぷのために出てくる時間ですよ、
まったりモードもいいんだけれども、そろそろ試合モードに入りましょうか。

さて、水戸戦であります。

1stの試合は、アウェイまで足を運んだんだが、完敗。
前半はよかったと思ったが、後半立て続けに失点したら、あとはもうなす術がなかったっすな。
しかしそれも、シーズン前半のお話であり、後半戦に入りました。
そんなわけで、同じチームに二度やられてしまうのは、大変よろしくない。
一進一退の状況が続いているけれども、このあたりでそろそろ波に乗っておきたいところっすね。
なので、この試合は、絶対に勝つぞ。

と言うことで、キックオフです。

第24節 福岡 1-1 水戸

うん、結果こそ引き分けではあったものの、不満はないっす。

もちろん、勝ちたかったけれども、選手たちから最後まで、勝ちにいく姿勢が見えたので、やりたいことはやっていたと思う。
その上で結果に結び付かなかったことを、敢えて悲観的になることもあるまい。

お互いに惜しいチャンスもあり、どっちに試合が転んでもおかしくなかったと言う、最後まで面白い試合だった。
だからこそ、勝ちたかったけれどもなぁ(繰り返し言う)。
いや、失点シーンだけれども、向こう側サイドでの出来事だったということもあり、ごちゃごちゃしていて、何が起こったのかわかんなかったんすよ。
なので、「きれいに崩された」と言う印象まなく、だからこそ余計に、悔しかったりする。

そして、この試合がよかった、もう一つのこと。
この試合、たくさんの学生さんたちが動員されていて、ごる裏が華やか。
若い人たちが多く来てごる裏が埋まるのって、いいなぁ。
この中の何人かでいいから、サッカー観戦にはまってくれた人がいたら、嬉しい。

次のお越しをお待ちしております!

| | コメント (0)

2019年7月22日 (月)

第23節 千葉VS福岡

と言うことで、千葉に行ってきました。

ここは、行く予定ではなかったんですわ。
前節の千葉戦と、2週続けての関東アウェイになり、続けて行くだけの費用もないからね。
ところが、前節の千葉戦のところで書いていたんだけれども、当初有休をとって3泊4日で行くつもりが、7月に入り遠征まで1週間を切ってから、仕事の関係で有休を取り消したんですわ。

だったら、有休が消えたかわりに千葉にも行ってやろうと、急に思い立ってしまう。
んで、ダメ元で「マイレージ特典の無料航空券」を調べてみたら、なんと、土曜日の朝の福岡から羽田、日曜日の夜の羽田から福岡、どちらも十二分に空きがある。
往復無料で飛べるんだったら、飛んでやろう。
かくして、直前になって千葉遠征を決定。

と言うことで、試合当日。

当初は、朝イチのひこーきを抑えていたが、朝のうちに羽田空港に降り立ったところで、特段やることもない。
なので、予約変更可能な最終日に、お昼の便に変更していた。
と言うことは、早起きする必要もない。
9時の高速バスに乗って出発したら、余裕で間に合う。
んで・・・・・

寝坊した。(汗)
次の高速バスを待っていたら、それだとひこーきに間に合わなくなってしまうので、バタバタと荷物をまとめて、自宅を出る。
新幹線に乗って博多駅経由で福岡空港に向かったら、ぎりぎりのところで、予約していた便の1本前のに乗れそうだったので、予約変更。

羽田空港に到着。
電車を乗り継いでいくのが面倒臭く感じたし、ひこーきの中で書いていたblogが中途半端なところで終わっていたんで、続きを書きたいと思い、千葉行きのリムジンバスに乗る。

千葉駅に到着、駅ビルのフードコートに入り、お昼ご飯をいただきつつ、スマホを充電しつつ、blogの更新。
16時を過ぎたあたりで、そろそろスタジアムへと向かうことにする。

蘇我駅からてくてく歩いて、スタジアムに到着。
わりかし時間に余裕がなくなってしまったので、スタグルエリアまで足を運ばずに、アウェイ側の売店で調達。
それでもやっぱり、びーるうめぇ\(^o^)/

さて、千葉戦であります。

えっと、いまだ勝利したことのないスタジアムですな。
しかし、前節、鬼門だった野津田で勝利することが出来た。
その勢いに乗って、今節も撃破と行きたいところ。
「前節いい感じで勝った」だけでは終わらせずに、それを続かせるためにも、この試合は大事。
なので、この試合、絶対に勝つ!
勝って、美味いびーえうが飲みたいぞ~

と言うことで、キックオフです。

第23節 千葉 3-0 福岡

え~と・・・・・

一つ勝っても、それが続かないなぁ。

個人的には、菊池の負傷退場が痛かった、と思っております。
前半の早い時間帯に失点してしまってはいたものの、直接フリーキックが決まったものだからね、あれはしょうがない。
相手がうまかった。
その後も、お互いにチャンスあり、前半はさほど悪くない展開だったんだがなぁ。

メンバーチェンジによるシステムの変更以降、後半に入って、いつもの戦い方となってしまいましたな。
リードされているときに、点を取りにいかなければならない時に、相変わらずにそれかよ、と言う感じで。
そんなわけで、追加点を許してしまったら、猛反撃に出るだけの力は残っていなかった。

完敗であります。
言いたいことはないわけではない。
途中から、試合を見ていてつらかったっす。
しかしまぁ、切り替えてやっていくしかない。
次の試合は、すぐにやってくる。

負けた試合に関しては、簡潔にこの程度で。

| | コメント (0)

2019年7月18日 (木)

第22節 町田VS福岡

と言うことで、町田に行ってきました。

ここの遠征は、早いうちに決めていた。
早いうちに決めていたんだけれども、ここまでのネタ遠征にするつもりは、まったくなかったんですわ。
あまりにも濃いんで、スタジアムにたどり着くまでの経緯については、当然別便にしときます。

と言うことで、試合当日。

これまで数々の旅先で困難を解決してきた経験値がなせる技。
キックオフまで30分を切る頃に、もよりの鶴川駅にたどり着いた。
シャトルバスに乗って、スタジアムへと。

で、スタジアムに到着。
ダッシュでバスを降りて駆け出したので、バスの車内に、羽織っていた上着を忘れてきたようだ。
取りに行くのもめんどいので、しょうがない。(汗)
処分しておいてください、お願いいたします。

ダッシュでアウェイ入り口まで向かっていると、スタグルゾーンを通り抜ける訳なんだけれども、ちょうどそのときに、選手入場のアナウンス。
びーるが欲しかったが、今ここで買うと、キックオフには間に合わないと判断して、泣く泣くスルー。
アウェイゲートから滑り込む。
コアなゾーンの後方はまだまだ空いており、難なく場所を見つけて潜り込む。

う~ん、土曜日の関東でのナイトマッチにしては、意外なことに、人が集まっていないなぁ。

上記のごとく、びーるを購入できなかったので、今回はシラフなのであります。
シラフではあるのだか、前述の通り、今日はひとが少ないので、歌うぞ、跳ぶぞ~

さて、町田戦であります。

はっきり言って、苦手です。
ここのスタジアム、メシが美味いし、野津田車庫からの登山も楽しいし、試合以外のところでは楽しい思いではたくさんあるのだか、こと試合になると、いい思い出は何もない。
しかし、そうも言ってはおられない。
後半戦最初の試合、巻き返すためには、絶対に勝たなくてはいかない。
反撃体制に突入するために、この試合、絶対に勝つ! 
せっかく来たんだし、これないやつらのためにも、福岡を勝たせるよ。

と言うことで、キックオフです。 

第22節 町田 0-2 福岡

よっしゃぁ!!

なんと言っても、「島からの脱出」と言う戦いに勝って、ここまで駆けつけた訳だからね、1日で2連勝っすよ。
まぁ、試合に間に合った時点で、「この試合、もらった」と思っていた訳なんだが。

んで、正直言って、陸上競技場、傾斜が緩いバクスタの後方からだと、一点目の状況はまったくわかんなかったっす。
少しタイミングが遅れて、「あー、選手たちが喜んでるぞ」ってなところで、周囲とハイタッチと言う感じで。

んで、二点目は、相手からのミスが基点とは言え、いい形でのゴールだったと思いますよ。
リードして折り返しての、後半開始直後の追加点。
しかも決めたのが、木戸皓貴。
チームが勢いづくには、これ以上ない最高の形ですね。

相手に関しては、試合の序盤は、左右からガンガン攻められてきて恐ろしかったんではありますが、時間がたつにつれて、あれ?ってな感じで。
おかしい、あまり恐ろしくない。
今までのパターンとは異なる。

そんなわけで、リードしていたこともあって、試合の終盤は、割りと安心して見ていられましたな!
快勝です。
町田相手にこの内容での勝利は、十分に評価していいのではなかろうかと。

まぁ、この一試合だけで単純に喜んでいい状況ではないのだろうが、勝ったときくらいは、単純に喜ばせてくれよ。
この調子で、後半戦は頼みますよ。

| | コメント (0)

2019年7月10日 (水)

第21節 福岡VS岐阜

夏ですね。

と言うことで、この時期の毎年恒例で、海に行きました。
なんとなくそんな気分だったんで、車を運転して行くことに。

と言うことで、試合当日。
お昼前に自宅を出て、高速道路経由で某海岸へ向かう。
たいした渋滞もなく、二時間ほどで到着。

それにしても、暑くもなく寒くもない、ちょうどいい気候ですね。
海辺にレジャーシートを敷いたら、がっつり泳ぎに来た訳ではないから、ボーッと海を眺めて過ごす。
もすこし日差しが強かったら、いい感じに焼くことが出来たんだけれども、この時期だからしょうがないか。
あと、びーるが欲しい比しいところではあるが、もちろん飲めない。

気がついたら、17時になってしまいました。
そろそろレベスタに向かわないといかんな。

ところが、土曜日の夕方なので、道路は激混雑。
裏道に入ってしまうも、そちらも混んでいる。
んで、裏道ゆえに、逃げ場もないと言うどつぼにはまってしまい。

レベスタ周辺についたのは、18時半。
予想外に遅くなってしまった。
こんな時間では、もう駐車場が空いているかなぁ・・・・・

陸上競技場の駐車場、余裕で空いていた。
ラッキーではあったが、客の入りが若干心配になってしまう。
遠くの方からノブリュウの選手紹介の声が聞こえてくるなかを、レベスタに向かって階段をかけ下りていく。

ようやくレベスタに到着。
海鮮炒飯を買い求めてから、ごる裏の定位置へ。
うん、海鮮炒飯うめぇ。
さくっといただいたら、試合モードに入りましょう。
なんせ車を運転して来たからね、びーるは飲めないのが残念。
シラフだけれども、がんばる。

さて、岐阜戦であります。

甚だ不本意ではあるが、ボトムの2チームの対戦となってしまいました。
なぜこうなってしまっているのだ・・・・・
しかも、相手は監督交代で北野監督が就任。
しっかりと分析されていそうで、正直恐い。
しかし、ここで負けてしまうようでは、いよいよもってマズイ状況になりかねない。 
なので、この試合は、絶対に勝つぞ。 

と言うことで、キックオフです。 

第21節 福岡 1-3 岐阜 

え~と・・・・・ 

1点目の失点、あれはきつかったっす。
ゴール前のあの位置で、フリーでボールを受けて前を向かせたら、そりゃああかんわ。
んで、2点目の失点した瞬間、崩れ落ちてしまいましたわ。
きれいにやられたからね。
んで、何がきついって、これから3点取って逆転しなきゃいけないって言うのに、戦術がない。
こっちが攻撃をしようにも、相手にコースを封じられていて、八方塞がり。

そんなわけで、ひどい前半でしたわ。

後半に入り、相手の体力が落ちてからは、だいぶこちら側ペースになり、猛攻を仕掛けるも、ゴールが遠い。
試合終了間際にようやく一点返すことに成功。
よし、なんとかせめて同点に・・・・・
と思った時に、カウンターくらって、終了。

しんどい・・・・・

繰り返すけれども、勝つための戦術が、見えてこない。
このままではとってもマズイような気がする。

しかし、今オレらにできるのは、変わらずに後押しし続けることしかないのかな。
なので、次の試合も頑張る。 
町田に行ってきますよ。

| | コメント (0)

2019年7月 5日 (金)

天皇杯2回戦 福岡VS鹿児島

はい、見に行けてませんですよ。

平日のナイトマッチだというのもある。
が、それ以上に、今月に入って突然お仕事の状況が変わって、いまそれどころではないんですわ。
なので、午後から半休を取ったら見に行くなんてことも、到底不可能。

んで、天皇杯、いったいもう何年見に行けていないんだろうか?
ふと疑問に思っていま調べてみた。
2015年に何故かアウェイ磐田まで見に行ってるけれど、それを除いたら直近で見に行ったのが、2011年の高知大学戦。
しかも、試合会場が福山。

なんとかいなければという思いは、なくもないんだけれども、正直言うと、天皇杯に対して、そこまでのモチベーションがなかったりする。
なんだか申し訳ないが。

と言うことで、試合当日。

試合が行われていた頃は、絶賛お仕事中でありました。
一応、某公共放送の速報ページは開いてはいたんだけれども、逐一チェックする余裕はなく。
結局のところ、お仕事が終わったのは23時を過ぎて降りました。
そこでようやく、試合結果を把握。

天皇杯2回戦 福岡 2-1 鹿児島

とりあえずは、よっしゃぁ。

試合内容については、結果しか把握していないから、わかんないっす。
延長までもつれ込んだ試合を、最後勝ち切ることが出来たというのは、前向きにとらえております。
なんといっても、久藤監督体制になっての初勝利だからね。
ともかく、これをきっかけに、チームがいい雰囲気になってくれることを期待。

次の試合は、8月の水曜日ですかぁ。
仕事のスケジュール的に、これまた厳しそうだけれども、そろそろなんとかして見に行きたいですわ。

見ていない試合については、何も書くことが出来ないから、この程度で。

| | コメント (0)

2019年7月 2日 (火)

第20節 福岡VS山口

この試合、見に行けなかったっす・・・・・

と言うのも、この日は昼間お仕事だったんですわ。
とは言え、当初予定では17時に終了するはず。
んで、急いで新O牟田駅に向かって、17時15分発の新幹線に乗れたら、試合開始までにはレベスタにたどり着ける。
まぁ、さすがに17時15分はムリだとしても、その次の便に乗ったら、博多駅到着が18時半だから、福岡空港からタクシーを飛ばせば、ギリ間に合うかもしれない。
そんなことを考えながら、日中はお仕事にいそしむ。

んで・・・・・
実際にお仕事が終了したのが、21時半。

なんでや。

まぁ、日曜日の夕方って、オフィスにいるのは当然ワタクシ一人なんで、誰からも邪魔されずに、集中して仕事に取り掛かれるのよ。
と言うことで、この機会にやっておきたいことを全部片付けようとしたら、こうなっちゃいますわなぁ。
ってか、年パスは持って仕事に行ってたんだけれども、スーツ姿では、屋根のないごる裏に行くのはキビシイんで、この試合に行くかどうかは天候次第だなぁとは、思っていたんですわ。
そしたら案の定、芳しくない天気。
だったら、仕事を途中で打ち切ってまで行くことも無かろうかと言うのが、正直な気持ちだったりする。

と言うことで、この試合が行われていた時間帯は、絶賛お仕事中。
ついったなどで試合の状況を追いかける余裕もなく、試合についての情報は一切入っていないから、試合の結果を楽しみに確認してみよう。

さて、山口戦であります。

まだまだ対戦回数は多くは無いけれども、相性はいいよね。
まぁ、ウチのいまのチーム状況を考えると、かなりよろしくは無いんだけれども、そろそろこのあたりで浮上のきっかけをつかみたいところ。
そのためには、ここまでの対戦結果からだけを考えたら、いい対戦相手ではなかろうかと思う。
だからと言って、決して油断できることは無く、決して油断できる状況ではないんで、まったく気を抜けない相手であることに、間違いはないんだが。
まぁ、ごちゃごちゃ言わんと、このあたりでいい加減に、すっきりとした勝ち試合を見せてくれよ。

と言うことで、キックオフです。

第20節 福岡 2-4 山口

えーと・・・・・

ざくっとさかのぼってついったをチェックした範囲内でのことにはなるんだが、前半と後半の試合内容が、ガラッと変わったんすかね。
ハーフタイムにおいて、前半上手くいかなかった点をどう修正して後半に臨んでくるか、そのあたりについては、両チームの監督の経験の差が出てしまったのかなぁとは思う。

しかし、ここまで見事な逆転劇を食らってしまうとなぁ、現地にいなかった自分でも、へこんじゃいますわ。

そんな、試合展開と同様、前半と後半とで、TLの雰囲気が全然違っていたのが、なんとも。
まぁ、ホームゲームで、リードして前半を終えてからの、こういう結末だったら、分からなくもないですわな。
いかんせん、現地にいたわけではないので、そのあたりは想像するしかないのではあるが。
ただ、一部心配になってしまうような発言もあったりしてですね。

まぁ、正直言って苦しい状況でネガりたくなりますが、それでも次節もスタジアムに通うのですよ。
勝ち試合が見たくって。
オレらにできるのは、後押しすることだけなんで。

あまりにも内容がないようだけれども、見ていない試合については、簡潔にこのあたりで。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

その他サッカーなど 2004年 その他サッカーなど 2005年 その他サッカーなど 2006年 その他サッカーなど 2007年 その他サッカーなど 2008年 その他サッカーなど 2009年 その他サッカーなど 2010年 その他サッカーなど 2011年 その他サッカーなど 2012年 その他サッカーなど 2013年 その他サッカーなど 2014年 その他サッカーなど 2015年 その他サッカーなど 2016年 その他サッカーなど 2017年 その他サッカーなど 2018年 その他サッカーなど 2019年 ひたすら愚痴る むかしやってた企画 もぶろぐ 2004年 もぶろぐ 2005年 もぶろぐ 2006年 もぶろぐ 2007年 もぶろぐ 2008年 もぶろぐ 2009年 もぶろぐ 2010年 もぶろぐ 2011年 もぶろぐ 2012年 もぶろぐ 2013年 もぶろぐ 2014年 もぶろぐ 2015年 もぶろぐ 2016年 もぶろぐ 2017年 もぶろぐ 2018年 もぶろぐ 2019年 中身の無い日記 2004年 中身の無い日記 2005年 中身の無い日記 2006年 中身の無い日記 2007年 中身の無い日記 2008年 中身の無い日記 2009年 中身の無い日記 2010年 中身の無い日記 2011年 中身の無い日記 2012年 中身の無い日記 2013年 中身の無い日記 2014年 中身の無い日記 2015年 中身の無い日記 2016年 中身の無い日記 2017年 中身の無い日記 2018年 中身の無い日記 2019年 遠征記 2004年 遠征記 2005年 遠征記 2006年 遠征記 2007年 遠征記 2008年 遠征記 2009年 遠征記 2010年 遠征記 2011年 遠征記 2012年 遠征記 2013年 遠征記 2014年 遠征記 2015年 遠征記 2017年 遠征記 2018年 遠征記 2019年 2004年 J2福岡 (その他) 2004年 J2福岡 (試合) 2005年 J2福岡 (その他) 2005年 J2福岡 (試合) 2006年 J1福岡 (その他) 2006年 J1福岡 (試合) 2007年 J2福岡 (その他) 2007年 J2福岡 (試合) 2008年 J2福岡 (その他) 2008年 J2福岡 (試合) 2009年 J2福岡 (その他) 2009年 J2福岡 (試合) 2010年 J2福岡 (その他) 2010年 J2福岡 (試合) 2011年 J1福岡 (その他) 2011年 J1福岡 (試合) 2012年 J2福岡 (その他) 2012年 J2福岡 (試合) 2013年 J2福岡 (その他) 2013年 J2福岡 (試合) 2014年 J2福岡 (試合) 2015年 J2福岡 (試合) 2016年 J1福岡 (試合) 2017年 J2福岡 (試合) 2018年 J2福岡 (試合) 2019年 J2福岡 (試合)