2021年6月23日 (水)

J2第19節 北九州VS愛媛

土曜日の試合は仕事のために見に行けなかったので、日曜日は小倉に行ってきました。

北九州の試合を見るのは、開幕戦以来。
ずいぶん間が空いてしまったなぁ。
その間、シーズンももうすぐ折り返そうと言う時期なのに、 ここまで調子が上がらずに成績は低迷してる。
いくらメンバーが入れ替わっているとしても、小林監督にして、ここまで立て直せないのはどう言うことなのか、気になっていたので確認しよう。

などと言っているが、レンタル選手が元のクラブに帰ってしまう苦しさは、オレらもよくわかっている。
そのあたりは、お金の無い地方クラブは、キッツイよな。

と言うことで、試合当日。 

朝9時に目覚める。 
19時からの試合なので、急ぐ必要はない。
なので、11時前に出る鈍行列車に乗って出発。
もちろんまっすぐ向かっても早すぎるので、某所でボーッと海を眺めてた。
不要不急の外出はNGだとは言え、まだ海開きしていない、人もほとんどいない海水浴場で静かに過ごしているくらいは、許してくれるだろう。

あまりにもまったりとしすぎていたら、時間が過ぎてしまった。
急がねば。
そんなわけで、小倉駅に到着したのは18時。
まぁ、スタジアムは駅から歩いてすぐだから、問題ない。
駅チカスタジアム最高。

それよりも、今回モバイルバッテリーを持ってくるのを忘れてしまった。
スマホの電池残量、すでに20パーセントくらいや。
こりゃぁ、スタジアムでのモブログ投稿は出来ないな。

テクテク歩いて、スタジアムに到着。
残りわずかとなっていたたこ飯をゲットして、それだけでは足りなさそうだったので、かしわうどんもゲット。
両手にメシを抱えて自席にたどり着いた頃には、すでにゴールキーパーのアップは始まっていて、フィールドプレイヤーが登場してくるタイミングだった。

久しぶりにいただく、たこ飯うめぇ\(^o^)/
このスタジアムに来たときは、やはりはずせない。
もちろん、かしわうどんもうめぇ\(^o^)/

そんな感じで、メシを食いながらボーッとピッチを眺めていたら、あっという間に試合が始まる時間ですよ。 

さて、北九州であり、愛媛であります。

ともに、J2の下位に位置してますな。
北九州としては、去年のことを考えたら想定外の結果なんだろうか。
双方とも、今シーズンは降格枠が広いので、そこからの脱出は容易ではなかろう。
であるがゆえに、直接対決のこの試合は、落とせない。
なので、好ゲームを期待してしまう。
まぁ、よそ者の第三者であるワタクシとしては、いい試合が見たいと、それだけであります。
まったりと観戦しよう。

と言うことで、キックオフであります。 

J2第19節 北九州 0-2 愛媛

例によって、よそ様の試合なんで、試合についての感想は、さらっと流し気味に。 

時間経過で言えば、試合内容はほぼ互角な感じも前半終了間際の40分に吉田、45分に藤本が豪快な叩き込んで、愛媛がリードして前半を折り返すと、後半に入り優位となった愛媛は最後までゴールを守りきり、そのまま愛媛の勝利。 

う~ん・・・・・
まぁ、そうやろなと言う感想。

決定機の数は双方ともさほど多くなかったが、そこで決めることが出来たかどうか。
ってか、愛媛の方は、クロスの精度がダメダメだったが、そこまではつながる場面がちょくちょくあったのに対して、北九州の方は、追い込まれて最後に押し込むことが出来たが。そこまでの89分間が・・・・・
スタッツでは北九州のシュート数多かったんだけれども、現地ではそういう印象は受けなかったな。

いや、お互いに勝ちたいと言う気持ちは見えていたんだが、空回りぎみだった。
その気持ちはプレイで表現されてないというか、何と言うか・・・・・

あと、得てして、うまくいっていないチーム同士の対戦だとこうなるのか。
交代で出てきた選手が、直後にアクシデントで交代と言う事態に。北九州は乾が脳震盪、愛媛は石井が負傷で、ともに後半に投入されて5分少々で交代に。
これだと、ゲームプランがくるってもやむを得ないか。

そんなわけで、開幕戦以来に観戦した北九州。
順位表では下にいるのは把握していたが。実際に試合を見て、なんとも言えない気分に。
この順位でもやむを得ないかなぁ。
と、よそ者がこういうこと言っては申し訳ないけれども、そう思ってしまう。

どうやって巻き返すのか、この試合を見ただけで判断すると、ちょっと見えてこないな。
「選手のコマが足りていない」だけなのかどうか・・・・・

| | コメント (0)

2021年6月 8日 (火)

J3第10節 熊本VS沼津

J1がお休みに入ってしまったので、熊本に行ってきました。

ここまで過密日程だったのに、突然の3週間のお休み。
って、も少しスケジュールなんとかならんのか。
いや、それはカップ戦に負けたらお前らが悪いんや、と(汗)。
来年こそは・・・・・

そんな訳で、ヒマですね。
だったら、よそさまを見に行こうとなりますわな。

と言うことで、試合当日。

朝9時過ぎに目覚める。
自宅でうだうだしてから、10時半に自宅を出る。
本来だったら、新しくなった熊本駅ビルの探索もかねて電車で行きたいところではあるんだが。
なんせ、今シーズンはシャトルバスの評判が宜しくないので、クルマを運転して行くことに。
どのみち、今はスタジアムでびーるを飲むことが出来ないから、クルマでもいいか。

途中で夏用のサンダルなどを買っていたこともあって、スタジアムに到着したのは12時半過ぎ。
駐車場、まだまだがら空きやなぁ。
ワタクシにとっては停めやすい所を選べてありがたいんだけれども、運営的にはキッツイだろうな。 

さて、どういうわけだか、今シーズン熊本に来るのははじめてだ、
何が変わって何が変わってないのか。
それを確認するために、いつものバクスタ中央に荷物を下ろしたら、さっそく食料の調達に出掛けましょう。
去年の一時期よりも、お店の数は戻ってきてるのかなぁ。

それにしても、相変わらず、酒が進みそうなものばかり売っている(褒め言葉)。
ぐるっと一回りした結果、やはり某お肉屋さんのローストビーフ丼を選んでしまう。
ウマイのは間違いない。
・・・・・ああ、びーる欲しい。

やがて、選手たちがあっぷを始めるためにピッチ上に。
この試合はアウェイサポの観戦が出来ないと言うこと戻ってきてるのかなぁってか、沼津の選手が熊本サポニも挨拶する。
そして、それに拍手で答える熊本サポ。
これがJの良いところだよなぁ。

そんな感じで、ボーッとピッチを眺めながらまったり過ごしていたら、あっという間に試合が始まる時間ですよ。

さて、熊本であり、沼津であります。

熊本、今年こそはJ2復帰の正念場だぞ。
今のところ調子はよさげだが、去年のことを考えたら油断ままったくできぬ。
去年の秋田並みとまでは言わないけれど、ある程度ぶっちぎりたいっすね。
一方の沼津、出だしは調子よさげだったんだけれども、最近ちょっと負けが込んでるようで。
まぁ、よそ者の第三者であるワタクシとしては、いい試合が見たいと、それだけであります。
まったりと観戦しよう。

と言うことで、キックオフであります。

J3第10節 熊本 0-1 沼津

例によって、よそ様の試合なんで、試合についての感想は、さらっと流し気味に。

時間経過で言えば、攻守共に互角な感じであまりチャンスもなく一進一退、スコアレスで前半を折り返すと、後半に入り61分にカウンターから徳武のゴールで沼津先制、熊本も反撃するも及ばず、沼津の勝利。

う~ん・・・・・
ほぼ唯一といっても差し支えないであろう沼津の決定機に決められての敗戦、これは痛いなぁ。

久しぶりに見た熊本、以前と比べて攻撃のバリエーション増やしたのかな?
ワタクシのイメージとちょっと違っていた。
んなわけで、ロングボールを使ったりドリブル突破を見せたりと、いろいろ手を変え品を変えた攻撃を行っていて。
ターレスが再三再四いい動きを見せていて攻撃を活性化させていたし。
あとは、クロスの精度、だよなぁ・・・・・

そんなわけで、久しぶりに見に行ったら、負けたでござる。
正直言うと、全然悪くないんだけれども、何かが足りていない印象。 
それが何なのかはわかんないが。
ということは、まぁ、重症ではなさげってことですかね。

と言うことで、今シーズン初めての熊本行きでした。
なぜか今年は日程的に合わないんだけれど、も少し見に行きたいな。

| | コメント (0)

2021年5月18日 (火)

JFL第09節 高知VS枚方

土曜日に仙台に行った翌日は、高知に行ってきました。

って、謎すぎる行動(汗)。
いや、当初、今シーズンの日程が発表されて仙台に行くことを決めた時は、翌日京都の新スタジアムに行くつもりだったのよ。
なので、伊丹空港行きのひこーきを取ろうとしたわけで。

しかし、関西方面は、福岡以上に感染症の影響が大きくって。
緊急事態宣言が継続中のいま、行くべきではないかなと。
まぁ、こっちも緊急事態宣言が発令されたところから出掛けているのではあるが。

なので、京都は諦めよう。
だったら、当日仙台に宿泊して、翌日の福岡空港行きのひこーきで帰ってくれば良い。
それはそうなんだけれどもね・・・・・
仙台、観光地はあらかた見て回ったし、だからと言って三陸方面に足を伸ばすのは、スケジュール的にキツい。
それに、単純に仙台を往復するだけの旅行は、つまんないからね。

だったら、どうしよう。
そこで思い付いたのが、先日の宮崎行き。その試合のブログで書いてたこと。

ワタクシ、今まで「サッカー観戦で」行ったことがなかったのが、福井県・和歌山県・高知県・宮崎県の4つ。

このうち宮崎に、先日行ってきたわけですよ。
残り3県。
JFLのスケジュールをチェックしたら、日曜日に試合あるやん。
だったら、当初の予定を若干アレンジした形で。旅に出よう。

んで、スタジアムの位置を確認する。
・・・・・難しい立地やなぁ。
翌朝の伊丹空港からのひこーき、もしくは梅田からの高速バス、いずれも試合開始に間に合わなさそう。
なので、岡山まで移動しておくべきだな。

かくして、岡山駅前でホテルを確保。
ついでに、試合のチケットを確保。
試合会場で当日券を買う方が、オリジナルのチケットが出てくる可能性があり、前売り価格と当日価格とがそんなに差がないので、いつもだったら当日券を買いたいところなんだが・・・・・
これも時節柄、事前に準備しておいた方が良かろう。
来場者の個人情報の管理とかもあるだろうからね。

と言うことで、試合当日。

岡山駅前のホテルで、朝6時頃目覚める。
ってか、価格重視で選んでみたら、外の音が結構聞こえてしまうお宿で、あまり眠れなかった。
眠い目をこすって本来、8時前に岡山駅前のバスセンターへ。
それでは、瀬戸大橋経由の高速バスで向かいましょう。
えっと、「鉄」なワタクシであっても、所要時間はほとんど変わらない、なおかつ料金は半額近い、となると、バスを選びますわ。

ホテルで眠れなかったから、バスのなかでは熟睡。
結果、岡山を出てから5分後くらいには、高知に到着。
若干早着して、時刻は11時前。

さて、ここからですよ。
クラブ公式のアクセス案内には、「最寄りのバス停からタクシーで」となっている。
歩く人がいることを想定してないな。
地図で検索したら、約40分くらい。
普段ベススタから福岡空港まで歩いてる人には無問題。
それよりも、その路線バスが、土日は本数が減ることや。
高速バスから乗り継げるバスは無い。
結果、高速バスを降りたところから、タクシーを利用することに。
・・・・・高知までの旅程をけちった意味ががが。

料金は3千円弱、20分くらいで到着したのは・・・・・
結構な山の中ですな。
土地勘がまったく無いゆえわかんないけれども、スタジアムを作るのにもう少しいい場所無かったんだろか?
地元の人に、一度来てもらおうとしても、ちょっとキツいかも。

んな訳で、開門時間ほぼジャストに到着。
タクシーで開門時間に到着するって、「超熱心なサポ」みたいじゃないっすか(汗)。

うむ、典型的な、古びた球技場ですな。
それでも、はじめてのスタジアムは、ワクワクするなぁ。
小雨か降っているのが残念ではあるが、傘が必要なほどではない。
そんなわけで、屋根の無いメインスタンドに荷物を下ろしたら、さっそく食料の調達に出掛けましょう。
なんせ、次に来る機会はほぼ無かろうから。

想定入場者数からすると、多くの飲食店が。
せっかくだからと言うことで、地物である鶏のハラミ焼きをゲット。
そして、もちろんびーるも。
やはり、スタジアムで飲むびーるうめぇ\(^o^)/
熱々のハラミの串焼きうめぇ\(^o^)/

やがて、選手たちがあっぷを始めるためにピッチ上に。
まぁ、上で「古い」って言っちゃったけれども、ピッチが近いコンパクトな球技場は、いいね。
監督コーチからの指示の声も、バッチリ聞こえてくるし。

そんな感じで、少しだけ酔っぱらいながら気持ちよく過ごしていたら、あっという間に試合が始まる時間ですよ。

さて、高知であり、枚方であります。

えっと。両チームともはじめて見るクラブ。
ゆえに、知識はなにもないっす。
対戦する両方ともまったく知らない試合を観るのは、ワタクシの経験ではあまり無いかなぁ。
まぁ、なんの情報もない分、フラットに試合を観ることができますな。
などと、自分を擁護してみる(汗)。
それはともかく、せっかくはるばるここまで来たんだから、よそ者の第三者であるワタクシとしては、はじめてのスタジアムで、好ゲームを期待してます。

と言うことで、キックオフであります。

JFL第09節 高知 1-0 枚方

例によって、よそ様の試合なんで、試合についての感想は、さらっと流し気味に。

時間経過で言えば、攻守共にイーブンな感じでどちらが大きく優位とも言えず、スコアレスで前半を折り返すと、後半も大きくは展開変わらず、このままスコアレスドローかと言う向かえたアディショナルタイムの91分にゴールが産まれ、高知の勝利。

いやぁ、正直びっくりした。
初めて見た高知が、ここまで戦術レベルの高い試合をやっているとは。
ダイレクトもしくはワンタッチでパスを、しかも正確に繋いでいくから、展開がスピーディー。
相手ボールになった時、最前線の選手までもがもうダッシュで寄せていきボールを奪い返す。
すごく鍛え上げられているなと。
こう言う言い方は大変失礼なのを承知で書けば、選手個々の能力がJ1よりも低いからフィニッシュまではうまく行かない(クロスの精度とか)だけで、やっていることはJ1と変わらない。
何の予備知識もなしに見に行った試合がこれだと、当たりの試合を見に行った感じ。

と、どうしてもホームチーム視点で試合を見てしまうから、そう言う印象になってしまうんだが。

これまたはじめて見る枚方、決定的なチャンスの数はむしろ多かったかも。
なので、この試合を見る限りだと、力の差は感じられなかったかなぁ。
つまりは、双方ともレベルの高い好ゲームだったと。
ともかく、なかなか面白い試合だった。
交通費のもとは取れたな。

観客数については、小雨だったし、このご時世だしで、少ないのはしょうがない。
運営はきちんとしていたし、スタグルは充実していたし、すれ違うスタッフさんは例外無くみんな「こんにちは」と気持ちよく挨拶をしてくれたし、しっかりとしたクラブを作っているなと、それは感じた。
地元スポンサーの数も集まっているのかな。
本気でJを目指している、その準備は出来ているんだろう。
あとは、成績ですね。

と言うことで。はじめての高知県でのサッカー観戦でした。
個人的には、観客席から時おり聞こえてくる土佐弁が、なんかいいなぁと言う感想。

のこり二つ、福井県と和歌山県。
地域リーグまでは見に行く機会作れないから、はよ上がってこい~

| | コメント (0)

2021年5月 4日 (火)

B2リーグ第28節 福岡VS佐賀

と言うことで、3ヶ月ぶりに、バスケ観戦に行ってきました。

って、書いていて愕然とするな。
この間、サッカーが開幕してそっちに時間を取られたし、感染症の状況的に行くのをためらわれた時期もあったし。
と言う理由もあるんだけれども。
それよりもなによりも、相変わらず戦績が芳しくなくって、イマイチ観戦のモチベーションがわかなかったのが大きい。
見に行ける機会がなかったわけではなかったんだけれども、気が乗らなかったというのが、率直な気持ち。

しかし、今シーズンも終わりですよ。
そうなると、やはり見に行きたいと思うようになり。
土曜日の浦和戦を仕事の為見に行けなかった。
そうなると、大型連休は自宅に引きこもりっぱなしで終わる。
感染症まん延の状況からすると、むしろそのほうが望ましいのではあるが、一日くらいは、気をつけながら家の外に出てみたい。
そう思い、この試合に行くかどうかは、当日の気分次第で決めることに。
幸か不幸か、ブースタークラブ得点の無料チケットが、あと1枚手元に残っている。

と言うことで、試合当日。

目が冷めたら、9時過ぎ。
今から電車を乗り継いでいこうとすると、ちょっと厳しい。
いや、4時間ちょっとあるんだから一見大丈夫そうに見えるが、いまから駅まで行って、在来線で博多駅まで出て、乗り継いで新飯塚駅まで行って、そこからてくてく歩いて・・・・・
って時間計算したら、無理そう。
しかし、車で向かったら十分に間に合うぞ。
人混みを避けるという観点からは、公共交通機関を使っていくのではなく、自分の車で向かうのは正解かも。
という事で、飯塚まで向かうことにする。

しかしね、1時間以上の車の運転は、極力避けたい人。
と言うことで、10時頃自宅を出て、1時間後の久留米手前のコンビニで一休み、冷水トンネルを超えてしばらく行ったところのコンビニで一休み。
結果、飯塚に到着した12時半。
2時間ちょっとのドライブで2回の休憩が必要って、効率が悪いですね・・・・・
まぁ、月曜日だったゆえ、車中流していたFMのおかげで気分は紛れたので、なんとかなりましたわ。

そんなこんなで、試合会場に到着。
入場し、奇跡的にいい位置に空席を発見し、そこを確保。
荷物をおろして一息ついたら、早速食料の調達を。
キッチンカーで販売していた、うめぜんさんの牛タン塩焼きそばうめぇ\(^o^)/
いや、もちろん普段ベススタで販売しているものなんだけれども、あっちではいつも大行列で買えないから、実は購入したのははじめて。
美味いというのはもちろん知っていたんだけれども、塩加減が絶妙で、想像していた異常にうまかった。

と言う感じで、もぐもぐしながら選手たちのアップを眺める。
選手たちがアップしている様子を見ると、テンションが上りますよね。
そろそろ試合観戦モードに気持ちを切り替えましょう。
と言いつつも、実はこの短時間で、アウェイ札幌戦とホーム浦和戦のblogを作成していたりするのは、ここだけの話。

この日の対戦相手は、佐賀。
まぁ、なにはともあれ、負けたくない相手ですな。
順位的には向こうのほうが上だけれども、先輩として負けるわけには行かぬ。
ともかく、勝ってくれよ。
そして、いい試合が見たいなぁ。
今シーズンの最終戦、意地を見せてほしい。

と言うことで、試合開始であります。

B2リーグ第28節 福岡 98-87 佐賀

ばんざーい\(^o^)/

QUARTER.1   23-29
QUARTER.2   23-25
QUARTER.3   29-16
QUARTER.4   23-17

いやぁ、面白かったです。

試合の入り、ディフェンスもよくリードしていい感じかと思いきや、ブザービートを含めスリー2連発を食らって第1クォーターを終えると言うスタート、その後もリードを許し、ビハインドで前半を終えるという、なかなか苦しい展開
内容はそんなに悪くはなかったと思うが、なんとももどかしい。

さて、後半どう立て直してくるのかと思っていた第3クォーター、鮮やかな逆転劇を決める。
一旦は崩れかけたディフェンスを、上手く立て直してきた印象。
ファールすることなく相手ボールを奪っては、反撃に出て上手く得点を重ねていった印象。
しかしその後は追いつかれて、オフィシャルタイムアウトの時点で80-80のイーブン。
そこから残り5分、最後突き放しての勝利だからね。
相手を終始圧倒しての勝利も、それはそれで楽しいけれど、こういう最後まで結末がわからない試合って、心臓には悪いけれど、いいよね。

そんなわけで、今シーズンの最終戦を勝利で飾りました。
今シーズンの戦績には正直満足できないけれど、最後、こういう試合を見れたので、個人的にはオールOKであります。

選手同士の中が良く、お互いに信頼関係があるというのは、シロウトであるワタクシにも伝わってくる。
それだけに、かえすがえすも、この戦績は残念だなぁと思ってしまうしだい。
なので、気が早いけれど、来シーズンの巻き返しに今から期待しておこう。
今シーズンも、おつかれさまでした。

相変わらず試合本編についての言及は短いけれども、今回もこのあたりで。

| | コメント (0)

2021年4月13日 (火)

トップリーグ第07節 宗像サニックスVS東芝

日曜日は小倉まで、ラグビートップリーグを見に行ってきました。

去年の2月に見に行って以来なので、1年以上ぶりですな。
本来だったら、も少し見に行きたいところではあったんだが。
こちらも感染症の影響を多大に受けて、スケジュールが大幅に変わってしまい、見に行けそうなのがこの試合くらいしか無くなってしまった。
ゆえに、今シーズンのレギュレーションは、まったくわかっていなかったりする。
なんせ、順位表も、今週になってはじめてチェックしたくらいだからね。

それにしても、ラグビーブームからある程度日が過ぎてもなお、チケット売れているのね。
直前になってチケットを抑えようとしたら・・・・・
バクスタ完売、メインも下層は完売、上の方しか残ってない。
ここんところ仕事が多忙で、この日に行ける体力が残っているか微妙だったので、チケットを早めに抑えることは出来なかった。
んでも、前日の夕方になり、ある程度仕事の進行具合が見えてくると、やはり行きたくなるもので。
考えた末に、メインの上段を抑えた。

ということで、試合当日。

8時半に起きて自宅を出て、9時15分の新幹線で出発。
特段急いでいるわけではなかったが、「今週末で有効期限がきれる、2枚きっぷの片割れ」が残っていたんで使いたかったからなんだが、新幹線のダイヤがとんでもないことになっとるな。
9時15分の次は、11時前まで無い、一時間半以上も間隔が開いている。
前者だと小倉駅到着が早すぎるし、後者だと小倉駅到着が遅すぎる。
なんとも使いづらいわぁ。

と言うことで・・・・・

せっかく「新大阪駅に直通するさくらちゃん」なのに、博多駅でこの新幹線を降りたら、バスで移動して、蔵本から高速バス。
まどろっこしい移動方法や。
目の前でバスを逃してしまい、次のバスを20分待ったのちに、やって来たのがたまたま到津の森公園経由の時間がかかる奴だったが、12時に小倉駅前に到着。
テクテク歩いてスタジアムへ。

うん、案外思っていたよりも、客が入ってる。
しかし、ワタクシが買おうとしていた辺りのチケットがソールドアウトって言われると、なぁ・・・・・
ラグビーのチケット販売方法って、いまだになんだかよくわかんない。
まぁ、感染防止で人と離れている場所のチケットを買った、そう思うことにしよう。

厳戒態勢ゆえ、スタジアム内では飲食物は一切販売していない。
感染症対策としては、ありだな。
自販機が稼働してるので、飲み物は手に入るし。
まぁ、ラグビーの試合会場では、解くに真冬の観戦では「熱燗」を所望したくなるんだが、今の情勢でそれやったら、危ないだろうからね。

ということで、お茶を片手に、選手たちのアップの様子を眺める。
選手から、よ~け声が出てるなぁ。
ラグビーを無言でプレーしたら危ないだろうから、やむを得ないのかな?
見ていてドッキリはするが。

それにしても。屋根のかかった日陰の上層、海っペタだと、若干寒いな。
着てくる格好をミスったかも。
こういう時は、熱燗が欲しい(汗)。

さて、小倉でのラグビートップリーグ観戦であります。

全然今シーズの試合内容を追っていないんだが、ずいぶん苦戦しているようだな。
今回も、東芝相手と言うことで苦戦しそうだが、なんとかいい試合を。
そして、一年ぶりのラグビー観戦、面白い試合になることを期待してます。

と言うことで、キックオフです。

トップリーグ第07節 宗像サニックス 14-49 東芝

う〜む・・・・・・・・・・

力の差が、スコアに反映されたのかなぁ。

前半も、押される場面がほとんどだったと思う。
が、なんとか最少失点で耐えているうちに、ナイス判断からトライを奪って、一時期逆転しリードするなどで、前半を終えてイーブンと言う展開に。
想定外の嬉しい誤算。

なんだけれども、後半耐えきれず立て続けにトライを奪われてしまい、試合の行方はそこで決まったかな。
いや、真正面からぶつかるのを交わしての頭脳プレー等、工夫しているのは理解できたが、肝心なところでミスが出てしまったな。
これでは、苦しい。

もったいないなぁ。
前半終了間際のいい雰囲気のまま後半試合に入れていたら、勝てる可能性は無くはなかったと思う。
それだけに、悔やまれますね。

と言うことで、完敗であります。

それでも、最後まで楽しめたから、チケット代に見合うだけの価値はあったと思う。

| | コメント (0)

2021年3月31日 (水)

J3第03節 宮崎VS富山

土曜日ナイトマッチの翌日は、宮崎に行ってきました。

ワタクシ、今まで「サッカー観戦で」行ったことがなかったのが、福井県・和歌山県・高知県・宮崎県の4つ。
こうなったら、宮崎県を47番目にしてもいいかなぁと思っていたんだが、Jのチームが出来たのならば、話は別。
と言うのも、待っていても、福井県や和歌山県には、一体いつになったら(以下自粛)

んで、行くのならばいつでもいいとは思っていて、タイミングを見計らっていた。
が、「みんなの九州きっぷ」が3月末で発売終了とのこと。
つまり、宮崎まで安く行けるのが、3月末まで。
これは、行っておかねば。

と言うことで、試合当日。

本来、ベススタでの試合終了後新幹線に乗って、鹿児島中央駅近くのホテルに泊まり、9時くらいの特急電車で宮崎に向かうつもりだった。
が、ホテル代をケチってネカフェ泊まりにしてしまう。
結果、眠れずに5時半にそこを出て、始発の6時前に出る取ってに乗ってしまい、寄り道をしたものの、宮崎駅に到着したのが9時前。
外はどしゃ降りの雨だし、ヒマや・・・・・
なので、喫茶店に入ってコーヒーをいただきながら、昨日の鹿島戦のblogを作成して時間を潰す。

ほぼ出来上がったところで、長時間占拠していたらいい加減にいやがられるだろうから、重い腰をあげましょう。
駅ビルが出来ているので、そこの偵察に。
うん、10分でひととおり回り終えた(汗)
結局駅に戻ってきて、ベンチに座り、持ってきていた雑誌を読み始めるなどしてしまう。

三時間ほど駅周辺で過ごした後、12時に出る鈍行列車に乗って出発、日向新富駅へ。
もしかしたら普段は無人駅かもしれない駅では、地元の人から出迎えを受ける。
スタジアムまでの道中で、地元の人からお茶とお菓子の振る舞いを受ける。
ありがたくちょうだいしてから、スタジアムまでテクテク。
多少の距離はあるが、延々と幟がたっているから迷いようがない。
地元の方々からの暖かいサポート、いいね。

と言うことで、12時半頃にスタジアムに到着。
はじめてのスタジアムは、ワクワクするなぁ。
小雨は降っているものの、天気予報をチェックして、試合開始までには止むと判断し、メインスタンドの屋根のかかっていない前方に場所を見つけて荷物を下ろしたら、さっそく食料の調達に出掛けましょう。

宮崎と言ったら、やはり地鶏ですよねぇ。
という事で、熱々の地鶏をゲット。
そして、テゲバびーるなるクラフトびーるをゲット。
甘酸っぱくてうめぇ\(^o^)/
地鶏との組み合わせ的には、えっと・・・・・

やがて、選手たちがあっぷを始めるためにピッチ上に、
ピッチが近いコンパクトな球技場は、いいね。
監督コーチからの指示の声も、バッチリ聞こえてくるし。

そんな感じで、半分酔っぱらいながら気持ちよく過ごしていたら、あっという間に試合が始まる時間ですよ。

さて、宮崎であり、富山であります。

宮崎、正真正銘はじめて見るクラブ。
たいていのJに上がってきたチームは、JFL時代に見ていたんだが。
そんな訳で知識はなにもないが、内藤さんが監督として頑張ってるし、勇太も在籍してるし、応援したい。
一方の富山、そろそろJ2に復帰しなきゃいかんだろ。
富山は海のものかめっちゃ美味いんで、また行きたいんですが。
いや、ウチの対戦相手として行くことがあれば、それは望ましいことではないんですが(汗)。
それはともかく、せっかくはるばるここまで来たんだから、よそ者の第三者であるワタクシとしては、はじめてのスタジアムで、好ゲームを<期待してます。

と言うことで、キックオフであります。

J3第03節 宮崎 2-1 富山

例によって、よそ様の試合なんで、試合についての感想は、さらっと流し気味に。

時間経過で言えば、前半20分にPKを得て藤岡のゴールで宮崎が先制、前半終了間際の42分に徳永が鮮やかなボレーを決めて追加点をあげ宮崎がリードして折り返すと、後半防戦ぎみだった富山に78分にゴールが産まれ、なお食い下がるも宮崎逃げ切った。

まずは、新しいスタジアムでの記念すべき勝利、おめでとうございます。
いい時間帯に先制点が取れ、前半終了間際に追加点ゲットと言うことで、試合の流れ的に良かったですよね。
後半に入り精神的に落ち着いたのか、前線への鋭いスルーパスを何本も通していたし。
あとはシュートの精度がも少し高かったら、あと何点取れていたことだか・・・

一方の富山も、悪かった訳ではなく、シュートが相手キーパーの正面でキャッチされてしまったものが何本かあって、ちょっとツキが無かったかも。
シュート数は富山のほうが多かったくらいだし。
開幕以来好調とのことで、それは納得できる試合内容だったと思う。

両チームの間に、力の差は無かったかなぁ。
いずれにしても、なかなか面白い試合だった。

んで・・・・・
まぁ、悪天候の影響もあったんだろうけれども、客の入りが物足りないかなぁ。
見に来ていた人はみんな楽しんでいたし、老若男女来ていて客層が幅広く、地元に浸透はしている様子は見て取れるが。
小学生だけで来てる数人組とか、高齢者夫婦とか、いろんな人たちがいたなぁ。
昇格してきたチームにありがちな、こんな具合に観客席にいる人たちの属性がバラバラな雰囲気、個人的には、好き。

と言うことで。はじめての宮崎県でのサッカー観戦でした。
次に宮崎に行く機会は、未定。
同じ九州内に住んでいても、宮崎は遠い・・・・・

| | コメント (0)

2021年3月16日 (火)

J3第01節 今治VS熊本

徳島での試合の翌日、今治に行ってきました。

前日のうちに高松市内に移動して、夜はあれやこれや。
詳しいことは、いつの日か書くかもしれないし、書かないかもしれない(汗)。

と言うことで、試合当日。

ホテルで目が覚めたら、8時半。
しまった、高松駅を8時45分に出る特急電車に乗るつもりだったのに。
さすがに、顔も洗わず歯も磨かずにホテルを飛び出すわけには行かず、断念。
と言うことで、朝の支度をしてから、9時過ぎにホテルをチェックアウト。

まずは、最寄り駅からことでんに乗って、高松築港駅へと。
そこから高松駅に移動して、9時44分発の特急電車に乗車。

今治までの所要時間は、約2時間。
四国は案外広いのだ。
2時間の乗車時間は、前日の徳島戦のblogを作成するのに、ちょうどいい時間。
ほぼ作り終えたところで、11時半過ぎに今治駅に着いた。

さてここからは、イオン行きの路線バスに乗って・・・・・
というつもりだったが、次のバス、1時間後やんか。
事前に調べていなかったから、イメージ的に30分に1本くらいはありそうかと思っていたが、そうではなく。
1時間待っても試合にはギリギリ間に合いそうだが、この試合はチケットソールドアウトで、ギリギリの到着だと席がないリスクを考える。
タクシーで向かうしか、無いわなぁ。
試合に間に合わなかったら、ここまで飛ばしてきた意味がない。

と言うことで、タクシーに乗り込むことに。 

乗るときに、運転資産に「3千円くらいで行けますか?」と聞いたら、そんなにかからないとのこと。
んで、乗ってみたら、所要時間10分ちょっと、1620円で着いた。
前回路線バスで来たときは、立ち寄り箇所に寄るため遠回りをしていたようで、直行すると案外近いんだ。

と言うことで、12時頃にスタジアムに到着。
この日は満席だと言うことで、サクッと入場して、観戦場所の確保を。
無事にいい場所に空席を見つけて荷物を下ろしたら、さっそく食料の調達に出掛けましょう。

この日は飲まないと決めていたはずのびーるを買い、麻婆丼とともに、自席へと戻る。
ここのスタジアム、メシが充実しているんだよなぁ。
しかも、地元の名物が揃っていて、スタグルで言ったらJ1クラスかも。

そんなわけで、ご飯をモグモグ食べながら、選手たちのあっぷを眺める。
観客席からピッチが、すぐそばや。
そうこうしているうちに、もう試合が始まる時間です。
スタジアム入りしたのが遅かったから、あわただしい。

さて、今治であり、熊本であります。

今治、ウチ絡みの選手が何人かいる。
やってきた状況はそれぞれあれど、応援したいですな。
一方の熊本、今年こそはJ2復帰の正念場だぞ。
主力選手が抜かれて苦しかろうが、新たに加入した若者が活躍したら面白いチームになりそうで、楽しみだ。
よそ者の第三者であるワタクシとしては、基本スタンスはホームチームを応援するのでありますが、やはりここは熊本を推していきたい。
ともかく、J3開幕戦なので、いい試合を期待しよう。

と言うことで、キックオフであります。

J3第01節 今治 0-1 熊本

例によって、よそ様の試合なんで、試合についての感想は、さらっと流し気味に。

時間経過で言えば、前半21分に浅川のゴールで熊本が先制し、リードして折り返すと、後半一進一退ありながらもゴールは産まれず、そのまま熊本が逃げ切った。

まずは、開幕戦で無事に熊本勝利。
当然っちゃ当然なんだけれども、去年の戦いかたを踏襲する訳やね。
新加入の選手もたくさん向かえたけれど、出場メンバーは去年とあまり変わらす。
その意味では、有利だし戦いやすかろう。

ゴールシーンは、浅川の個人技が上手かった。
角度の無いところからよく決めたな。
結果的に、その1点を最後まで守り抜いたわけで。

熊本は守備が集中していたおかげで、最後までさほど危なげない試合だったと思う。
アウェイで向かえる開幕戦としては、いい試合だったのではなかろうかと。
んで・・・・・

イマイチ歯切れが悪いのは・・・・・

J2復帰を目指すんだったら、も少し相手を圧倒しておいて欲しかったなと。
去年後半に失速してJ2を逃したことを考えたら、開幕ダッシュでライバルとの差を広げておきたい。
そこまでの勢いは、感じられなかったかなぁ。
まぁそこは、今後に期待しよう。

一方の、東家くん、なかなかいいお仕事をしていたし、惜しい場面もあったな。
やれる自信は掴めたのでは無かろうかと。
まずは今治のために頑張れ!

| | コメント (0)

2021年3月 1日 (月)

J2第01節 北九州VS新潟

あけましておめでとうございます。

とは言え、ウチの開幕戦は、1日遅れての、日曜日。
それを待ちきれず、ウチの開幕戦よりも一足足早く、「J1昇格決定戦」を見てきました。
うん、全然そんなジンクスがあるなんて、知らなかったよ。
北九州もしくは新潟が、来季はJ1ということですな。
うん、どちらであったとしても、意外性はないですな。

と言うことで、試合当日。

激務続きでいくら疲れていようとも、サッカーとなれば勝手に体は動いてくれる。
この日も目覚めたのは、5時半。
・・・・・早すぎや。
二度寝して、8時に起床。
メシを食ったら、9時に家を出ましょう。

今回も「みんなの九州きっぷ」利用と言うことで、クルマで新O牟田駅まで。
そこからは、10時前に出るガラガラの新幹線に乗車。
博多駅での接続がサイアクなことは何度も経験済みなので、特急乗り放題にも関わらず、快速電車に乗る。
土曜日の午前中だとは言え、博多駅を出る時点でガラガラ、小倉駅到着まで終始ガラガラ、思いのほか人は動いていないんだなぁ。
一時間ほどの乗車時間は、駅の売店で購入した雑誌を読んで過ごす。

12時前に、小倉駅に到着。
うん、普段は感じる「今日はいまからミクスタで試合やるぞ」感が、今日は感じられないなぁ。
まぁ、派手にPRして人を集めるわけには行かないだろうから、しょうがなくはあるものの。
スタジアムまで歩いて向かう人も、心なしか少ないような。

と言うことで、12時過ぎにスタジアムに到着。
さっそく中に入り、いつも座っているバクスタに荷物を置いたら、食料の調達に出掛けましょう。
場内に変わったところはないか、スタジアムの中を観察しつつぐるっと一周して、丼ものと揚げ物をゲット。
これに合うびーるは・・・・・
新O牟田駅にクルマを止めているから、飲めませんですわな。

それにしても、雨も降らなさそうだし、良かった。
数日前にチェックした天気予報では、この日は雨予報。
なので、買うチケットは屋根の無いバクスタでいいかどうか、ギリギリまで迷ったんだよなぁ。
とは言え、ここはバクスタとゴール裏の料金が一緒なんで、それならばバクスタのほうが、傾斜はないとは言え見やすい、と個人的には思う。
それに、ここは海風が強かったら寒いんで、今回着込んで来たけれども、寒さも大丈夫みたい。

あとは、入り口でもらった「オフィシャルプレイヤーブック」に目を通す。
最初は「ファンクラブ会員向けに配布しているのかなぁ」と思い素通りしたんだが、おばちゃんとかがもらっていたので、オレももらっていいのかと思い、引き返してゲット。
無料の配布物として、めっちゃ内容がいいし、お金かけているんだろうなぁ。
選手がガラッと変わってるから予習しなきゃなぁと思い読んでいたが、改めて気づく。
みんな若いなぁ。

さて、北九州であり、新潟であります。

前述したとおり、北九州、ガラッとメンバー変わったなぁ。
とは言え、スタメンを見ると馴染みな選手が何人もおり、ベースは変わらないか。
このチームは、選手がみんな若いんで、そこが見ていて楽しいんだよね。
一方の新潟、主力選手の上手さは昨シーズン思い知っているんで、そこは相変わらずで、怖い。
いずれにしても、昨年の成績から判断すると、この両チームは昇格戦線の主力だと思われる。
よそ者の第三者としては、いい試合が見られそうで、楽しみであります。
今年の初観戦が、我がチームではなく他所様っていうのは、なかなかない体験だけれどもね、こういうのもいいでしょう。
それにふさわしい試合だと思うし

と言うことで、キックオフであります。

J2第01節 北九州 1-4 新潟

例によって、よそ様の試合なんで、試合についての感想は、さらっと流し気味に。

時間経過で言えば、前半29分に千葉のゴールで新潟先制するも、41分に富山のゴールで北九州追いついて前半を1-1で折り返すと、57分に鈴木の勝ち越しゴール、直後の60分にオウンゴールで新潟がリードを広げ、75分の本間のゴールで突き放し、結局1-4で新潟の快勝。

んで、う~む・・・・・

こんな結末になろうとは、思いもよらなかったな。
大差がついたけれども、そこまでの力の差があったのかと言えば、イエスとも言えそうだし、ノーとも言えそうだし、なんと言ったらいいのやら。

前半は、お互いに高い位置からのプレッシャーが効いていて、いい試合だった思う。
激しくもクリーンな試合で、レベル高いなぁと感じたし、統率の取れているチーム同士の対戦は、いいですね。
んで、どちらかと言えば北九州が押し気味の展開で新潟が先制したが、前半終了間際で北九州追い付いて、イーブンの状態でハーフタイムを迎えるという、試合展開も面白かった。

後半に入っての、2失点目が、ねぇ・・・・・

押し込んだときにハンドがあったのか無かったのか、主審がジャッジ出来ず、副審に確認するもジャッジ出来ず、4審に無線で確認していたけれど、「明確にハンドを確認出来ない以上は、ゴールを認めざるを得ない」と言うことなんだろうね。
現地で見てたワタクシには、わかりませんですよ。
んで、その確認作業で一旦試合が止まってしまったのが、北九州にとっては不運でしたな。
再開して、直後にオウンで追加失点。
こうなると、もう試合をひっくり返すことは難しいですわな。
選手交代もタイミングを失って遅れて、ようやく一気に4枚変えを行い反転を狙うも、本間至恩の技ありゴールで4失点目、万事休す。

北九州、前半は去年と同様、いい感じだと思ったんだが。
メンバーがガラッと変わっても、昨年と変わらずパスを繋いでの速攻が効いていた。
さすが小林監督、戦術を落とし込むのが上手いよなぁ。
なんだけれども、試合結果は・・・・・
若い選手が多いと、崩れたときの立て直しが難しいのかしら?

個人的には、前半右サイドでワチャワチャしていたU-170の3人が、オレの好みで見ていて楽しかった。
が、スピード勝負だと勝てるんだけれども、ガタイ勝負だと勝てないんだよなぁ。。。

一方の新潟、本間至恩が上手いのは至極当然だし、勝負を仕掛けてことごとく勝っていたし、変わらす怖い。
んで、一番後ろに早川史哉が抑えてるからね。
軸がしっかりしていたら、そりゃぁ強いわ。

さてさて、「開幕戦ミクスタで勝ったチームは、その年昇格する」ってジンクスは、新潟に軍配が。
結果はどうなる?

| | コメント (0)

2021年2月15日 (月)

B2リーグ第21節 福岡VS茨城

一ヶ月ぶりに、照葉に行ってきました。

この間、何試合か見に行くこともできたんだけれども、精神的にお出かけする余裕がなくって。
日曜日も自主的に出勤していたりしたし、それでもたまにはやってくる休日には、一日中家で寝ていたいという状態だったし。
それに、ここんところ戦績が芳しくなくって、イマイチ観戦のモチベーションがわかなかったんだよね。
いったい何連敗中なのか、調べたくもないわ。

そうこうしているうちに、2月も中旬になってました。
今月末にはJが開幕するし、そうするとなかなか見に行くことができなくなってしまうので、ここいらで行っておこうと思いたち。
まぁ、今のチーム状態を実際に見てみたいと、そういう気分にもなったので。

なんだけれども、なんと言っても、お仕事が多忙。
前夜も仕事は終わったのは、23時半。
翌日ちゃんと起きて試合を見に行く自信がなかったので、前売券は購入せず。

と言うことで、試合当日。

目が冷めたら、10時。
これは、試合に間に合うぞ。
という事で、照葉に向かうことにする。

この日は車を運転して向かうことに。
試合開始の15時にはまだ時間があるので、下道を運転してのんびりと。
なんせ、長時間の運転はできないワタクシ、11時にO牟田の自宅を出たら、渋滞していない裏道を通って、12時に久留米のコンビニで一休み、国道を避けて13時に大野城あたりのコンビニで一休み。
結果、自宅を出てから3時間、14時に照葉に到着。
まぁ、車中流していたラジコプレミアムのおかげで退屈はしなかったものの、やはりワタクシ、長時間の運転は苦手だわ・・・・・

それはさておき、一ヶ月ぶりにバスケ観戦ですよ。
試合開始までそんなに時間がないので、そろそろ試合観戦モードに気持ちを切り替えましょう。
なんだかんだ言って、選手たちがアップしている様子を見ると、テンションが上りますよね・・・・・

ん?
30分前になり、相手選手がアップにためにコート上に登場したが、ウチの選手たちは、ミーティングをやるのか、一度出てきてすぐに引っ込んだぞ。
今のチーム状況について色々と勘ぐってしまうなぁ。

この日の対戦相手は、茨城。
まぁ、東地区2位ってことで、順位表的に向こうが全然上なんで、厳しい相手ですわな。
しかし、こっちも連敗を止めるためには、なりふり構わず行かなければならぬ。
ともかく、勝ちにこだわってほしい。
そして、いい試合が見たいなぁ。

と言うことで、試合開始であります。

B2リーグ第21節 福岡 73-89 茨城

うーむ・・・・・・・・・・

QUARTER.1   16-14
QUARTER.2   18-22
QUARTER.3   13-25
QUARTER.4   26-28

えっと、どう表現するのが適当なのか難しいけれど・・・・・・・・・・

第1クォーターをリードして終えると言う幸先のいいスタート、終了間際で逆転されるも、2点差で前半を終えるという、ここまではいい試合だったと思う。
そこから、最後こういう結末になろうとは、想定できなかったなぁ。
集中力が切れたということはなかろうが、ときたまエアポケットにはまったかのようにポッカリとスペースが空いてしまい、そこを付かれてしまったりとか。

そんなわけで、敗戦であります。
が、この試合結果には満足できないけれど、今のチーム状態を直接確認できたのは、良かったと思うのであります。
見に行かなかったけれども、翌日日曜日の試合で連敗を脱出したとのことで。
この先どうなっていくのか、期待しましょう。

相変わらず試合本編についての言及は短いけれども、今回もこのあたりで。

| | コメント (0)

2021年1月30日 (土)

B2リーグ第16節 福岡VS仙台

今年最初の観戦は、ここのところ数年と同じく、バスケであります。

ってか、昨年の新年早々見に行ったカードも、対仙台戦だったんだな。
昨年はサッカーのほうが変則日程で、なかなかバスケまで手が回らなかったので、今年はも少し回数を多く見に行きたいな。
などと言いつつも、この試合のチケットを購入したのは、試合前日の夜。

昼間仕事をしていたというのもあるんだけれども、ここ数日の悪天候の影響を見極めようと思い。
感染症対策で、車で会場に向かおうにも、高速道路が通常通りに走行できるか不安だったし、仮に走れたとしても、休日に1時間以上の車の運転は、出来れば勘弁願いたい。
その一方で、鉄道が平常運行するかどうかも、分からない。
それに、天神からバスで向かおうにも、都市高が走れるかどうかも、これまたわからないからね。

結局、大丈夫そうだと判断で来たのは、土曜日の試合が無事に開催されたことを確認できてから。

と言うことで、試合当日。

10時に自宅を出発して、まずは路線バスでO牟田駅へと。

O牟田は路面に雪が積もっていなかったけれども、いちおう用心の上で、車はやめておく。
O牟田駅からは、10時40分の小倉駅行きの快速電車に乗りましょう。
電車の中では、枕元に積んでいた、去年の7月に購入していたがまだ読み終えていなかった文庫本を読んでいたら、あっという間に時間が過ぎる。

千早駅に到着。
こっちは、ホームの上にも雪が残っているんですね。
路線バスと時間が合わなくってしばし寒い中待ったのちに、照葉に到着したのは12時半。
・・・・・試合やりそうな雰囲気が感じられない。
まぁ、このご時世なので派手にPRするわけにはいかんのだろうからやむをえないというのは理解できる。
そこは理解したうえで、なんだか寂しいな。

そんなわけで、久しぶりのスポーツ観戦。
試合開始までの1時間半、グッズ売り場を冷かしたり選手のアップを眺めていたりすると、あっという間に時間は過ぎて行く。

この日の対戦相手は、仙台。
まぁ、順位表的に向こうが全然上なんで、厳しい相手ですわな。
しかし、前述した通り、年が変わったから、リセットしましょ。
ともかく、今年最初の試合、そして、個人的に今年最初のスポーツ観戦、いい試合が見たい。
そしてもちろん、勝利が見たい。
勝ってくれよ~

と言うことで、試合開始であります。

B2リーグ第16節 福岡 72-70 仙台

えっとですね・・・

QUARTER.1   15-14
QUARTER.2   19-22
QUARTER.3   15-17
QUARTER.4   23-17

よもや勝てるとは思えんかった。
と言うのが、正直な感想。
いや、ずっと接戦とはいえリードされていた展開で、ひっくり返すのは難しそうだなぁと思いながら見ていたので。

って言うか・・・・・・・・・・

その後仕事が忙しくって、これを書いているのは、1月末。
3週間前に見た試合の感想なんか、覚えてないわー
仕事の忙しさに加えてのコロナ渦という事で、ここを更新するだけの気力がわかないのよ。

すんません、今回はこんなところで。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

その他サッカーなど 2004年 その他サッカーなど 2005年 その他サッカーなど 2006年 その他サッカーなど 2007年 その他サッカーなど 2008年 その他サッカーなど 2009年 その他サッカーなど 2010年 その他サッカーなど 2011年 その他サッカーなど 2012年 その他サッカーなど 2013年 その他サッカーなど 2014年 その他サッカーなど 2015年 その他サッカーなど 2016年 その他サッカーなど 2017年 その他サッカーなど 2018年 その他サッカーなど 2019年 その他サッカーなど 2020年 その他サッカーなど 2021年 ひたすら愚痴る むかしやってた企画 もぶろぐ 2004年 もぶろぐ 2005年 もぶろぐ 2006年 もぶろぐ 2007年 もぶろぐ 2008年 もぶろぐ 2009年 もぶろぐ 2010年 もぶろぐ 2011年 もぶろぐ 2012年 もぶろぐ 2013年 もぶろぐ 2014年 もぶろぐ 2015年 もぶろぐ 2016年 もぶろぐ 2017年 もぶろぐ 2018年 もぶろぐ 2019年 もぶろぐ 2020年 もぶろぐ 2021年 中身の無い日記 2004年 中身の無い日記 2005年 中身の無い日記 2006年 中身の無い日記 2007年 中身の無い日記 2008年 中身の無い日記 2009年 中身の無い日記 2010年 中身の無い日記 2011年 中身の無い日記 2012年 中身の無い日記 2013年 中身の無い日記 2014年 中身の無い日記 2015年 中身の無い日記 2016年 中身の無い日記 2017年 中身の無い日記 2018年 中身の無い日記 2019年 中身の無い日記 2020年 中身の無い日記 2021年 遠征記 2004年 遠征記 2005年 遠征記 2006年 遠征記 2007年 遠征記 2008年 遠征記 2009年 遠征記 2010年 遠征記 2011年 遠征記 2012年 遠征記 2013年 遠征記 2014年 遠征記 2015年 遠征記 2017年 遠征記 2018年 遠征記 2019年 遠征記 2020年 遠征記 2021年 2004年 J2福岡 (その他) 2004年 J2福岡 (試合) 2005年 J2福岡 (その他) 2005年 J2福岡 (試合) 2006年 J1福岡 (その他) 2006年 J1福岡 (試合) 2007年 J2福岡 (その他) 2007年 J2福岡 (試合) 2008年 J2福岡 (その他) 2008年 J2福岡 (試合) 2009年 J2福岡 (その他) 2009年 J2福岡 (試合) 2010年 J2福岡 (その他) 2010年 J2福岡 (試合) 2011年 J1福岡 (その他) 2011年 J1福岡 (試合) 2012年 J2福岡 (その他) 2012年 J2福岡 (試合) 2013年 J2福岡 (その他) 2013年 J2福岡 (試合) 2014年 J2福岡 (試合) 2015年 J2福岡 (試合) 2016年 J1福岡 (試合) 2017年 J2福岡 (試合) 2018年 J2福岡 (試合) 2019年 J2福岡 (試合) 2020年 J2福岡 (試合) 2021年 J1福岡 (試合)