2021年3月26日 (金)

徳島に行ってきました4

前回の続きであります。

3月14日日曜日。

前日の夜なんだかんだあって、ホテルで目が覚めたのは、8時半。
しまった、8時45分発の特急電車に乗るつもりだったのに。
急いで駅までタクシーを飛ばしたら、ギリギリ間に合うのかもしれないけれど、顔も洗わず歯も磨かずにホテルをチェックアウトするのは、さすがに嫌だ・・・・・
ということで、それはあきらめる。
さてどうしようかということで、とりあえずテレビの電源を入れてみる。
だって、せっかくVODが無料なのに、そのサービスの恩恵を受けていないんだもん(汗)。

9時を過ぎて、さすがにホテルを出ないと次の電車にも間に合わないということで、いそいそとホテルをチェックアウト。
ことでんで移動して、高松駅からは特急電車。

18切符を使っていたら、静岡県や山口県はなが~く感じるんだけれども。
四国も、案外長い。
高松駅から今治駅までは、特急で約2時間。
特段車窓が面白いわけではないから、昨日見た試合のblog記事の作成に充てる。
2時間もあったら、まぁ出来上がりますわなぁ。

12時前に、今治駅到着。
さっそく駅前のバス乗り場に向かうが・・・・・
タイミングが合わなかったようで、次のバスの発車時刻までは、1時間弱もある。
躊躇したけれど、それを待っていたら、試合が・・・・・
いや、キックオフには間に合う。
しかし、この日はチケットが完売しているので、早く行かないと座席がない恐れが。
背に腹は代えられない、タクシーを使うか。

タクシーに乗ってみたら、10分ちょっとでスタジアムに着いた。
あれれ、前回路線バスを使ったときには、30分くらいかかったような気がするが。
んで、タクシーの中で運転士さんと会話。
「なんであんなところにスタジアム作ったんですか?」から、なかなかディープなお話を聞けたんだが、ここには書けぬ。

ということで、スタジアムに到着したのは、ジャスト12時。
いい位置に空席も確保できたし。この投資は成功だったな。

試合についてはすでに書いているので、割愛して、試合終了後。

予約していた、松山空港行きのシャトルバスに。
ってか、ワゴン車で、客はワタクシのほかにもう一人だけ。
熊本サポが居なかったのは、意外だったな。
みんな福山から新幹線で帰るんだろうか?
ワゴンの中では、さっそく今見てきた試合のblogを作り始めたが、車の揺れが酔っ払いに響いてきて、気が付いたら熟睡・・・・・

松山空港に到着しました。
なかなか閑散としてるな。
ひこーきの出発までは1時間弱、blogの続きを作っていたら、あっという間に時間は過ぎる。

では、久しぶりのひこーきです。
ちょうど夕暮れで、雲の上を西日に向かって飛んでいくのが、なかなか美しい。
まぁ、松山から福岡だからね、あっという間に到着。
高速バスとは時間が合わなかったから、博多駅に移動して、新幹線で帰りましょう。
お疲れさまでした。

と言うことで、徳島遠征記でした。
次回の遠征予定は、今のところ未定。
脳内では妄想しているけれども、まだ立案できる時ではないかな。

| | コメント (0)

2021年3月25日 (木)

徳島に行ってきました3

前回の続きであります。

3月13日土曜日。

おはようございます。
朝5時半に目が冷めたら、しばらく外の景色を眺めた後、早速温泉へ。
シャキッと目が冷めたところで、朝ごはん。
温泉ホテルの朝ごはんは、いいなぁ。
普段はしないけれど、ついおかわりして、卵かけご飯をいただく。
もう1回お風呂に入ろうかなぁと思いつつも、部屋で窓の外の景色を見つつうだうだしていたら、もう宿を出なきゃいけない時間ですよ。
ってか、この時スマホで移動行程を調べていて、鳴門線を使ったら試合に間に合わないかもしれないことに、初めて気づく。

8時半のホテルを出て大歩危駅に向かう。
ホテルで、「市内の商店で使える2,000円分のクーポン券、ただしホテルの土産物店では使えない」という、なかなかハードルが高いものを頂戴したので、列車が来るまでの10分間で買い物をしましょう。
駅前の食料品店で、祖谷ソバを購入。
荷物が増えたけれど、せっかく頂いたものは、有効に使わないともったいない。

それでは、9時前の特急列車に乗って出発しましょう。
のりほのきっぷだと、1区間だけでも特急に乗れるのがいいね。
阿波池田駅で、待ち時間なく徳島線に乗り継ぎ。
えっと、随分のんびりしていると言うか、途中で何度か長時間停車するんやね。
おかげで、駅を出て一服する時間が取れて、こっちは助かる。

11時半、徳島駅に到着。
ここからは、スタジアム直行のシャトルバスに。
シャトルバスとは言え、普通の路線バスがやってきた。
満員で乗れなかったらどうしようと心配していたが、空席もあるレベル。
地元の人は、車で行くのかな。
この区間を鳴門線以外で移動するのは初めてなワタクシは、車窓が楽しくってキョロキョロ忙しい。

スタジアムに到着したのは、12時半。
計算していたわけではないけれど、いい塩梅だ。

試合についてはすでに書いているので、割愛して、試合終了後。

人混みを避けてしばらくスタジアムで過ごした後、シャトルバスで鳴門駅に移動。
17時過ぎに出る列車、結構人が多い。
池谷駅で高松駅行きの特急に乗り換え。
列車の中では、早速先程見たblogの記事を作り始める。
試合直後の列車の中でblogを作ると、まだ記憶が鮮明なのでわりとサクサク進むというのは、つい最近知った・・・・・

18時半に高松駅に到着。
スタジアムで飲んだあとということで、駅でうどんを食うつもりだったけれど、すでに閉まっていた・・・・・
ことでんでホテルの最寄駅まで移動し、チェックイン。

その後、なんだかんだあってからの、おやすみなさい。

と言うところで、長くなるんで、いったん切ります。

| | コメント (0)

2021年3月24日 (水)

徳島に行ってきました2

徳島遠征記、本編であります。

3月11日木曜日。

普段は遅くまで残業しているが、この日は18時で仕事を切り上げて、職場を脱出。
帰宅してメシを食って荷物をまとめたら、19時半に自宅を出る。

19時50分発の新幹線に乗って、出発。
新幹線の中では、前日の試合のblogの作成作業。
が、30分程度の乗車時間では、進みようもなく未完。
博多駅でこだまちゃんに乗り継いで、小倉駅に到着。
小倉駅の北側は、21時にしてすでに、人もいなくて静かだなぁ。
まぁ、新O牟田駅周辺は、24時間365日常に静かだが(汗)。

てくてく歩いて、小倉港。
乗船手続きを済ませて、船に乗り込む。
平日ということもあって、ガラガラだなぁ。
出港前にお風呂に入って、出港を見届けたところで、明日は朝が早いから、おやすみなさい。

明けて、3月12日金曜日。

予定では、6時半まで船内休憩した後に下船するつもりだったけれど、目が冷めたのは4時半。
という事で、到着時間の5時に船をおりて、シャトルバスで松山駅に移動。
はい、早くも予定が狂い始めましたよ。

松山駅周辺には、なにもない。
駅内のコンビニも空いていないから、朝食も調達できず。
「JR四国3日間乗り放題」のきっぷを購入したら、始発の5時台の宇和島行きの特急に乗りましょう。
外はまだ暗くて車窓を拝めないから、引き続きblog作成。
1時間半ほどの乗車時間で、あらかた出来上がった。

宇和島駅に到着、まだ朝の7時過ぎだよ。
乗り継ぎ先の予土線の列車まで2時間ほど時間があるから、街の散策へと。
今回行く予定から外していたけれど、宇和島城に行くことが出来た。
それにしても、四国のお城って、どこも山の上だよなぁ。
朝からいい運動で階段を登って、お城に到着。
まだ開門時間前だから天守には登れないが、他に誰もいない中、ボーッとお城を眺める。

では、駅に戻りましょう。
お城の近くの観光スポットに立ち寄りつつ、朝の商店街を散策。
アーケード街の道幅広いし明るいし、営業時間前だけれども「シャッター街」の空気は感じられないから、元気な街っぽいな。
いい感じ。
松山からは特急で1時間半、今治からは2時間は離れているのに、両チームのポスターやのぼりが立っているのも、ポイントが高い。
ってか、1枚のポスターに2クラブ並べるのか・・・・・

2時間ほどのんびりと街を散策した後、9時半の列車に乗って出発。
まぁ、平日のこの時間帯だと、客はいないわなぁ。
朝から1万歩近く歩いていたこともあって、久しぶりの予土線なのに、列車の中では、うとうと、うとうと・・・・・
それにしても、速度が出ない列車やなぁ。
横の道路を走っている車に、次々と抜かれていく。

11時前、半家駅で下車。
はい、ネタ遠征ですよ。
それもあるけれど、駅から歩いていけるところに、四万十川が流れていて沈下橋があるんですわ。
30分ほど、なーーーんも考えずに橋の上でボーッとしていたら、だいぶ心がリフレッシュされた。
それでも、次の列車がやってくるのは13時前。
駅の近辺、商店どころか自販機すらない。
やることもないので、駅に戻って、1時間ほど何も考えずボーッと過ごす。

ようやく列車がやってきました。
窪川駅まではここから約1時間。
熟睡していたから、あっという間に到着。
いつの間にか、雨が降っている。

ここからは、特急列車で移動。
相変わらず雨が降っているし、車窓も見えづらい中、窓にへばりついて景色を眺める。
高知駅で岡山駅行きの特急に乗り継ぎ、最新鋭の特急はカッコいいし、コンセント完備なのでスマホの充電もバッチリ。
JR四国、目立っていないけれど頑張ってるなぁ。

大歩危駅到着は16時半。
お宿に移動したら、早速温泉へ。
ヌルヌルのやや熱めのお風呂、雨で体が冷えていたこともあって、気持ちいいなぁ。

夕食タイムです。
風呂上がりのびーるうめぇ\(^o^)/
もちろん、山の幸たっぷりのご飯も美味い。
最近トシのせいか食が細くなって、食いきれないほどの量のご飯を頂いたら、すっかり満足。
んで、温泉宿の定番の過ごし方。
まだ19時なのに、酔いつぶれての、おやすみなさい。。。。。

目が冷めたら、23時。
再び温泉に入り、湯冷ましに缶びーるを飲みながら窓の外をボーッと眺めていたら、日付が変わる頃ですね。
明日の出発時間は早いことだし、そろそろ寝ましょうか。
おやすみなさい。

と言うところで、長くなるんで、いったん切ります。

| | コメント (0)

2021年3月23日 (火)

徳島に行ってきました1

今年はじめての旅行で、徳島に行ってきました。

昨今の、って言うよりも、ここ一年くらいの情勢で、お気軽お手軽に旅行とは、なかなか計画しづらいですよね。
まぁ、ワタクシの場合ひとり旅だし、そもそもこんな素っ頓狂な旅程にお付き合い頂ける人などいないんだけれども。
んなもんで、感染のリスクは極力抑えているつもりではある。
とは言え、ですわなぁ・・・・・

そんなわけで、今シーズンの日程が発表されたときから、仕事のスケジュール的にここは行けそうだと、それは前々から思っていた。
が、「行けそう」と「行く」は、別物であって。
そもそも、早い段階で行くと決めたところで、ひこーきのスケジュールは結構ギリギリまで出てくれないので、旅程の組みようがない。
なので、脳内で妄想しておくだけにとどめておいた。

そうこうしているうちに、3月になりました。
予想はしていたけれども、徳島行きのひこーきは、飛ばないことが判明。
この時点で、実は、行く気が半減してしまったのよ。
というのも、この3月末をもって期限を迎えてしまうマイルが3千ちょっとあって、それの有効活用を考えてたもので。
だったら、行く見込みがないまま適当に、先の羽田行きを予約しておいて、あとで日程変更すればいいやと思うようにもなって。

あと、もうひとつ問題があって。
土曜日に徳島に試合を見に行くんだったら、ついでに翌日、今治で行われる試合も見に行きたい。
が、この試合のチケット発売日が、試合の5日前の火曜日。
ここはキャパが小さいから、万が一チケットが取れなかったら、日曜日の予定が潰れてしまうなぁ。
と思うと、なかなか踏ん切りがつかなくって。

しかし、直前になると、行けるんだったらやはり行きたいと思うようになり。
今治戦のチケット発売日の前日、つまり徳島戦の開催5日前。
「やっぱし、行こう」と決心。
ようやく徳島戦のアウェイ席のチケットを予約。

そこから、ばたばたと旅程を決め始める。
土日に試合を見るだけの旅行だとつまんない、だったら、もう一日追加しよう。
幸か不幸か(たぶん不幸)、3月末で期限が切れる有給休暇が、たっぷり残ってる。
ならば、金曜日に有休をとって、どっか四国の観光地をめぐろう。

ここで、悩む。
ビジネスホテルだったら、どこでも取れる。
が、せっかくの久しぶりの旅行、それだと味気ないなぁ。
んで、四国で温泉って、道後温泉以外にはどこが思いつく?
仕事そっちのけで「四国 温泉」で検索をかける。
もちろん、いくつかは出てくる。
が・・・・・
レンタカー利用だと全く問題ないんだが、鉄道利用だと厳しいところばかり。
金曜日に宿泊しようとすると、翌日鳴門での試合に間に合わない。
土曜日に宿泊しようとすると、鳴門からの移動で夕食までに間に合わない。

結局、唯一可能そうだったのが、金曜日に大歩危駅近くのホテルに宿泊する、だった。
空室状況を確認して、リストに入れておく。

そして、日が明けて火曜日。
今治のチケット発売開始時間にネットにアクセスして、無事にチケット確保。
これでようやく、徳島遠征が確定。
まずは、ホテルを予約。

次に抑えたのが、帰りの松山空港から福岡空港までのひこーき。
直前になっても、マイレージ特典の無料航空券の枠ががら空きだったのは、こんな情勢故だろうけれど、助かった。
これで、3月で切れるマイルが、無駄にならずにすむ。

では、四国に行くまでの旅程をどうしましょうか。
普通に考えたら、岡山まで新幹線だけれども、そしたら四国入りがお昼前になる。
そしたら、あまりどこにも行けそうにない。
考えた挙げ句に思いついたのが、小倉港からのフェリー。
木曜日の夜に出るこれに乗ったら、金曜日の早朝に松山だ。
そしたら、丸一日四国を満喫できる。

あとは、松山から大歩危までの移動行程、及び途中で観光できるところを見つけなきゃ。
日曜日に今治まで移動するから、予讃線で向かったら行程が丸かぶりする、それだとつまんない。
となると、土讃線周りになっちゃいますよね。
予土線の本数を考えたら、1箇所にしか立ち寄れない。
だったら、どうせだったら、こんなときにしか出来ないであろう、予土線のどこかの駅で降りてみよう。
どうせだったら、四万十川を見たいなぁ。

と言うことで、直前になって最終行程が決定。

木曜日の夜に自宅を出て、小倉から松山まで夜行フェリーで移動したら、金曜日は観光を挟みながら土讃線で移動。
土曜日は鳴門に移動して試合観戦の後、翌日の移動に便利なように高松に移動。
日曜日は今治に移動して試合観戦の後、松山空港から帰還。
直前になって思いついたこともあって、大した工夫もなにもない行程だけれども、外出できてないリハビリを兼ねた久しぶりの旅行だと、こうなってしまうのもやむなしだろう。
なにはともあれ、久しぶりのアウェイは、とても楽しみだぁ。

以上、前フリ終わり。
次回から本編に入ります。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

その他サッカーなど 2004年 その他サッカーなど 2005年 その他サッカーなど 2006年 その他サッカーなど 2007年 その他サッカーなど 2008年 その他サッカーなど 2009年 その他サッカーなど 2010年 その他サッカーなど 2011年 その他サッカーなど 2012年 その他サッカーなど 2013年 その他サッカーなど 2014年 その他サッカーなど 2015年 その他サッカーなど 2016年 その他サッカーなど 2017年 その他サッカーなど 2018年 その他サッカーなど 2019年 その他サッカーなど 2020年 その他サッカーなど 2021年 ひたすら愚痴る むかしやってた企画 もぶろぐ 2004年 もぶろぐ 2005年 もぶろぐ 2006年 もぶろぐ 2007年 もぶろぐ 2008年 もぶろぐ 2009年 もぶろぐ 2010年 もぶろぐ 2011年 もぶろぐ 2012年 もぶろぐ 2013年 もぶろぐ 2014年 もぶろぐ 2015年 もぶろぐ 2016年 もぶろぐ 2017年 もぶろぐ 2018年 もぶろぐ 2019年 もぶろぐ 2020年 もぶろぐ 2021年 中身の無い日記 2004年 中身の無い日記 2005年 中身の無い日記 2006年 中身の無い日記 2007年 中身の無い日記 2008年 中身の無い日記 2009年 中身の無い日記 2010年 中身の無い日記 2011年 中身の無い日記 2012年 中身の無い日記 2013年 中身の無い日記 2014年 中身の無い日記 2015年 中身の無い日記 2016年 中身の無い日記 2017年 中身の無い日記 2018年 中身の無い日記 2019年 中身の無い日記 2020年 中身の無い日記 2021年 遠征記 2004年 遠征記 2005年 遠征記 2006年 遠征記 2007年 遠征記 2008年 遠征記 2009年 遠征記 2010年 遠征記 2011年 遠征記 2012年 遠征記 2013年 遠征記 2014年 遠征記 2015年 遠征記 2017年 遠征記 2018年 遠征記 2019年 遠征記 2020年 遠征記 2021年 2004年 J2福岡 (その他) 2004年 J2福岡 (試合) 2005年 J2福岡 (その他) 2005年 J2福岡 (試合) 2006年 J1福岡 (その他) 2006年 J1福岡 (試合) 2007年 J2福岡 (その他) 2007年 J2福岡 (試合) 2008年 J2福岡 (その他) 2008年 J2福岡 (試合) 2009年 J2福岡 (その他) 2009年 J2福岡 (試合) 2010年 J2福岡 (その他) 2010年 J2福岡 (試合) 2011年 J1福岡 (その他) 2011年 J1福岡 (試合) 2012年 J2福岡 (その他) 2012年 J2福岡 (試合) 2013年 J2福岡 (その他) 2013年 J2福岡 (試合) 2014年 J2福岡 (試合) 2015年 J2福岡 (試合) 2016年 J1福岡 (試合) 2017年 J2福岡 (試合) 2018年 J2福岡 (試合) 2019年 J2福岡 (試合) 2020年 J2福岡 (試合) 2021年 J1福岡 (試合)