2021年4月12日 (月)

第09節 C大阪VS福岡

はいはい、欠席でありましたよ。

どういうわけだか、関西でのアウェイの連戦。
ばらけてくれたらアウェイ遠征の楽しみは増えるんだけれども、なぁ・・・・・

と、日程がばらけてくれなかったこともあるが、土曜日の昼間の試合、この週はお仕事のクールだったから、見に行けない。
これが夜の試合だったら、見に行けるチャンスもあったかもしれない。
13時に仕事を終わらせて、14時の新幹線に飛び乗ったら、大阪だったらキックオフにギリ間に合う。
なんだけれども、年度初めのこの時期は、13時に職場を脱出することなど不可能だから、どのみち見に行けなかったな。
なので、はなから断念していた。

という事で、試合当日。

この試合、少し遅めの15時キックオフ。
しかし当然ながら、試合が行われていた時間帯は、絶賛残業中。
ゆえに、リアルタイムな試合状況をチェックすることもかなわない。
一応、キックオフ直前の時間に、ついったでメンバーのチェックだけは行って、あとは引き続き仕事に励む。
結局仕事が終わったのは、20時。
つまりは、4時間の通常勤務のあと8時間の残業したわけやね。
しんどいわ。

さて、C大阪戦であります。

長居でのC大阪戦と言えば、当然思い浮かんでくるのは、あの試合なわけで。
ゲンのいい「ホームスタジアム」ですな。
まぁ、あれから紆余曲折あっての対戦なわけで、思うところは、ある。
それはともかく、メンバーをチェックしたところ、なかなか面白そうな感じやね。
「見に行けない試合は面白そうだ」って言うのはよくあることなんだが、そこをもう一つ踏み越えて、「見に行けない試合に限っていい試合だ」って言うのを、求めたいですなぁ。
見ることはできないけれど、いい結果がもたらせることを期待します。
とにかく、勝利を。

という事で、キックオフであります。

第09節 C大阪 2-2 福岡

ふむふむ。

帰宅したものの、日ごろの激務で試合映像を見る体力は残ってなく、その日はさっさと寝た。
翌日はお出かけしていたし、その後も時間が取れる見込みがないから、結局映像は1秒も見ることなく、これを書いている。

早い段階で退場者を出して、長い時間を1名少ない状態で試合をするという、圧倒的に不利な状況でのこの結果、何も不満はございません。
2得点できたのは、大きいなぁ。

はい、試合結果以外は何も分かんない以上、この試合についても、これ以上書きようがないな。 
2試合続けてこんな内容になってしまうのは、アレだけれどさ。

ともかく、アウェイの地でこの状況での、勝ち点ゲット。
全然OKです。
この調子で、次節どうなるのか・・・・・
怖いといえば怖いが、楽しみでもある。

めっちゃ短いけれど、見に行っていない試合については、さくっとこの辺りで。

| | コメント (0)

2021年4月 9日 (金)

第08節 G大阪VS福岡

この試合も欠席でありましたよ。

水曜日のアウェイでの試合、当日の午後と翌日の午前のお仕事を休んだら、行けないことはない。
が、年度替わりのこの時期に、平日に休むなんてことできるはずがないし、そこまで勝負をかける時期でもない。
なので、断念せざるを得ない。
って言うか、最初っから行く気もない。
願わくば、試合が始まる19時までに、家に帰ることができていたらいいなぁと。
それも厳しい条件だけれどもね。

という事で、試合当日。

試合が行われていた時間帯は、案の定絶賛お仕事中。
リアルタイムで試合状況をチェックすることもかなわない。
ってか、昼休みを取る余裕もなかったから、休憩時間中についったにアクセスすることがままならぬ。
結局仕事が終わったのは、23時を過ぎていた。
もう笑うしかないな。

さて、G大阪戦であります。

ここのスタジアム、すでに何度か行っているけれど、やはりアウェイで行きたいスタジアムの上位のほうに来るなぁ。
そんなところに行けないのは残念である。
対戦成績的には・・・・・
まぁ、ウチがJ1で「対戦成績がいい」ところなどなかろうが。(汗)
それはさておき、前節の悔しさを思えば、この試合でうっぷんを晴らしてほしいところである。
見ることはできないけれど、いい結果がもたらせることを期待します。
勝てよ~

という事で、キックオフであります。

第08節 G大阪 0-0 福岡

ふむふむ。

そんなわけで、23時過ぎに仕事が終わって、帰宅してから試合映像を見る余裕など、まったくない。
なので、この試合については、結果以外は何も分かんない。
なので、書きようがないな。

ともかく、アウェイの地で、無失点による引き分けで、勝ち点をゲットできたのは、悪くないのではないか。
個人的にはそう思いますな。
それ以上のことは、なにもわからん。

めっちゃ短いけれど、見に行っていない試合については、さくっとこの辺りで。

| | コメント (0)

2021年4月 5日 (月)

第07節 福岡VS札幌

久しぶりの、土曜日のお昼の試合。

4月は年次決算で忙しく、のっけからバタバタイライラしている訳ではあるが、たまには息抜きしなくては。
その代わり、翌日曜日は出勤することにして。
事務所に誰もいない日曜日は、仕事はかどるのよ。

という事で、試合当日。

疲れが溜まっているから、少しでも長く寝ておきたい。
なので、目が覚めたら9時前。
まぁ、若い頃と違って、そこまで長時間は寝られなくなったなぁ。
朝食を取って、優雅に煮詰まったコーヒーをいただいたら、家を出ましょう。

11時の西鉄電車に乗って、出発します。
西鉄に乗るのも久しぶりだな。
以前と比べたら、乗客の数は増えているような気がする。
数ヵ月前はそんなことはなかったが、今日は大都会O牟田を出る時点で、さらっと座席が埋まっている。
多少は人が動くようになったのか。

一時間で天神に到着。
たまに西鉄電車を使うときも、ここ最近は時節柄地下鉄に直行していたから、この日はざっと街を眺める。
福ビルが無い光景を、はじめて見た。
街のシンボルが無い光景って、う~む・・・・・・

地下鉄とシャトルバスを乗り継いで、ベススタに到着。
それにしても、暖かいを通り越えて、若干暑いですね。
晴天ではないものよ、びーる日よりですな。

と言うことで、いつもの場所に荷物を下ろしたら、さっそくスタグルエリアへと。
今回は冒険をせず、びーるともり山さんのから揚げと言うド定番コース。
びーるうめぇ\(^o^)/
から揚げうめぇ\(^o^)/

ところで、土曜日の昼間って、仕事の人も多いよね。
かくいうワタクシも、隔週土曜日勤務なので、今回はたまたま休みの週。
先週観客が少なかったのは、「年パスが使えなかったから」 である程度の説明がつくが、今日の試合は・・・・・

若干寂しい、客の入り。
売店とかトイレとか、日とが多くないのはストレスかからなくていいんだが、「大勢の観客で後押ししたい」と思ったら、ね・・・・・

いろいろ、頑張ろう。

そうこうしている間に、選手たちがあっぷを始めるためにピッチ上に登場する時間ですよ。
びーるのおかげでほどよく眠くなったから(ダメやん)、これで準備万端。
そろそろ試合モードに入りましょうか。

さて、札幌戦であります。

似たようなチーム状況だったのは、ひと昔。
いまでは、あちら様はすっかりJ1に定着して、着々とクラブの力を付け続けている。
差が広がってしまったことについて、「悔しい」ってよりも「うらやましい」って感情の方が、沸いてくるな。
そんなチームとの対戦、個人的にはアウェイ遠征で見に行った試合でいい思いをした記憶が、無いなぁ。
しかし今回はホームゲーム。
当然ながら勝ちを期待しますよ、
スタートメンバーがある程度ガラッと変わって、楽しみな選手も出てきた。
今まで出られていなかった選手も戻ってきて、我がチームは整いつつある。
なので、絶対に勝ちたいなぁ。
来れない奴らのためにも、福岡を勝たせるよ。

と言うことで、キックオフであります。

第07節 福岡 1-2 札幌

う~む・・・・・

「悔しい」の、一言やな。

試合はたいそう面白かったっすよ。
時間が過ぎていくのが早く感じられて。
ただ、これで勝ち点がひとつも取れないのが、J1か。
正直厳しいな。

1失点目は、あれは「しょうがない」と言ってはダメなんだろうけれど、相手が上手すぎた。
前半終了して、あの1失点だけだったから、ポゼッションを向こうに握られていたとは言え、後半巻き返せると言う根拠の無い自信は、個人的にはあった。
後半追い付いて、「これでいける!」と思った、その瞬間に・・・・・

終盤に怒涛の攻撃でシュートを打ち続けるも、ゴール割ることが出来なかったなぁ。
「あと5分時間があったら」と言う、ウチにありがちな展開に。
結局、追い付けなかった。

敗戦であります。
スタジアム全体を覆う拍手での後押しは、かなり素晴らしい雰囲気を作れたと思うが、それでもかなわなかったっすね。

試合終了後、えらく疲れましたわ。
普段だったら、福岡空港駅まで歩くんだけれども、疲れてしまいバスに乗ったくらい。
見ていて体力を使ったってことは無いから、精神的に疲れる試合だったんだろうね。

楽しい試合だったし、精神的に疲れる試合って、J2ではそんなに無いから、そこはJ1の良さだな。
とは言え、それに満足するのではなく、その試合で勝っていかなければならないんだが。

今のところ、点は取れているので、そんなに悲観はしていない。
次は勝とうぜ!

| | コメント (0)

2021年3月29日 (月)

YBCルヴァンカップ第02節 福岡VS鹿島

前節は欠席だったので、ワタクシにとっては5年ぶりの、カップ戦観戦であります。

どんな感じなのか、久しぶりのカップ戦は楽しみですね。
リーグ戦ではあまり見ることができない、若手選手がたくさん出てくれたらいいなぁ。

と言うことで、試合当日。

この日は午前中お仕事。
18時キックオフということで、それはまったく問題なし。
決算期末と言うことでいろいろと忙しいはずなんだが、それと反比例して、仕事やる気が出ない。
この日やりたかった作業が順調に終わった、正確に言えば、やっつけで終わらせたので、予定よりも早く、13時に会社を出る。

家に帰って着替えたら、14時の新幹線で出発。
そのままベススタに向かっても到着が早すぎるので、博多駅ビルでお買い物、ついでにお昼ごはんをいただく。
まぁ、ベススタのメシに飽きたこともあってさ。

ちょうどバスターミナルにいることもあって、路線バスで行こうかと思っていたが、時間が合わず、結局地下鉄とシャトルバスを乗り継いでベススタに到着したのは16時半、ちょうどいい頃。
んで・・・・・

人が少なくて、閑散としてるなぁ。
年パスが使えないカップ戦だと、こんな感じなのかな?
ってか、値上げ前の試合でこの客の入りだったら、来月以降のカップ戦の客の入りはどうなるのか、要らぬ心配をしてしまう。

それはさておき。

さっそくいつもの場所に荷物を下ろしたら、スタグルエリアへと。
さっきお昼ごはんを食べたばかりで満腹なので、びーるのみを購入。
曇り空ではあるものの、春の陽気で暖かい。
春っぽいまったりとした雰囲気で飲む、びーるうめぇ\(^o^)/

そんな感じで過ごしてはいたものの、だんだんと天気が崩れはじめて。

やがて、選手たちがあっぷを始める時間ですよ。
ひとしきりその様子を眺めてから、ふたたびスタグルエリアへと。
もう1杯びーるをいただこうかと思って足を運んだんだが、寒くなりはじめてそんな気分で無くなった。
では、焼酎を・・・・・
いや、そこまでガッツリ飲むつもりはないからね。
結局びーるは1杯でおさえておく。

そうこうしている間に、キックオフの時間ですよ。
まったりモードから、戦闘モードへと切り替えなくっちゃ。

さて、鹿島戦であります。

先日のリーグ戦、たいそうドラマチックな試合でしたなぁ。
あちら様としては、そのリベンジにくるだろう。
それを迎え撃つウチらとしては、「あの試合の再現」なんてむしのいい話までは望まないが、いい試合を見たいですね。
ウチの若手たち、頼んだよ~
と言いたいが、そこそこ主力メンバーで望むこの試合、最近調子は悪くないので、期待しちゃいますね。

と言うことで、キックオフであります。

YBCルヴァンカップ第02節 福岡 1-5 鹿島

う・・・・・む。

何書いたらいいんだろ?

この試合、やたらと時間が進むのが早く感じた。
何でだろうかと考えてみたら、たぶん、相手のサッカーがまったく隙がなく、試合がだらける時間帯が無かったからなのかなぁ。

とにかく、さすが強かった。
なんと言っても、試合終了間際に、ようやくこっちが1点とったと思ったら、その後アディショナルタイムに追加点を取られちゃったからね。
容赦ない。 

ウチに目を向けたら。
のっけからやられっぱなしで、とにかくうまく行かなかったなぁ。
もちろん、相手が一枚も二枚も上手だったと言うことは認めた上で、雨でスリップしたりと、ミスが散見されて。
個々の選手の力は向こうが上で、さらにこっちにミスが重なったら、こういう結果になっちゃいますか。
まぁ、不運な失点で出鼻をくじかれたと言うのはあったにせよ。

リーグ戦でこういう結果にならなくて良かったな、と思うしかないのか。
この試合結果について、カップ戦と言うこともあって、個人的には正直言うとそこまでショックはない。
もちろん、勝った方がいいと言うのは当然としても。

いいところを探すとすれば、ケネディが良かったな。
FWとしての動きを、だいぶ掴んできたのかな。
そこは、次節以降に繋がる財産だと思う。
あとは、渡が元気に出てきて、随所にいいプレーを見せていたところだな。
今までまったく音沙汰がなくてやきもきしていたが、この感じだと次節以降も仕事してくれそうで、そこは安心した。

うん、相手が上手すぎてウチが何も出来なかった試合は、これ以上書くこと無いわー
と言うことで、今回はこの辺りで。

さらに怪我人が出ているのが、やだなぁ。

| | コメント (0)

2021年3月22日 (月)

第06節 鳥栖VS福岡

はいはい、欠席でありましたよ。

日曜日ではあったんだけれども、お仕事だったからね。
まぁ、このご時世で働き口があるっていうのは、素晴らしいことだ。
そう思うことにしよう。
それに、先日徳島に行ったばかりだし、水曜日のホームゲームにも2週続けて行けているからね。
そうそう上手く仕事のスケジュールは、組めない。

という事で、試合当日。

試合が行われていた時間帯は、絶賛お仕事中。
リアルタイムな試合状況をチェックすることもかなわない。
結局仕事が終わったのは、19時。
平時と比べたら、これでも早いほうだ。

さて、鳥栖戦であります。

えっと、同じく5年ぶりの対戦ですなぁ。
まぁ、その間になんやかんやあって、あちら様は現在、若手選手がすくすくと育っているようだ。
そこは羨ましく感じつつも、負けられないですな。
しかも、開幕以来絶好調のようだからね。
それに対してこっちは負傷者多数で、早くも満身創痍な状態だが、この対戦は、勝たなきゃならぬ。
とにかく、勝利を。

という事で、キックオフであります。

第06節 鳥栖 0-0 福岡

ふむふむ。

帰宅して、時間がないから、録画していた試合をざっくりと早送りで見た程度なんだが。
いい試合だったんではなかろうか。
お互いの意地と意地とがぶつかりあった。
そして、それぞれの持ち味も十分に出ていたと思うし。

まぁ、勝てるチャンスもなかったわけではないが、最後体力を消耗した段階でも、出来るベストなプレイをやったわけだからね。
「しょうがない」と言う単語は適当ではないとはわかるんだが、他に適切な言葉を思いつかなかったので。
ただ、いい試合だっというのは間違いないが、ウチのシュート数が少なかったのは、なんとも。

ともかく、アウェイの地で勝ち点をゲット。
悪くはないと思う。
順位表的にも向こうのほうが上だし、そのチーム相手にドローに持ち込めたのは。
と言うのが、率直な感想ですな。

開幕以来の過密日程は、これで落ち着くのかな。
ここまでの結果は、正直言うと、想定よりもいいなと、個人的には思う。
しかし、まだまだシーズンは始まったばかりだからね。
この先、だんだん相手に研究されて厳しくなるだろうけれども、なんとか乗り越えてほしいな。

短いけれど、見に行っていない試合については、さくっとこの辺りで。
って、いくらなんでも淡白すぎるわ。

本音を言えば、勝ちたかった。

| | コメント (0)

2021年3月20日 (土)

第05節 福岡VS鹿島

今回も、平日水曜日のナイトマッチ。

何故か開幕から3週連続での、水曜日開催ですね。
公休を取って見に行く人の立場も、少しは慮ってくれたら・・・・・
などと、無理難題を言ってみたくなったりして。

しかし、この対戦カードだったら、見に行きたいですよ。
なので、この日も午後から半休を申請してみた。
果たして、どうなることやら。

という事で、試合当日。

金曜日に有休を取って徳島に遠征したおかげで、仕事は溜まりぎみ。
前日は23時まで残業して、そしてこの日は7時から出社して、お仕事をもくもくと処理。
おかげで、16時半に職場を脱出することができた。
・・・・・結局は9時間半働いとるやんけ。
「半休」とは?

それはさておき。
ちゃんと計算の上での、この時間の退社。
今からO牟田を出発しても、キックオフには間に合う。
ただ、ギリギリの到着ゆえ駐車場が空いている保証が無いので、スタジアム横の有料駐車場を押さえる。
試合開始まであと1時間半の段階でも、予約が取れるのか。
ならば、試合の入り具合は果たして・・・・・

高速道路をぶっ飛ばして向かう。
この日は「ペースカー制度」でも導入されているのか、追い越し車線が時速80キロメートルくらいでしか流れなかったんだが、無事に一時間ちょっとで、スタジアムに到着。
小腹がすいていたんで、ウエストのチャーハンを購入してから、ゴール裏へ。

本日の「コスプレ会場」に入場しました。
土日だと私服で集まる方々が、いろんなお仕事の格好で集まっておられる。
平日の試合ならではですな。
かくいうワタクシも、スーツの上からレプリカユニフォームを着こんでいる。
この日は寒くなかったんで、この格好でも大丈夫。
それでは、試合を見ながら、先ほど購入したご飯をモグモグすることにしよう。

さて、鹿島戦であります。

もちろん、久しぶりの対戦であります。
それを差し置いても、勝てそうなイメージが沸いてこない相手だなぁ。
まぁ、対戦相手がどうこうよりも、ウチに怪我人が多数発生していて、なかなかベストなメンバーが組めていない。
運転中につき、スタジアムに到着して試合開始直前に、この日のメンバーを確認できたんだが、う~む。
そこはしょうがないので、いま出ている選手でどう戦うのか。
それを確認しつつも、せっかく仕事を途中で放り投げて駆けつけたんだから、絶対に勝ちたいなぁ。
平日だったから来れない奴らのためにも、福岡を勝たせるよ。

と言うことで、キックオフであります。

第05節 福岡 1-0 鹿島

一つの試合の中に、要素が多すぎ(汗)

試合終了後の感想としては、「楽しい! 仕事を途中放棄して来て良かった!」
特にラストは、かなりドラマチックな試合展開でしたな。
スタジアム全体を覆う一体感が、素晴らしかった。

冷静に振り替えったらね、前半も早い段階で、相手に退場者が出て数的優位に。
それでいて、試合内容は五分の展開だったから、正直恐ろしかった。
「数的有利な試合で、やらかす」ってのは、往々にしてありがちなので。
まぁ、こう言ってしまったら何だが、「いいハンディキャップ」だったな。

それにしても、ケネディの評価が、人によって「結構まちまちだなぁ。
個人的には「ボールを受ける際、もう少し相手選手と競ってくれよ」と思ったんだが。
もちろん、頑張っていたことは認めた上で。
しかしまぁ、不器用なりにもそこでやりあっていたことが、数的有利な状況に持ち込めたわけで。

んな訳で、前半が終わった段階で感じたこと。
「山岸町と金森をいつ投入するかが、勝負の鍵を握るんだろうな」。
結局この二人で決勝ゴールを奪うんだから、これはもう、監督の采配が見事だとしか言いようがない。
現有メンバーそれぞれに、どういうタスクを与えて試合に出すのか、そこが上手いよなぁと、それは常々思う。

最後VARさんのおかげもあって、鹿島から久しぶりの勝利。
もちろんその影響もあるけれど、何より、鹿島と90分間バチバチにやり合う試合は、最高に楽しかったなぁ。
やはり、J1は試合のレベルが高くって楽しいわ。

と言うことで、連勝であります。
まぁ、受かれておりますよ。
んで、この試合について、鹿島サポのの方々が、審判に不満を漏らすのではなく、自チームの選手を叱咤激励しているのを見ると、さすが強豪クラブのサポは、サッカーを見る目、選手に求めるレベルも高いなぁ、そう感じたわけで。

オレがそのレベルに到達できるのは、まだまだ先だろうな。

| | コメント (0)

2021年3月15日 (月)

第04節 徳島VS福岡

今シーズン初めての、アウェイ遠征であります。

今シーズン、どれだけアウェイに出ることができるのか、まだまだ先行きは不透明ですなぁ。
なので、行けそうなときには、なんとかして足を運びたい所存。

んで、仕事のスケジュール的に、ここは行けそうだった。
なので、今シーズンの日程が発表された当初から、ここは行くと決めていた。
あとは、仕事以外の事情、つまりは、感染症の状況うんぬんで、本当に行けるかどうかは決まってくる。
そこは、直前まで読みづらい。
なので、旅程は組むことなく、脳内の妄想にとどめておく。

結局、この試合を見に行くことを決めたのは、5日前の月曜日。
そこから、金曜日の有休を申請して、試合のチケットを購入して、宿を予約して・・・・・と、バタバタ。
直前でも有休が取れたのは、3月いっぱいで消化しなければならないものがまだ残っていたからであって、この機会で使わなかったら、そのまま流れて終わり。
無事に権利を行使できて、良かった。

そこから、ばたばたと旅程を作り始める。
こういう時期なんで、直前でもひこーきは空いていて、助かった。
あと、ついでに行きたいところも、前々から計画していたものを、実行に移すことにして。

という事で、試合当日。

大歩危駅近辺の温泉ホテルでお目覚め。
外を見たら、前日から続く雨ですね・・・・・

8時半にホテルをチェックアウトして、駅へと向かう。
本当は1本早い列車に乗りたかったんだが、そうすると宿を出るのが7時半。
それだと朝食が取れないし、朝風呂にも入れない。
なので、妥協して、出発を遅らせる。

大歩危駅から阿波池田駅まで特急列車、そこから徳島線に乗り換え。
途中休憩が多い各駅停車で、時間がかかってる間に晴れてきて、徳島駅に到着したのは11時半。
普通だったら、鳴門線に乗り換えるところなんだが、接続が良くない。
ってか、それに気づいたのが、朝ホテルでダイヤ検索した時。
それまでは、フリーきっぷ使用だから当然鳴門線で行くつもりだったのに、それでは試合に間に合わないやんかー

そこで、徳島駅前から出るシャトルバスに乗車することに。
普通の路線バスタイプの車両が来たが、空席もあるレベルの乗り具合。
地元の人って、あまりバスは使わないのね。
やはり車社会なのか・・・・・

12時過ぎに、スタジアムに到着しました。
まずは入場して荷物を下ろしたら、さっそくスタグルゾーンへと。
まずは観光案内的なブースに行き、前日の宿泊地と現住所を提示して、簡単なアンケートに答え、2000円分のクーポン券をゲット。
ありがとうございます。
有効に使わせていただきます。

なので、前日深酒したばかりで、この日は飲むつもりは無かったのに、せっかくだからびーるをゲット。
ピリ辛の阿波尾鶏とともにいただく、びーるうめぇ\(^o^)/

それにしても、めったに体験できないレベルで、風がめっちや強い。
手で押さえておかないと、びーるの紙コップ倒れそう。
しょうがないからが、急いで飲まなくては・・・・・
急いで飲んだらびーるは無くなるし、いただいたクーポン券はまだ残っている。
と言うことは・・・・・
以下省略(汗)。

んで、晴れてきてポカポカだったからね。
スタジアムに着いてみたら暖かくて、ついトレーナーを脱いでTシャツの上にレプリカユニフォームを着ていたんだけれども、強風で寒くなってきた。
難儀な天候やなぁ。
この風は、試合に影響を与えそうだと試合前に思っていたら、案の定的中することに。

そうこうしているうちに、選手があっぷのために登場する時間ですよ。
クーポン券がまだ残っているので、イチゴサンドをいただいてから、戦闘モードに入りましょうか。

さて、徳島戦であります。

いっしょにJ1に上がった仲間。
ではあるものの、昨年優勝させてくれなかったと言う意味では、因縁の相手だよね。
昨シーズン最終戦のこともあり、戦って難しい相手ではないと言う自信は、あるかな。
年間の勝ち点を考えるに辺り、絶対に勝たなければならない相手、そしてそれは、向こうもそう思ってるよね。
と言うことで、「ただの勝ち点3」だけではない、非常に重要な試合。
こちらとしては、なにがなんでも勝たなければならない。
得てしてこういう試合でドローに終わってしまいがちな我がチーム、そうならないよう、絶対に勝つよ。
とにかく、勝ちにこだわって欲しい。

と言うことで、キックオフであります。

第04節 徳島 1-2 福岡

よっしゃよっしゃぁ!

とまぁ、試合内容からすると、とても手放しで喜べるわけではないと思うんだが、まずは、ひとつ勝ったことを喜ぼう。

前述のとおり、風がめっちや強かったんですわ。これは、試合に影響を与えるぞと言うことで、その対策は監督選手もやっていたとは思う。
前半は風下なので、気をつけなきゃいけないぞ。

んで・・・・・前半2分、あまりにもあっけない失点。
連携ミスって言うか、防げたはずの失点だし、そこに至るようにボールを自由に回させていた時点で、アウト。

んで、失点したあとも、全然ピリッとしない。
風でロングボールが押し戻されるのは、仕方がない。
ならばショートパスを繋いで・・・と試みるも、そこは相手ががっちり守って、だしどころがない。
アウェイってこともあってか、やりにくそうだったなぁ。

それよりも気になったのが、ポジショニングの悪さ。
どフリーの相手選手がいたり、かと思えば3人くらいが詰めに行ったりと、とてもチグハグ。
正直言って、つらかった。

しかしまあ、終わってみたら、風向き的に相手有利だった前半に、あの1失点だけで抑えたのが、勝利の要因だったかな。

後半こっちが風向き的に有利となり、また選手交代でてこ入れを図ったこともあり、形成は逆転。
サロモンソンの同点ゴールがわりかし早いうちに決まったら、気持ち的にもウチが優勢になったと思う。
あとはどうやって逆転するか。
結果的に金森のPKだったけれど、あれは、この試合、そしてこれまでの試合でも、献身的に前線で走り回っていたからこそ産まれたものである、そう思う。
来るべくして来たチャンス。

その後も、時折相手のチャンスの場面は訪れるものの、心理的にはリードしているウチが有利。
個人的にも、この風向きを生かせば大丈夫、そう思いながら見てた。
なので、心配はしていなかったなぁ。

と言うことで、逆転勝利にて、今シーズンの1勝目。
個人的には、これまでの3試合の方が、内容的には上だったとは思うが。
しかし、内容は大事たけれども、勝たなきゃしょうがない。
と言うことで、まぁ、まずは第一関門を突破かな。

まだまだ課題は多いけれどね。
ブルーノメンデスのアップ中のアクシデントと言う予測できない出来事があったとは言え、FW陣の頭数が足りてないね。
こういう「風が強い試合」だと、前線に高さを求めたいところだけれど・・・・・
その回答が湯澤だったとは、予想外(汗)

それは半分冗談として、いい選手がたくさんいるなかで、どの組み合わせがベストなのか、試行錯誤の段階が続いてるのかな。
それが固まるには。もう少し時間がかかりそうかなぁ。
裏を返せば、誰が出てきても一定水準のプレーは出来ていると言うことで、これって重要なことだけれどもね。
一人一人の選手の出来は決して悪くないんで、うまく行くまでは、もう一息だと思うんだよな。
それらの選手の中から選べるっていうのは、今までを思えばぜいたくな悩みかもしれない。

そんなわけで、この勝利をきっかけに、さらにJ1に相応しいレベルまで、チーム力をあげていって欲しい。
難しくはないはず。

さぁ、これに安心せず、次の試合も勝利を。

| | コメント (0)

2021年3月11日 (木)

第03節 福岡VS横浜FM

平日水曜日のナイトマッチ。

前週のカップ戦は、午後から半休を取っていたにも関わらず、見に行くことができなかった。
同じく、この試合も、午後から半休は取ってある。
ここ数日のお仕事の状況的にはヒマなんで、休めるはずだと信じてはおる。
信じているんだけれども、当日の状況次第で、流動的。
果たして、どうなることやら。

という事で、試合当日。

この日は試合に行く気満々。
なので、前日は遅くまで残って仕事をやっつけておった。
あけて当日。
おかげで、順調に仕事は片付いていく。
10日ということで、前月の売り上げデータが各種そろっていく日で、次から次へとやってくる書類を、朝から処理。

予定からは少し遅れたけれども、14時に職場を無事に脱出。
さて、どうしましょう。
高速道路をぶっ飛ばしたら、所要時間1時間何で、15時には現地に到着してしまう。
一方、下道をたらたら走っていったら、所要時間3時間なんで、到着時間は17時となる。
中途半端な時間に、仕事を終えてしまった・・・・・

この2択だと、当然早めについておきたい。
なので、高速道路をチョイス。
ただし、急ぐ必要はないので、のんびり向かうことに。
根本的に長時間のクルマの運転がダメなので、南関インターから高速道路に入り、広川SAで休憩、基山PAで休憩。
んで、いったんベススタの前を素通りして駐車場の状況を確認してから、スタジアムの割と近くの喫茶店に到着したのは、15時半。

ここで休憩。
やはり「インスタ女子」としては、映える食い物をと言うことで・・・・・
イチゴのパンケーキセットを注文。
ふわっふわで、うまー
てな感じでのんびりしていたけれど、こんな感じに仕事を切り上げて休んでるときに限って、職場から電話が入る。
オレがいないときに限って、トラブルが発生するんだよなぁ。
なんでもネット回線に不具合ができたとのことだけれども、その場にいないオレは何もできないんで、明日処理することにし、そろそろスタジアムに向かうことにする。

17時前に、ベススタに到着。
案外駐車場は埋まっているぞ。
さすが、J1リーグ戦。
クルマを止めて、てくてくスタジアムへ。

早速いつものゴール裏に。
いつものメンバーがそろって居るが、おめぇら仕事はどうした!(自分を含む)
休みたいときに休むことができる、ホワイトな職場でよかったなー(ぼうよみ)
それにしても、いい天気だなぁ。
スーツの上を脱いで、レプリカユニフォームを着る。
今回クルマなんでびーるは飲めないし、パンケーキで満腹で食料も不要なので、特段やることもない。
出場メンバーをスマホでチェックしつつ、まったりと過ごす。

やがて、選手たちがアップに出てくるお時間に。
テンションが上がってきました。
と同時に、ゴール裏は日が陰ってしまい、寒くなってきた。
上から羽織っていないとということで、スーツを着込む。

さて、横浜FM戦であります。

これまた5年ぶりの対戦であります。
やはりJ1、次々と強豪チームが出てくる。
戦前の予想では向こうのほうが有利と思われているんだろうし、まぁ、今のところゴールが量産できているっぽいね。
ウチの守備陣がどう対処するのか、楽しみにしておこう。
そう簡単ではないことは重々承知の上で、絶対に勝ちたいなぁ。
平日のナイトマッチ、こういうところで空気を読まずにひょこっと勝つのが、ウチのチームだからね。
いい試合になることを期待しよう。

と言うことで、キックオフであります。

第03節 福岡 1-3 横浜FM

う・・・・・ん

ディテールに差が出ている。

って、それが言いたかっただけかいっ!

さすがにこれで終わるのは何なので。
厳しい展開だったのは、間違いない。
んが、まったく歯が立たなかったとも思えず、それがなんとももどかしい。
チャンスがなかったわけではないと思う。
ウチの時間帯だった時もあったんだけれども、それでもシュートまでは持ち込ませてくれなかったからね。
一瞬のチャンスでシュートを打てるか打てないか、そこの差を大きく感じたわけで。
当たり前だけれども、対戦相手の質が、昨年とは違うなぁ。

1失点目のPKはともかく、2失点目も、3失点目も、相手の速さに対応できてなかった。
まぁそこは、長谷部監督のことだから、早急に手を打ってくるだろうし、それを待ちましょう。
それよりも、個人的には、昨シーズンはあまり見られなかった、後ろにボールを戻す場面が多かったのが、気になるなぁ。
それだけ相手のディフェンスがうまくって、ボールの出しどころがないということなんだろうが、そこをどうこじ開けていくのかが、今後問われてくるんだろうね。
早くも試練かもしれん。
とは言え、点が取れていないわけではないので、そこは安心できる材料。

この試合もそうなんだけれども、少しでもミスったらそこをつけ入れられるという、見ていて非常に緊張感のあるヒリヒリとした試合で、そういう試合を見ることができるのは、楽しい。
なので、早い段階でここあたりで、結果も欲しいなぁ。
と思うわけで。 

まだまだ期待値は大きい。
なので、次の試合こそは勝つよ。

カウエが出てきて1点返した時、そしてその後のスタジアムの盛り上がりはよかったなぁ。
声は出せない中で、最高のスタジアムの雰囲気作りができていたと思う。
前&重廣のコンビを取るか、カウエをどう絡ませるか、悩ましい・・・・・

| | コメント (0)

2021年3月 8日 (月)

第02節 清水VS福岡

欠席でありましたよ。

この試合、アウェイ席が発売されないということで、なかなか見に行きづらいし。
まぁ、それ以前にもともと、この日は午前中お仕事なんで、見に行けないからね。
ここのスタジアム、ウチの試合では10年前に行ったっきりだし(第三者としてはそれ以降も行ってる)、行きたかったんだけれどもなぁ。
なんといっても、晴れていたら富士山が間近に見えて絶景だからね。
・・・・・そういえば、10年前に行ったときは豪雨だったな。

という事で、試合当日。

13時半にお仕事終了。
それでは、急いで帰りましょう。
途中コンビニに立ち寄ってお昼ごはんを購入。
袋代をケチって、温めてもらった明太子パスタを抱えて、帰宅。

帰宅してPCを立ち上げたら、14時2分。
ギリギリ間に合いました。
が、のっけからクルクルしているのは、なんとかならんのか。
・・・・・いまだにWIN8マシンだからな。
パスタをもぐもぐしながら、PC越しに気持ちを送る。

さて、清水戦であります。

その10年前がどんな試合だったか、覚えてないわー。
と言いたいところなんだが、前述の通り、豪雨でつらい中、最後まで跳んでたことは覚えてるんだよなぁ。
片手に持ってたびーるは、どんどんかさが増してくるし(笑)。
それはともかく、開幕戦で快勝をやったチームだしね、厳しい相手ですわ。
だが、こちらとしては、早めに勝利が欲しいところだからね。
下馬評では圧倒的にあちらが有利と出ているようだが、それをひっくり返してほしい。
とにかく、勝利を。

そして、いよいよ、キックオフであります。

第02節 清水 2-2 福岡

えっと・・・・・

「満足」と書いてしまったら、それは違うのかもしれない。
しかし、個人的には納得しているし、手ごたえを感じましたですよ。

その前のカップ戦も受けて、メンバーをいじって臨んだこの試合。
そこは成功したと思う。
が、それだけでうまくいくほど、J1は甘くない。
この試合も、開始早々危ない場面を迎え、そして早い時間帯に失点。
特に前半は、苦しかったなぁ。

後半に入り、選手交代も功を奏して、山岸のゴールでいったんは追いついた、が、その直後に失点。
しかし、だんだんとこちらにもチャンスの場面がやってくるようになり・・・
最後の最後に、追いついた!
昨シーズンも何度も苦しい時に助けてくれた、サロモンソンが決めてくれた!

そんなわけで、今シーズン初の勝ち点をゲット。
まずは、一安心。

得点こそあげなかったものの金森は右サイドでキレッキレだったし、宮大樹やカウエなど、途中出場の新戦力が十二分に機能しているのも確認できたし、個人的にはこの試合で得たものは大きいと思う。
なので、次の試合では、必ず勝利を。

それにしても、ゴールキーパーって、しんどいポジションやなぁ。
試合中にいくらナイスセーブをしようとも、一つのミスであれやこれや言われてしまう。
前半終了間際のセーブとか、この試合でも助けられたし、今まで何度も助けられたんだけれどもね。
つくづく、難儀な稼業や。

| | コメント (0)

2021年3月 5日 (金)

YBCルヴァンカップ第01節 福岡VS札幌

はい、残念ながら見に行けてませんですよ。
見に行くつもりではあったんですが・・・・・

18時キックオフということで、この日は午後から半休を申請しておりました。
月の頭のこの時期は、請求書等もまだそろっていないから、案外ヒマなのよ。
これが19時キックオフだったら、17時半くらいに会社を出ても、ぎりぎり間に合う。
しかし、18時だと、休みを取らない限り、どう頑張っても間に合わないですわな。

んで、出社してみたら、部長は午後から出張で不在、課長は終日公休。
いや、ね、半休申請は通っていたから、休んでもよかったんだけれどね。
休んでもよかったんだけれども、そうすると人出的に回らなくなってしまう。

まぁ、「仕事の状況的に帰れそうだったら、16時くらいで引き揚げよう」と思いながら、午後もお仕事を続けていて・・・・・
結局、お仕事が終わったのは、22時。
なんでや。

結局この日の勤務は、「午前中の半日勤務+13時から22時まで残業」という、勤務シフト上わけわかんない状態に。
ただし、ウチの会社には「残業代を支給する」という制度が無いんで、どうだっていいわな。
労務管理は楽そうで、何よりだ。

それはさておき。
「17時半くらいまでに終わってくれたら、帰宅してスカパーでリアルタイム視聴できる」という目論見も外れ、試合が行われていた時間帯も、絶賛お仕事中。
試合の結果を逐一知ることもできない。
そして、お仕事が終わって、速攻でサクッと試合結果をチェック。

さて、札幌戦であります。

まぁ、開幕戦、大量得点で快勝ですな。
似たような立ち位置のクラブだったはずなのに、この5年間の間に、さらに大きく差が開いてしまっているようで。
ということで、簡単に勝てる相手ではなかろうが、久しぶりのJ1、まずは1勝と行きたいところですな。
ウチの若手たち、頼んだよ~

と言うことで、キックオフであります。

YBCルヴァンカップ第01節 福岡 2-3 札幌

う・・・・・む。

ハイライト映像を確認しただけなんで、詳細は分かんない。
まぁ、前半で3失点は、キッツイなぁ。
若手の経験不足、および既存の選手と新加入選手との、連携不足は否めないのかな。
ただ、観戦していた方々からのついった情報から判断すると、何人かいい動きを見せていた選手がいるというようで。

それに、複数得点を取ることができたのは、ポジティヴにとらえていいのかと。

ということで、次のリーグ戦のメンバーがどういう感じになるのか、それは楽しみだ。
次に期待しましょう。

見にいっていない試合については、さくっとこの辺りで。
って、前回との文章量の差が(汗)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

その他サッカーなど 2004年 その他サッカーなど 2005年 その他サッカーなど 2006年 その他サッカーなど 2007年 その他サッカーなど 2008年 その他サッカーなど 2009年 その他サッカーなど 2010年 その他サッカーなど 2011年 その他サッカーなど 2012年 その他サッカーなど 2013年 その他サッカーなど 2014年 その他サッカーなど 2015年 その他サッカーなど 2016年 その他サッカーなど 2017年 その他サッカーなど 2018年 その他サッカーなど 2019年 その他サッカーなど 2020年 その他サッカーなど 2021年 ひたすら愚痴る むかしやってた企画 もぶろぐ 2004年 もぶろぐ 2005年 もぶろぐ 2006年 もぶろぐ 2007年 もぶろぐ 2008年 もぶろぐ 2009年 もぶろぐ 2010年 もぶろぐ 2011年 もぶろぐ 2012年 もぶろぐ 2013年 もぶろぐ 2014年 もぶろぐ 2015年 もぶろぐ 2016年 もぶろぐ 2017年 もぶろぐ 2018年 もぶろぐ 2019年 もぶろぐ 2020年 もぶろぐ 2021年 中身の無い日記 2004年 中身の無い日記 2005年 中身の無い日記 2006年 中身の無い日記 2007年 中身の無い日記 2008年 中身の無い日記 2009年 中身の無い日記 2010年 中身の無い日記 2011年 中身の無い日記 2012年 中身の無い日記 2013年 中身の無い日記 2014年 中身の無い日記 2015年 中身の無い日記 2016年 中身の無い日記 2017年 中身の無い日記 2018年 中身の無い日記 2019年 中身の無い日記 2020年 中身の無い日記 2021年 遠征記 2004年 遠征記 2005年 遠征記 2006年 遠征記 2007年 遠征記 2008年 遠征記 2009年 遠征記 2010年 遠征記 2011年 遠征記 2012年 遠征記 2013年 遠征記 2014年 遠征記 2015年 遠征記 2017年 遠征記 2018年 遠征記 2019年 遠征記 2020年 遠征記 2021年 2004年 J2福岡 (その他) 2004年 J2福岡 (試合) 2005年 J2福岡 (その他) 2005年 J2福岡 (試合) 2006年 J1福岡 (その他) 2006年 J1福岡 (試合) 2007年 J2福岡 (その他) 2007年 J2福岡 (試合) 2008年 J2福岡 (その他) 2008年 J2福岡 (試合) 2009年 J2福岡 (その他) 2009年 J2福岡 (試合) 2010年 J2福岡 (その他) 2010年 J2福岡 (試合) 2011年 J1福岡 (その他) 2011年 J1福岡 (試合) 2012年 J2福岡 (その他) 2012年 J2福岡 (試合) 2013年 J2福岡 (その他) 2013年 J2福岡 (試合) 2014年 J2福岡 (試合) 2015年 J2福岡 (試合) 2016年 J1福岡 (試合) 2017年 J2福岡 (試合) 2018年 J2福岡 (試合) 2019年 J2福岡 (試合) 2020年 J2福岡 (試合) 2021年 J1福岡 (試合)