2022年5月23日 (月)

第14節 福岡VS横浜FM

お仕事が休みの土曜日の、ナイトマッチであります。

熊本での試合が13時キックオフなんで、ハシゴしようと思ったら十分可能。
やっても良かったんだけれどね。

いかんせん、熊本のスタジアムから帰りのシャトルバスに無事に乗れるか、確証が持てない状況だからなぁ。
ハシゴ観戦するとして、どっちの試合が大事なのかを考えたら、そこまで無理して行くこともなかろう。

となると、土曜日の昼間がヒマになるなぁ・・・・・
どうしよう。

という事で、試合当日。

遅くまで寝ていられるはずなのに、じじいなので朝7時半には目覚めてしまう。
朝めし食って、ぼーっとラジオでも聴きながら考える。
何時に家を出ようか?
と言っても、行くところがあるわけではない。
最近福岡市内に出来た大型ショッピングモールにでも行こうかとも思ったが、出店者をチェックした時、あまり興味を持てなかったんだよね。
目的もなく人が多いところに行くだけだと、疲れるだけだからなぁ。

結局、家を出たのは12時半。
13時の西鉄特急電車に乗車。
電車の中では過去2試合分のblogの記事作成。
どっちの試合も見に行っていないから、1時間のうちにあらから作り終えた。

天神に到着し、ノーアイデアで地下鉄に乗り、福岡空港に到着したのは14時半。
開門時間まであと2時間もあるぞ。

とりあえず空港ターミナルで昼めしをいただくことに。
それでも時間があるので喫茶店にでも行こうかと思ったが、ふと思い立って、ベススタ方面にてくてく歩きだす。
んで、スタバに到着。
この時期限定のストロベリーフラペチーノうめぇ\(^o^)/
店内は蒸し暑かったが、外は木陰で涼しくてちょうどいい。
それにしても、福岡空港の時点から、そしてここでも、相手サポをたくさん見かけるなぁ。

やがて、そろそろいいかと言うことで、店をあとにしてベススタに到着。
開門時間前にベススタに到着したのは、今年初めて。
って言うか、ここ数年記憶に無い。
思わず意識の高さを出してしまったが、結果的に早く着いただけのことである。

んで、はじめて知る。
今、開門前の待機列って、こんなに短いんだ・・・・・
ごる裏以外指定席になったので、早く来る必要がないからなぁ。
不必要なストレスを抱えなくてすむだろうから、これでいいのかも。
かく言うワタクシも、いつも早めに並んで場所を確保してくれている仲間に甘えているのであるが。
かたじけない。

列に並んで20分、開門時間になったので、入場しましょう。
いつものごる裏に荷物を置いたら、食料の調達に。
と言っても、空港で昼めしを食ってきたばかりなので、結構満腹。
なのでびーるとそれに合う何かを。

ふらふらと歩き回った結果、ドイスラゴスの肉の4種盛セットを。
早い時間からゆったりと飲む、びーるうめぇ\(^o^)/
今日も絶好のびーる日和ですね。
そして、お肉超うめぇ\(^o^)/
びーるが進みすぎるから、これは危険だ(汗)

・・・・・ちょっと酔っ払った。
日陰に移動して、涼しい風に吹かれてこよう。
それに、最近なぜか、スタジアムでお腹の調子が悪くなることが多々あるんだよな。
なので、トイレにしばらくこもってしまう。

そんな感じで、いつものようにだらだら過ごしていたら、開門と同時にスタジアム入りしたにも関わらず、あっという間に時間は過ぎていくもので。
気がついたら、アップのために選手たちが出てくる時間ですよ。
それでは今日も、戦闘モードに入りましょうか。

さて、横浜FM戦であります。

強豪チームとの対戦が続くなぁ。
しかもなぜか、今回アウェイ席のチケットがソールドアウトらしい。
大量のサポがやってくるのかぁ、何故ウチなのかわかんないが。
しかも、前回勝利したのが2001年だと?
その試合、見ているんじゃないかなぁとは思うが、記憶にまったく無い。
昔の試合について内容を覚えてる人すごいわ。
そんな訳で、かなりやりづらい相手だな。
しかしまぁ、ホームゲームである以上は、相手に好きなようにはさせられないわけで。
なにぶん勝ち点に余裕があるわけではないので、この試合は勝ちたいところ。
勝って、気分よく週末を過ごそう。
そのために、微力ながら選手たちを後押しすべくがんばるぞー

という事で、キックオフであります。

第14節 福岡 1-0 横浜FM

よっしゃぁよっしゃぁ!

大量得点をあげての圧勝はもちろん気分が良くなるんだが、こういう息の詰まるウノゼロの試合に勝つのって、また違った気分の良さが沸いてきますなぁ。
とにかく、最高に気分が良い。

前節川崎戦の時と同様、前半は相手にボールを動かされながらも固い守備でしっかり対応できていて、良かったと思う。
いざ攻撃に変わった時に、細かいミスでそのチャンスを逃したりはしていたが。
なので、前節の教訓とすれば、後半の入りかただよね、そう思いながら見てた。

その、後半の早い時間帯に先制点を取れたのが大きかった。
「90分間で唯一のチャンス」とまでは言わないが、少なくとも枠内シュートはこの1本だけだったんで、少ないチャンスをものに出来たと言うのは間違いなかろう。

あとは、ウチの守備が最後まで破綻しなければ大丈夫。
とは言え、相手は超協力な攻撃陣だから、まったく油断できんよな。
そんなわけで、最後の最後まで緊張感が途切れない、好ゲームに。
アディショナルタイムが10分もあって、かなりヤキモキさせられたが、無事に逃げ切りに成功。

ついったにも書いたことだけれど。
柳のFW起用はすごかったな。
前線からのディフェンスがウチの生命線だから冷静に考えたら不自然ではないんだが、そうきたかぁ。
アディショナルタイムにも関わらずマリノスはボールの出しどころが見つからずパス廻しをさせられていたから、起用が正しかったことは結果に出ましたな。
決して奇策ではない。 

と言うことで、快勝でした。
21年ぶりの勝利ですか。
長かったですね~
そのときに決勝ゴールを決めたのは、え~と・・・・・
それはともかく、この調子で過去の決して名誉ではない記録は、一つ一つ消していこう。

次回以降もキツイ対戦相手が続くけれど、一つ一つ勝ちましょう。 

| | コメント (0)

2022年5月20日 (金)

YBCルヴァンカップ第06節 FC東京VS福岡

はい、残念ながら見に行けてませんですよ。

平日アウェイのカップ戦。
いくらこの試合の結果でグループリーグ突破出来るか否かが決まるとはいえ、有休取って行くのはムリや。
味スタも長らくご無沙汰してるな・・・・・

と言うことで、欠席であります。
しかも、せっかく自宅にスカパーのアンテナ残してるのに、平日とあっては試合開始までに仕事を終わらせて帰宅できているかも、不明であります・・・・・

と言うことで、試合当日。

いつものようにお仕事。
決して忙しい時期ではないんだが、かと言って定時で帰れるほど、世の中甘くはない。

集中してお仕事をしていたら、いつの間にか試合開始時間になっていたようで。
それにも気づかず、黙々とお仕事をしていて、気が付いたら21時過ぎていた。
そう言えば、試合結果はどうだったんだろか・・・・・

さて、東京戦であります。

なんか相性がいいよね。
今年のリーグ戦は、得点力が良くはないウチがあんな感じの試合だったし。
そんな訳で、この試合もきっちりと勝ちましょう。
勝って、自力でグループリーグ突破を決めよう。
とにかく頼んだよ~

と言うことで、キックオフであります。

YBCルヴァンカップ第06節 FC東京 0-0 福岡

えっと・・・・・

ハイライト映像すら確認していないんで、詳細は分かんない。
どうやら試合内容は塩っぽかったとは聞いているが。
メンバー的に面白そうとは思ったが、どうだったんだろうか?
まぁ、いかんせんまったく映像を見ていないんで、書きようがない。

ともかくこれで、グループステージの突破決定。
喜ばしいことであります。
ずいぶん気が早いけれど、星が欲しいなぁ。

見にいっていない試合については、さくっとこの辺りで。

| | コメント (0)

2022年5月17日 (火)

第13節 川崎VS福岡

土曜日のアウェイでの試合、お仕事のため欠席でありました。

なぜか、川崎には縁がないんだよなぁ。
仕事とスケジュールがかぶること多いし、わりかし平日開催の時が多くって。
なので長らく行けていない。
羽田空港からそこそこ近いと言うことで、これがもし19時キックオフだったら行ける可能性はゼロではないんだが、16時キックオフ、ムリや。

と言うことで、自宅でお留守番。
幸いなことに、お仕事忙しくはない時期なので、遅くまで残業することもないだろう。
だったら、自宅でだぞん観戦できる。
16時キックオフで、良かった。
・・・・・良かったのか良くなかったのか、どっちなんや。

という事で、試合当日。

いつも通りに出社したら、午前中はてきとーに仕事をこなし、すこし残業して14時には職場を脱獄。
おうちに帰ったけれど試合開始まで時間があるから、いったんベッドに潜り込みましょうか。
んなことやってると、その後どうなるかはだいたい想像の通り。

気がついたら試合開始時刻やんかぁ!

さて、川崎戦であります。

一時期ほどではないのかもしれないが、強豪であることに間違いはない。
真正面からぶつかっても厳しいなぁ。
しかし何と言っても、昨シーズンのホームゲームの印象が強いからね。
まぁ、その試合ワタクシは欠席していて見ていないんだけれども、であるがゆえに去年の再現となってほしい。
川崎相手に気持ちよく勝ってくれる、そんな試合が見たいなぁ。
なので、タブレット端末の画面越しではあるものの、念を送りますよ。
勝って、見に行けなかったことを後悔させてほしい。
期待していますよ。

という事で、キックオフであります。

第13節 川崎 2-0 福岡

う~む・・・・・・・・

前述の通り、前半は半分寝ぼけて見ていたんだけれども、いい試合だったんだがなぁ。 まぁ、攻撃は全然できなかったんだけれども、守備がきっちり機能していてゴールを割らせなかったし。

であるがゆえの、後半開始序盤の、セットプレイからの続けざまの失点は、キッツいな。 アウェイで川崎相手に逆転勝利するだけの力があるかと言うのは、なかなか難しいね。

そんなわけで、どうしても試合結果的に「ほぼ攻撃させて貰えず、完敗」ってイメージになってしまうなぁ。 決して守備が破綻していた訳ではないんだが。 逆に言えば、あちら様はセットプレイからきっちりと点を取れるあたりが、強豪足るゆえんなんだろうね。

まぁ、しょうがない。
切り替えて、次の試合こそは、絶対に勝つよ! って、今月は強豪チームとの対戦が続くわけなんだが。 ここが踏ん張りどころだな。

めっちゃ短いけれど、見に行っていない試合については、さくっとこの辺りで。

| | コメント (0)

2022年5月11日 (水)

第12節 福岡VS湘南

大型連休の延長戦的な感じですね。

東京戦を見に行ったあと、4日と5日は自宅から一歩も出ずに引きこもり。
そして、6日はカレンダー通りに出勤し、そこそこ働いてから帰宅。
んで、この日ですよ。
感覚的にはまだ浮かれ休日モードですな。

アウェイ京都幾、ホームFC東京戦と、いい感じで試合出来ているこの連休、その締め括りのこの試合も楽しみであります。
勝って、翌週から再びやって来るお仕事への活力にしよう。
この試合にも勝てたら、バリバリお仕事頑張れるぞー(ぼうよみ)。

という事で、試合当日。

前節が絶妙な時間帯の現地入りだったが、それは昼前まで寝ていたからであって、ちょっと家を出るのが遅かった。
今回9時には目が覚めてしまう。
トシを取ると、そうそう寝続けることも難しいのだ。
もろもろのことを勘案し、11時には家を出ることにし、路線バスでO牟田駅へ。
どうせ今回も飲むだろうし、クルマで向かうわけにも行かぬ。
11時半のJR快速電車を目の前で逃してしまったのでの、12時前の西鉄特急電車に乗車。
実は、博多に着くか天神に着くかで、その後の行動が変わるように考えてた。

電車のなかでは爆睡していたから、あっという間に天神に到着。
もちろんスタジアムに直行するには時間が早い。
なので、福岡の街をてくてく歩いて、かわはらすぱいす食堂へ。
実は、ここに来るのははじめて。
普段自宅からベススタまで直行直帰してると、川端に来る機会はないからなぁ。
それが、前節の快勝のおかげで40パーセントオフとのことで、これは行かねばならんだろう。
・・・・・大切なスポンサーさまだから、安い時だけではなく普段から行けよ。

13時半ごろお店に到着。
お昼のラッシュも終わったのか、落ち着いてる店内。
明太コロッケトッピング、少しだけ辛さをアッブしていただく。
ちょうどいい辛さのカレーうめぇ\(^o^)/
明太コロッケもよく合う。
そして、期間限定のサービスでチーズトッピング、味変してこれまたうめぇ\(^o^)/

満足してお店を出る。
祇園駅から地下鉄に乗ろうかと思ったが、なんとなく博多駅まで歩いてしまう。
バスセンターに来てみたら、15分後にベススタ近くまで行くバスが出るのを発見し、久しぶりにバスで向かうことに。

14時半過ぎにベススタに到着。
前節に続き、優先入場の列があらかた捌けて、一般入場のスタート前と言う絶妙なタイミング。
理想的な現地到着時間だ。
一般入場の列、想定外に短いなあと思いながら、さくっと入場。
いつものごる裏に荷物を置いたら、スタジアムの散策に出かけましょう。

今回、カレーをいただいてから来ているので、結構満腹。
なので、食料はパスして最初っからびーると行きましょう。
その前にふらふらとスタジアムを散策。
トークショーのエリアは人がパンパンにいたので、ちらっと眺めるだけでスルーすることにし、グッズ売場に。
まぁ、前回覗いたときと代わり映えはないかな(そりゃそうだ)。

と言うことで、今回もウエストでびーるセットを購入してから自席に戻る。
ぽかぽかの晴天の下、スタジアムで飲むびーるうめぇ\(^o^)/
絶好のびーる日和ですね。
一緒にいただく、チューリップのから揚げもうめぇ\(^o^)/
・・・・・天気がいいから調子にのって呑みすぎて潰れないよう、注意しなくては。
一杯では全然足りないけれど、これくらいで抑えておこうか。

そんな感じで、いつものようにだらだらうだうだしながら過ごしていたら、あっという間に時間は過ぎていくもので。
気がついたら、アップのために選手たちが出てくる時間ですよ。
それでは今日も、戦闘モードに入りましょうか。
そして、宮本に黙祷を捧げてから、試合開始です。

さて、湘南戦であります。

まぁ、連勝中だとは言え、冷静に考えたら今期も残留するためには勝っておきたい相手ですわな。
そして、結構やりづらい相手だと思う。
ウエリントンにどすんとやられてしまう図が容易に思い浮かぶ。
前節に複数得点取ったとはいえ、得点力がないウチとしては、早めに先制点を取って優位に立ちたいところですな。
そして、この試合も勝つ。
ルキアンにも待望のひと試合複数ゴールが生まれたということで、期待してるよ。
勝って、気持ちよく連休を締めましょう。
そのために、微力ながら選手たちを後押しすべくがんばるぞー

という事で、キックオフであります。

第12節 福岡 0-0 湘南

え~と・・・・・

数的有利となった試合で、きっちり勝てた記憶が、とんと無いなぁ。
悲しいことに。

この試合も、後半45分間数的有利な状況で戦ったはずなのだが、それをまったく感じなかったのは、なんでだろう。
この日ゲストの小柳ルミ子さんも言われてたように、相手に合わせてしまったよね。
あとはまぁ、連戦の疲れもあるだろうし。
(それを言ったら相手も同条件)

いくら普段からポゼッションはあまり高くないとは言え、ここまでパスが繋がらなかったらなにも出来ないですわ。
久しぶりにフラストレーションがたまる試合だったな、

うん、試合終了後帰り道で話してたことなんだけれど、語りたいことが何もない試合。
なので 、ここもこれ以上書きようがなく・・・・・
ただ、それでも書いておきたいことがあって。
ルキアン、今日見ていても真面目なのが伝わって来る。
ボール奪われたら必死になって下がってディフェンスしてるし。
真面目なのが伝わって来るだけに、その努力が報いられて欲しいなぁ。

と言うことで、スコアレスドローでした。
次の試合こそは、すっきりとした素晴らしい勝利を。
なんだけれど、キツイ対戦相手が続くな。

| | コメント (0)

2022年5月 6日 (金)

第11節 福岡VSFC東京

ついに、大型連休に突入であります。

いや、先日アウェイ京都に行ってきたんだけれども、日帰りだったし大雨の中ずぶ濡れ観戦だったしで、ホリデイ感は皆無だったので。
4月は激務続きで、ホームゲームも欠席が続いていて、ストレスを抱えていた。
その憂さを晴らすためにも、お休みを満喫するぞー

しかも、この試合はどういうわけだか、17時キックオフ。
なので、蓄積した疲労を取るために、午前中ゆっくり寝てから自宅を出ても、十分に間に合う。
まさにベストコンディションで試合を迎えることができるわけですな。
疲れた体を癒すとともに、すさんだ心も癒してもらいましょう。
楽しみだぁ。

という事で、試合当日。

予定通り、目が覚めて時計を見たら、11時。
いやぁ、久しぶりに、よく寝た。
と言うことで、軽く朝食?をいただいたのち、しばしぼーっとして過ごす。
やがていい時間帯になったから、早速家出しよう。
もう少し早く家を出てもよかったんだが、連休中の福岡市内に出かけても、人が多いだけで疲れるからね。

今回も間違いなくスタジアムで飲むことが想定できるので、駅までは路線バスで向かう。
んで、予定通りの13時の西鉄特急電車に乗車。

案外、電車の乗客は少ないんだなぁ。
あと、O牟田は当然のこととしても、柳川からもイナゴな方々を一人も見かけなかったのは、ちょっと意外。
試合前にウナギを食う人はいなかったかぁ。

電車の中では爆睡していたから、あっという間に天神に到着。
サクッと地下鉄に乗り換えたから、天神の人ごみの多さは、わからん。
が、地下鉄の乗客は多かったなぁ。
しかも、普段だったらほとんど降りる人のいない祇園駅で降りる人も多くって、祭りやってるんだなぁと感じる。

14時半前に福岡空港駅に到着。
タイミングよく待機していたシャトルバスに乗って、ベススタに到着したのは14時40分。
先行入場の列ははけていて、なおかつ一般入場開始前と言う、絶妙な時間帯。
なので、ゆったりと入場できた。
これは幸先がいい。

時間がまだ早いからなのか、人は思っていたほどは多くない。
いつものごる裏に荷物を降ろしたら、さっそく食料の調達に出かけましょう。
さっき朝食をいただいたばかりなので、ここはまずは、びーるでしょう。
案外飲食ブースの列が短かったので、長蛇の列の時はあきらめる4Lバーガーのお店で、ハンバーガーとびーるをゲット。
ぽかぽかの晴天の下、スタジアムで飲むびーるうめぇ\(^o^)/
そして、かぶりつく4Lバーガーうめぇ\(^o^)/
・・・・・すっかり満足。
ちょっと酔っぱらってしまった。
晴天の下だと、酔いが回るのが早い。
なので、水を飲んで落ち着きましょう。

そんな感じで、いつも近くで観戦しているメンバーとうだうだしながら過ごしていたら、時間はあっという間に過ぎていくもので。
気がついたら、アップのために選手たちが出てくる時間になっていて、そしてあっという間に、試合開始時刻に。
テンション上がってきた。

さて、FC東京戦であります。

まぁ、なぜか苦手意識がないですなぁ。
ちらっといま確認してみたら、昨シーズンはFC東京戦から連勝が始まったのか。
なので、この試合も期待しちゃいますよ。
前節、鬼門のアウェイ京都戦で勝つことができ、だんだんと上向きになってきた。
ここはひとつ、連勝して波に乗りたいところ。
せっかくの大型連休、と言う割にはイマイチ客の入りは芳しくないけれど、それでも普段よりは多い観客の前で、いい試合を見せてほしい。
そしてとにかく、勝利を。
体調万全で迎えるホームゲーム、微力ながら選手たちを後押しすべくがんばるぞー

という事で、キックオフであります。

第11節 福岡 5-1 FC東京

出来すぎでしょ\(^o^)/

もちろん、相手の守備陣にけが人発生で、あちら様は万全の体制ではなかったということは、割り引いて考えなきゃいけないとしても。
なので、めぐり合わせもあるんだけれどね。

ミスからの失点はあったとはいえ、何の不満もないっす。
やはり、いったん追いつかれた後の、前半のうちの複数得点で勝ち越せたのは大きかったっすね。
前半からスタジアムの一番うしろで立って、時折飛び跳ねて応援していた甲斐があるというものよ。

んで、後半開始直後の追加点。
実は、選手交代したことに気づいていなくって、
「ゴールが決まったぁ\(^o^)/ あれ?ルキアン?」ってな」具合。
そして、素晴らしいクロスを上げたのは一体誰? ってな感じ。
交代した2選手でゴールをあげるって、監督の采配がズバリ。

あとは、きっちりと逃げ切ることで、それは当然大事なんだけれども、それ以上に、失点1で試合を終わらせて欲しいと思いながら見てた。
その思いを遂げてくれて、嬉しい。 

そんなわけで、不満に感じた点が何もなかった故に、特段書くことがないという嬉しい誤算。
いやぁ、とにかく良かったよ。

と言うことで、快勝でありました。
しかしこれで気を緩めず、次の試合も素晴らしいゴールを上げての勝利を期待。
昨年同様、連勝モードに突入しましょうや。

| | コメント (0)

2022年4月30日 (土)

第10節 京都VS福岡

と言うことで、京都に行ってきました。

ようやく、新しいスタジアムに行ける。
予定では、福岡のホームゲーム(博多の森球と博多の森陸)以外のスタジアム、ここが100箇所目の訪問になる予定だったが、先日カンセキスタジアムに行ったから、101箇所目になる。

それはさておき、まだ行ったことのないスタジアムだからね、今シーズンの日程が発表されたときからここは行くつもりだった。
残念ながら翌日仕事なので、日帰りになる。
ワタクシ、サッカー観戦「だけ」のアウェイ遠征はしない主義なんだけれども、今回ばかりはやむを得ない。
単純にスタジアムとの間を往復するだけになってしまうけれど、行きましょう。

あとは、仕事が無事に片付いてくれるかが気がかりだった。
年次決算は締め切りを向かえているので、何もなければヒマなはず。
ただし、他の仕事を抱えていなければという前提条件にはなるが。
なので、京都へ行くべく頑張って、その代わりホームゲームを何試合か欠席する羽目になったけれど、なんとか諸々のお仕事を終わらせた。
よし、京都へ行こう!

という事で、試合当日。
ってか、前日。

すでにのーみそが連休モードに突入していて、仕事やる気がでない。
なので、残業は一時間程度で切り上げて、帰宅。
晩飯を食ったら早速家出しよう。

いや、翌朝9時の新幹線で十分に間に合うんだけれども、せっかく行くんだったら、本当に「スタジアムとの間を往復するだけ」は避けたい。
博多駅始発の新幹線に乗って京都に先乗りし、寺のひとつふたつ見ておきたい。
なので、わざわざ博多駅前のネカフェにお泊まり。
翌日は6時の新幹線に乗るぞ!

と言うことで翌朝、7時半の新幹線に乗車。
なんとなくそんな気はした・・・・・
起きれなかった、博多駅までダッシュで向かい、間に合ったのがこの便だった。
これって、新O牟田駅から始発の新幹線に乗ったら乗り継げるやつやん。

まぁしょうがない。
想定以上にガラガラの自由席に乗り込んだら、遠征時のいつものパターン、前の試合のblog作成。
もっとも、映像は1秒たりとも見ていないので、書くことはない。
サクッと書き終えたら、これもいつもの定番、持参してきた未読の書籍に手をつける。

10時半、京都駅に到着、キックオフまでは4時間半。
さて困った。
スタジアムに直行するには早すぎる、観光するには時間がない。
ノーアイデアのまま山陰線に乗ってしまい、地図アプリで調べた結果、円町駅で降りることに。
コンビニでレインコートを勝ってから、てくてく歩いて北野白梅町駅。
嵐電に乗って嵯峨まで、JRの駅まで移動したら・・・・・
そう言えば、トロッコ列車の駅が併設されているんだった。
覗いてみたら、連休なのに空きがある。
衝動的に切符買っちゃった。

てなわけで、行き当たりばったりに寄り道をしていたおかげで、亀岡駅に到着した頃には、結局キックオフまで二時間を切っていた。
建設中のスタジアムは見たことあったけれど、完成形を見るのははじめてだ。
立派なスタジアムだなぁ、駅にも近くて利便性もいい。
それはさておき、寒い、雨に加えて風も強いぞ。

そんな中駅を出で、スタジアムをぐるっと半周してから、アウェイ側入り口から入場。
せっかくだからと、前から3列目の座席を押さえていたので、いったんはそこに荷物を下ろす。
何はともあれ、まずは食料の調達を。
寒いけれど、スタジアムでいただくびーるうめぇ\(^o^)/
から揚げもうめぇ\(^o^)/
・・・・・余計に身体が冷えてきた。

お腹が膨れたところで、スタジアムの散策に出掛けましょう。
コンコースをぐるっと半周、本当に中身も立派なスタジアムだなぁ。
バクスタからも試合が見やすそうだ。
カルボナーラを手にして自席に戻る。

が、この辺りから雨風が激しくなってきた。
濡れないよう荷物だけ避難させる。
んで、雨に打たれながらいただく、カルボナーラうめぇ\(^o^)/
スタジアムでパスタをいただけるのってなかなか珍しくて、よかった。

そうこうしているとあっという間に時間は過ぎていくもので、そろそろ選手たちがあっぷに出てくる時間だよ。
せっかく前の方に陣取ったからには、戦闘モードにスイッチを切り替えよう。

さて、京都戦であります。

今年J1に復帰組。
去年のウチがそうだったように、いやむしろそれ以上に、絶好調で快進撃をやってますな。
ただでさえウチは京都が苦手だと言うのに、やりづらいことこの上ない。
しかし、そうは言ってられない、こっちにも一年先にJ1復帰したと言うプライドがある。
なので、ここで勝って叩いておかねばならない。
連休初日だし、新しいスタジアムと言うこともあって、アウェイ席は全国各地からたくさんの仲間たちだが集まってきている。
声を出しての後押しは出来ないけれど、許される範囲内で精一杯の後押しをするぞ。
そして、勝って博多に(O牟田に)帰るぞ!

という事で、キックオフであります。

第10節 京都 0-1 福岡

よっしゃぁ、最高っ!

それにしても、西京極であっても亀岡であっても、京都戦は雨なのね。
たまには快適な環境で試合を見たいわぁ。
などと言う心の余裕も出来た試合。

いや、ピッチコンディションはなかなか厳しかったようで、双方ともやりづらそうだった。
アウェイでそういう試合をものにした価値は、大きいと思う。
お互いに当たりが強くてハードな試合、それでいてクリーンな試合、見ていて面白かったなぁ。
そして、山岸があげた得点を守りきってのウノゼロ勝利、これがウチの勝ち方よ。

そして、この試合の最大の収穫は、北島ゆーじの活躍。
もちろんカップ戦の活躍は把握していたんだけれども、リーグ戦でもなんら不安を感じさせない堂々としたプレイ。
これだけ強く相手選手を吹っ飛ばすことが出来るんだ、たくましくなったなぁ。
そしてもちろん、そんな選手をスタメンで起用してくる長谷部監督の采配も見事。

まぁ、一度ネットを揺らされたけれどVARに助けられたと言う点はあるが、個人的には快勝だったと思う。
ウタカは相変わらず恐かったけれど、ウチの守備陣はそのウタカに自由にプレイさせなかったからね。

さあこれで、鬼門のアウェイ京都で勝ったぞ。
次の試合、連休中のホームゲーム、勝つぞ~

日帰りだったけれど、京都に行って良かった。

| | コメント (0)

2022年4月26日 (火)

YBCルヴァンカップ第05節 福岡VS湘南

はい、残念ながら見に行けてませんですよ。
見に行けるはずだったのに・・・・・

さんざんここで書いている仕事の状況、年次決算の締め切りは金曜日、なので提出し終わっているので、この日はお仕事休み。
しかも、ワタクシ、締め切りがある作業はその一日前には終わらせる主義。
実際、2日前の水曜日に提出済み。
こう見えて、案外マジメなのだ。

なので、金曜日は流しぎみにお仕事。
夕方17時を過ぎて、この日も無事に終わりそうだと思われた頃になって、トラブル発生。
その解決のために急遽翌日土曜日に出勤することに。

いや、実際のところ日曜日に出てきてもよかったんだけれどもね。
ただ、試合日の天気予報が芳しくはない。
屋根のないごる裏で濡れて観戦するよりは・・・と思い、日曜日のタダ働きを避けて土曜日に出勤することにしたわけで。

と言うことで、試合当日。

朝から粛々とトラブルの処理。
やる気もなくダラダラと片付けていたが、午前中で目処がついた。
今からスタジアムに直行したら、試合に間に合うかもしれない。
が、年パスもレプユニも持ってきてない。
チケット購入してスーツ姿でごる裏で濡れながら観戦するほどのモチベーションは、無かった。

なので、午後も引き続きお仕事。
特段難しい仕事を抱えている訳ではないので、ついったをチェックしながら仕事する余裕はあった。
もちろん、職場のPCでだぞんを再生することが許されているわけではないので、そこはガマン。
文字情報だけで試合展開を追う。

さて、湘南戦であります。

カップ戦を勝ち抜くには、勝ち以外あり得ない状況。
簡単ではないことは百も承知の上で、勝ち抜きたい。
まぁ、オレが見に行かない試合は、勝つようになっているから期待できるだろう。
なので、勝ってくれよ。
勝って、見に行けなかったオレを悔しがらせてくれ。
とにかく頼む。

と言うことで、キックオフであります。

YBCルヴァンカップ第05節 福岡 2-1 湘南

よっしゃよっしゃぁ。

ほらね、見に行けなかった試合は、勝つんだから(自虐)。

この試合もハイライト映像を確認していないんで、詳細は分かんない。
ただ、前半終了時のネガティブな雰囲気から、よくぞ引っくり返せたな。
こういう試合こそ、現地で体験しておきたかった。
文字情報でもハイライト映像でもわからない、現場の空気感を味わいたかった。
やはり、「濡れたくない」とか言わず、無理してでも行くべきだったか・・・・・

他のチームの結果次第では、勝ち抜けが決まるらしかったが、そうは行かなかったうで。
そうそう甘いものではなかろうから、次勝って、自力で決めよう。

星が欲しいな~

めっちゃ短いけれど、見に行っていない試合については、さくっとこの辺りで。

| | コメント (0)

2022年4月21日 (木)

第09節 福岡VSC大阪

今シーズン2回目のベススタでしたよ。

と言っても、前回は平日ナイトマッチ、スタジアムに滑り込むと同時にキックオフの笛がなったと言う状況。
ゆえに、ベススタでのんびり過ごすのは、今シーズンはじめてであります。

この日スタジアムに向かうために、頑張りましたよ。
金曜日は日付が変わるまで残業して、土曜日は早めに出社して、本来だったら午前中勤務のところを23時近くまで頑張った。
恐怖の11時間残業、しかもその分のお手当てはでない。
んで、日曜日も出社したほうが月曜日以降が楽になるのはわかっていたんだが、限界ですわな。
ここでベススタに行っておかねば、もろもろ積もり積もったストレスを解消する場所かない。
まぁ、サッカー観戦で余計にストレスが増える恐れもあるんだが(笑)。

それはともかくとして、だからこそ、金曜日も土曜日もお仕事を頑張ったわけで。
ここんところサッカーに関心を持つだけの余裕がない、ゆえに、試合結果もチェック出来ていない。
ただし、戦績的に芳しくはないことはなんとなく分かってる。
なので、実際のところどうなのか、自分の目で確認しましょう。

という事で、試合当日。

さすがに、疲れを取るためにゆっくり寝て、目覚めたのは10時前。
朝食をいただいたら、早速家出しよう。
今回は間違いなくスタジアムで飲むことが想定できるので、駅までは路線バスで向かう。
んで、11時の西鉄特急電車に乗車。

電車のなかでは爆睡していたから、あっという間に天神に到着。
久しぶりなので、少しだけふらっと歩き、新しく出来たビルを覗いてから地下鉄へ。

13時半ごろ福岡空港駅に到着。
まっすぐベススタに向かってもまだ開門時間前なので、空港でしばらく時間調整することに。
展望デッキで、次々と飛び立っていくひこーきを見ていたら、全然飽きない。
どこかにふら~っと旅に出たいなぁ。

やがて、そろそろいい時間かなと言うところで切り上げて、シャトルバスでベススタに到着。
ちょうど開門時刻に並んでいたであろう人の列もさばけていて、スムーズな入場、計算通りや。
それでも、こんなに早くスタジアム入り出来たのは、久しぶりだぁ。
いつものごる裏に荷物を置いたら、スタジアムの散策に。

時間がまだ早いからなのか、人は少なめ。
んで、前回はメイン側からバタバタと入ったので、バック側に行くのは今年はじめて。
入り口の場所が移動して導線が変わったとは聞いていたが、体験するのははじめてだ。
食料を調達するのにいちいち出なきゃいけないのは億劫だが、人の流れ的にはこっちの方がいいのかな?
なんとなくスムーズに歩けているような気がする。
もっとも、その要因のひとつは、並んでいる飲食店の数が減ってるからか。
選択肢が狭まるなぁ・・・・・

と言うことで、せっかく外に出たから、グッズ売場も冷やかしてみる。
いつの間にか種類は増えている。
良さげなものもあるんだが、個人的には、ロングサイズのマフラータオルが欲しい。
今年バージョンのも持ってるんだけれど(神戸で買った)、首に巻くと短くって少々きついので。
結局は何も買わず。

一通り散策したら、メシを調達してから自席に戻りましょう。
選択したのは、ウエストのゴボ天うどん。
・・・・・定番のやつや、しかも、スタジアムでなくてお店でも食える。
腹が減っていたので一気に掻き込んだあとは、びーるとポップコーンを買って自席に。
ぽかぽかの晴天の下、スタジアムで飲むびーるうめぇ\(^o^)/
アウェイではすでにやっているのだが、ベススタではあるのだが今年はじめてだからね。
今年これまで出来なかったことについてはいかがなものかとは思うが、美味いものは美味い。

そんな感じで、いつも近くで観戦しているメンバーとうだうだしながら過ごしていたら、二時間と言う時間もあっという間に過ぎていくもので。 
気がついたら、アップのために選手たちが出てくる時間になっていて、そしてあっという間に、試合開始時刻に。
試合開始直前にしばらくトイレにこもっていたけれど、戦闘モードに入りましょうか

さて、C大阪戦であります。

まぁ、得意な対戦相手ではないですわなぁ。
特に得点力がない今は、攻撃合戦になったら勝てそうなイメージが湧いてくれない。
なので、この試合もなかなかきつそう。
しかし、せっかく見に来たからには、気持ちよく勝ってくれる試合がみたい。
で、今現在なかなか勝利が遠くって苦しい状況が続いているけれど、先日のカップ戦ではルキアンに待望のゴールが生まれたということで、次はリーグ戦ですね。
なので、この試合できっちりと勝って、波に乗っていただきたいところであります。
今シーズン初めて準備万端で迎えるホームゲーム、微力ながら選手たちを後押しすべくがんばるぞー
そしてとにかく、勝利を。
とにかく、期待している。

という事で、キックオフであります。

第09節 福岡 0-0 C大阪

え~と・・・・・

前回見に来た鹿島戦のときと、若干似た感想であります。

眠たかったっす。
久しぶりにスタジアムで昼間っから飲み、激務続きで疲労が溜まっていたこともあり、前半寝ておりました。
これじゃぁいかんと、後半はスタジアムの一番うしろで立って応援していたんで、だいぶ気持ち的には上がったんだけれども。

んで、前半半分寝ながら見ていた人間の感想とは思えないけれど、惜しい試合だったとは思う。
が、ゴールがなかなか生まれないことに、もどかしさを感じてしまうなぁ。
昨シーズンとさほど戦い方は変わっていないんだけれど、細かいところで雑になってるか。
決して悪くはないんだけれども、なんと言うか・・・・・言語化が難しい。 

昨シーズンだったら、時間が経過して双方の体力も落ちてきた頃、最終盤にセットプレイからゴールをあげて勝ち切ることができてたんだが、今シーズンは肝心のそんな場面での、クロスの質が・・・・・
まぁ、終盤だけではなくって、試合を通してなんだけれども。
いいクロスが上がってからのチャンスの数が少ないと、打つ手が限られてしまうなぁ。

そんなわけで、前回と同じ感想になってしまうが、試合を通して大きな不満があるわけではない。
不満はないんだけれども、え~と、繰り返すけれど、もどかしい。
もしかしたら、このままズルズルと言ってしまわぬよう、なにか手を打つタイキングなのかもしれぬ。
よくわかんないが。

とは言っても、ここで焦って変なことをやり始めて崩れてしまっては元も子もないし。
う~む・・・・・

と言うことで、この試合もスコアレス。
次の試合こそは、素晴らしいゴールを上げての勝利を。

| | コメント (0)

2022年4月16日 (土)

YBCルヴァンカップ第04節 福岡VS磐田

見に行けるはずもなかろうもん。

例によって、ホームゲーム週の真ん中開催な試合。
しかも、今が一番仕事忙しい時期や。
万に一つも行ける可能性はない。
最初っから諦めてるから、惜しくもない。

と言うことで、試合当日。

当然のごとく、いつもと同じように出社。
黙々と黙々と働き続け、やっと仕事が終わったのは、23時。
それでも、予定していたところまで仕事が進まず、焦ってしまう。
気づいたら、とっくに試合は終わっとる時間やんかー
などと思う気持ちの余裕もなく、試合結果をチェックすることもなくこの日は終了。 帰宅後即お布団に入りました。

さて、磐田戦であります。

開幕戦、今シーズンの出鼻をくじかれてしまったな。
なので、そのお返しをせねばならぬ。
つまりは、きっちりと勝っておかねばならない。
それに、カップ戦の突破もかかっているからね。
ということで、この試合、ガンガン得点取っての勝利を。
見に行けないんだけれど、とにかく頼んだよ~

と言うことで、キックオフであります。

YBCルヴァンカップ第04節 福岡 2-1 磐田

よっしゃよっしゃぁ。

ハイライト映像すら確認していないんで、詳細は分かんない。
ただ、ルキアン待望の初ゴールとのことで、これは素晴らしい。
これで変なプレッシャーから開放されるだろうし、波に乗ってくれたら嬉しいな。

とにもかくにも。勝利は素晴らしい。
これを次の試合、リーグ戦にもつなげていきたい。
次に期待しましょう。

めっちゃ短いけれど、見にいっていない試合については、さくっとこの辺りで。

| | コメント (0)

2022年4月12日 (火)

第08節 広島VS福岡

この試合、お仕事のため欠席でありました。

年次決算もいよいよ追い込まれてきた。
そろそろ、休日も返上して毎日出勤しなければ、提出期限に間に合わぬ。
ゆえに、休日出勤ですよ。
こっちも、働きたくて働いているわけじゃないんじゃー

広島、ここしばらく行けていないので、今回は行きたかったなぁ・・・・・
新スタジアムが完成する前に、もう一度今のスタジアムに行っておきたいんだが、その機会は来るのかなぁ。

という事で、試合当日。

通常の平日と同様の時間に出勤。
みっちり集中してお仕事していたら、いつの間にか試合開始時間になっていたようで。
ってか、そんなこと気にしてる余裕などまったくない。

結局、黙々と働き続けて、結局仕事が終わったのは22時半。
怒涛の14時間のタダ働きや。
しかしそのおかげで、一社の年次決算を締めたぞ!
まぁ、一人で何社担当しているんだというのは、横においておいて(汗)。

明日は月曜日、また激務の一週間が始まる。
帰宅したらさっさと寝なくては、明日以降の仕事に差し障る。
そんなわけで、試合結果をチェックするのは明日以降にしましょうか・・・・・

さて、広島戦であります。

しばらく見に行けていないなぁ。
無念であります。
そんなワタクシの気持ちを吹っ飛ばしてくれるようなアツイ試合になってくれたらいいなぁ。
そして、そろそろ勝利がほしい。
まだまだ焦る必要はなかろうが、それでも勝てないと焦ってしまう。
なので、この試合、見に行けなかったことを公開させてくれるような試合になってくれたらいいな。
期待していますよ。

という事で、キックオフであります。

第08節 広島 1-0 福岡

う~む・・・・・・・・

試合の映像を一切見ていないので、どんな試合だったのかはわからず。
そもそも、試合の結果を知ったのも、翌日だったし。
終了間際までスコアレスで、最後の最後に失点ですかぁ。
これはきついな。

まぁ、しょうがない。
切り替えて、次の試合こそは、絶対に勝つよ!
って、次の試合も平日ナイトマッチにつき見に行けないわけなんだが。
ワタクシに遠慮することなく、サクッと勝っちゃっててください。

めっちゃ短いけれど、見に行っていない試合については、さくっとこの辺りで

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

その他サッカーなど 2004年 その他サッカーなど 2005年 その他サッカーなど 2006年 その他サッカーなど 2007年 その他サッカーなど 2008年 その他サッカーなど 2009年 その他サッカーなど 2010年 その他サッカーなど 2011年 その他サッカーなど 2012年 その他サッカーなど 2013年 その他サッカーなど 2014年 その他サッカーなど 2015年 その他サッカーなど 2016年 その他サッカーなど 2017年 その他サッカーなど 2018年 その他サッカーなど 2019年 その他サッカーなど 2020年 その他サッカーなど 2021年 その他サッカーなど 2022年 ひたすら愚痴る むかしやってた企画 もぶろぐ 2004年 もぶろぐ 2005年 もぶろぐ 2006年 もぶろぐ 2007年 もぶろぐ 2008年 もぶろぐ 2009年 もぶろぐ 2010年 もぶろぐ 2011年 もぶろぐ 2012年 もぶろぐ 2013年 もぶろぐ 2014年 もぶろぐ 2015年 もぶろぐ 2016年 もぶろぐ 2017年 もぶろぐ 2018年 もぶろぐ 2019年 もぶろぐ 2020年 もぶろぐ 2021年 もぶろぐ 2022年 中身の無い日記 2004年 中身の無い日記 2005年 中身の無い日記 2006年 中身の無い日記 2007年 中身の無い日記 2008年 中身の無い日記 2009年 中身の無い日記 2010年 中身の無い日記 2011年 中身の無い日記 2012年 中身の無い日記 2013年 中身の無い日記 2014年 中身の無い日記 2015年 中身の無い日記 2016年 中身の無い日記 2017年 中身の無い日記 2018年 中身の無い日記 2019年 中身の無い日記 2020年 中身の無い日記 2021年 遠征記 2004年 遠征記 2005年 遠征記 2006年 遠征記 2007年 遠征記 2008年 遠征記 2009年 遠征記 2010年 遠征記 2011年 遠征記 2012年 遠征記 2013年 遠征記 2014年 遠征記 2015年 遠征記 2017年 遠征記 2018年 遠征記 2019年 遠征記 2020年 遠征記 2021年 2004年 J2福岡 (その他) 2004年 J2福岡 (試合) 2005年 J2福岡 (その他) 2005年 J2福岡 (試合) 2006年 J1福岡 (その他) 2006年 J1福岡 (試合) 2007年 J2福岡 (その他) 2007年 J2福岡 (試合) 2008年 J2福岡 (その他) 2008年 J2福岡 (試合) 2009年 J2福岡 (その他) 2009年 J2福岡 (試合) 2010年 J2福岡 (その他) 2010年 J2福岡 (試合) 2011年 J1福岡 (その他) 2011年 J1福岡 (試合) 2012年 J2福岡 (その他) 2012年 J2福岡 (試合) 2013年 J2福岡 (その他) 2013年 J2福岡 (試合) 2014年 J2福岡 (試合) 2015年 J2福岡 (試合) 2016年 J1福岡 (試合) 2017年 J2福岡 (試合) 2018年 J2福岡 (試合) 2019年 J2福岡 (試合) 2020年 J2福岡 (試合) 2021年 J1福岡 (試合) 2022年 J1福岡 (試合)